ベトナム、タイと0-0…"間接韓日戦"引き分けで一段落
マネーS




※一部要約

パク・ハンソ監督が率いるベトナムサッカー代表が、ライバルのタイと引き分けをおさめた。

ベトナムは19日、ベトナム・ハノイのミーディン国立競技場で行われたFIFA2022カタールワールドカップアジア地区2次予選G組5次戦のタイとの試合で0-0の引き分けをおさめた。

今回の対戦は韓日司令塔の知略対決でも大きな関心を集めた。
パク監督が支えているベトナムを狙い、タイが日本代表出身の西野朗に指揮棒を任せたからだ。

一方、この日の試合で3勝2分けを記録したベトナムは、勝ち点11でG組首位を守った。
タイ(2勝2分け1敗の勝ち点8)は、同日にインドネシアに2-0で勝ったマレーシア(3勝2敗の勝ち点9)に押されて3位に落ちた。

これまでワールドカップ最終予選に進めなかったベトナムは、G組1位を固めて最終予選進出を狙う。
アジア地区最終予選は各グループ1位が直行し、2位のうち好成績の4チームが追加で合流する方式である。



[AマッチREVIEW] "南野決勝ゴール"日本、キルギ2-0撃破
スポTVニュース




※一部要約

日本が南野の決勝ゴールに力づけられ、キルギスタンを撃破した。

日本は14日午後8時18分、2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選F組4次戦のキルギスタン遠征試合に2-0で勝った。
前半に南野がPK、後半に原口がFKで得点した。

先の2次予選の3試合で無失点の3連勝を記録中だった日本は、キルギスタンまで捉えて最終予選進出で有利な高地に上がることになった。
日本はキルギスタン戦の後、19日にベネズエラを相手にホームで親善試合を行う。

拮抗した試合が続いた。
日本は前半31分にサイドを突破され決定的なシュートチャンスを許したが、権田GKのスーパーセーブがあった。
結局、日本は前半39分に南野がPKを得た。
キッカーとして出た南野が成功し、前半を日本が1-0でリードした。

日本は後半9分に原口がアーク正面から試みたFKで追加ゴールを決めた。
GKを完全に欺いた。
日本は後半20分、後半24分の相手の決定的なチャンスを防いだ。
危機を克服した日本は、交代選手を活用して無失点で試合を終えた。



[ベイルート現場レビュー] "ファン・ウィジョゴールポスト"韓国、レバノンと苦しい0-0の引き分け…グループ1位は維持
スポータルコリア




※一部要約

韓国サッカーが再びレバノンに足首を掴まれた。
ゴールポスト不運で引き分けに終わり、薄氷のグループ1位争いを続けた。

韓国は14日、ベイルートにあるカミールシャムーン・スポーツシティスタジアムで行われた2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選4次戦のレバノン遠征試合に0-0で引き分けた。
この日の引き分けで韓国は2勝2分け(勝ち点8)を記録し、北韓(勝ち点7)、レバノン(勝ち点7)の追撃を続けて受けることになった。








流血の事態が起きたレバノンのデモ…軍人発砲で初の死者が出る
聯合ニュース




※一部要約

レバノンのデモは軍の銃撃で死者が発生し、新たな局面を迎えることになった。

AP、ロイター通信によると、12日にレバノン・ベイルート南部のカルディアで行われたデモに参加した進歩社会党の地方幹部1人が、デモ隊の道路封鎖を突破しようとしていた軍人の銃撃で亡くなったとレバノン軍が明かした。

軍は軍人がデモ隊との乱闘後、群衆を分散させるために発泡し、1人が銃に撃たれてしまったとして、軍指揮部が当該の軍人を逮捕して捜査に入ったと説明した。

この日まで27日続いているレバノン全国のデモで、死亡者が発生したのは今回が初めてである。

レバノンのデモは先月17日の租税抵抗に触発され、政治既得権への不満が爆発して全国に拡散した。

今回の死亡者発生をキッカケに、デモ隊や政府、政治家の間の緊張の度合いはさらに高まると予想される。






中国ファンの絶望、「韓国追撃?現実はラオスの下」
ベストイレブン




※一部要約

中国サッカーファンが自国のU-19代表の振るわない成績に大きく失望した。
中国ファンは、中国が韓国や日本などの東アジアのチームはもちろん、弱体のラオスより振るわないと絶望した。

ベトナムメディア<ザ・タオ24>は12日、中国ポータルサイトの捜狐を通じて中国ファンの反応を報じた。
中国ファンはラオスより劣る順位を見て挫折しているというのだ。

中国U-19は、アジア最強の席を狙う中国サッカー協会の野心的な青雲の下で計画的に育成された。
それだけに期待もやはり大きかった。
だが中国U-19代表は、2020AFC U-19チャンピオンシップで恥をかいた。

中国はI組で韓国に1-4で大敗し、本戦トーナメント進出に挫折した。
結果的に韓国戦の敗北で1位に上がれなかったのが大きな打撃だった。
だが中国ファンは、各組2位のうち5位以内にも入れずワイルドカードすら得られなかった事実に、より大きな衝撃を受けた。
中国は韓国戦以外でも、ミャンマーとシンガポールを相手に拙戦の末にそれぞれ辛うじて2-0の勝利をおさめた。
ミャンマーがシンガポールに8-0の勝利をおさめたことを考慮すれば、中国がどれだけ苦しい試合をしたのかをさらに伺うことができる。

これが禍根だった。
結局、中国は得失点差+1を記録し、ワイルドカード争いで押されて虚しく大会を締めくくらなければならなかった。
中国は各組1位を占めた韓国・日本・オーストラリアなどの既存の強者はもちろん、各組2位のラオス・カンボジア・イエメンにすら押される苦い現実と向き合うことになった。

中国ファンが怒っている点も、まさにこの部分である。
<ザ・タオ24>が伝えた捜狐の反応によると、中国ファンは「韓国戦の敗北も残念だ。だがもっと残念なのは他の2試合ですら特に得るものがなかったこと」、「もう中国サッカーの未来はラオスより下というのを認知しなければならない」と挫折した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング