韓他種目を口にした中、「帰化サッカー選手を恥ずかしがるな」
ベストイレブン




※一部要約

中国サッカー界の最近の話題は断然"帰化"である。
自国選手の限界を痛感し、認めた中国は、マルチェロ・リッピ監督の強い要請で、より優れている外国選手を一人二人と代表に収集している。

その結果、アーセナルユース出身のニコ、長年中国スーパーリーグ(CSL)で活躍してきたエウケソンが中国代表のユニフォームを着ることになった。
彼らは2022FIFAカタールワールドカップ2次予選から中国のためにプレーするという。
そのため中国は看板FWのウー・レイとニコ、エウケソンが作り出す新たなシナジーに期待している。

中国メディア<新浪スポーツ>は自国の帰化政策を眺める韓国ネチズンの視線を記事化し、外部の論調がどうであれ、彼らは彼らだけの行く道を進めば良いと強調した。
他種目を持ち出して韓国を批判したりもした。

<新浪スポーツ>は「帰化選手を恥じる必要はない。韓国バスケも中国バスケに勝つため、アメリカの大学から選手を発掘している」として、「日本のラグビー代表もチームの3分の1くらいが帰化人だ」と、サッカーではない他種目の事例に言及した。

サッカーの発展という名目の下、投資に投資を繰り返している中国は結局、最後の手段である帰化というカードまで出した。
万が一、帰化カードを発動させても特別な反転を成し遂げられなければ、特にワールドカップ本戦進出に失敗すれば、その衝撃は非常に大きくなる見通しだ。



東京金候補?キム・ハクボム号は最終予選だけを考え中
スポーツ朝鮮




※一部要約

23歳以下代表を率いるキム・ハクボム号のコーチングスタッフは、大韓サッカー協会で悪名(?)高い。

出張費を最も多く貰うチームだからだ。
キム・ハクボム監督をはじめとして、コーチが23歳以下の選手を見られるところであれば、どこでも訪れている。
Kリーグの舞台はもちろん、ナショナルリーグ、大学サッカー、高校サッカーまで見守っている。

彼らがこうして歩き回る理由は、やはり1年後に迫った2020東京オリンピックのためである。
去年にジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを取って軟着陸に成功したキム・ハクボム号は、東京オリンピックを正標準している。
まだ本格的な出港もしてないが、すでに金の見通しが出た。
アメリカのスポーツデータ会社のグレースノートは、"東京オリンピックで韓国は金メダル10個で総合10位に上がる"と展望し、特に男子サッカーで金メダルの可能性を予想した。
韓国の歴代最高成績は2012年のロンドンオリンピック銅メダルだ。

実際、キム・ハクボム号の戦力は歴代最高と評価される。
U-20ワールドカップゴールデンボールの主人公イ・ガンイン(バレンシア)をはじめとしてペク・スンホ(ジローナ)、チョン・ウヨン(フライブルク)、イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)ら、能力を認められた海外派が並んでいる。
キム・テウォン(大邱)、チョ・ギュソン(安養)、イ・スビン(浦項)ら猛威を振るうKリーガーに、チョ・ヨンウク(ソウル)やチョン・セジン(水原)らU-20ワールドカップで準優勝したメンバーまでいる。
そこにワイルドカードが加勢すれば、隙のない戦力が完成される。

もちろん本戦に行くことになったときの話である。
キム・ハクボム号の視線は、ひたすら来年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップに向けられている。
ここで3位以内に入ってこそ本戦に出られる。
容易ではない大会だ。
アジアはますます上向き平準化されている。
年代別の大会では特に格差がより小さい。
さらにトーナメントで行われるだけに、一度狂いが生じれば脱落の苦杯をなめることもある。



[オフィシャル] "無難な組分け"韓国、2022カタールWC2次予選で北韓とH組
インターフットボール




※一部要約

難しい敵はひとまず避けた。
韓国サッカー代表が2022カタールワールドカップ2次地区予選で、北韓とH組に編成された。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は17日、マレーシア・クアラルンプールで行われた2022カタールワールドカップアジア地区2次予選の組み合わせ抽選でH組に編成された。
韓国はレバノン、北韓、トルクメニスタン、スリランカと対決を繰り広げる。

韓国はFIFAランキングによってイラン、日本、オーストラリア、カタール、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、中国とトップシードを配分された。
だが2番ポットにいるイラク、ウズベキスタンら強豪チームと会うこともあったので、グループ編成に関心が集中した。

だが難敵は避け、結果的に無難な組分けになった。
韓国は北韓と同組になって南北対決が実現し、平壌遠征が行われるかに関心が集まっている。







韓国、北韓とカタールワールドカップ2次予選で対決…平壌遠征実現するか
スポーツソウル




※一部要約

◇2022年カタールワールドカップアジア2次予選組み合わせ抽選の結果

A組=中国、シリア、フィリピン、モルディブ、グアム

B組=オーストラリア、ヨルダン、台湾、クウェート、ネパール

C組=イラン、イラク、バーレーン、香港、カンボジア

D組=サウジアラビア、ウズベキスタン、パレスチナ、イエメン、シンガポール

E組=バングラデシュ、オマーン、インド、アフガニスタン、カタール

F組=日本、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴル

G組=UAE、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア

H組=韓国、レバノン、北韓、トルクメニスタン、スリランカ



[U-19チャンピオンシップ] "チョン・セジン決勝ゴール"韓国、タジキスタンに1-0勝ち…"U-20ワールドカップ+4強進出"
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ジョンヨン監督の韓国がタジキスタンを倒してU-19チャンピオンシップ4強に進出した。
4強進出で20歳以下ワールドカップ進出にも成功した。

韓国は29日午後6時、インドネシア・ブカシで行われた2018インドネシアAFC U-19チャンピオンシップ8強戦で、タジキスタンを1-0で制圧した。

U-19チャンピオンシップ4強に成功した韓国は、来年5月23日に開催される2019FIFA U-20ワールドカップ出場の資格を得ることになった。




韓国U-19、6年ぶりに実力で本戦行きのチケットを取った
ベストイレブン




※一部要約

試合内容はともかく、この日の勝利はしばらくアジアの舞台で大きく停滞していた韓国ユースサッカーの復活を伝える結果という点で、意義があるというに値する。
韓国は過去5年間、AFC U-19チャンピオンシップでかなり良くない成果を出していた。
韓国は2014AFCミャンマーU-19チャンピオンシップ、2016AFCバーレーンU-19チャンピオンシップでグループリーグも突破できずに脱落した。
韓国U-19代表がFIFA U-20ワールドカップ地区予選を兼ねるAFC U-19チャンピオンシップで、実力によってチケットを手にした最後の大会は、2012AFC UAE U-19チャンピオンシップが最後だった。

2017FIFA U-20ワールドカップをホームで開催したおかげで、2016年大会に出場したメンバーは世界の舞台の大会で走る機会を掴んだが、地区予選すら突破できなかった虚弱な世代があらわれたことについて、韓国サッカー界の憂慮は非常に大きくなるしかなかった。
イ・スンウやペク・スンホら何人かの注目に値する選手はいたが、この世代の選手はいわゆる"谷間の世代"という酷評まで受けなればならなかった。
最近の韓国サッカー界で最も深刻な悩み事だった。

だがチョン・ジョンヨン号が今大会を通じて、その良くない流れを断ち切った。
大会優勝の有無はともかく、この結果は非常に意義深い。
サッカー界が頭を痛めていたのには理由がある。
韓国サッカーの自尊心が大きく傷つけられたのもあるが、若い選手が世界の舞台を経験できずに、成長がさらに停滞するしかなかったためだ。
だが今大会に出場しているチョン・セジンやチョ・ヨンウクに代表されるこの世代は、そうした憂慮から脱することができるようになった。
チケットともに、来年ポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップでさらに成長する機会を掴むことになった。



[U-19 REVIEW] 日本U-19、2軍でも恐ろしい…イラクを5-0で大破、3連勝1位で8強行き
スポTVニュース


181025205106894a.png


※一部要約

すでに2連勝をおさめていた日本U-19が、力を抜いてもイラクを5-0で大破した。
B組で唯一3勝。
圧倒的な戦力で8強に合流した。

日本は25日、インドネシアで行われたAFCチャンピオンシップB組3次戦のイラク戦に5-0で完勝した。

日本の神聖・久保建英は後半15分に早期交代し、8強戦に備えた。




[U-19チャンピオンシップ] "PK2ゴール"韓国、ベトナムに3-1の逆転勝ち…グループ1位で8強
スポータルコリア

181025225503333.jpg


※一部要約

チョン・ジョンヨン監督が率いる韓国U-19代表は25日、インドネシアで行われた2018AFC U-19チャンピオンシップのグループリーグ最終戦で、ベトナムを3-1で制圧した。

同時刻に行われたオーストラリアとヨルダンとの試合が1-1に終わり、韓国は2勝1分けのグループ1位で8強に進出した。
D組2位と会うことになる韓国は、1位が有力なサウジアラビアを避ける可能性が高くなった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング