[U-19チャンピオンシップ] "チョン・セジン決勝ゴール"韓国、タジキスタンに1-0勝ち…"U-20ワールドカップ+4強進出"
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ジョンヨン監督の韓国がタジキスタンを倒してU-19チャンピオンシップ4強に進出した。
4強進出で20歳以下ワールドカップ進出にも成功した。

韓国は29日午後6時、インドネシア・ブカシで行われた2018インドネシアAFC U-19チャンピオンシップ8強戦で、タジキスタンを1-0で制圧した。

U-19チャンピオンシップ4強に成功した韓国は、来年5月23日に開催される2019FIFA U-20ワールドカップ出場の資格を得ることになった。




韓国U-19、6年ぶりに実力で本戦行きのチケットを取った
ベストイレブン




※一部要約

試合内容はともかく、この日の勝利はしばらくアジアの舞台で大きく停滞していた韓国ユースサッカーの復活を伝える結果という点で、意義があるというに値する。
韓国は過去5年間、AFC U-19チャンピオンシップでかなり良くない成果を出していた。
韓国は2014AFCミャンマーU-19チャンピオンシップ、2016AFCバーレーンU-19チャンピオンシップでグループリーグも突破できずに脱落した。
韓国U-19代表がFIFA U-20ワールドカップ地区予選を兼ねるAFC U-19チャンピオンシップで、実力によってチケットを手にした最後の大会は、2012AFC UAE U-19チャンピオンシップが最後だった。

2017FIFA U-20ワールドカップをホームで開催したおかげで、2016年大会に出場したメンバーは世界の舞台の大会で走る機会を掴んだが、地区予選すら突破できなかった虚弱な世代があらわれたことについて、韓国サッカー界の憂慮は非常に大きくなるしかなかった。
イ・スンウやペク・スンホら何人かの注目に値する選手はいたが、この世代の選手はいわゆる"谷間の世代"という酷評まで受けなればならなかった。
最近の韓国サッカー界で最も深刻な悩み事だった。

だがチョン・ジョンヨン号が今大会を通じて、その良くない流れを断ち切った。
大会優勝の有無はともかく、この結果は非常に意義深い。
サッカー界が頭を痛めていたのには理由がある。
韓国サッカーの自尊心が大きく傷つけられたのもあるが、若い選手が世界の舞台を経験できずに、成長がさらに停滞するしかなかったためだ。
だが今大会に出場しているチョン・セジンやチョ・ヨンウクに代表されるこの世代は、そうした憂慮から脱することができるようになった。
チケットともに、来年ポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップでさらに成長する機会を掴むことになった。



[U-19 REVIEW] 日本U-19、2軍でも恐ろしい…イラクを5-0で大破、3連勝1位で8強行き
スポTVニュース


181025205106894a.png


※一部要約

すでに2連勝をおさめていた日本U-19が、力を抜いてもイラクを5-0で大破した。
B組で唯一3勝。
圧倒的な戦力で8強に合流した。

日本は25日、インドネシアで行われたAFCチャンピオンシップB組3次戦のイラク戦に5-0で完勝した。

日本の神聖・久保建英は後半15分に早期交代し、8強戦に備えた。




[U-19チャンピオンシップ] "PK2ゴール"韓国、ベトナムに3-1の逆転勝ち…グループ1位で8強
スポータルコリア

181025225503333.jpg


※一部要約

チョン・ジョンヨン監督が率いる韓国U-19代表は25日、インドネシアで行われた2018AFC U-19チャンピオンシップのグループリーグ最終戦で、ベトナムを3-1で制圧した。

同時刻に行われたオーストラリアとヨルダンとの試合が1-1に終わり、韓国は2勝1分けのグループ1位で8強に進出した。
D組2位と会うことになる韓国は、1位が有力なサウジアラビアを避ける可能性が高くなった。



U-19代表、ジャカルタでワールドカップチケットに挑戦
スポーツ京郷




※一部要約

韓国サッカーの若い血が"栄光の地"ジャカルタでU-20ワールドカップ出場チケットの挑戦に出る。

チョン・ジョンヨン監督が率いるU-19サッカー代表が、18日からインドネシア・ジャカルタで行われる2018AFC U-19チャンピオンシップに出場する。
13日に現地へ出国した代表は最後の焼入れをしている。
前回大会優勝チームの日本をはじめとして16チームが参加する今大会で、韓国はC組に属してオーストラリア(19日)、ヨルダン(22日)、ベトナム(25日)とグループリーグを行う。
4グループの上位2チームが8強トーナメントに上がる。
大会4位までに来年ポーランドで開催される2019FIFA U-20ワールドカップの出場権が与えられる。

1959年に始まって2年毎に行われるAFC U-19チャンピオンシップで、韓国はこれまで12回の優勝(共同優勝4回を含む)を占めた歴代最多優勝国である。
だが2012年の優勝以降、2014年と2016年の大会では連続でグループリーグ脱落の痛みを味わった。
特に2016年には国内で開催された2017U-20ワールドカップを控えて大きな期待を集めていたが、予選脱落でアン・イクス監督が更迭されてシン・テヨン監督が選任される後爆風を体験した。

最近の韓国サッカーには薫風が吹いている。
ジャカルタ・パレンバンアジア大会代表の金メダル以降、成人代表のベント号が幸先の良いスタートを継続している。
先月には16歳代表も2019U-17ワールドカップ出場権をU-17ワールドカップの出場権を手にした。
19歳代表はアジア大会金メダルの熱気が残っているジャカルタで、ワールドカップのチケットを取って帰ってくると覚悟を固めている。



アジア大会に続いてU-16チャンピオンシップでも"韓日戦"実現するか
スポーツ韓国

181004074201226yduw.jpg


※一部要約

再び決勝戦の舞台でサッカー韓日戦が実現する可能性が出た。
今回は16歳以下青少年代表だ。

キム・ジョンス監督が率いるU-16代表は4日午後9時45分、2018AFC U-16チャンピオンシップ4強戦のタジキスタン戦を控えている。

もしタジキスタンを下して決勝に進出すれば、日本-オーストラリア戦の勝利チームと大会優勝をかけて争うことになる。

状況的に"決勝韓日戦"が実現する可能性は低くない。
客観的な戦力で韓国はタジキスタンに、日本はオーストラリアにそれぞれ上回っているからだ。

ウィリアムヒルなどのブックメーカーもやはり、韓国がタジキスタンに楽勝をおさめると予想していて、日本もやはりオーストラリアに優勢だという予想を一斉に出している状況である。


181004074201226yduwa.jpg


もし韓国と日本が大会決勝に進出すれば、2018アジア大会の続いて再び決勝戦でサッカー韓日戦が繰り広げられる。

範囲をもう少し広げれば、去年12月のEAFF E-1チャンピオンシップのときも、"優勝"をかけて韓日戦が繰り広げられた。

大会がフルリーグ方式で行われ"トーナメントの決勝"ではなかったが、当時は韓国が勝てば優勝、日本は引き分けでも優勝だった状況という点で、決勝戦と変わらなかった。

そして当時に韓国は日本を4-1で大破し、敵地で優勝カップを掲げた。


181004074201226yduwb.jpg


AFC U-16チャンピオンシップ決勝で韓日戦が実現したことはない。
韓国は4回、日本は3回決勝に上っているが、互いに決勝の相手になったことはまだない。

もし決勝戦で向き合うことになれば、韓国と日本はどちらも"大会最多優勝"という記録をかけて対決することになるという点で、その意味はより大きくなる見通しだ。

2回ずつ頂点に上っている韓国と日本は、北韓や中国など他の4チームとともにこの大会で共同最多優勝を記録中である。



イ・ガンイン-チョン・ウヨン、U-19アジア選手権合流霧散…コバチ監督「1軍の試合で使う」
スポーツソウル




※一部要約

スペインのバレンシアとドイツのバイエルン・ミュンヘンでそれぞれプレーする韓国人の10代MFイ・ガンインとチョン・ウヨンがU-19アジア選手権のエントリーに入れなくなった。

チョン・ジョンヨン監督が率いるU-19代表は、18日からジャカルタなどのインドネシア3都市で行われる2018 U-19アジア選手権本戦に参加する。
計16ヶ国が参加する中で、上位4チームが来年にポーランドで繰り広げられるU-20ワールドカップに出場する。
韓国はオーストラリア、ヨルダン、ベトナムとともにC組に編成された。
U-19代表は昌原支庁と仁川ユナイテッドと今月12日まで2回の練習試合をした後、インドネシアに発つ。

韓国は2014年大会のときにグループリーグで脱落、翌年のU-20ワールドカップに参加できなかった。
2年前のバーレーン大会でも8強進出に失敗した。
翌年のU-20ワールドカップを韓国で開催したため、自動進出権を受けて出場することができた。
なので今大会は名誉挽回が必要だった。
だが海外でプレーするイ・ガンインとチョン・ウヨンが所属チームの反対で出られない。
チョン・ウヨンのインドネシア行きは最後まで調整したが、実現しなかった。
バイエルン・ミュンヘンは1軍がブンデスリーガで振るわない。
怪我人も少し出た。
これに対して、クラブがチョン・ウヨンをU-19代表に送れないと言った。
ミュンヘンのニコ・コバチ監督は「チョン・ウヨンを1軍の試合で使う予定だ」と伝えた。

去年11月に坡州で行われたアジア選手権予選には2人ともプレーした。
今回は選出の権限を持つ当該チームが反対の意思を表明し、チョン監督も今は彼らを頭の中から消して戦わなければならない。
先月終わったジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを首にかけて帰ってきたMFキム・ジョンミンも、所属チームであるオーストリアのリーフェリングの反対でやはり選出に失敗した。
海外派の中ではクロアチアのディナモ・ザグレブ所属のキム・ヒョヌ、ドイツのハンブルク所属のチェ・ミンスが23人の最終エントリーに乗船する。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング