"違約金変更+長期再契約検討"ガンバ大阪はファン・ウィジョを引き止めたがっている
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ガッ(※God)ウィジョ"ファン・ウィジョに向けられたガンバ大阪の関心が熱い。

ファン・ウィジョとガンバ大阪の契約満了は2019年6月である。
ガンバ大阪はファン・ウィジョを絶対に引き止めたい。
日本のサッカー専門メディア・サッカーダイジェストは2日、「ガンバ大阪はアジア大会直後にファン・ウィジョのJリーグ内移籍に関して、違約金の設定額を変更した。ガンバ大阪の高位関係者は簡単に手を出せない金額と伝えた」と報じた。
それに留まらない。
ガンバ大阪は今冬にファン・ウィジョとの長期再契約を検討中であることがわかった。

このメディアは「唯一の心配はファン・ウィジョの年齢だ。ヨーロッパに挑戦する時期としてはギリギリでもある。将来の挑戦を望んでいる場合、違約金の設定がどれくらいなのかが大きな焦点」と付け加えた。

一方、シーズンを終えたガンバ大阪は、ファン・ウィジョとの再契約交渉に突入する予定と伝えられた。
ファン・ウィジョはガンバ大阪の解団式で「(今後)どうなるかあまりわからない。アジアカップで活躍すれば(ヨーロッパからも)オファーが来るのではないかと思う」と慎重な姿を見せた。



仏レキップ報道「クォン・チャンフンは1月まで復帰できない」
ゴールドットコム




※一部要約

致命的なアキレス腱から回復中のクォン・チャンフンが、来年1月まではリハビリに邁進する計画だというニュースが伝えられた。

クォン・チャンフンは5月20日、ディジョンの2017-18シーズン最終戦だったフランス・リーグ1・38ラウンドのアンジェ戦で右アキレス腱が破裂した。
アキレス腱の破裂は回復までに最小7~8ヶ月かかる。
そのためクォン・チャンフンは当時、目前にしていたロシアワールドカップはもちろん、ジャカルタ-パレンバンアジア大会の出場がどちらも失敗に終わった。

ディジョンはクォン・チャンフンが負傷した後、フランスで手術を受けさせてから韓国へ送った。
クォン・チャンフンは8月中旬にディジョンに戻り、現在はリハビリ訓練に邁進している。

フランス日刊紙の"レキップ"は19日の報道で、クォン・チャンフンが1月までは試合に出るのが難しいと報じた。

一方、クォン・チャンフンが戦力から離脱したディジョンは、今シーズン開幕後に3連勝行進を走って上り調子に乗ったが、その後は1分け5敗で勝利がない。
現在、ディジョンはリーグ1で16位まで墜落している。
ディジョンは最近4試合連続で無得点に終わったうえ、今シーズンのチーム得点が9試合でわずか9ゴールに過ぎない。



[SPOイシュー] イ・グノに続いてクォン・チャンフンも負傷…攻撃陣も超非常
スポTVニュース

20180520065426414.png


※一部要約

イ・グノに続いてクォン・チャンフンも負傷が疑われる。
シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表が超非常になった。

ディジョンは20日、ディジョンのスタッド・ガストン・ジェラールで行われた2017-18シーズン・フランス・リーグアン最終戦のアンジェとの試合に2-1で笑った。
クォン・チャンフンは先発出場して後半32分に交代した。

ディジョンが2-1で勝った。
ホームで行われた最終戦で笑った。
ディジョンはリーグ11位で終えて1部リーグ残留を確定させた。
ところが悪材料が発生した。
後半に交代したクォン・チャンフンの体調のためである。

クォン・チャンフンは後半32分に交代したが、右のサッカーシューズを脱いで医療スタッフの助けを借りて競技場を出た。

すでに1日前に江原のイ・グノが慶南FCとのKリーグ1・14ラウンドの試合で、後半4分に膝を負傷して交代していた。

江原の関係者はイ・グノの状態について「MRIの結果、右内側靭帯は僅かに損傷しているが、ワールドカップ出場には問題ない」としたが、すぐ21日の招集から坡州NFCで行う練習には正常に参加できない状況だ。

クォン・チャンフンもやはり負傷の程度がわかれば、招集練習の序盤だけともにできないのか、キム・ミンジェやヨム・ギフンのように最悪の状況ではワールドカップに出られないのかが決まる。

大韓民国サッカー代表の新たなエースであるクォン・チャンフンの負傷の便りでシン・テヨン号の憂慮が大きくなった。


20180520065426475a.jpg



[イシューフォーカス] クォン・チャンフンの成功に触発され、イ・ジェソンに向けられたリーグ・アンの関心
スポータルコリア




※一部要約

フランス・リーグ・アンが"全北現代のエンジン"イ・ジェソンに注目している。

最近、イ・ジェソンのヨーロッパ進出説が再び出てきた。
リーグ・アンのオリンピック・マルセイユとニースがイ・ジェソンに関心を持っているという内容だ。
具体的な内容はなかったので、以前と同様にイ・ジェソンへの関心が伝えられた程度である。
実際に移籍作業が進められたこともない。

だがこの2チームの他にも、別のチームがイ・ジェソンを見守っていることがわかった。
リーグ・アンの事情を知っているサッカー界の関係者によると、「名前を明かすことはできないが、リーグ・アンの別のチームもイ・ジェソンを注視している」として、内部的に獲得作業が決まれば本格的に進められることがあると伝えた。

つまりリーグ・アンの様々なチームがイ・ジェソンを見守って電卓を叩いているという意味である。
イ・ジェソン本人や全北は、ワールドカップが終わった後の夏の移籍市場でヨーロッパ進出を狙っている。
今すぐヨーロッパに行けば、2018ロシアワールドカップの準備に支障をきたすためだ。

イ・ジェソンは去年、KリーグクラシックのMVPになり、代表のユニフォームを着たE-1チャンピオンシップでもずば抜けたプレーでMVPを受賞した。
そのような活躍が今年前半期とワールドカップで続けば、関心レベルに留まっているリーグ・アンのチームの本格的な獲得作業が始まることはあり得る。



[ハン・ジュン] 韓国ヨーロッパ派の現実…ヨーロッパTOP10リーグのアジア地形図
ハン・ジュンのティキ・タカ




※一部要約

昨夜(※10月22日の記事)ヨーロッパサッカーの舞台で韓国と日本選手の対決があった。
イングランド・プレミアリーグでスウォンジー・シティのキ・ソンヨンとレスター・シティの岡崎慎司が争い、フランス・リーグアンではディジョンのクォン・チャンフンがメスの川島永嗣の守るゴールを狙った。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンがアウクスブルクにともに身を置いているドイツ・ブンデスリーガには、あまりにも日本選手が多いので対決が頻繁に繰り広げられる。

21世紀を前後してアジアサッカーはヨーロッパに近づいた。
1998年にイランのFWアリ・ダエイがブンデスリーガ最高の名門バイエルン・ミュンヘンに入団したし、日本のMF中田英寿が2000-01シーズンにASローマ所属でセリエA優勝を達成した。
韓国のMFパク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドで4回プレミアリーグで優勝し、2007-08シーズンにはアジア選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ優勝メンバーになった。

これらの選手が成功事例になり、オーストラリアがアジアサッカー連盟に編入し、今やヨーロッパの主要リーグでアジア選手の活躍を見ることはありふれている。

自国リーグがどれだけしっかりしているかが、その国のサッカーの競争力である。
だが戦術的にも技術的にも、ヨーロッパがサッカーの本場であり、先導的な役割を果たしているのも事実だ。
ヨーロッパにどれだけ多くの選手が進出し、活躍しているのかも競争力の指標の一つである。


102582576a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング