FCバルセロナが来年に中国、日本で試合…韓国は外れる
イーデイリー




※一部要約

スペイン・プロサッカー"ラ・リーガ"の名門クラブであるFCバルセロナのアジアツアーから韓国が除外された。

リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、サミュエル・ウムティティら華やかなスタープレーヤーが所属するFCバルセロナは17日、クラブHPで「チームのブランド世界化拡張戦略により、来年に中国と日本を訪れることにした」として、「中国と日本は戦略的に最も重要な10ヶ国のうちの2ヶ所」と明かした。
続けて「FCバルセロナは中国と日本で事業を拡大し、新たなファンを見つけるために努めている」として、「クラブHPで日本語、中国語、インドネシア語のサービスをするのも同じ脈絡」と説明した。
今回のアジアツアーで残念ながら韓国は外れた。




バルセロナ、中国・日本で親善試合…韓国は除外
スポーツ京郷




※一部要約

日本メディアはバルセロナが日本プロサッカーJリーグのヴィッセル神戸と親善試合を行うと予想した。
ヴィッセル神戸の親企業はバルセロナのメインスポンサーである楽天だ。
バルセロナのフランチャイズスターのアンドレス・イニエスタが5月にヴィッセル神戸へ移籍したこともある。



イ・ガンイン"ゴールポスト2+FK誘導4"…ユベントスU19圧倒
MKスポーツ




※一部要約

イ・ガンインにとって2歳差は何でもなかった。
すでに成人2軍に昇格した選手らしかった。

スペインのエスタディオ・アントニオ・プチャデスでは19日、2018-19シーズンUEFAユースリーグH組1次戦のバレンシア-ユベントスが行われた。
19歳以下のチャンピオンズリーグに該当する大会に臨んだバレンシアは、ユベントスに0-1で敗れた。

イ・ガンインは4-4-1-1の攻撃型MFとしてフルタイムを消化した。
前半34分と後半17分に相次いで決定的シュートを打ったが、ゴールポストに当たる不運でユースリーグのバレンシア・ユベントス戦の勝利を導けなかった。

チームは敗れたが、イ・ガンインの存在感は圧倒的だった。
バレンシアU-19の専門キッカーとして出て、3回のFKと4回のCKを蹴った。

ユベントス19歳以下チームは、イ・ガンインを止める過程でファールを4回するなど、手に負えない様子がはっきりとわかった。

バレンシアは2017年7月のU-19公式昇格に続き、2018年1月からは成人Bチームにイ・ガンインを編入させた。

イ・ガンインはバレンシア2軍所属でスペイン3部リーグ15試合2得点。
1試合当たり45.0分を消化し、攻撃型MFと右ウィングで起用されている。



イ・ガンイン、2001年生まれの全体市場価値"57位"(トランスファーマルクト)
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンインが一歩ずつ前進している。
プレシーズンに1軍と呼吸をして雰囲気を学び、バレンシアBで実力を育んでいる。
チャンピオンズリーグのリストBにも入って関心を集めた。

4日、バレンシアはUEFAチャンピオンズリーグの参加メンバーを発表した。
メンバーは1軍が入ったリストAと、満21歳以下で2年以上チームに身を置く選手が登録されたリストBに分かれる。

イ・ガンインはリストBに入った。
すぐに出場するのは難しいが、21歳以下でチャンピオンズリーグの常備軍に名前を上げた点を見れば、バレンシアの考えがわかる。
実際、バレンシアはイ・ガンインとの再契約後、バイアウト8000万ユーロ(約1057億ウォン)を設定している。

それなら数値で現在地を知ることができないだろうか。
イ・ガンインはヨーロッパ移籍市場専門メディア"トランスファーマルクト"が発表した同年代(2001年生まれ)の市場価値で57位を占めたが、市場価値は10万ユーロ(約1億2972ウォン)だった。
同年代を外れてスペイン3軍のディビジョンB全体で問えば217位、バレンシアBチームでは11位だった。



チャン・ギョルヒも浦項行き迫る…新たなスタートラインに立ったバルセロナ出身の三銃士
スポーツ京郷




※一部要約

韓国サッカーの未来と言われる"バルセロナ出身の三銃士"が全員プレーするチームを見つけた。

チャン・ギョルヒ(20)はプロサッカー浦項スティーラーズの門を叩いている。
今夏、ギリシャのアステラス・トリポリスと決別した彼は、浦項と入団交渉を行っている。
浦項の関係者は29日、「まだ契約書にサインしたわけではないが、入団交渉が肯定的に進んでいるのは事実」と明かした。

チャン・ギョルヒが浦項に入団すれば、プロ選手としての第一歩を踏み出すことになる。
チャン・ギョルヒはアステラス・トリポリスで高い潜在力は認められていたが、1軍の練習試合でプレーしただけで正式な試合には出場できなかった。

チャン・ギョルヒは来年、Kリーグでプロ選手としてデビューする日を指折り数えている。
バルセロナ出身で並んで注目を浴びていたペク・スンホ(21・ジローナ)とイ・スンウ(20・エラス・ヴェローナ)と同じく、スタートラインに立つという意味がある。

3選手の中では代表に成長したイ・スンウが最もリードしている。
イ・スンウは2018ロシアワールドカップに"末っ子"としてサプライズ参加した後、2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会まで出場している。
だがイ・スンウもやはり、プロの舞台に限れば14試合1ゴールに留まる惜しい思いをした。
所属チームもやはり2部リーグのイタリア・セリエBに降格し、新たな挑戦に出なければならない境遇だ。

ペク・スンホは負傷でアジア大会代表には惜しくも落馬したが、ジローナでプリメーラリーガのデビュー戦が迫っている。
唯一スペインに残った彼は、27日のレアル・マドリードとの2ラウンドに欠場したが、交代メンバーに名前を上げて激しい外国人クォーター(3人)を奪ったという事実を伝えた。

チャン・ギョルヒも浦項で印象的な活躍をすれば、一歩先に進んでいる両選手にいくらでも追いつけるという評価である。
パウロ・ベント新任サッカー代表監督が、ヨーロッパサッカーを学んだ3選手の活躍像を注意深く見守っている事実も肯定的だ。



[オフィシャル] スペイン、"レアル監督内定"ロペテギの電撃更迭を発表
STNスポーツ




※一部要約

スペインサッカー協会(RFEF)がフレン・ロペテギと電撃決別した。

RFEFは13日、記者会見を行って「ロペテギ監督を更迭する」と発表した。

前日の12日にロペテギがジネディーヌ・ジダンの後任としてレアル・マドリードの監督に内定した。
レアルは「スペイン代表を引き受けているロペテギが、チームの監督を引き受けることになった。彼はワールドカップを終えた後、レアルに合流する。契約期間は3年」と伝えた。

この決定はRFEFの怒りを買った。
ロペテギ監督がRFEFと2020年までの再契約をして21日しか経ってなかったからだ。
ワールドカップを控えているスペインにとっても、チームの雰囲気を揺さぶりかねない悪材料だった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング