中メディア、"イ・ガンイン論難"に関心「大きな非難、"猥雑"と表現される」
スターニュース




※一部要約

中国メディアが最近発生したイ・ガンインのファンサービス論難に関心を示した。

中国の新浪ドットコムは1日、「韓国サッカーがアジア最上級にいるのは否めない事実である。韓国には多くのスターがいるが、その中でイ・ガンインが熱い関心を集めている」として、「だが最近イ・ガンインはスペインで大きな非難を受けた。ある幼いファンに親切に接しない映像が公開され、スペインファンを沸き立たせた。スペインメディアのマルカはイ・ガンインに向けて"猥雑だ"と表現した」と説明した。

先にユーチューブに上がった映像を見ると、太極旗の入ったある外国人の子供のファンがイ・ガンインに何かを要請した。
子供のファンが手に持っている紙で作られた太極旗には、LEEとともにハングルで"私の夢:あなたのシャツ"と記されていた。
このときイ・ガンインは、はじめは特別な関心を持っていなかった。
だが「映像を撮っているのか」と聞いた後、幼い子供に近づいて写真撮影に応じるなど好意を施した。






[特派員PICK] イ・ガンイン、ファン冷遇で批判…幸いその後のファンサービスで挽回
STNスポーツ




※一部要約

バレンシアのイ・ガンインが批判を受けかねない行動をした。

1日現在イ・ガンインは、SNS上にある映像で見せたファンサービスによって多くの批判を受けている。
SNS上で流布されている当該映像では、ある少年がビルバオで待機しているイ・ガンインにサインを要請していた。

その少年は太極旗とイ・ガンインの名前が書かれたピケットに「私の夢:あなたのシャツ」と記してイ・ガンインを見ていた。
だがイ・ガンインは「あそこに行ってこい」という同僚FWルベン・ソブリノのアドバイスに、手を振るだけでファンに気を使わなかった。

その後、イ・ガンインは話をしていたが、ロゴが入っている当該映像を撮影していたとみられる<ムービースター>はこれを「私映ってる?」と解釈して字幕をつけた。
当該メディアの言葉が正しいいなら、カメラを意識したのだ。

スペイン現地の人に質問した結果、「雑音があってイ・ガンインがその話をしたのか、はっきりとは聞こえない。だが"?Me estan grabando?"は韓国語なら"撮られてる?"という意味は正しい」と異口同音で答えた。

ソブリノの側にいたフェラン・トーレスも「あの少年1人だろう、ファンが多いわけじゃないし」とイ・ガンインにファンサービスをするようアドバイスした。





これに対してイ・ガンインは当該ファンに近づいて親切に写真を撮った。
自分の行動を挽回したのだ。

だが今回の行動でイ・ガンインについて大いに失望したファンもいるとみられる。
ファンによってSNS上に「お前の国に帰れ」などの言葉も出てきている。



「メッシばりのプレー」ウーデゴール、忘れられた天才の復活
スポータルコリア




※一部要約

かつて特急有望株だったマルティン・ウーデゴールが再び天才的才能に目覚めている。

スペインメディアがウーデゴールの活躍を絶賛している。
ウーデゴールは27日に行われたデポルティーボ・アラベスとの2019/2020スペイン・プリメーラリーガ6ラウンドで、決勝ゴールをアシストしてソシエダの3-0の完勝を導いた。

今回だけではない。
ウーデゴールは今シーズンのラ・リーガ6試合で2ゴール1アシストを上げ、順調に適応している。
元の所属チームはレアル・マドリードだが、ラ・リーガで走るのは今シーズンが初めてである。

ウーデゴールは4年前、イ・スンウとともに1998年生まれの3大有望株として取り上げられた天才だ。
10代の年齢でレアル・マドリードと契約して大きく注目されたが、デビューは容易ではなかった。
結局ヘーレンフェーンやフィテッセなどにレンタルされ、忘れられた天才と呼ばれた。

だが地道な出場でウーデゴールは成長した。
昨シーズンはフィテッセでキャリアハイの11ゴール12アシストを上げて、華やかに復活した。
レアル・マドリードも潜在力を認めて契約に延長し、ソシエダでレンタルで過ごして適応の機会を与えた。

ウーデゴールは少しずつ全世界が期待した才能を爆発させている。
アスは「ウーデゴールの繊細なサッカーに感嘆するとき」と期待を隠さなかった。



「"デビューゴール"イ・ガンイン、久保の一枚上」日メディアの認定
スターニュース




※一部要約

韓国期待の主であるイ・ガンインが、スペイン・プリメーラリーガのデビューゴールをきろくし、日本メディアが自国の有望株である久保建英より一枚上と認めた。

日本メディアのゲキサカは26日、「"久保のライバル"イ・ガンインがデビューゴールを放った」と伝えた。

この日、イ・ガンインと久保はスペインで行われた2019~2020シーズンのスペイン・プリメーラリーガ6ラウンドに並んで初めて先発出場した。
イ・ガンインが得点を上げた一方、久保は攻撃ポイントを上げられずに悲喜が交錯した。

イ・ガンインの前に先発出場した久保は、チームの敗北を眺めなければならなかった。
2本のシュートを打ったりしたが、得点につなげることができなかった。

試合後、ゲキサカはイ・ガンインのゴールのニュースを伝え、「2001年2月19日生まれのイ・ガンインは、現地で2001年6月4日生まれの久保と比較せざるを得ない」として、「"ライバル"の久保より一歩先にスペイン1部リーグでゴールを記録した。バレンシアの外国人最年少得点だ」と伝えた。



イ・ガンインはゴール、久保は手ぶら…悲喜が分かれたラ・リーガ先発デビュー戦
スターニュース




※一部要約

韓国と日本を代表する有望株が並んでスペイン・プリメーラリーガで先発デビュー戦を行ったが、悲喜が交錯した。
イ・ガンインが得点を上げた反面、久保建英は攻撃ポイントなしでチームの敗北を見守ってしまった。

イ・ガンインと久保は26日、スペインで行われた2019~2020シーズンのスペイン・プリメーラリーガ6ラウンドで並んで初先発出場した。
先に同じように3回交代出場があったが、電撃的に先発ラインナップに入ったのだ。

先に出たのは久保だった。
この日、久保はアトレティコ・マドリードとのホーム試合に中央MFで先発出場、フルタイムをプレーしたが攻撃ポイントを上げられなかった。
チームは0-2で敗れたが、マジョルカで最も目立つ活躍をした。

久保は後半2分にペナルティエリアの右サイドからシュートを飛ばして、アトレティコ・マドリードの肝を冷やしたりもした。
サッカー統計サイトのフースコアードによると、久保は評点6.7を与えられてチームで最も高かった。

イ・ガンインも電撃的にヘタフェ戦で先発出場した。
左サイドのMFという馴染みの薄い席で先発したが問題なかった。
試合テンポの適応を終えたイ・ガンインは、久保と違ってデビューゴールまで奪った。

フースコアードの評点も7.3点でチーム内2位だった。
だが惜しくもバレンシアは3-3で引き分けてしまった。

先発デビュー戦で気持ちの良いゴールまで決めたイ・ガンインは、28日にアスレティック・ビルバオと7ラウンド遠征試合を行う。
2試合連続の先発出場も狙うに値する。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング