アジア大会に続いてU-16チャンピオンシップでも"韓日戦"実現するか
スポーツ韓国

181004074201226yduw.jpg


※一部要約

再び決勝戦の舞台でサッカー韓日戦が実現する可能性が出た。
今回は16歳以下青少年代表だ。

キム・ジョンス監督が率いるU-16代表は4日午後9時45分、2018AFC U-16チャンピオンシップ4強戦のタジキスタン戦を控えている。

もしタジキスタンを下して決勝に進出すれば、日本-オーストラリア戦の勝利チームと大会優勝をかけて争うことになる。

状況的に"決勝韓日戦"が実現する可能性は低くない。
客観的な戦力で韓国はタジキスタンに、日本はオーストラリアにそれぞれ上回っているからだ。

ウィリアムヒルなどのブックメーカーもやはり、韓国がタジキスタンに楽勝をおさめると予想していて、日本もやはりオーストラリアに優勢だという予想を一斉に出している状況である。


181004074201226yduwa.jpg


もし韓国と日本が大会決勝に進出すれば、2018アジア大会の続いて再び決勝戦でサッカー韓日戦が繰り広げられる。

範囲をもう少し広げれば、去年12月のEAFF E-1チャンピオンシップのときも、"優勝"をかけて韓日戦が繰り広げられた。

大会がフルリーグ方式で行われ"トーナメントの決勝"ではなかったが、当時は韓国が勝てば優勝、日本は引き分けでも優勝だった状況という点で、決勝戦と変わらなかった。

そして当時に韓国は日本を4-1で大破し、敵地で優勝カップを掲げた。


181004074201226yduwb.jpg


AFC U-16チャンピオンシップ決勝で韓日戦が実現したことはない。
韓国は4回、日本は3回決勝に上っているが、互いに決勝の相手になったことはまだない。

もし決勝戦で向き合うことになれば、韓国と日本はどちらも"大会最多優勝"という記録をかけて対決することになるという点で、その意味はより大きくなる見通しだ。

2回ずつ頂点に上っている韓国と日本は、北韓や中国など他の4チームとともにこの大会で共同最多優勝を記録中である。



イ・ガンイン-チョン・ウヨン、U-19アジア選手権合流霧散…コバチ監督「1軍の試合で使う」
スポーツソウル




※一部要約

スペインのバレンシアとドイツのバイエルン・ミュンヘンでそれぞれプレーする韓国人の10代MFイ・ガンインとチョン・ウヨンがU-19アジア選手権のエントリーに入れなくなった。

チョン・ジョンヨン監督が率いるU-19代表は、18日からジャカルタなどのインドネシア3都市で行われる2018 U-19アジア選手権本戦に参加する。
計16ヶ国が参加する中で、上位4チームが来年にポーランドで繰り広げられるU-20ワールドカップに出場する。
韓国はオーストラリア、ヨルダン、ベトナムとともにC組に編成された。
U-19代表は昌原支庁と仁川ユナイテッドと今月12日まで2回の練習試合をした後、インドネシアに発つ。

韓国は2014年大会のときにグループリーグで脱落、翌年のU-20ワールドカップに参加できなかった。
2年前のバーレーン大会でも8強進出に失敗した。
翌年のU-20ワールドカップを韓国で開催したため、自動進出権を受けて出場することができた。
なので今大会は名誉挽回が必要だった。
だが海外でプレーするイ・ガンインとチョン・ウヨンが所属チームの反対で出られない。
チョン・ウヨンのインドネシア行きは最後まで調整したが、実現しなかった。
バイエルン・ミュンヘンは1軍がブンデスリーガで振るわない。
怪我人も少し出た。
これに対して、クラブがチョン・ウヨンをU-19代表に送れないと言った。
ミュンヘンのニコ・コバチ監督は「チョン・ウヨンを1軍の試合で使う予定だ」と伝えた。

去年11月に坡州で行われたアジア選手権予選には2人ともプレーした。
今回は選出の権限を持つ当該チームが反対の意思を表明し、チョン監督も今は彼らを頭の中から消して戦わなければならない。
先月終わったジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを首にかけて帰ってきたMFキム・ジョンミンも、所属チームであるオーストリアのリーフェリングの反対でやはり選出に失敗した。
海外派の中ではクロアチアのディナモ・ザグレブ所属のキム・ヒョヌ、ドイツのハンブルク所属のチェ・ミンスが23人の最終エントリーに乗船する。



U-16代表、"挑戦者の姿勢"でアジア制覇挑戦
蹴球ジャーナル

9081_15643_011.jpg


※一部要約

アジア制覇を狙う16歳以下代表が、"挑戦"をスローガンにした。

韓国U-16代表は20日、マレーシア・クアラルンプールで開かれるアジアU-16チャンピオンシップ本戦に出場する。
D組に属してオーストラリア(22日)、アフガニスタン(25日)、イラク(28日)とグループリーグを繰り広げる。
4組の上位2チームが8強トーナメントに上がる。
4位以内に入れば来年のペルーU-17ワールドカップ出場権を手にする。

韓国は唯一この大会で力を出せなかった。
2002年にUAEで開かれた大会で通算2回目の優勝を達成して以降、頂点に登ることができなかった。
特に2016年のインド大会では、グループリーグで脱落する屈辱を受けて、ワールドカップ出場権まで逃した。

キム・ジョンス監督は「これまでは大会で好成績を出せなかった。私たちは挑戦する立場だということを選手に強調している」として、「1次目標はワールドカップの出場権を手にすることで、ひいては優勝まで狙う」と明かした。






ヒディンク、「中国は東京オリンピック出場を望んでいる」…イングランド式指導を予告
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク監督が中国U-21選手にイングランドスタイルを移植する計画である。

ヒディンク監督は2020東京オリンピックを準備する中国U-21代表の指揮棒を取る予定だ。
中国サッカー協会の発表がないだけで、ヒディンク監督の就任は事実上確定している状態である。
すでにヒディンク監督は中国で直接試合を観戦し、選手の把握に入った。

彼はオランダTVサッカープログラムの"ベロニカ"で「私はイングランドスタイルの監督として仕事をするだろう」と語った。
ヒディンクは様々な国、リーグで指導者生活をしてきた。
彼はチェルシーの監督を引き受けたこともあり、イングランドスタイルが何なのかをよく知っている。

ヒディンク監督は自分が見たとき、中国U-21代表に最も合っているスタイルに、イングランドの速くて力のあるサッカーを挙げた。
これを中国U-21代表に移植するという意味だった。

彼はオランダ、韓国、オーストラリアを率いてワールドカップの舞台を踏んだが、オリンピックは経験できていなかった。
ヒディンク監督は「東京オリンピックは自分にとっても魅力的だった」として、自分の最後の舞台をオリンピックとみなした。



[ヨルダンLive] よく戦ったユン・ドクヨ号が4強脱落…日-オーストラリア1対1の引き分け"残忍な場合の数"
スポーツ朝鮮




※一部要約

ユン・ドクヨ号のヨルダンアジアカップ4強行きが惜しくも不発に終わった。
ベトナムとの最終戦に完勝したが、同時刻に同組のオーストラリアと日本が1対1で引き分けてグループ3位に押された。

ユン・ドクヨ監督が率いる女子サッカーA代表は13日、ヨルダン・アンマンのキング・アブドラⅡスタジアムで行われたヨルダン女子サッカーアジアカップB組予選のベトナムとの最終戦に4対0で勝利した。


20180414053505456a.jpg

20180414053505456c.jpg


オーストラリア-日本戦の状況を知らない太極娘子が、最後まで1ゴールでも多く決めるために死力を尽くす姿は涙ぐましかった。
4対0の完勝、3試合無失点の無敗を記録したが惜しくも4強の前で志を成すことができなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング