0-3の大敗でも…久保は違う!"評点7.7"全体3位
スポータルコリア



※一部要約

久保建英はマジョルカが大敗しても確かな存在感を発揮した。

マジョルカは4日午前5時、スペイン・マドリードのワンダ・メトロポリターノで行われた2019/2020スペイン・プリメーラリーガ34ラウンドで、アトレティコ・マドリードに0-3で敗れた。
勝ち点29を維持して18位に留まったマジョルカは、降格圏から脱することができなかった。

マジョルカの攻撃は久保を中心に回った。
まるでエース遊びのようだった。
最前方に立った久保は、攻撃陣営を自由に動いてアトレティコの守備を揺さぶった。
フルタイムの間に8回のドリブル突破を試みて、6回成功させた。
両チームを合わせて最多の記録だ。

パスの失も違った。
46本のパスを試みたが、そのうち何と39本を成功させた。
成功率で見れば85%である。
キーパスも5本で両チームを合わせて最多を記録した。

マジョルカでは久保しか見えなかった。
チームは0-3で大敗したが、試合後に英国"フースコアードドットコム"は、久保に7.7という高い評点を与えた。
アルバロ・モラタ(8.5)とコケ(8.5)に次いで全体3番目の高評価だった。




PSG、久保獲得に"移籍金+年俸1347億"準備(西メディア)
スポータルコリア



※一部要約

久保は現在、マジョルカのエースだ。
チームは依然として18位に留まっているが、最近存在感を示して降格圏脱出の先鋒に立っている。
彼の去就が関心事だ。
元所属チームのレアル・マドリードにはポジションがない。
なので再レンタルが有力である。
レアルと懇意のレアル・ソシエダを含めてPSG、ACミラン、セルティックなどのビッグクラブも動向を注目している。

スペイン"ドンバロン"は2日、「PSGが久保獲得に本格的に乗り出した。本気だ。PSGはマドリードのスター獲得にスピードを出すため、交渉の席に座る」と報じた。

久保の未来、そしてPSGが用意する具体的な条件も公開された。
メディアは「ミランが久保を追っている。元バルセロナの選手はセンセーションを起こしている。他に可能性がなければ、来シーズンはレアルの一員になるとみられる」として、「PSGのレオナルドスポーツディレクターが久保を熱望している。移籍金として5000万ユーロ(約674億ウォン)をオファー、可能ならば素早い対話を望んでいる。それとは別に、選手年俸が5000万ユーロに達するかもしれない。移籍作業に合計1億ユーロ(1347億ウォン)がかかるかもしれない。狂った金額」と舌を巻いた。

PSGは1年前にも久保獲得に挑戦したが、水泡に帰していた。
レアルは久保を未来とみなしている。
もっと経験と積んでから再び呼び込む計画だ。
どのような結論を下すのか気になる。





ファン・ウィジョ、仏レキップ選定"最高コスパ"選手賞候補
NEWSIS



※一部要約

フランスプロサッカー・リーグアンで初シーズンを過ごしたファン・ウィジョが、現地メディアからコスパの高い選手と評価された。

フランス"レキップ"は17日、リーグが早期終了した中でフランスプロサッカー選手協会が授賞式を行わないことにすると、自主的に"ロタルドール"という個人賞を受賞させることにして部門別の候補を公開した。

ファン・ウィジョは身代金に比べて好成績を上げたコスパ部門で、候補9人のうちの1人に道道を名前を上げた。

去年7月に日本Jリーグのガンバ大阪を去り、ボルドーに巣を作ったファン・ウィジョは4年契約を結んだ。
移籍金は200万ユーロ(約27億ウォン)だった。

レキップはファン・ウィジョの移籍金を紹介して「シーズン中に良い姿を見せた」と紹介した。

ボルドーの地元ジャーナリスト"ジロンダン33"は「初シーズンに6ゴール2アシストを上げた。多才多能な姿を見せてくれた」として、"ロタルドール"の候補に上がったニュースを伝えた。

ファン・ウィジョはヨーロッパの舞台に素早く適応して印象的な活躍を繰り広げたが、コロナ19の影響で早期終了して心残りを飲み込んだ。
受賞者は20日に発表される予定である。



"進路探しメンター"に変身したファン・ウィジョ、青少年らとオンライン会遇
イーデイリー



※一部要約

ファン・ウィジョが大韓サッカー協会のスポーツ進路探しプログラム"ドリーム(Dream) KFA"に登場し、参加者と楽しい時間を過ごした。

KFAは29日午後、ソウル鍾路区のサッカー会館で"ドリーム(Dream) KFAオンタクト(Online Contact)"を実施した。
"ドリーム(Dream) KFA"は2014年から実施している社会貢献教育活動の一環で、スポーツ関係の進路を希望する青少年に職探しの機会を提供するプログラムである。

今回の"ドリーム(Dream) KFA"は、コロナ19のため以前のように参加者がサッカー会館に集まらずに画面で行われた。
中・高校生のオンライン授業の時間を考慮し、午後5時から始まった。
オンライン画面に繋げて行われるので、今回の"ドリーム(Dream) KFA"は"オンタクト"という名称が別についた。
選ばれた中・高校生の22人はそれぞれ個別の場所で、事前に伝えられた画面連結プログラムに接続して"ドリーム(Dream) KFA"と会った。

ファン・ウィジョは3月にコロナ19でフランスリーグが中断され、現在韓国に滞留している。
そのとき"ドリーム(Dream) KFA"の趣旨を伝え聞き、代表の才能寄付の次元で快く参加を決めた。

メンタリングの時間を通じて、ファン・ウィジョは参加者と忘れられない思い出を積んだ。
事前に集めた参加者の質問に誠実に答えて雰囲気を盛り上げた。
2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会金メダルの後日談からフランス生活まで、様々な話が"ドリーム(Dream) KFA"を駆け巡った。



清潭洞の"サッカー毛抜き先生"チョ・ウォニ「ファン・ウィジョのヘディングゴールは私の作品」
中央日報




※一部要約

「オーダーメイド式サッカー課外専門のチョ先生です。全面的に私を信じなければなりません」

サッカー元代表のチョ・ウォニがドラマ"スカイキャッスル"の有名大使として自己紹介した。
2018年に引退した彼は去年、訓練センターを開いてプロ選手専用の練習プログラムを運営中である。
戦術を除いたフィジカル、技術練習が中心だ。
効果が卓越しているという噂が立ち、選手の間で"毛抜き先生"と呼ばれている。
3日、ソウル清潭洞のサッカーセンターで会った彼は「必ず手本を示さないと気が済まない性格なので、運動量が選手のときより多い」として笑った。

チョ・ウォニは現役時代、韓国を代表する守備型MFとして名を馳せた。
2002年に蔚山現代でプロデビューした彼は、2005年に水原三星へ移籍した。
Kリーグ最高級の選手として名を馳せた彼は、闘志に優れて"チョトゥーゾ(チョ・ウォニ+ガットゥーゾ)"と呼ばれた。
2009年にウィガンのユニフォームを着てイングランド・プレミアリーグ入りして1シーズンプレーした。
その後、中国・日本を経て水原に戻って引退した。
2006年のドイツワールドカップにも出場した。


200305071016064a.jpg



仏メディア、「ソク・ヒョンジュン、コロナ19感染確認」…韓選手-リーグ1初
OSEN




※一部要約

ソク・ヒョンジュンがコロナウイルスに感染したことが確認された。

フランス"フットメルカート"は14日、「トロワのソク・ヒョンジュンがコロナ19に感染したことが確認された」と報じた。

韓国代表FW出身のソク・ヒョンジュンは昨夏の移籍市場でトロワに入団した。

2009年にアヤックスでサッカー生活を始めたソク・ヒョンジュンはフローニンゲン、マリティモ、アル・アハリ、ナシオナル、ポルト、トラブゾンスポルを渡ってヨーロッパだけでキャリアを続けている。

ヨーロッパへの挑戦精神と誠実な態度で好評を受けていたソク・ヒョンジュンは、2016年にシン・テヨン監督のU-23代表に合流してブラジルのリオオリンピックにも出場したことがある。


200314071409636a.png



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング