ポドルスキを抱えた日神戸、今度はスナイデル獲得推進
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本J1のヴィッセル神戸がウェズレイ・スナイデルの獲得に挑戦しているというニュースだ。

スポーツニッポンは28日、"神戸がフランスリーグ1のニースで活躍中のスナイデルの獲得に乗り出した"と伝えた。
この新聞は複数の関係者から引用して"神戸は数年前から狙っていたスナイデル獲得のため、水面下の作業に入った"として、"ニースと1年契約を結んでいるスナイデルは来夏自由契約身分になる。冬の移籍で合意すれば違約金が発生するが、神戸は様々な方案を考慮している"と付け加えた。
それと同時に"スナイデルとガラタサライで一緒にプレーした神戸のFWポドルスキとのホットラインが期待される"と寸評した。




Jリーグ神戸、ポドルスキに続いてスナイデルまで獲得?
ノーカットニュース




※一部要約

スナイデルがポドルスキと同じ釜の飯を食べた間柄という点も、神戸にとっては興味をそそる部分である。
もしスナイデルがJリーグに渡るなら、来シーズンの神戸の攻撃力はリーグ最高に評価される見通しだ。

スナイデルはオランダ代表で131試合に出場し、31ゴールを記録中である。
131試合はオランダ代表史上最多出場記録だ。



[オフィシャル] ネイマール、PSG移籍完了…背番号10+5年契約
インターフットボール




※一部要約

PSGは3日、公式HPで「ネイマールがPSGに移籍した」とネイマールのPSG移籍を公式発表した。
背番号は10で、契約期間は5年で2022年6月20日までである。

PSG移籍を完了させたネイマールは「PSGに移籍してとても幸せだ。私がヨーロッパに来てからPSGは常に野心があり、競争力のあるチームになった。今は新たなチームで同僚と一緒に最大の挑戦をし、タイトルのために手助けしたい。PSGの野心と情熱が私を誘い、私は挑戦を受け入れる準備ができた。今日からこのチームが勝てるよう最善を尽くす」と所感を明かした。

PSGはネイマールのバイアウト金額である2億2200万ユーロ(約2951億ウォン)を支払おうとしたが、スペインリーグ(LFP)がUEFAのFFP規定違反の可能性が高いと判断し、これを拒否したことが明らかとなった。
だがFFP規定を守ったかを調査するのはUEFAの権限なので、LFPとバルセロナがネイマールのディールにブレーキをかける法的根拠はなかった。

紆余曲折を経たが、バイアウトの支払いを終えてネイマールのPSG移籍は予定通り順調に進められた。
ポルトガルでメディカルテストを終えていたネイマールは、すぐにフランス・パリ行きの飛行機に乗って最終的に移籍を完了させた。






[リーグ・アンレビュー] クォン・チャンフン、リヨン戦で"デビュー+14分出場"・・・ディジョンは2-4負け
インターフットボール




※一部要約

クォン・チャンフンがオリンピック・リヨン相手にデビュー戦を行った。
チームは惜しくも逆転負けした。

ディジョンは20日、フランス・リヨンにあるパルク・オリンピック・リヨンで行われたリヨンとのリーグ・アン26ラウンドの試合に2-4で敗れた。
クォン・チャンフンは後半33分に投入されてデビュー戦を行ったが、チームの逆転負けを見守るしかなかった。

ディジョンは後半33分にベルモンテを外してクォン・チャンフンを投じた。
だがディジョンはすぐに失点を許した。
後半35分にトリッソが強力なシュートで再び勝負を振り出しに戻した。

同点を許したディジョンは急激に崩れた。
ペナルティエリア内でタバレスがファールを犯して後半39分にラカゼットが決めて再逆転に成功した。
続けて後半45分にフェキルが楔のゴールまで決めて試合を4-2で終えた。




クォン・チャンフン左ウィングで仏デビュー、リヨン遠征で2-4の逆転負け
フットボールリスト




※一部要約

先週末カーンとのホーム試合で2-0の勝利をおさめたディジョンは再びマルチーゴールの得点に成功したが、痛恨の逆転負けで勝ち点の追加に失敗した。
勝ち点27でリーグ16位に留まった。
降格圏から遠ざかることができなかった。
ディジョンの次の試合は韓国時間で25日の深夜3時にキックオフするナントとの遠征試合である。
短い時間だったがチームプレーの中で素早い動きを見せたクォン・チャンフンは、この試合でより多くの出場時間が与えられることを期待される。






"また態度問題"バロテッリ、ニース2軍に墜落・・・"信頼を失った"
インターフットボール




※一部要約

復活の翼を広げたように見えた。
だがマリオ・バロテッリの墜落は相変わらず続いている。
ニースでも席を失ったのだ。

最高の才能と評価されたバロテッリは最近数年間、屈辱的なときを過ごしている。
バロテッリは昨シーズンを最後にACミランのレンタルから戻ってきてリバプールで新たな挑戦をしたいという意志を明確にしていた。
だがバロテッリはユルゲン・クロップ監督の計画に含まれなかった。
実際クロップ監督は「バロテッリはもう新しいチームを探さなければならない」と移籍を勧めたりもした。

これに対してバロテッリはベシクタシュやナポリ、アヤックスなどの名門クラブへの移籍を狙った。
だがこれらはすべて彼の獲得に関心がなかった。

それで目線を低くしたバロテッリはハル・シティ、キエーボ、ベローナ、サッスオーロ、ニースなどに視線を向けるしかなく、最終的にニース行きを選んだ。

これは最高の選択かと思えた。
ニースに移ったバロテッリはリーグ13試合で9ゴールを記録し、復活の羽ばたきを始めたと評価された。

だが不誠実な態度は相変わらずだった。
最近危険なタックルで懲戒を受けて物議を醸し、今度は態度の問題で試合に出られないのだ。
監督の気持ちも離れたものとみられる。

イタリアの"ガゼッタ・デロ・スポルト"は12日、「バロテッリとニースのロマンスは終わった」として、「ニースのリュシュアン・ファーブルはバロテッリが十分な守備加担をしないという理由で外した。すでにバロテッリは2軍に落ちた」と明かした。

このようにニースで戦力外に分類されたバロテッリ、彼はまた最悪の試練を目前にしている。



セビージャ上陸で清武狂想曲! マラドーナの背負った栄光の「10番」を継承へ
Soccer Magazine ZONE web

 このために、AS紙はドイツのニュルンベルク、ハノーバーで活躍してきた司令塔について、「キヨタケがセビージャでマラドーナの背番号10を付ける」と見出しで特集している。

 同紙は清武が「10ゴール10アシストを狙っていきたい」と語ったことも伝えている。セビージャは来季欧州チャンピオンズリーグに参戦することになる。サッカー界のレジェンドも身につけた栄光の背番号を着用し、UEFAヨーロッパリーグ3連覇中のチームをさらなる高みに導けるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160624-00010002-soccermzw-socc




セビージャ移籍の清武「目標は10ゴール10アシスト」
ゴールドットコム




※一部要約

セビージャは今夏の移籍市場でこれまでドイツ・ブンデスリーガで日通訳してきたMF清武を、移籍金約650万ユーロ(韓貨約85億ウォン)で獲得した。
清武は2012年にニュルンベルクに移籍して初めてヨーロッパの舞台を踏み、ドイツで記録した成績は計17ゴール29アシスト(カップ大会を含む)である。

清武はドイツ進出後、2012-13シーズンにニュルンベルクで4ゴール10アシストを記録してアシストは二桁を記録したことがあるが、1シーズン最多得点は5ゴールを越えることはできなかった。

一方、清武は1999年にバジャドリードに移籍した城シンジを皮切りにスペインの舞台へ移籍した9人目の日本人選手である。
現在スペインの舞台に身を置いている日本選手ではエイバルで活躍中の乾貴士がいる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング