"国際化"に尽力するラ・リーガ、韓国に注目の理由「韓国のファンはサッカーを知っている」
ゴールドットコム




※一部要約

「ラ・リーガは国際化に尽力しており、韓国は私たちにとって非常に重要な市場だ。収益のためでもなく、ビジネスのためでもない。韓国にはすでにサッカー文化が定着している。また、韓国のサッカーファンはサッカーを本当に感じて理解できる」

リーグの"国際化"を夢見るラ・リーガ、彼らはリーグのブランド価値を世界的にさらに高め、国際的な規模の広いファン層を確保することに努めている。
"国際化"と"成長"という明確な目標を立て、成功的な成果を上げているラ・リーガは、韓国市場に注目している。
理由は何なのか。
ラ・リーガのアジアコミュニケーション担当のハビエル・イバニェスと会ってラ・リーガの成長の動力、そして韓国市場の重要性などについて言葉を交わした。

2013年にハビエル・テバスがラ・リーガの新任会長に就任した。
テバス会長がラ・リーガの経営を担い、特に強調したのが"リーグの国際化"である。
テバス会長のビジョンは、ラ・リーガがスペインを越えて全世界的に人気を得て、愛されるリーグに成長しなければならないというものだった。
そして彼はラ・リーガの哲学を変え始めた。

ラ・リーガのアジアコミュニケーションの担当者ハビエル・イバニェス氏は、テバス会長のビジョンと情熱のおかげで「働きがいがある」として、全職員が一つの目標に向かって努力してシナジーを出していると伝えた。
それと同時に「ラ・リーガの真の望みは成長だ。だがスペイン内での成長には限界があり、目を外に向けると外に多くの国が見えた」として、テバス会長の指揮の下でラ・リーガは"成長"と"国際化"という明確な目標を立てることができたと伝えた。



[オフィシャル] ジダン、レアル指令塔復帰…"名家"の自尊心回復を狙う
インターフットボール




※一部要約

サンティアゴ・ソラーリ監督を更迭したレアル・マドリードが、ジネディーヌ・ジダンを次期指令塔に選任した。

レアル・マドリードは12日、クラブのHPで「ソラーリ監督は更迭された。レアルの新監督はジダン」として、ジダン監督のレアル指令塔復帰を公式発表した。
契約期間は2022年6月までである。

ソラーリ監督の更迭は予想されていたことだった。
後半期に反転を叫んだレアルは、むしろ正反対の歩みを見せて振るわなかった。
一つに団結しても不足した状況で、各種不和説が絶えなかったためである。

それにより、選手団をグッと掴める強靭な人間性の指導者が必要だという声に重きが置かれた。
強いカリスマを見せるジョゼ・モウリーニョ監督もレアルの次期監督候補に取り上げられたが、レアルの選択はジダン監督だった。



[オフィシャル] 18歳イ・ガンイン、A代表"初乗船"、クォン・チャンフンも"復帰"
スポーツ朝鮮




※一部要約

"韓国サッカーの未来"イ・ガンインがついにA代表に乗船した。
負傷から復帰したクォン・チャンフンも再び代表のユニフォームを着る。

パウロ・ベント監督は11日、坡州NFCで3月のAマッチに出る太極戦士27人のリストを発表した。
アジアカップ後に再び船出するベント号は22日に蔚山ワールドカップ競技場でボリビア、26日にソウルワールドカップ競技場でコロンビアと親善試合を行う。

最も目につく名前はやはりイ・ガンインだ。
イ・ガンインはここ数ヶ月感で最もホットな名前だった。
イ・ガンインは今年、夢に描いていた1軍デビューに成功した。
バレンシア史上最年少外国人1軍デビューであり、韓国サッカー史上最年少ヨーロッパビッグリーグデビューだった。
1軍の正式契約まで済ませたイ・ガンインは、ラ・リーガデビュー戦まで行った。
韓国選手からは見られない卓越した技術とセンスに、ファンの関心が続いた。
嵐の成長を続けているイ・ガンインをA代表に抜擢するべきという意見が続いた。
実際、ベント監督はアジアカップ後にイ・ガンインの技量を点検するため、バレンシアの競技場を訪れたりもした。


190311110509999a.jpg

190311110509999b.jpg



"14億の中・自尊心"ウー・レイ、3732日ぶりにヨーロッパ5大リーグで得点
マイデイリー




※一部要約

14億の中国大陸の自尊心ウー・レイ(※武磊)が、3732日ぶりにヨーロッパ5大リーグで得点した中国選手になった。

ウー・レイは2日、スペインのRCDスタジアムで行われたレアル・バリャドリードとのプリメーラリーガ26ラウンドのホーム試合に先発出場し、デビューゴールを放った。

スペインの舞台に進出してから最初の得点に成功したウー・レイは、中国選手として初めてリーガでゴールを決めた選手になった。

エスパニョールの3-1の勝利を導いたウー・レイは、後半39分に交代してホームファンの起立拍手を受けた。

"大陸ロナウド"ウー・レイのゴールに14億の中国も揺れた。
中国メディアの新浪スポーツは「ウー・レイは3732日ぶりにヨーロッパ5大リーグで得点した選手になった」と報じた。

これまでの5大リーグの得点は、2008年にドイツ・ブンデスリーガでプレーしていたシャオ・ジャイだった。
それから約10年ぶりにヨーロッパビッグリーグで得点者が出てきたのだ。




興奮した中メディア、「ウー・レイ、3732日ぶりに5大リーグの得点者
ベストイレブン




※一部要約

ウー・レイは1991年生まれのソン・フンミンより1歳上で、中国代表のFWである。
そのため中国メディアではソン・フンミンの比較対象としてしばしば取り上げられたりもする。



"ヨーロッパデビュー"イ・ガンイン、3月のAマッチでベント号に乗船するか
釜山日報




※一部要約

イ・ガンインがUEFAヨーロッパリーグにデビューした。

イ・ガンインは22日、スペイン・バレンシアのエスタディオ・デ・メスタージャで行われたセルティックとのヨーロッパリーグ32強2次戦のホーム試合で、後半31分に投入された。
1月の国王カップ8強2次戦のヘタフェ戦から6試合ぶりである。

この日、イ・ガンインは右ウィングで出て活発な動きを見せた。
後半38分にペナルティエリアからシュートを披露したが、相手DFの体に当たって屈折して悔しい思いをした。

韓国ファンの関心は、イ・ガンインのベント号乗船の有無である。
現在、パウロ・ベント監督が率いている韓国サッカー代表は、3月にボリビア・コロンビアと国内評価試合を控えている。

アジアカップ後に代表の主軸だったキ・ソンヨンとク・ジャチョルが代表引退を宣言しただけに、ベント号は2022年のカタールワールドカップに備えて若い選手で世代交代を進めなければならない状況だ。

9月から始まるカタールワールドカップ・アジア地区2次予選を前に、今回の3月のAマッチではイ・ガンインはもちろんペク・スンホ(ジローナ)、チョン・ウヨン(バイエルン・ミュンヘン)らの有望株を呼んで、競技力を確認する良い機会である。

一方、3月のAマッチ2試合を控えているベント監督は、同月18日に代表チームを招集し、招集メンバーは1週間前の11日に発表する予定だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング