レアル・マドリード「1軍デビューのマルビン・パク、1対1が素晴らしい」
MKスポーツ



※一部要約

マルビン・パクがレアル・マドリード1軍デビュー戦を行った。
ナイジェリアの父親と韓国人の母親から2000年にスペインで生まれたアタッカーだ。

レアル・マドリードは21日、スペイン・ラ・リーガ2ラウンドのアウェイ試合でレアル・ソシエダと0-0で引き分けた。
後半24分に後退投入されたマルビン・パクは、残りの試合で最後までプレーした。

クラブの公式HPは「威嚇的な1対1の能力を持つ。力強い機動力を精一杯活用する、非常に直線的なスタイルだ。左足と右足をどちらも非常に見事に使う」として、レアル・マドリード選手としてのマルビン・パクの潜在力を好評した。

マルビン・パクは2016年、17歳以下のチームに入団してレアル・マドリードでのキャリアを始めた。
UEFA19歳以下チャンピオンズリーグの概念であるユースリーグでは、14試合2得点4アシストの活躍をした。

2019-20シーズンにマルビン・パクはレアル・マドリード・カスティージャ(成人2軍)に昇格、セグンダ・ディビシオンB(3部リーグ)で26試合3ゴール1アシストを記録した。



鈍かったバレンシア、パス成功率100%のイ・ガンイン…45分の活躍で評点6.3
フットボールリスト



※一部要約

イ・ガンインが45分活躍してシーズン2回目の公式戦を終えた。

20日、スペインのビーゴ・バライドスで行われた2020-2021ラ・リーガ2ラウンドで、バレンシアはセルタ・デ・ビーゴに1-2で跪いた。
シーズン初の敗北だ。

イ・ガンインはマキシ・ゴメスとともに最前方で先発として出場した。
だが前試合で2アシストを上げて大活躍した流れを続けられなかった。
シュートはなく、キーパス1本を記録した。
パスを18回試みてすべて成功し、自分の役割を果たした。

ヨーロッパサッカー統計サイト"フースコアード・ドットコム"は、イ・ガンインに6.3の評点を与えた。
得点したゴメスとアシストしたヴァスがそれぞれ7.7と7.6で高い評点を受けた。
中盤に配置されたジョフレイ・コンドグビアも7.3で悪くない活躍を繰り広げた。
バレンシアの選手はほとんどが6点台の評点で、振るわないという評価を受けた。



イ・ガンイン、プレシーズン交代出場…久保との対決判定勝ち
ジョイニュース24



※一部要約

膝の負傷から回復したイ・ガンインが、所属チームのプレシーズンマッチに出た。

バレンシアは29日、スペイン・ムルシアのピナタールアリーナでビジャレアルとプレシーズンマッチを行った。
イ・ガンインは先発ラインナップからは外れたが、交代リストに名前を上げた。

彼はバレンシアが0-1でリードされていた後半20分、マヌ・バジェホに代わってグラウンドに入った。
イ・ガンインは攻撃ポイントを上げられなかったが、試合終了まで活発にグラウンドを走った。
負傷の後遺症はなかった。

イ・ガンインと同じく、日本サッカーの期待株に挙げられる久保建英も後半に交代投入された。

久保はレアル・マドリード所属だが、昨シーズンにRCDマジョルカにレンタルされ、11日にビジャレアルに再レンタルされてイ・ガンインとこの日プレシーズンの対決が実現した。

久保は1-1になってから交代でグラウンドに出てきて、イ・ガンインは久保とグラウンドでミニ韓日戦を行った。

バレンシアは後半36分に逆転ゴールを入れた。
ペナルティエリア左側からゴメスが左足シュートで決めた。
バレンシアはビジャレアルに2-1で勝ち、23日のカステリョン戦(1-0勝ち)に続いてプレシーズン2連勝を上げた。



メッシ「去ります」FAXで契約破棄を要請
スポーツ京郷



※一部要約

リオネル・メッシがバルセロナとの決別を決心した。

26日、英国BBCによるとメッシはクラブにFAXを送り、契約終了を公式に要請した。
彼は毎シーズン終了時に契約を破棄できる条項を発動し、同行を終えようとしている。
メッシとバルセロナの契約は2021年までである。

当初、契約破棄は6月が過ぎれば効力を失っていたが、新型コロナウイルス感染症で今シーズンの日程が延び、発効できるとマルカは説明していた。

UEFAチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦で2-8の惨敗をして、ロナルド・クーマン新任監督体制への不満がメッシの今回の決定を導いた。

メッシは2004年にバルセロナでプロデビューし、何と16年をワンクラブマンとして過ごした。
彼はバルセロナのユニフォームを着て731試合を行い、634ゴール285アシストを上げた。




メッシ、移籍要請書提出!バルサ去ることを決心…マンシティ、インテル挙がる
スターニュース



※一部要約

アルゼンチンのTYCスポーツは26日、速報で「メッシがFAXでチームを去りたいという意向をバルセロナに伝えた」と明かした。

メディアは「メッシはマンチェスター・シティ、インテル・ミラノ、あるいはアルゼンチンリーグやアメリカの舞台(MLS)に行くこともあり得る」と予想した。
また、様々なメディアを通じてユベントス、パリ・サンジェルマンなどが取り上げられている。



パレホ涙の移籍、"イ・ガンイン時代"への期待と憂慮
スポーツQ



※一部要約

"除け者論難"の中心に立ったダニ・パレホが、バレンシアを去ってライバルチームのビジャレアルに行った。
果たしてイ・ガンインにとって好材料ばかりなのか。

ビジャレアルは12日、公式HPでパレホ獲得の便りを伝えた。
フランシス・コクランも一緒に去ったが、2人とも4年契約を結んだ。

主将だったパレホは、涙を見せるほどチームへの愛着が強かった。
自分は望まなかったが、チームが強行した移籍だった。
中央MFの2人が消えた状況。
イ・ガンインは無主空山の中盤を占めることになるだろうか。

パレホは今シーズン、スペイン・ラ・リーガで35試合に出場して8ゴールを決めた。
すべて先発出場だっただけに、彼の比重は誰よりも大きかった。

イ・ガンインにとっては障害物のような存在だった。
ポジションが中央MFで重なる上、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の更迭をめぐって不快な関係が形成された。
最近マンチェスター・シティに移籍したフェラン・トーレスが、パレホをはじめとするチームメイトがマルセリーノ更迭を自分とイ・ガンインのせいにして除け者にしたと伝えられた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング