"PK鉄槌"オーストラリア、ホンジュラスを下してWC31番目の鍵を獲得
スポーツ朝鮮




※一部要約

31番目のロシア行きのチケットの主人公はオーストラリアだった。

オーストラリアは15日、シドニーANZスタジアムで行われたホンジュラスとのロシアワールドカップ大陸間プレーオフ2次戦に3対1で勝利、本戦チケットを手にした。
両チームは1次戦に0対0で引き分けていた。
これでオーストラリアは4回連続でワールドカップ本戦に出場することになった。


20171115195701913a.jpg

20171115195701913b.jpg



[ヨーロッパPO 3行要約] "悪夢が現実に"イタリア、スウェーデン戦逆転失敗…15回連続WC行き挫折
スポTVニュース




※一部要約

3行で要約した2018年ロシアワールドカップヨーロッパ地区プレーオフ2次戦イタリアvsスウェーデン

1. 開始から攻勢、切実なイタリア
2.イタリアはFWだけで3人投入、全身で堪えたスウェーデン
3.悪夢が現実に、イタリアはワールドカップ本戦行きに失敗


20171114070757261a.png


◆試合情報

2018年ロシアワールドカップヨーロッパ地区プレーオフ2次戦、2017年11月14日午前4時45分(韓国時間)、サンシーロ、ミラノ(イタリア)

イタリア 0-0(0-0) スウェーデン



[チャンネルA単独インタビュー] シュティーリケ「ヒディンクが来ても厳しい…2002年の夢から覚めなさい」
チャンネルA




※一部要約

最近、韓国サッカー代表についての話が多いでしょう?

なのでこの問題が何なのか、シュティーリケ元代表監督に会って率直な話を聞いてみました。
シュティーリケ監督は韓国が2002年のワールドカップ4強の幻想から早く目を覚まさなければならないと指摘しました。

中国・天津からイ・ボムチャン記者が報じます。

[リポート]
中国・天津で会ったシュティーリケ元代表監督は、韓国サッカーに対する批判をはばかることなく吐き出しました。

(シュティーリケ元代表監督)
「韓国はまだ2002年の夢から目覚められずにいます。その時期は過ぎたし、現実を見なければなりません」

シュティーリケは、現状ではヒディンク監督が来ても代表の競技力は良くならないと断言しました。

(シュティーリケ元代表監督)
「ヒディンクが2002年にどうやって準備したと思いますか?当時の海外派はたった2人だったし、残りは毎日練習を一緒にしました。今はどうでしょう?英国、ドイツから18時間ずつ飛んできて、二日練習して試合に出ます。時代が変わったし、同じ成功を達成しにくいです」

当時、ワールドカップメンバーだったキム・ビョンジ元代表も、それについて同意します。


1403361029a.png


(インタビュー/キム・ビョンジ)
「私たちは1年6ヶ月前から2002年のワールドカップの準備をしてきたし、1年前からはほとんど合宿のように練習しましたね」

7月にシュティーリケ監督はワールドカップ最終予選の2試合を前にして退きました。

シュティーリケ監督はサッカー代表から更迭された後、中国スーパーリーグの天津泰達で4連勝をおさめ、天津の英雄に新たになりました。

シュティーリケ監督は、ファンと韓国メディアがあまりに性急だと指摘しました。

(シュティーリケ元代表監督)
(10点満点で何点を与えたいか?自分に?)「勝率が70%だったので7点を与えたい。だが韓国では7点では足りません。10点を受けてこそ満足します。韓国はミスに寛大ではありません」


1403361029b.png



「ヒディンク財団事務総長は私益のためにヒディンクを利用したのか」国政監査の叱責
韓国日報




※一部要約

最近の韓国サッカーの深刻な問題だった"ヒディンク論難"が、文化体育観光部国政監査につながった。
証人に採択されたキム・ホゴン大韓サッカー協会副会長兼技術委員長が海外日程を理由に参加しなかった中、キム・ホゴン副会長と"真実の攻防"をしたノ・チェホヒディンク財団事務総長を対象に質問が多く行われた。

13日に政府世宗庁舎で行われた文教体育省国政監査で、自由韓国党のイ・ジョンベ議員はノ事務総長が過去にエージェントのキャリアがあり、最近のロシア(10月7日)との評価試合を代行してサッカー協会から15万ドルを受けることになっていたという点を指摘した。
それとともに「フース・ヒディンク監督は韓国代表監督を引き受けたいと言ったことはなく、助けになりたいと言ったのに、証人が1人で言ったのではないか」として、「財団の利益のために利用したのではないか」と尋ねた。
イ議員はさらに「証人が本人の事業のためにヒディンク監督をそそのかし、言論プレーをして一国を揺さぶったのではないかと疑問に感じる」と叱責した。

これに対してノ総長は、ヒディンク監督が意志を表明する前に自分が先に要請したのが事実としつつも、私欲のためにそそのかしたというのは「絶対に事実ではない」と否認した。

彼は「シュティーリケ監督が辞任した翌日の6月16日にロシアでヒディンク監督に会ったのだが、非常に残念がっておられたので、"監督が助けたらどうか"と私が先に要請したのが事実」と説明した。
続けて「当時は何の言葉もなかったが、その後ずっと言葉を交わしている過程で、18日に心の決心をされた。ロシアコンフェデレーションズカップの解説のため、すぐには動けなくても、韓国が本戦に進出すれば"献身"(dedication)すると言ったので、急いでキム・ホゴン副会長に19日、カカオトークのメッセージを送った」と語った。



[WC ISSUE] アメリカを押し出したパナマ、幽霊ゴール論難で再試合の可能性?
インターフットボール




※一部要約

パナマが幽霊ゴール論難に覆われた。
アメリカとパナマの運命を変えた2ゴールによって、再試合の可能性まで提起されている。

パナマは12日、ロシアワールドカップ北中米地区最終予選の最終戦でコスタリカに2-1で勝利した。

その結果、パナマは勝ち点13(ゴール得失-1)を記録し、ホンジュラス(勝ち点13、-6)を抜いて3位に上がり、3位までに与えられるワールドカップ直行チケットを手にした。
パナマサッカー史上初のワールドカップ進出である。

一方、同時刻にアメリカはトリニダード・トバゴ遠征で衝撃的な敗北を喫し、勝ち点12(+4)を維持して5位に押し出され、ワールドカップ本戦行きに失敗した。

だがパナマ-コスタリカ戦は試合後も話題が続いている。
後半17分に炸裂したガブリエル・トーレスのゴールが幽霊ゴール論難に覆われたためである。

ゴール前の混戦状況でトーレスの脚で屈折したボールが、ゴールラインを越えてないという主張だ。
実際に映像で確認した結果、ボールはゴールラインを完全には越えてなかったし、コスタリカが倒れた状況でクリアするシーンが捕らえられた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング