[ハン・ジュン] 韓国ヨーロッパ派の現実…ヨーロッパTOP10リーグのアジア地形図
ハン・ジュンのティキ・タカ




※一部要約

昨夜(※10月22日の記事)ヨーロッパサッカーの舞台で韓国と日本選手の対決があった。
イングランド・プレミアリーグでスウォンジー・シティのキ・ソンヨンとレスター・シティの岡崎慎司が争い、フランス・リーグアンではディジョンのクォン・チャンフンがメスの川島永嗣の守るゴールを狙った。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンがアウクスブルクにともに身を置いているドイツ・ブンデスリーガには、あまりにも日本選手が多いので対決が頻繁に繰り広げられる。

21世紀を前後してアジアサッカーはヨーロッパに近づいた。
1998年にイランのFWアリ・ダエイがブンデスリーガ最高の名門バイエルン・ミュンヘンに入団したし、日本のMF中田英寿が2000-01シーズンにASローマ所属でセリエA優勝を達成した。
韓国のMFパク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドで4回プレミアリーグで優勝し、2007-08シーズンにはアジア選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ優勝メンバーになった。

これらの選手が成功事例になり、オーストラリアがアジアサッカー連盟に編入し、今やヨーロッパの主要リーグでアジア選手の活躍を見ることはありふれている。

自国リーグがどれだけしっかりしているかが、その国のサッカーの競争力である。
だが戦術的にも技術的にも、ヨーロッパがサッカーの本場であり、先導的な役割を果たしているのも事実だ。
ヨーロッパにどれだけ多くの選手が進出し、活躍しているのかも競争力の指標の一つである。


102582576a.jpg



"帰化オファー"バルサ、「イ・スンウを諦めてない」
OSEN




※一部要約

FCバルセロナはイ・スンウについて完全には諦めてなかった。
可能性について十分に認め、ずっと見守る見通しだ。

イ・スンウがバルセロナを去ってセリエAエラス・ヴェローナに移籍する。
30日、イタリアメディアはヴェローナが移籍金21億ウォンを払ってイ・スンウを獲得すると伝えた。
イ・スンウの関係者も「31日にイタリアへ向かう。メディカルテストを受けて契約を結ぶだろう」と明かした。
イ・スンウはヴェローナと4年契約を結ぶ予定である。

イ・スンウのヴェローナ移籍が完了すれば、セリエAでプレーする2人目の韓国選手となる。
2000年から2年間ペルージャでアン・ジョンファンが活躍して以降、15年間セリエAは韓国選手と縁を結ぶことができなかった。

これまでイ・スンウはバルセロナと綱引きを繰り広げていた。
イ・スンウはバルセロナを去って他リーグに移籍することをとても悩んでいた。
バルセロナBをはじめとして、スペインプロ2部リーグはEU市民権がない選手を2人までしか保有できない。
最近バルセロナBは、ブラジルの名門パルメイラスの攻撃型MFヴィチーニョを連れてきて、残りの一席をホンジュラス代表FWチョコ・ロサーノで埋めた。



[オフィシャル] バルサ、デンベレを基本移籍金1395億ウォンで獲得…5年契約
スポータルコリア




※一部要約

バルセロナがついにネイマールの代替者を確保した。
ドルトムントのドリブラー、ウスマン・デンベレを獲得して攻撃陣の構成を終えた。

バルセロナは25日、クラブ公式HPでデンベレの獲得を公式化した。
バルセロナとデンベレは5年契約を結んだ。
公式的な移籍金は基本金1億5000万ユーロ(約1395億ウォン)にオプションが加わったと明かした。

デンベレは今夏の移籍市場が開かれる前からバルセロナがサイド補強のため指名していた資源である。
交渉が順調ではなく中断していたデンベレの獲得は、ネイマールの移籍で再点火していた。




[オフィシャル] バルセロナ、ウスマン・デンベレ獲得確定…移籍金1397億+α
インターフットボール




※一部要約

デンベレはすでにドルトムントの練習に無断で参加せずに懲戒を受けていた。
それだけ気持ちが浮ついていたという意味である。
多くのメディアによると、デンベレ本人もバルセロナ移籍を望んでいたことがわかった。

最終的にバルセロナがドルトムントと言葉を交わし、デンベレの獲得に合意した。
現地メディアによるとバルセロナのバルトメウ会長が直接乗り出し、5年契約でデンベレの獲得合意を引き出したという。



[オフィシャル] ペク・スンホ、バルサを去ってジローナ移籍…3年契約
インターフットボール




※一部要約

ペク・スンホがバルセロナを去ってジローナFCに巣を移す。
安定した出場機会を得るために新たな挑戦を決心したのだ。

ジローナFCは21日、クラブのHPで「バルセロナからペク・スンホを獲得した。ペク・スンホはパララーダでプレーすることになるだろう」とペク・スンホ移籍のニュースを公式発表した。
契約期間は2020年までの3年である。

ペク・スンホの移籍はある程度予想されていたことだった。
6月末にバルセロナBが2部リーグに昇格し、その後出場機会がはっきりと減ったからである。
非ヨーロッパ出身選手は2人しか出場できないという規定が困難に陥れた。

最終的にペク・スンホは最近、新チーム探しに乗り出した。
折しもプリメーラリーガに昇格したジローナFCがペク・スンホに関心を示した。
すぐに1軍に合流するのではない。
ペク・スンホは2軍格のパララーダ-ジローナBでプレーする見通しである。
パララーダ-ジローナBは3部リーグに属している。

ペク・スンホは今シーズンにパララーダ-ジローナBで実戦感覚をつけてから、今後の状況によって1軍の招集を受けるものとみられる。
新たな挑戦に出たペク・スンホにとって、ジローナ行きが成長のための足場になることができるのか注目されている。



イタリアメディア「ヴェローナ、イ・スンウのレンタル獲得に乗り出した」
ニュース1




※一部要約

イタリア・セリエA昇格チームのエラス・ヴェローナがイ・スンウにずっと関心を示している。

イタリアメディアのスポートメディアセットは20日、「ヴェローナがイ・スンウのレンタル獲得のためバルセロナと協議に入った」と報じた。

ヴェローナは今夏の移籍市場でずっとイ・スンウにラブコールを送っている。
先月28日にイタリアメディアは「ヴェローナが引退を宣言したアントニオ・カッサーノの空席を埋める適任者としてイ・スンウに目をつけた」と初めて伝えたことがあった。

イタリアメディアは9日には「ヴェローナがイ・スンウをまずレンタルしてから、完全移籍を望んでいる」と報じたこともある。

今回、スポートメディアセットは「開幕戦でナポリに1-3で敗れたヴェローナが、残りの移籍期間で攻撃陣の強化を望んでいる。そのためにイ・スンウの獲得を狙っている」とした。

イ・スンウに関心を示しているエラス・ヴェローナは、昨シーズンにセリエBの2位になり、今シーズンにセリエAへ昇格した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング