[Interビュー] フランスで新たな挑戦のファン・ウィジョ、「もう1ヶ月、たくさん学びながら適応中」
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョがフランスの地を踏んで1ヶ月という時間が流れた。
ファン・ウィジョは新たな舞台で無我夢中で適応中であり、2回リーグアンの舞台を走った。
惜しさが多かったというファン・ウィジョは、まだシーズン序盤と言って今後の活躍を誓った。

19日、ボルドー市内にあるホテルでファン・ウィジョと会った。
前日のボルドーとモンペリエの試合で、ファン・ウィジョは先発出場して63分間活躍した。
ボルドーはモンペリエと1-1の引き分けをおさめた。


190821060334004a.jpg


ファン・ウィジョはガンバ大阪を去り、今シーズンを控えてジロンダン・ボルドーに巣を作った。
ボルドーはファン・ウィジョに大きな期待をかけている。
アジア選手としては決して少なくない移籍金(約26億ウォン)を投資し、モンペリエとのホーム開幕戦のときのマッチデープログラムの表紙モデルもファン・ウィジョだった。
ファン・ウィジョにかける期待を伺えるような項目だった。

ファン・ウィジョは「惜しい部分が多かった。個人的に準備をかなりした。すごく残念だった」として、「シーズン序盤だ。ボルドーに来てもう1ヶ月になった。少しずつしっかり適応しながら、着実に試合に出場することが重要」と語った。



[現場レビュー] "ファン・ウィジョ63分"ボルドー、モンペリエと1対1の引き分け
スポーツ朝鮮

190818045015400.jpg


※一部要約

ファン・ウィジョがジロンダン・ボルドーの最初のホーム試合で先発出場した。
63分プレーしたが攻撃ポイントを記録できなかった。
ボルドーは引き分けた。

ボルドーは17日午後、フランス・ボルドーにあるヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われたモンペリエとのリーグ1・2ラウンドのホーム試合で1-1の引き分けをおさめた。

ファン・ウィジョは先発のワントップで出撃した。
幅広い動きで背後のスペースに続けて入り込んだ。
問題は支援。
ボルドーの2列目の支援は貧弱だった。
まだタイミングが少し合わない様子だった。
むしろ中盤でボールを渡してカウンターを許したりもした。

両チームは勝ち点1ずつを分け合った。


190818045015400a.jpg

190818045015400b.jpg



リーグアンデビューのファン・ウィジョ、期待感を高めた出発
スポTVニュース




※一部要約

チームは負けたがファン・ウィジョはフランスの舞台に安着した。

ボルドーは11日午前3時、スタッド・レイモン・コパで行われた2019-20シーズンのフランス・リーグアン1ラウンドのアンジェとの試合に1-3で敗れた。

ファン・ウィジョは2列目のアタッカーとして先発出場した。
試合序盤から活発な動きを見せた。
素早いサイド突破で相手DFを揺さぶった。
チャンスがあればシュートをするなど、積極的な動きも良かった。
試合開始直後にチャンスを掴んでシュートをしたが、ゴールポストをわずかに外れたのが惜しかった。

ファン・ウィジョは先制ゴールに貢献した。
前半2分にファールを得て、プレヴィユがこのFKで先制ゴールを決めた。
良い位置でFKを得たファン・ウィジョの活躍だった。

ファン・ウィジョは前半とは違って後半はやや振るわず、後半22分に交代させられた。
特にボルドーが立て続けに3ゴールを献上して守備が一気に崩れ、シーズン開幕戦は敗北に終わった。

ボルドーは敗れたが、ファン・ウィジョは移籍してから初めての公式戦だったという点を考慮すれば、残りのシーズンで十分期待できる活躍をした。



[スポーツタイム現場] "ヨーロッパ進出"ファン・ウィジョを応援したベント、「幸運を祈る」
スポTVニュース




※一部要約

ファン・ウィジョは18日午前8時、仁川国際空港第2ターミナルから、ボルドーがプレシーズンを送っているアメリカ・ワシントンに出国した。
出国前にファン・ウィジョは偶然、パウロ・ベント監督に会った。
ベント監督はマレーシア・クアラルンプールで行われた2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選の組分けを終えて帰国していた。

ベント監督はファン・ウィジョを見ると、明るく笑って「幸運を祈る」と応援のメッセージを伝えた。
2人は会うとすぐに笑って握手を交わし、ベント監督はファン・ウィジョの肩をたたいて力を吹き込んだ。
その後ファン・ウィジョは出国のために移動し、2人の短い出会いは終わった。
ファン・ウィジョはそれkら記者と会い、フランス進出についての所感を伝えた。






フランスメディア「ファン・ウィジョ獲得、冒険だが検証された選手
MKスポーツ




※一部要約

ファン・ウィジョがフランスリーグ1のジロンダン・ボルドーに入団し、ヨーロッパプロサッカーでのキャリアを始めた。
現地メディアは"ボルドーが冒険的な獲得をした"としつつも、"アジアの舞台では検証された選手"と評価した。

フランス"RMCスポルト"は15日、「ファン・ウィジョはヨーロッパでは無名選手である。だがボルドーは攻撃力強化のためのメインストライカーとして迎えた。クラブにとっては本当に大胆な冒険」と報じた。

"RMCスポルト"は「それでも韓国代表ではそれこそ常連メンバーである。ファン・ウィジョはアジアではすでに技量が証明されている選手だ。クラブだけで2019シーズンは7ゴール、2018シーズンには20ゴールも決めた」と付け加えた。

2013年に城南FCでデビューしたファン・ウィジョは、通算163試合で44ゴールを決めて看板FWとして活躍した。
2017年6月に入団した日本J1リーグのガンバ大阪でも、71試合で30ゴールを記録した。

ファン・ウィジョは2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会にワイルドカードとして出場、8試合9ゴールの大活躍で金メダルを獲得、兵役特例を受けてヨーロッパ進出の足場とした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング