イ・ガンインを外した英メディア、「久保は18歳だがキャリアは驚くべき」
マイデイリー




※一部要約

英国メディアが2020年に注目の新鋭を選定し、イ・ガンインを外した。
代わりにアジアの選手では唯一久保建英を挙げた。

英国デイリー・メールは18日、"2020年に注目の有望株20人"を選定した。
ほとんど16歳から19歳の若い選手が名前を上げた。

イ・ガンインはいなかった。
FIFA U-20ワールドカップでゴールデンボールを受賞し、スペイン・プリメーラリーガのバレンシアで出場機会を広げているイ・ガンインが外れたのは意外である。

代わりに"日本のメッシ"と呼ばれる久保が選ばれた。
デイリー・メールは「久保は18歳でしかないが、すでに驚くべきキャリアを持っている。11歳でバルセロナユースに行き、FC東京で15歳でプロデビューした。そして今はレアル・マドリードに移籍し、マジョルカでレンタルでプレーしている」と説明した。

久保のキャリアは印象的だが、最近の競技力や活躍像はイ・ガンインのほうが印象的だ。
だがイ・ガンインが外れて久保だけ選ばれたのは納得しにくい部分である。

その他にバルセロナのアンス・ファティも、今後の世界サッカー界が注目する予備スターに選ばれた。



"久保爆発した!"、ビジャレアル戦デビューゴール+PK誘導
スポータルコリア




※一部要約

久保建英がデビューゴールを撃った。

久保は10日、イベロスター・スタジアムで行われた2019/2020スペイン・プリメーラリーガ13ラウンドのビジャレアルとのホーム試合に先発出場した。
4-2-3-1の右MFで出た久保は、1ゴールとPK誘導で3-1の勝利を導いた。




日サッカーの"希望"久保、ビジャレアル相手にラ・リーガデビューゴール
ゴールドットコム




※一部要約

久保のゴールが炸裂したのは後半8分だった。
ペナルティボックス外側でボールを受けた彼は、左に一度ボールをタッチしてから反対側のポストへ向かう強い左足ミドルシュートでビジャレアルのゴールネットを割った。

この日の久保のゴールはチーム3得点目であり、ビジャレアルが2-0から2-1に追いついた4分後に出て、再びチームに2ゴール差のリードをもたらしたという点で意味があった。

久保はこの日、ゴールシーン以外でも、前半にペナルティボックス内で個人技術によって相手DFを抜いたシーンでPKを奪い、チームの攻撃に貢献したりもした。

久保のラ・リーガデビューゴールが出た後、ツイッターなどのソーシャルメディア空間では、18歳の年齢でラ・リーガ初ゴールを記録した久保に対する期待が膨らむ反応が続いている。

一方、マジョルカは久保のゴールでビジャレアルに3-1の勝利をおさめて勝ち点3を追加、16位に上がって降格圏の18セルタ・デ・ビーゴと勝ち点5差で格差を広げた。



ラ・リーガ韓中ダービー、イ・ガンイン"欠場"で"65分"ウー・レイの判定勝ち
スポーツワールド




※一部要約

スペイン・プリメーラリーガの韓日(※中の間違い)はイ・ガンインの欠場、ウー・レイの65分出場で、ウー・レイの判定勝ちに終わった。

イ・ガンインは欠場したが、バレンシアはスカッとする逆転勝ちを手にした。

バレンシアは2日午後9時、エスパニョールとの2019~2020スペイン・プリメーラリーガ12ラウンドの試合に2-1で勝った。
この日の試合はイ・ガンインとウー・レイの韓日(※中の間違い)ダービーとして世間の注目を集めたが、ウー・レイが先発出場した一方でイ・ガンインはベンチから起き上がることができなかった。





出場時間で韓中ダービーはウー・レイの判定勝ちになったが、これといった活躍は披露できなかった。



"ボレーシュートにマルセイユターンまで"イ・ガンインは"セカンドトップ"で光った
スポTVニュース




※一部要約

バレンシアは31日午前3時、メスタージャで行われた2019-20シーズンのスペイン・プリメーラリーガ11ラウンドで、セビージャと1-1で引き分けた。
前半終盤に失点したが、後半の同点ゴールで勝ち点1を得た。

セラーデス監督はイ・ガンインの先発カードを取り出した。
アトレティコ・マドリード戦退場の懲戒が解けた後に下した決定だった。
バレンシアの攻撃資源が立て続けの負傷に苦しみ、イ・ガンインに攻撃的任務を任せた。

U-20ワールドカップでプレーした席だった。
セカンドトップとしてフリーロールの攻撃型MFとサイドを行き来した。
自由なイ・ガンインは活発だった。
前半12分に左サイドの突破の後、マルセイユターンでCKを誘った。
3分後にはマキシ・ゴメスに鋭いクロスを飛ばした。

フェラン・トーレスのクロスを受けてからのシュートも印象的だった。
ペナルティボックス付近で、右足ボレーシュートでセビージャの肝を冷やした。
専売特許の左足で正確に当てれば得点まで可能なシーンだった。

イ・ガンインはセビージャ戦でプロデビュー1年を迎えた。
68分間熱心にグラウンドを走り、バレンシアの攻撃に活気を吹き込んだ。
セビージャ戦でキーパス2本、パス成功率90%を見せて評点6.7を受けた。






[現場REVIEW] "イ・ガンイン退場"バレンシア、アトレティコ遠征で劇的な1-1の引き分け
スポTVニュース

191020005949971.jpg


※一部要約

バレンシアCFが強豪アトレティコ・マドリードとの遠征試合で貴重な引き分けをおさめた。
代表MFのイ・ガンインは後半32分に交代出場したが、後半45分に激しいバックタックルでプロデビュー後に初めて退場させられた。

バレンシアは韓国時間で19日夜11時、スペイン・マドリードのワンダ・メトロポリターノでアトレティコと2019-20スペイン・ラ・リーガ9ラウンドに1-1で引き分けた。

バレンシアはこの日の引き分けにより、最近のリーグを5連続無敗(2勝3分け)で巡航した。
アトレティコ・マドリードはレアル・マドリード、レアル・バリャドリード戦に続いて3連続引き分けで停滞した。


191020005949971a.jpg

191020005949971b.jpg

191020005949971c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング