"懲戒"ネイマール、罪のない日・酒井の後頭部までペチッ…そのまま捕捉
STNスポーツ



※一部要約

ネイマール・ダ・シウバが酒井宏樹の後頭部を叩いた。

パリ・サンジェルマンFCは14日、フランス・イル・ド・フランス・パリにあるパルク・デ・プランスで行われた2020/21シーズン・フランス・リーグアン3ラウンドのオランピク・ドゥ・マルセイユとの試合に0-1で敗北した。

PSGとマルセイユの試合はル・クラスィクと呼ばれるダービーで、フランス最高のライバル戦である。
早くから激しい試合が予想されていたが、現実はそれ以上だった。

コロナ19から完治したアンヘル・ディ・マリアがアルバロ・ゴンサレスとの神経戦の末につばを吐いた。
ダリオ・ベネデットとレアンドロ・パレデスの衝突に触発された小競り合いから、両チーム合わせて5人が退場させられる不祥事が起きた。



"開幕戦75分"プレーしたファン・ウィジョ、2シュートも評点下位圏の酷評
スポーツ韓国



※一部要約

開幕戦に出たジロンダン・ボルドーのファン・ウィジョが、チーム最多の2シュートを打ったにもかかわらず評点で下位圏の酷評を受けた。

ボルドーは22日午前2時、フランス・ボルドーのヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われた2020~2021シーズンのフランス・リーグ1開幕戦、ナントとのホーム試合で0-0の引き分けを記録した。

前半16分にボルドーのメディ・ゼルカネが相手のアキレス腱を踏み、VAR判定の結果ダイレクト退場を宣言された。
ボルドーは残りの70分余りを数的不利で戦わなければならなかった。

ファン・ウィジョは前半にミドルシュートとともに、追加時間に左サイドから上がってきたCKでバックヘディングを試みたが、ゴールポストを少し外れて惜しい思いをした。

後半に特別な活躍ができなかったファン・ウィジョは、後半30分に交代アウトとなった。
ボルドーは最後まで耐えて、数的不利でも勝ち点1を手にした。

だがサッカー統計サイトのフースコアードドットコムは、75分間プレーしたファン・ウィジョに評点5.97を与えた。
これは退場したゼルカネの5.62に次いで、ボルドーの選手の中で下から2番目に良くなかった。



ファン・ウィジョ、22日リーグ開幕戦で"二桁得点"挑戦
NEWSIS



※一部要約

フランスプロサッカー・リーグアンで2シーズ目の開幕を控えているファン・ウィジョが、二桁得点に挑戦する。

ファン・ウィジョの所属チームであるジロンダン・ボルドーは22日午前2時、フランス・ボルドーのヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーでFCナントと2020~2021シーズン・リーグアン1ラウンドを行う。

ボルドーは当初、韓国時間で23日0時に1ラウンドを行う予定だったが、22日にサンテティエンヌとの1ラウンドを控えていたオリンピック・マルセイユから新型コロナウイルス感染症の確診者が4人発生して日程が延期となり、ボルドーが試合を1日繰り上げた。

ボルドーでの2シーズン目を行うファン・ウィジョは二桁得点狩りに出る。

去年7月、日本Jリーグのガンバ大阪を去ってボルドーのユニフォームを着てヨーロッパの舞台に進出したファン・ウィジョは、デビューシーズンで26試合(正規リーグ24試合、FAカップ1試合、リーグカップ1試合)に出場した。

ファン・ウィジョは正規リーグだけで6ゴール2アスストと、成功的なデビューシーズンを行った。

コロナ19で昨シーズンが早期終了し、国内に帰ったファン・ウィジョは5月に基礎軍事訓練を終えた後、フランスに戻って新シーズンを準備した。

今シーズンを控えて新たに指揮棒を取ったジャン・ルイ・ガセ監督は、プレシーズンからファン・ウィジョを積極的に起用して信頼感を示した。



0-3の大敗でも…久保は違う!"評点7.7"全体3位
スポータルコリア



※一部要約

久保建英はマジョルカが大敗しても確かな存在感を発揮した。

マジョルカは4日午前5時、スペイン・マドリードのワンダ・メトロポリターノで行われた2019/2020スペイン・プリメーラリーガ34ラウンドで、アトレティコ・マドリードに0-3で敗れた。
勝ち点29を維持して18位に留まったマジョルカは、降格圏から脱することができなかった。

マジョルカの攻撃は久保を中心に回った。
まるでエース遊びのようだった。
最前方に立った久保は、攻撃陣営を自由に動いてアトレティコの守備を揺さぶった。
フルタイムの間に8回のドリブル突破を試みて、6回成功させた。
両チームを合わせて最多の記録だ。

パスの失も違った。
46本のパスを試みたが、そのうち何と39本を成功させた。
成功率で見れば85%である。
キーパスも5本で両チームを合わせて最多を記録した。

マジョルカでは久保しか見えなかった。
チームは0-3で大敗したが、試合後に英国"フースコアードドットコム"は、久保に7.7という高い評点を与えた。
アルバロ・モラタ(8.5)とコケ(8.5)に次いで全体3番目の高評価だった。




PSG、久保獲得に"移籍金+年俸1347億"準備(西メディア)
スポータルコリア



※一部要約

久保は現在、マジョルカのエースだ。
チームは依然として18位に留まっているが、最近存在感を示して降格圏脱出の先鋒に立っている。
彼の去就が関心事だ。
元所属チームのレアル・マドリードにはポジションがない。
なので再レンタルが有力である。
レアルと懇意のレアル・ソシエダを含めてPSG、ACミラン、セルティックなどのビッグクラブも動向を注目している。

スペイン"ドンバロン"は2日、「PSGが久保獲得に本格的に乗り出した。本気だ。PSGはマドリードのスター獲得にスピードを出すため、交渉の席に座る」と報じた。

久保の未来、そしてPSGが用意する具体的な条件も公開された。
メディアは「ミランが久保を追っている。元バルセロナの選手はセンセーションを起こしている。他に可能性がなければ、来シーズンはレアルの一員になるとみられる」として、「PSGのレオナルドスポーツディレクターが久保を熱望している。移籍金として5000万ユーロ(約674億ウォン)をオファー、可能ならば素早い対話を望んでいる。それとは別に、選手年俸が5000万ユーロに達するかもしれない。移籍作業に合計1億ユーロ(1347億ウォン)がかかるかもしれない。狂った金額」と舌を巻いた。

PSGは1年前にも久保獲得に挑戦したが、水泡に帰していた。
レアルは久保を未来とみなしている。
もっと経験と積んでから再び呼び込む計画だ。
どのような結論を下すのか気になる。





ファン・ウィジョ、仏レキップ選定"最高コスパ"選手賞候補
NEWSIS



※一部要約

フランスプロサッカー・リーグアンで初シーズンを過ごしたファン・ウィジョが、現地メディアからコスパの高い選手と評価された。

フランス"レキップ"は17日、リーグが早期終了した中でフランスプロサッカー選手協会が授賞式を行わないことにすると、自主的に"ロタールドール"という個人賞を受賞させることにして部門別の候補を公開した。

ファン・ウィジョは身代金に比べて好成績を上げたコスパ部門で、候補9人のうちの1人に道道を名前を上げた。

去年7月に日本Jリーグのガンバ大阪を去り、ボルドーに巣を作ったファン・ウィジョは4年契約を結んだ。
移籍金は200万ユーロ(約27億ウォン)だった。

レキップはファン・ウィジョの移籍金を紹介して「シーズン中に良い姿を見せた」と紹介した。

ボルドーの地元ジャーナリスト"ジロンダン33"は「初シーズンに6ゴール2アシストを上げた。多才多能な姿を見せてくれた」として、"ロタールドール"の候補に上がったニュースを伝えた。

ファン・ウィジョはヨーロッパの舞台に素早く適応して印象的な活躍を繰り広げたが、コロナ19の影響で早期終了して心残りを飲み込んだ。
受賞者は20日に発表される予定である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング