日本のメッシ久保、レアルと年俸13億+5年契約(マルカ)
スポータルコリア




※一部要約

久保建英(18、FC東京)がレアル・マドリード入を目前にしている。

スペイン"マルカ"は14日、「レアルは現在東京でプレーしている日本の真珠・久保と契約を結ぶだろう」と報じた。

久保は当初、バルセロナ復帰が有力だった。
だがレアルとパリ・サンジェルマンが争奪戦に飛び込んだ。
特にレアルが積極的だった。
4月にスペイン"ムンドデポルティーボ"が「ライバルのレアルが久保を横取りしようとしている。レアルの総括理事であるホセ・アンヘル・サンチェスが日本選手との契約のために動いている」と具体的な状況まで言及した。

久保は6月4日に18歳になり、ヨーロッパに戻ることができる。
現在は日本代表に乗船して、ブラジルで行われるコパ・アメリカの準備中だ。
"マルカ"によると「まだ100%契約が完了したわけではないが、レアルが久保の所属チームの東京に移籍金200万ユーロ(約27億)を支払い、5年契約を締結するだろう」と明かした。
もちろんすぐに1軍ではない。
早ければプレシーズンから参加し、レアルBチーム(カスティーリャ)に身を置くことになる。







日本の有望株・久保建英、レアル・マドリード入団
スポーツソウル




※一部要約

レアルは久保がすでにスペインで幼少期を過ごして適応期が必要ないという点、満18歳で日本代表に選ばれるほど将来性を備えている点などを考慮して獲得を指名したとみられる。
現在ポーランドで行われているU-20ワールドカップで抜群の技量を誇示している韓国のイ・ガンインと同じく2001年に生まれたので、2人のライバルの構図がますます興味深く展開する可能性がある。



美MLSバンクーバー、ファン・ウィジョ獲得に関心…ファン・ウィンボムと同じ釜の飯を食べるか
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョのアメリカMLS移籍説が出てきた。
ファン・ウィジョに関心を持っているチームは、すでにファン・ウィンボムがプレーしているバンクーバー・ホワイトキャップスである。

アメリカMSLの公式HPは6日、"グラスシティFC"の報道を引用して「バンクーバーがファン・ウィンボムのチームメイトを獲得しようとしている。今月にガンバ大阪との契約が終了してFAになるファン・ウィジョだ」と伝えた。

このメディアは「ファン・ウィジョは26歳のストライカーで、24回以上のAマッチ出場記録を持っている」として、「ファン・ウィンボム、ソン・フンミンとともに出場したアジア大会の核心選手で、7試合で9ゴールを決めて大会得点王になった」と説明した。

続けて「ファン・ウィジョは新たなリーグへの挑戦と熱望を持っている。ファン・ウィンボムのバンクーバーでの経験が、MLSを魅力的な選択肢にすることができる。両選手のエージェントは同一人物」と付け加えた。

去年のアジア大会で大活躍して、ファン・ウィジョはスターに躍進した。
今シーズンは14試合に出て2ゴールを記録中で、現在はベント監督が率いるサッカー代表に招集されて6月のAマッチを準備している。



イ・スンウ-久保含む、全世界の"ネクストメッシ"24人公開(英メディア)
スポータルコリア




※一部要約

かつてリオネル・メッシ(FCバルセロナ)の後継者に挙げられたイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)が、英国メディアの注目を浴びた。

英国"ザ・サン"は全世界に散らばる"ネクストメッシ"を紹介した。
計24人が含まれ、韓国のメッシであるイ・スンウや日本のメッシである久保建英(FC東京)が名前を上げた。

"ザ・サン"は「21歳のウィンガーはセリエBでなかなか良いシーズンを送り、ジャカルタ・パレンバンアジア大会で国家的英雄になった。トッテナム・ホットスパーのソン・フンミンの助けとなった。これは軍服務を避けられるという意味である」と光を当てた。

イ・スンウとは違い、日本の期待の主・久保にさらに高評価を下した。
"ザ・サン"は「まだ17歳に過ぎないが、その名前(ネクストメッシ)に見合った多くの機会を得ている。メッシのようにバルセロナのカンテラで育ち、18歳でスペイン復帰が予定されている。15歳10ヶ月11日でJリーグ最年少ゴールを記録し、東京で優れた活躍を繰り広げている」と賛辞を送った。


190512061206936a.jpg




"韓国のメッシ"イ・スンウ-"日本のメッシ"久保…外信、第2のメッシ紹介
インターフットボール

190508145209881.jpg


※一部要約

日本のメッシは久保だった。
"ゴールドットコム"は「久保は15歳の年齢でJリーグで得点した若い選手だ。バルセロナユースで4年間練習し、U-11の試合で30試合74ゴールを決めた」と紹介した。



"国際化"に尽力するラ・リーガ、韓国に注目の理由「韓国のファンはサッカーを知っている」
ゴールドットコム




※一部要約

「ラ・リーガは国際化に尽力しており、韓国は私たちにとって非常に重要な市場だ。収益のためでもなく、ビジネスのためでもない。韓国にはすでにサッカー文化が定着している。また、韓国のサッカーファンはサッカーを本当に感じて理解できる」

リーグの"国際化"を夢見るラ・リーガ、彼らはリーグのブランド価値を世界的にさらに高め、国際的な規模の広いファン層を確保することに努めている。
"国際化"と"成長"という明確な目標を立て、成功的な成果を上げているラ・リーガは、韓国市場に注目している。
理由は何なのか。
ラ・リーガのアジアコミュニケーション担当のハビエル・イバニェスと会ってラ・リーガの成長の動力、そして韓国市場の重要性などについて言葉を交わした。

2013年にハビエル・テバスがラ・リーガの新任会長に就任した。
テバス会長がラ・リーガの経営を担い、特に強調したのが"リーグの国際化"である。
テバス会長のビジョンは、ラ・リーガがスペインを越えて全世界的に人気を得て、愛されるリーグに成長しなければならないというものだった。
そして彼はラ・リーガの哲学を変え始めた。

ラ・リーガのアジアコミュニケーションの担当者ハビエル・イバニェス氏は、テバス会長のビジョンと情熱のおかげで「働きがいがある」として、全職員が一つの目標に向かって努力してシナジーを出していると伝えた。
それと同時に「ラ・リーガの真の望みは成長だ。だがスペイン内での成長には限界があり、目を外に向けると外に多くの国が見えた」として、テバス会長の指揮の下でラ・リーガは"成長"と"国際化"という明確な目標を立てることができたと伝えた。



[オフィシャル] ジダン、レアル指令塔復帰…"名家"の自尊心回復を狙う
インターフットボール




※一部要約

サンティアゴ・ソラーリ監督を更迭したレアル・マドリードが、ジネディーヌ・ジダンを次期指令塔に選任した。

レアル・マドリードは12日、クラブのHPで「ソラーリ監督は更迭された。レアルの新監督はジダン」として、ジダン監督のレアル指令塔復帰を公式発表した。
契約期間は2022年6月までである。

ソラーリ監督の更迭は予想されていたことだった。
後半期に反転を叫んだレアルは、むしろ正反対の歩みを見せて振るわなかった。
一つに団結しても不足した状況で、各種不和説が絶えなかったためである。

それにより、選手団をグッと掴める強靭な人間性の指導者が必要だという声に重きが置かれた。
強いカリスマを見せるジョゼ・モウリーニョ監督もレアルの次期監督候補に取り上げられたが、レアルの選択はジダン監督だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング