チョン・ヘソン首席コーチ、「チームより偉大な選手はいない」
OSEN




※一部要約

「チームより偉大な選手はいない」

"危機のシュティーリケ号"の救援投手に出たチョン・ヘソンコーチが、報道機関とのインタビューで抱負を明かした。

大韓サッカー協会は18日、チョン・ヘソン中央高監督を代表チームの首席コーチに選任すると発表した。
シュティーリケ監督とともにすることになったチョン首席コーチの契約期間は、この日から2018ロシアワールドカップ本戦までである。

協会技術委員会は3日、成績不振で更迭論に覆われていたシュティーリケ監督の留任を決め、首席コーチを選任することにした。
技術委は経験豊富な韓国人指導者出身の中から首席コーチを探し、チョン元監督を指名した。

チョン・ヘソン首席コーチは2002韓日ワールドカップでフース・ヒディンク監督とともに栄光を編み出した主人公。
外国人監督と良い呼吸を合わせてきたので適任者と評価された。

また、チョン・ヘソンコーチが最も重要だと考えているのはまさに「チームより偉大な選手はいない」ということ。
これまで代表チームは単なる競技力の問題ではなく、選手団の精神力が最大の問題だという指摘を受けていた。



ク・ジャチョル、膝靭帯損傷でシーズンアウト・・・6週欠場の予想(ドイツキッカー)
インターフットボール




※一部要約

アウクスブルクの核心MFク・ジャチョルが膝靭帯の部分断裂で残りシーズンをプレーできなくなった。

アウクスブルクは15日、アウクスブルクWWKアリーナで行われたブンデスリーガ29ラウンドのケルン戦に2-1で勝利し、勝ち点3を手にした。

だが良くないニュースが聞こえてきた。
アウクスブルクの中盤の核心ク・ジャチョルの負傷。
ク・ジャチョルは前半43分、浮き球の競り合い中に着地の過程で足首に衝撃が加わり、長い時間起きることができなかった。
すでに警告1枚を受けていたク・ジャチョルは、無理なボールの競り合いにより、累積警告で退場になった。
退場は問題ではなかった。
ク・ジャチョルは相手選手と衝突した後、着地の過程で膝を負傷し、大きな衝撃と同時に深刻な負傷が予想された。

結局はシーズンアウトだった。
ドイツメディア"キッカー"は18日、「アウクスブルクのMFク・ジャチョルが、膝内側靭帯の部分断裂の負傷で、残りシーズンをプレーできなくなった。アウクスブルクはク・ジャチョルなしで攻撃陣を構成しなければならず、約6週間試合に出られない」と報じた。






[オフィシャル] チョン・へソン元全南監督、シュティーリケ号の首席コーチに選任
スポーツ朝鮮




※一部要約

チョン・ヘソン元全南ドラゴンズ監督がシュティーリケ号の首席コーチに選任された。

大韓サッカー協会は18日、チョン監督の首席コーチ選任を公式発表した。
13日に帰国したシュティーリケA代表監督が先週、チョン監督と会合して技術委の提案を受け入れた。

3日に坡州NFCで行われた第2次技術委員会でシュティーリケ監督の留任を決めた直後、首席コーチの補強案が議論された。
カタール(6月13日、遠征)・イラン(8月31日、ホーム)、ウズベキスタン(9月5日、遠征)の残りのロシアワールドカップアジア地区最終予選の3試合は毎試合が薄氷である。

技術委員会は韓国サッカーの明暗を分ける3試合を前に、経験のある首席コーチの招聘を積極的に建議した。
選手とコーチングスタッフの間の橋渡し役、韓国的情緒でチームが厳しいときに"ワンチーム精神"を引き出し、ときには監督に躊躇なく直言もできる、経験のある首席コーチの必要性を共感した。

チョン新任首席コーチは国内でワールドカップ本戦の経験が最も豊富な指導者である。
2002韓日ワールドカップで4強、2010南アフリカワールドカップで初の遠征16強の歴史をともにした。
チョン監督はコーチとして外国人監督と地元監督をどちらも経験した。
フース・ヒディンク、ホ・ジョンム元A代表監督の下で、ワールドカップ代表の首席コーチとして選手団を成功裏にまとめた経験がある。

コーチングスタッフ、既存の選手との関係も親密だ。
ソル(・ギヒョン)コーチ、チャ(・ドゥリ)分析官とも2002韓日ワールドカップから代表で苦楽をともにして良い関係を続けてきた。
2006年の済州時代には"輔仁高3年"ク・ジャチョルを直接抜擢した。
結婚式の司婚者になるほど密接な師弟の情がある。
全南監督時代には"全南ユース"チ・ドンウォンの成長のため、シーズン中のサンダーランド行きを支持した。
ワールドカップ本戦までの険しい過程で、成功と失敗をどちらも経験した指導者として、外国人監督と疎通を取る方法、代表管理のノウハウを見通しているという点が、抜擢の最大の要因である。



シュティーリケ号の首席コーチにチョン・ヘソン元全南監督有力
聯合ニュース




※一部要約

更迭危機を克服したシュティーリケ韓国代表監督を補佐する新たな首席コーチとして、チョン・ヘソン元全南ドラゴンズ監督が投入される見通しである。

大韓サッカー協会の高位関係者は15日、「チョン・ヘソン元全南監督が代表チームの首席コーチを引き受けると聞いている」として、「発表時期を調整しているが、来週中に選任を発表するだろう」と伝えた。

先にイ・ヨンスサッカー協会技術委員長は、首席コーチに人選に関して「シュティーリケ監督が帰国したので、近いうちに会ってコーチ陣選任の問題を協議する計画」として、「(首席コーチ候補は)現在メディアで言及されている人」と語っていた。





技術委は現代表のソル・ギヒョンコーチとチャ・ドゥリ分析官の重量感が落ちると判断し、"キャリアが豊富な韓国人指導者出身"の首席コーチを専任し、シュティーリケ監督と選手の間の架け橋の役割を任せるという立場を明かしていた。



ワールドカップに向けた"平壌遠征"、その6日間の記録
ノーカットニュース




※一部要約

大韓民国から最も近い国は北韓だ。
大韓民国の最北端から幅4キロの非武装地帯を過ぎれば、すぐに北韓の国境に入る。
だが北韓は最も遠い国でもある。
分断国家のせいで、近い距離に接しているが、往来は簡単には行われない。

2019フランスワールドカップ出場権を狙っている韓国女子サッカー代表もやはり、苦労して北韓の地を踏んだ。
ユン・ドクヨ監督が率いるサッカー代表は2日、2018AFCアジアカップ予選を行うため仁川国際空港から北韓の平壌に移動した。
直行便がなく、中国の北京を経由しなければならない骨の折れる日程だった。
取材陣もやはり選手団と同じ方法で北韓に向かった。

北京で一日休暇を取り、3日に平壌の順安空港に到着した。
2015年に新しく建てられた空港は、いつも考えていた北韓のイメージをひっくり返すほどきれいだった。
空港の職員は明るい表情で人々を迎えた。
だが警戒心も満ちていた。
荷物をすべて取り出し、取材のためにまとめていたノートブックの検査まで、すべて終えてから空港を出ることができた。


20170413030102a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング