[オフィシャル] "日本のメッシ"久保、カスティージャの代わりに"1部"マジョルカへ
スポータルコリア




※一部要約

日本のメッシと呼ばれる新星の久保建英が、レンタル移籍とともに初シーズンを3部リーグの代わりに1部リーグのスペイン・プリメーラリーガでプレーする機会を掴んだ。

RCDマジョルカは23日、公式チャンネルで久保獲得のニュースを発表した。
契約は1年のレンタルで2020年夏まで留まる。

久保は今夏、FC東京を去ってレアル・マドリードに入団した。
彼は今回のプレシーズンで1軍リストに名前を上げ、最初の契約通り2軍のカスティージャに戻った。

レアルは久保がカスティージャのプレシーズンで良い姿を見せ、1軍のプロの舞台で経験を積むことを望んだ。
久保もやはり3部リーグのカスティージャの代わりに、1部リーグであるプリメーラリーガでの経験を希望し、望み通りとなった。

久保が着実な出場とともに成果を上げれば、レアル1軍入りの時期はさらに早まるだろう。
マジョルカもやはり久保獲得出攻撃の強化に成功し、今シーズンの期待値を上げた。



日新星・久保、"昇格チーム"マジョルカにレンタル?
ベストイレブン




※一部要約

レアル・マドリードの1軍スカッドに入ることに失敗した日本サッカーの新星、久保建英がマジョルカレンタルを模索している。

スペインメディア<フゴーネス>は、レアル・マドリードが久保をレンタルで獲得できるかとかなり多くのオファーを受け、その中でマジョルカが久保の成長のために最良のオプションだと決めたと伝えた。
レアル・バリャドリードが久保のレンタルのためにかなり力を入れたが、レアル・マドリードはマジョルカのほうが良いと判断したという。

今年満18歳の久保はバルセロナユースシステムで成長した後、2016年にFC東京でプロデビューした若い選手だ。
2019年の夏の移籍市場でレアル・マドリードに入団した久保は、所属チームのプレシーズンキャンプに合流してジネディーヌ・ジダン監督が見守る中で様々な試合を消化し、自分の潜在力を認められようとした。
だが1軍スカッドの登録には失敗し、2軍チームであるレアル・カスティージャでシーズンを送らなければならない状況だったが、レンタルのオファーを通じてラ・リーガデビューすることができるものとみられる。



イタリアの南北有望株、初戦は冨安だけ出場
フットボールリスト




※一部要約

イタリアで韓国、北韓、日本の21歳有望株3人が激突を準備している。
イタリア・セリエAの前にしたコパ・イタリアの試合では、日本の冨安健洋だけが先発でプレーした。

今シーズンのセリエAはエラス・ヴェローナのイ・スンウ、カリアリのハン・グァンソン、ボローニャの冨安健洋が同時に集まり、北東アジアの有望株3人が争う舞台となった。
17日から19日に行われた"2019/2020コパ・イタリア"3ラウンドには、3チームがすべて参加した。
3ラウンドは昨シーズンのセリエA9位以下と新たに昇格したチームまで、12チームが参加する。
ヴェローナ、カリアリ、ボローニャはすべて3ラウンドの参加基準に含まれていた。

冨安は19日、ボローニャがピサを3-0で下した試合に先発でプレーし、イタリアの舞台でデビュー戦を行った。
ピサはセリエBのクラブである。
日本代表の主戦DFである冨安は、ボローニャが700万ユーロ(約94億ウォン)を投資して野心的に獲得した選手だ。
主戦として出場機会を受ける可能性は高い。

イ・スンウとハン・グァンソンは出場できなかった。
イ・スンウは19日、ヴェローナがクレモネーゼに1-2で敗れた試合でベンチを守った。
ハン・グァンソンは同日、カリアリがキエーボを2-1で下した試合のリストに入らなかった。

イ・スンウと冨安は対決を控えている。
26日に行われるセリエA開幕戦で、ヴェローナとボローニャが対決する。
もし両選手が同時に出場すれば、韓国と日本の代表選手の興味深い対決が見られる。
イ・スンウは青少年代表時代から、日本への強いライバル意識と自信を明らかにしてきた。



"NO SHOW"対処もスーパースターのメッシ、SNSで直接謝罪
ベストイレブン




※一部要約

リオネル・メッシがアメリカツアーに出られなくなった。
メッシは自分の出場を待っていたアメリカファンに向けて、SNSで直接誠意に満ちた謝罪のメッセージを伝えた。

メッシは最近、ふくらはぎを負傷した。
バルセロナはクラブHPの声明書を通じ、メッシが負傷で痛みを感じて練習を中断し、プレシーズンの日程をともにできないと伝えた。

誰よりもこのニュースが残念だったのは、アメリカのメッシファンだった。
メッシを含めたバルセロナ選手団は8日と11日にアメリカで、ナポリを相手にアメリカのファンの前でプレーする計画だったからである。

これに対してメッシは直接SNSに謝罪文を残した。
メッシは「アメリカのファンとともにしたかったが、負傷でそれができなくなった。だが私たちはすぐに会えるはずだ。アメリカファンの愛にいつも感謝を申し上げる」として、アメリカのファンの虚脱した心を慰めた。

メッシは直接謝罪文を残すほど、アメリカツアーを尊重する姿を見せた。
これに対してアメリカファンもやはり、惜しさの中でもメッシの早い回復を願っている。



「イ・ガンインの席ない、バレンシアはすでに決定」西メディアまで角が生えた
スポTVニュース




※一部要約

バレンシアにイ・ガンインの席はない。
クラブもわかっているのに明確な決定を下さない。
スペインメディアも認めた。

イ・ガンインは今夏、新たな挑戦を望んでいる。
バレンシアに移籍の意思を伝えたが、なかなか進展がない。
バレンシアは8000万ユーロ(約1052億ウォン)で完全移籍を断った。
スペイン・プリメーラリーガの数クラブがレンタルをオファーしたが、時間だけが過ぎている。

25日、スペイン地元紙"スーペル・デポルテ"が、来シーズンもイ・ガンインの席はないと釘を差した。
このメディアは「マルセリーノ監督は4-4-2の戦術を使う。かなり譲歩して、3つのポジションでイ・ガンインを使える。だが左サイドに2人、右サイドに2人、最前方に4人いる。イ・ガンインはそこに含まれない」と明かした。

決定も終わった。
このメディアは「バレンシアの団長は5月にマルセリーノ監督とイ・ガンインの将来を議論すると語った。すでに議論を終え、イ・ガンインの席はない。バレンシアはイ・ガンインに出場時間を保証できない。チームのシステムにイ・ガンインは使えない。バレンシアがポジション争いの選手8人のうちの1人ではないと伝えていればこんなことはなかった」と批判した。

イ・ガンインが現システムに適していないというのはわかっている。
一部のスペインメディアは「イ・ガンインを望んでいたレバンテの選手構成はますます完了している」と残念がった。
プレシーズンも永遠ではない。
両者の決断が必要な状況だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング