幼少年惨敗に監督の性的スキャンダルまで…日年代別代表、最悪の一日
エクスポーツニュース




※一部要約

日本サッカー代表の年代別代表が、相次いで炸裂した悪材料によって泣きっ面になった。

日本U-19代表は1日、インドネシアで行われたAFC U-19チャンピオンシップ準決勝でサウジアラビアに敗れて決勝進出に失敗した。

日本サッカーの希望と言われる久保建英を筆頭に宮代大聖らの最精鋭を投入したが0-2で完敗した。

準決勝を行う前から日本サッカー界は不透明な雰囲気だった。
先に日本U-17女子代表の監督が性的スキャンダルを理由に辞任したという事実が明らかとなり、日本サッカー界は冷水を浴びせられた雰囲気だった。

午前にセクハラ事件に続き、黄金世代を自負していた幼少年選手が凄惨に敗北した日本サッカーは、最悪の一日を過ごすことになった。



バレンシアのイ・ガンイン、"日系"ダビド・シルバを超えろ
MKスポーツ、カン・デホ記者




※一部要約

バレンシアのイ・ガンインが満17歳8ヶ月11日の年齢で1軍初の公式戦を行った。
クラブの"東洋系大先輩"ダビド・シルバのAチームデビューから4466日(12年2ヶ月22日)ぶりである。

バレンシアは31日、エブロとのスペイン国王カップ16強1次戦に2-1で勝った。
2次戦のホーム試合は12月6日午前2時に始まる。

バレンシアのエブロ戦は創立36387日(99年7ヶ月12日)目に行った試合だった。
イ・ガンインはクラブの100年近い歴史で1軍公式戦を行った、初めての純東洋人として記録された。

ダビド・シルバなど、バレンシアを経たサッカースターの中にはアジア血統がいないことはなかったが、国籍などすべての側面で論難のない名実ともに東洋人の1軍選手はイ・ガンインが初めてだ。

3回の国際サッカー選手協会(FIFPro)世界オールスター選定に輝く日系MFダビド・シルバは、バレンシアユースが輩出した最高のスターの1人である。

ダビド・シルバは14歳だった2000年、イ・ガンインは2011年に10歳の年齢でバレンシアユースになった。
シルバは2010年7月14日、実家チームに移籍金2875万ユーロ(371億6196万ウォン)を与えてEPLのマンシティに去った。

バレンシアは2006年8月9日、ザルツブルクとのUEFAチャンピオンズリーグ3次予選1次遠征試合(0-1負け)を通じて、ダビド・シルバに初めての1軍出場の機会を与えた。

ザルツブルク戦のとき、ダビド・シルバの年齢は満20歳7ヶ月2日だった。
バレンシアは2004-05シーズンにエイバル、2005-06シーズンにはセルタ・デ・ビーゴにシルバをレンタルで送り、経験を積ませた。

イ・ガンインが"バレンシアAチーム史上初の東洋人"に留まらず、"クラブ史上最高のアジア系スター"に成長するよう願う。
そのためにはダビド・シルバの地位と業績を超えなければならない。



FCバルセロナが来年に中国、日本で試合…韓国は外れる
イーデイリー




※一部要約

スペイン・プロサッカー"ラ・リーガ"の名門クラブであるFCバルセロナのアジアツアーから韓国が除外された。

リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、サミュエル・ウムティティら華やかなスタープレーヤーが所属するFCバルセロナは17日、クラブHPで「チームのブランド世界化拡張戦略により、来年に中国と日本を訪れることにした」として、「中国と日本は戦略的に最も重要な10ヶ国のうちの2ヶ所」と明かした。
続けて「FCバルセロナは中国と日本で事業を拡大し、新たなファンを見つけるために努めている」として、「クラブHPで日本語、中国語、インドネシア語のサービスをするのも同じ脈絡」と説明した。
今回のアジアツアーで残念ながら韓国は外れた。




バルセロナ、中国・日本で親善試合…韓国は除外
スポーツ京郷




※一部要約

日本メディアはバルセロナが日本プロサッカーJリーグのヴィッセル神戸と親善試合を行うと予想した。
ヴィッセル神戸の親企業はバルセロナのメインスポンサーである楽天だ。
バルセロナのフランチャイズスターのアンドレス・イニエスタが5月にヴィッセル神戸へ移籍したこともある。



イ・ガンイン"ゴールポスト2+FK誘導4"…ユベントスU19圧倒
MKスポーツ




※一部要約

イ・ガンインにとって2歳差は何でもなかった。
すでに成人2軍に昇格した選手らしかった。

スペインのエスタディオ・アントニオ・プチャデスでは19日、2018-19シーズンUEFAユースリーグH組1次戦のバレンシア-ユベントスが行われた。
19歳以下のチャンピオンズリーグに該当する大会に臨んだバレンシアは、ユベントスに0-1で敗れた。

イ・ガンインは4-4-1-1の攻撃型MFとしてフルタイムを消化した。
前半34分と後半17分に相次いで決定的シュートを打ったが、ゴールポストに当たる不運でユースリーグのバレンシア・ユベントス戦の勝利を導けなかった。

チームは敗れたが、イ・ガンインの存在感は圧倒的だった。
バレンシアU-19の専門キッカーとして出て、3回のFKと4回のCKを蹴った。

ユベントス19歳以下チームは、イ・ガンインを止める過程でファールを4回するなど、手に負えない様子がはっきりとわかった。

バレンシアは2017年7月のU-19公式昇格に続き、2018年1月からは成人Bチームにイ・ガンインを編入させた。

イ・ガンインはバレンシア2軍所属でスペイン3部リーグ15試合2得点。
1試合当たり45.0分を消化し、攻撃型MFと右ウィングで起用されている。



イ・ガンイン、2001年生まれの全体市場価値"57位"(トランスファーマルクト)
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンインが一歩ずつ前進している。
プレシーズンに1軍と呼吸をして雰囲気を学び、バレンシアBで実力を育んでいる。
チャンピオンズリーグのリストBにも入って関心を集めた。

4日、バレンシアはUEFAチャンピオンズリーグの参加メンバーを発表した。
メンバーは1軍が入ったリストAと、満21歳以下で2年以上チームに身を置く選手が登録されたリストBに分かれる。

イ・ガンインはリストBに入った。
すぐに出場するのは難しいが、21歳以下でチャンピオンズリーグの常備軍に名前を上げた点を見れば、バレンシアの考えがわかる。
実際、バレンシアはイ・ガンインとの再契約後、バイアウト8000万ユーロ(約1057億ウォン)を設定している。

それなら数値で現在地を知ることができないだろうか。
イ・ガンインはヨーロッパ移籍市場専門メディア"トランスファーマルクト"が発表した同年代(2001年生まれ)の市場価値で57位を占めたが、市場価値は10万ユーロ(約1億2972ウォン)だった。
同年代を外れてスペイン3軍のディビジョンB全体で問えば217位、バレンシアBチームでは11位だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング