"代表復帰"イ・グノ、「責任感を感じる」
マイデイリー




※一部要約

江原FC所属としては初めて代表に選抜されたイ・グノが、責任感を感じると明かした。

イ・グノは22日、ソウル新門路のサッカー会館で発表された2018ロシアワールドカップアジア最終予選のカタール戦に出場する代表メンバーに名前を上げた。
イ・グノは2014年12月のオーストラリアアジアカップ以降、約2年6ヶ月ぶりにシュティーリケ号に乗船した。

イ・グノは江原FCでの突出した活躍により太極マークを付けた。
今シーズンに江原FCが行なった12試合にすべて出場してフルタイムを消化したイ・グノは、試合MVP2回とラウンドベスト11に3回選ばれた。

リーグ最上級に当たる数値である。
3ゴール2アシストで攻撃ポイント部門でも共同9位にいる。
25回のファールを勝ち取り、この部門で共同3位に上がっている点で、イ・グノがどれだけこまめに前方で動いているかを確認することができる。

シュティーリケ監督は「イ・グノは最近の活躍が良かった。特にFCソウル戦を見たが、以前のような鋭さが生き返ったのを確認した。思っていた通り、最高の技量を見せているので呼んだ」として、「運動量が豊富で熱心にプレーする選手だ。相手に脅威を与えられる選手だと判断し、再び招集した」と説明した。

イ・グノは「代表に選ばれてすごく嬉しい。今の状況は代表にとっても重要な時期だ。責任感を感じていて、準備をしっかりするべきだという気がしている。代表は個人的なことよりチーム的なことが重要だ」として、「代表については心を無にしていた。こうして機会が来た。選ばれたことより結果が重要だ。今喜ぶより、準備をしっかりしてカタール遠征で勝ち点3を取らなければならない」と所感を明かした。



[シュティーリケメンバー発表] グノ-チャンミン-イルス-ジェソンKリーガー大挙抜擢
スポーツ朝鮮




※一部要約

シュティーリケ監督がA代表に新顔を大挙抜擢した。
ガラリと変わった姿である。
Kリーグクラシックで大活躍している選手を選んだ。
イ・グノ、イ・チャンミン、ファン・イルス、イ・ジェソンらを選んだ。
また、中東でプレーしているイ・ミョンジュを久しぶりに抜擢した。
ヨーロッパ派のイ・チョンヨン、パク・チュホも呼んだ。
一方、まだ負傷から完全に回復してないク・ジャチョルは選ばなかった。

3月に選出されてなかった選手は計11人である。
イ・チャンミンとファン・イルスはA代表に初めて抜擢された。
イ・グノは2014年12月のオーストラリアアジアカップ以降、初めての抜擢である。

韓国はカタールと来月13日に遠征8次戦を行う。
韓国は現在、予選A組2位(勝ち点13)を走っている。
3位ウズベキスタンが勝ち点12でピタッと後ろを追っている。
1位はイラン(勝ち点17)だ。
1~2位までがロシアワールドカップ本戦に直行する。

シュティーリケ号は6月3日に中東UAEに出国してから現地適応練習に入る。
9日にイラクと親善試合を行う。


◇シューティケ号、2018ロシアワールドカップ最終予選カタール戦のメンバー(24人)

GK=キム・ジンヒョン(30・セレッソ大阪)、キム・スンギュ(27・ヴィッセル神戸)、クォン・スンテ(33・鹿島アントラーズ)、チョ・ヒョヌ(26・大邱)

DF=ホン・ジョンホ(28・江蘇蘇寧)、チャン・ヒョンス(26・広州富力)、カク・テヒ(36・ソウル)、キム・ミンヒョク(25・サガン鳥栖)、キム・チャンス(32・蔚山)、チェ・チョルスン(30)、キム・ジンス(25・以上全北)、パク・チュホ(30・ドルトムント)

MF=キ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)、イ・チョンヨン(29・クリスタルパレス)、ソン・フンミン(25・トッテナム)、イ・ミョンジュ(27・アル・アイン・UAE)、ナム・テヒ(26・レフウィヤ)、ハン・グギョン(27・アル・ガラファ)、イ・ジェソン(25・全北)、ファン・イルス(30)、イ・チャンミン(23・以上済州)

FW=ファン・ヒチャン(21・ザルツブルク)、イ・グノ(32・江原)、チ・ドンウォン(26・アウクスブルク)

*待機リスト=チョン・ソンリョン(川崎)、オ・ジェソク(ガンバ大阪)、キム・ギヒ(上海申花)、コ・ミョンジン(アル・ラーヤン)、クォン・チャンフン(ディジョン)、チョン・ジョグク(江原)






[公式発表] チャ・ドゥリ、代表チーム戦力分析官辞任・・・「役に立てず申し訳ない」
インターフットボール




※一部要約

チャ・ドゥリ代表チーム戦力分析官が大韓サッカー協会に辞職願を提出して退いた。

大韓サッカー協会は28日、報道資料でチャ・ドゥリ戦力分析官の辞任を伝えた。

去年10月から代表チームのスタッフとして活動してきたチャ・ドゥリは、3月28日のワールドカップ最終予選シリア戦が終わった後に協会へ辞意を示したことがあった。
その後シュティーリケ監督とイ・ヨンス技術委員長らが、チームに残るようずっと説得してきたが、本人の意志が固く最終的に最近辞表を受理した。

チャ・ドゥリ分析官は「代表チームの役に立とうとそれなりに努力したが、まだ不十分な点が多く、与えられた役割をしっかりと遂行できなかった。信頼してくれたシュティーリケ監督様やコーチ陣、そして後輩選手に申し訳なく思う。厳しい過程を経験したりもしたが、代表チームが絶対ロシアワールドカップ本戦進出を達成できると信じている」と語った。

チャ・ドゥリは現在、ドイツで指導者資格証の教育課程を歩んでいる。


20170428111221128a.jpg



チョン・ヘソン首席コーチ、「チームより偉大な選手はいない」
OSEN




※一部要約

「チームより偉大な選手はいない」

"危機のシュティーリケ号"の救援投手に出たチョン・ヘソンコーチが、報道機関とのインタビューで抱負を明かした。

大韓サッカー協会は18日、チョン・ヘソン中央高監督を代表チームの首席コーチに選任すると発表した。
シュティーリケ監督とともにすることになったチョン首席コーチの契約期間は、この日から2018ロシアワールドカップ本戦までである。

協会技術委員会は3日、成績不振で更迭論に覆われていたシュティーリケ監督の留任を決め、首席コーチを選任することにした。
技術委は経験豊富な韓国人指導者出身の中から首席コーチを探し、チョン元監督を指名した。

チョン・ヘソン首席コーチは2002韓日ワールドカップでフース・ヒディンク監督とともに栄光を編み出した主人公。
外国人監督と良い呼吸を合わせてきたので適任者と評価された。

また、チョン・ヘソンコーチが最も重要だと考えているのはまさに「チームより偉大な選手はいない」ということ。
これまで代表チームは単なる競技力の問題ではなく、選手団の精神力が最大の問題だという指摘を受けていた。



ク・ジャチョル、膝靭帯損傷でシーズンアウト・・・6週欠場の予想(ドイツキッカー)
インターフットボール




※一部要約

アウクスブルクの核心MFク・ジャチョルが膝靭帯の部分断裂で残りシーズンをプレーできなくなった。

アウクスブルクは15日、アウクスブルクWWKアリーナで行われたブンデスリーガ29ラウンドのケルン戦に2-1で勝利し、勝ち点3を手にした。

だが良くないニュースが聞こえてきた。
アウクスブルクの中盤の核心ク・ジャチョルの負傷。
ク・ジャチョルは前半43分、浮き球の競り合い中に着地の過程で足首に衝撃が加わり、長い時間起きることができなかった。
すでに警告1枚を受けていたク・ジャチョルは、無理なボールの競り合いにより、累積警告で退場になった。
退場は問題ではなかった。
ク・ジャチョルは相手選手と衝突した後、着地の過程で膝を負傷し、大きな衝撃と同時に深刻な負傷が予想された。

結局はシーズンアウトだった。
ドイツメディア"キッカー"は18日、「アウクスブルクのMFク・ジャチョルが、膝内側靭帯の部分断裂の負傷で、残りシーズンをプレーできなくなった。アウクスブルクはク・ジャチョルなしで攻撃陣を構成しなければならず、約6週間試合に出られない」と報じた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング