CIES、2000年代生まれの50人価値評価"久保13位-イ・ガンイン22位"
スポTVニュース

200323220024880.jpg


※一部要約

国際サッカー連盟傘下の国際スポーツ研究所(CIES)が2000年代生まれの生まれたサッカー選手のうち、ヨーロッパ5大リーグで活動している選手の現在の価値を評価した。
合計50人の順位が発表され、韓国選手ではイ・ガンインが22位に上がって唯一入った。


200323220024933a.png


アジア選手ではRCDマジョルカでプレーする久保建英(2001年生まれ)が4210万ユーロの価値と評価され、全体13位で最高の評価を受けた。
イ・ガンイン(2001年生まれ)は2190万ユーロと評価されて22位にランクされた。


200323220024933b.png


イ・ガンインは2019-20シーズン、ラ・リーガで11試合(先発2回)に出場して1ゴールを記録し、UEFAチャンピオンズリーグで5試合(先発1回)に出た。

2019年夏にレアル・マドリード2軍と契約してからマジョルカにレンタル移籍した久保は、ラ・リーガ24試合(先発13回)に出て3ゴール2アシストを記録中である。



FCソウルのオスマルがスペインに送るコロナ対応のアドバイスは?
ゴールドットコム




※一部要約

全世界がコロナで厳しい時間を過ごしている。
FCソウルのMFオスマル・イバニェスが、コロナ19が急激に拡散中の母国スペインに温かいアドバイスと応援のメッセージを送った。
スペインメディア"マルカ"は19日、オスマルと行ったインタビューを公開した。

プリメーラリーガはコロナ19の拡散が酷くなると、12日基準で2ラウンドのリーグ中断を宣言した。
だがラ・リーガの選手、関係者もやはり陽性判定を受けるなど、状況はさらに悪化していて、ハビエル・テバス会長は改めて5月中旬のリーグ再開を目標にすると明かした。

自国リーグが混乱すると、オスマルはコロナ19の余波でKリーグがどのように対応したのかを説明した。
韓国がスペインより先に大打撃を受け、混乱した状況の中での対処法についてアドバイスできたからだ。

オスマルは「はじめに1ラウンドを先送りし、その後に確診者が増えるとリーグ開幕を延期した。ヨーロッパと違う点があるなら、ここでは無観客試合を行わなかったということ」と切り出した。



イ・ガンインも負傷、松葉杖使用を捕捉…右足首捻挫(西メディア)
インターフットボール




※一部要約

スペインの"ラジオ・マルカ・バレンシア"は13日、「イ・ガンインが右足首を挫いた。彼は足を踏めずに松葉杖を利用している」として、イ・ガンインが松葉杖を使って車に乗る映像を公開した。

イ・ガンインは11日、ホームで行われたアタランタとのUEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦のホーム試合で、交替リストに名前を上げたがグラウンドを踏めなかった。

2日後、イ・ガンイン負傷のニュースがスペインメディアを通じて伝えられた。
イ・ガンインは今シーズン中盤に筋肉の負傷で治療を受けたのに続き、右足首まで負傷してしまった。

イ・ガンインだけでなくサッカー代表のソン・フンミン、ファン・ヒチャンも負傷でリハビリに邁進している。
現在、スペインのラ・リーガはコロナ19でシーズンを中断した状況で、サッカー代表の3月のAマッチ日程もやはり延期され、イ・ガンインは十分回復できる時間を確保した。



キ・ソンヨン-久保、エイバル戦終了後に親しく抱擁
ゴールドットコム

200308083509787.jpg


※一部要約

大韓民国代表の元主将キ・ソンヨンと日本代表の未来・久保建英が、エイバル戦後に親しく抱擁を交わした。

最近、Kリーグ復帰を打診して失敗に終わった後、ラ・リーガに進出したキ・ソンヨンは7日、エイバルを相手にラ・リーガデビュー戦を行った。
ニューカッスル時代に試合に出られなかったことを考慮すれば、予想より早くて鼓舞的なラ・リーガデビューだった。

奇しくもキ・ソンヨンはこの日の試合で2ゴールにすべて関与し、2ゴール目を直接記録したりもした日本代表の久保建英と交替してラ・リーガデビューをした。
交替シーンのときも、キ・ソンヨンと久保は軽く抱擁を交わした。

両チームの試合が終了した後、ツイッター上でスペインのアジア選手のニュースを主に伝える"フットボールアジアスペイン"は、キ・ソンヨンと久保が試合終了後に親しく抱擁するシーンを共有し、「両選手は仲良く過ごしているようだ」と付け加えた。

これはキ・ソンヨンがマジョルカに入団するというニュースが伝えられた直後、一部の日本ファンが過去の韓日戦でキ・ソンヨンが見せたセレモニーについて言及し、両選手の関係について憂慮をあらわしたこともあるという点を考慮すれば、意味のあることだ。

キ・ソンヨンと久保の肯定的な共存は、残りのシーズンでマジョルカの残留のために重要な部分である。
また、両選手はそれぞれ大韓民国代表の元主将の象徴的選手で、もう1人は日本サッカーの未来を担う選手に挙げられているという点を考慮すれば、今後の韓日サッカーの関係にも影響を及ぼし得る。



"キ・ソンヨンデビュー"マジョルカ、エイバル戦2-1勝ち…久保決勝ゴール
OSEN




※一部要約

キ・ソンヨンがスペイン舞台のデビュー戦で、所属チームの今シーズンアウェイ初勝利をともにした。

RCDマジョルカは7日夜、スペイン・エイバルのエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われたスペイン・プリメーラリーガ18ラウンドのエイバルとの試合に2-1で勝利した。
キ・ソンヨンは後半37分、久保と代わって交替投入されてデビュー戦を行った。


200307225508590a.jpeg




"キ・ソンヨンデビュー+久保ゴール"マジョルカ、エイバル2-1制圧
スポTVニュース

200307225221217.jpg


※一部要約

これでマジョルカは18位を維持したが、17位のセルタ・デ・ビーゴとともに勝ち点25となった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング