ベトナムを倒そうとするタイ…日・西野監督、「最終予選に行く」
ベストイレブン



※一部要約

ベトナムメディア"VOH"が、タイ代表の目標はベトナム代表を倒すことだと強調した。
東南アジア最強の席をめぐってライバル意識が強い両チームは現在、2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選で激しく争っている。

状況はパク・ハンソ監督が率いるベトナムに有利だ。
ベトナムは勝ち点11でG組1位を走っているため最終予選直行が可能である。
一方、西野朗監督が率いるタイは3位に落ちた状況で、脱落のプレッシャーを受けている。

それでも西野監督は8日のタイメディアとのインタビューで、必ず最終予選に辿り着くという意志をあらわした。
西野監督は「チームが必要とする要素を満たす。最終予選に行くことも目標だ。それだけでなく、2021AFF(ASEANサッカー連盟)チャンピオンシップも念頭に置いている」と様々な大会で最善の結果を出すと強調した。

続けて西野監督は「新選手にチャンスを与えたかった。戦術面で大きな変化はないだろう。タイのスタイルは同一に維持される」と、今回のキャンプ招集リストにニューフェイスを多数呼んだのはタイの欠点を補完するためだと説明した。

西野監督は就任後、パク監督のベトナムをなかなか追い越せなかった。
その間にパク監督はワールドカップ予選とAFFチャンピオンシップ、SEAゲーム(東南アジア競技大会)で常勝疾走し、ベトナムの地位を高めた。
果たしてベトナムを越えるという目標を立てた西野監督が変わった姿を見せられるのか注目される。



[公式発表] "コロナ19事態"ついに女子サッカーオリンピック最終予選も延期
スターニュース




※一部要約

女子サッカー代表のオリンピック最終予選が、コロナウイルス感染症(コロナ19)の余波でついに延期となった。

大韓サッカー協会は28日、「3月6日と11日に予定されていた女子サッカー東京オリンピック最終予選プレーオフ(中国戦)について、コロナ19の影響によりどちらも4月以降に延期した」として、「今後の日程は事態の推移を見守って議論する予定」と明かした。

コリン・ベル女子サッカー代表監督が率いる韓国は、2020東京オリンピック進出をかけて中国と最終予選の2試合を行う予定だった。

当初は来月6日に龍仁市民体育公園で1次戦を行った後、3月11日にオーストラリア・シドニーで2次戦を行う予定だった。

だが最近のコロナ19拡散の余波で、龍仁市が開催不可を決めて結局4月以降に延期となった。
東京オリンピック女子サッカーの組み合わせ抽選は4月20日に行うため、その前に1・2次戦を行わなければならない。



キム・ハクボム号、東京オリンピックで金メダル獲得?
デイリアン




※一部要約

全勝でアジアを制覇したキム・ハクボム号が、東京オリンピック男子サッカーで金メダルを取るという予想が出て注目を集めている。

アメリカのスポーツデータ業者グレースノートが先週発表した2020東京オリンピックメダル予想によると、我が国は金メダル9個と銀メダル11個、銅メダル6個を取り、金メダル数の基準で総合10位になると予想された。

特に、最近終わったAFC U-23チャンピオンシップ決勝戦でサウジアラビアを退けて優勝した韓国が、エクアドルとベネズエラを2位と3位に押し退けて金メダルを取ると予想された。

破格的なローテーションを使っても優勝したキム・ハクボム号は、ワイルドカード3枚に同年代選手のイ・ガンインやペク・スンホらが合流すれば、戦力がさらに強まると期待を集めている。

ただし、今回の予想では、現在進行中の南米地区予選でエクアドルとベネズエラが脱落する結果を反映できなかった。

オリンピック本戦進出が確定した後にアップデートされた分析が出ても、韓国がずっと金メダルを取ると評価されるのか関心が集まっている。



主将イ・サンミン、MVPウォン・ドゥジェ「監督のオリンピックの目標、私たちも従う」
NEWSIS




※一部要約

キム・ハクボム号の主将イ・サンミンと最優秀選手(MVP)ウォン・ドゥジェが、東京オリンピックで銅メダル以上というキム・ハクボム監督の目標のために努力すると語った。

9回連続オリンピック本戦進出と2020AFC U-23チャンピオンシップ初優勝を達成したキム・ハクボム号が28日午前、仁川空港を通じて故郷に錦を飾った。

キム監督は先にタイ・バンコクで明かしたように、2012ロンドンオリンピックの銅メダル神話を再現するとして「(東京オリンピックで)ロンドンオリンピックの記録を破りたい」と強調した。

主将イ・サンミンは「私たちも監督の考えとまったく同じだ。今は大会が終わったばかりでオリンピックの目標について真剣に考えたことはないが、監督がそのような目標を持っておられるなら、選手も同じ目標に進まなければならない」と力を加えた。

守備型MFで大会MVPを取ったウォン・ドゥジェも「監督がおっしゃるなら当然成し遂げられると思う。選手も努力し、目標を達成できるよう頑張る」とした。



キム・ハクボム号のアンサングヒーロー、GKアン・チャンギとアン・ジュンス
NEWSIS




※一部要約

キム・ハクボム監督が率いる韓国はオーストラリアとの2020AFC U-23チャンピオンシップ準決勝で、キム・デウォンとイ・ドンギョンのゴールによって2-0で勝利、決勝進出に成功した。

3枚の東京オリンピック本戦チケットを握り、1988年のソウルオリンピックから9回連続でオリンピックの舞台を踏むことになった。

キム監督の変化の激しいローテーションが話題の今回、まだグラウンドを踏めていない選手が2人いる。
GKのアン・ジュンスとアン・チャンギだ。

ジョーカー活用のために交代カードをすべてフィールドプレーヤーに使った面もあるが、大会の重要度やポジションの特性を考慮すれば、当然の部分でもある。
主戦GKは極度の不振や負傷がなければ、あまり交代しない。

キム・ハクボム監督は東京オリンピック出場権を手にして、まず最初に彼らを取り上げた。
彼は「実際、これまで競技場で出られなかったのはGKの2人だ。代えるのは非常に難しい」と率直に語った。

それとともに「GKというポジションは代えるのが容易ではない。オリンピック出場のかかる試合だったので、選手も理解しているだろう。選手すべてがチームに溶け込み、一つになって過ごしている」として、彼らが"アンサングヒーロー(unsung hero)"だと強調した。

アンサングヒーローは"見えない、名もなき英雄"という意味で、あまり目立たないが黙々と自分の役割をしっかり遂行する人々のことを言う。


200123072103074a.jpg


アン・ジュンス(鹿児島ユナイテッド)は日本Jリーグで活動中で、アン・チャンギ(仁川大)は23人中唯一の大学生である。
アン・ジュンスはU-23代表所属として3試合に出場し、6失点をした。
アン・チャンギは2試合で2失点だ。

アジア大会、AFCチャンピオンズリーグなどの国際経験が豊富で、Kリーグ1三連覇を達成した全北現代の主戦GKソン・ボムグンの席を狙うのは現実的に難しい。

だが練習時、常にソン・ボムグンとグループを作ってGKの特別練習を誠実に遂行する。
出場の有無とは関係なく、チームに貢献するシーンである。
ミックスゾーンを通るときも、決して表情は暗くない。
"ワンチーム"に相応しく、常に明るい表情で同僚とともにしている。

オリンピック出場権は確保したが、26日のサウジアラビアとの決勝戦で、2人の選手のどちらかがゴールを守る可能性は希薄だ。
1次目標は達成し、これから初優勝という2次目標に挑戦するためだ。

それでもアン・ジュンスとアン・チャンギはともに汗を流し、応援して初優勝に力を加えるだろう。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング