[単独] キ・ソンヨンがスペインのマジョルカに入団…今日出国
KBS

200221102508104.jpg


※一部要約

Kリーグ復帰が失敗に終わったキ・ソンヨンが選択したスペイン1部リーグのチームはマジョルカ。

スペインリーグ進出を控えて今日出国するキ・ソンヨンが契約するところは、国内で伝えられたレアル・ベティスではなくマジョルカと確認された。

キ・ソンヨンの最側近はKBSに「キ・ソンヨンが今日出国するのはマジョルカとの契約書にサインするため」として、「一部で伝えられたレアル・ベティス行きは明確に違う」と確認した。

契約期間などの細部条件は現地に到着して調整する予定である。

側近は「マジョルカはドイツなどのヨーロッパ人が休暇を楽しみに来るなど、天候などの気候環境が良く、サッカーの試合をするのに良いところだと判断し、マジョルカは1部リーグである上、ウエスカとの合意を後にするほどの強いオファーをした」と説明した。

マジョルカは2019~2020スペイン・プリメーラリーガの20チーム中18位に上がっているチームだ。



キ・ソンヨン、ヨーロッパで挑戦続ける…スペイン行き有力
エクスポーツニュース




※一部要約

国内復帰が不発となったキ・ソンヨンの行き先がスペインに決まった雰囲気だ。
キ・ソンヨンが再びヨーロッパで挑戦を続ける。

KBSは18日、「キ・ソンヨンは様々な海外クラブのラブコールを受けた。悩んだ末にスペイン行きを選んだ」と報じた。

キ・ソンヨンは先月末、ニューカッスル・ユナイテッドと相互間の契約を解除し、国内復帰を推進した。
だが元所属チームだったソウルとの交渉が決裂し、国内復帰が失敗に終わった。
ソウルの許諾なしでは他の国内クラブに移籍できないという契約により、海外に目を向けた。

英語圏であると同時に好環境のアメリカを選ぶ可能性もあったが、キ・ソンヨンはヨーロッパで挑戦を続けることを選んだ。
キ・ソンヨンを望んでいるチームはSBウエスカだ。
ウエスカは現在、スペイン2部リーグで4位になっている。
昇格直行圏の2位とは勝ち点差1に過ぎない。
ただし2位のレアル・サラゴサが2試合行っていない。



西メディア、「イ・ガンイン、最悪のとき…バブルなくなった」
OSEN




※一部要約

イ・ガンインに対する現地メディアの冷ややかな評価が出てきた。

バレンシア現地メディアのデポルテ・バレンシアーノは先月31日、「イ・ガンインは1軍に来てから最悪のときを過ごしている。イ・ガンインのバブルはなくなった。反論できな現実だ」と報じた。

今シーズン16試合に出て1ゴールを記録中のイ・ガンインは、クラブの期待に達することができずにいる。
国内での高い評価とは異なり、現地の評価は冷酷だ。
特に現地メディアの厳しい評価はm,イ・ガンインに対する惜しさが大きいことを証明している。




西メディア酷評、「イ・ガンインのバブルなくなった。これが現実」
スポータルコリア




※一部要約

弱り目に祟り目で、ライバルのフェラン・トーレスと比較されている。
「両選手は序盤から比較され、どちらも忍耐心を持って見守らなければならなかったが、トーレスは技量が爆発し、今ではラ・リーガで素晴らしい宝石の一つである」とトーレスの手を上げた。

イ・ガンインは今シーズン、現在までに16試合で1ゴールを記録している。
だが手強い主戦競争をしていて、メインポジションの攻撃型MFではないサイドでよく出ている。
イ・ガンインが期待とは裏腹なプレーをしている理由だ。

また、去年末に負傷まで重なり、現在は復帰したがリーグ出場で困難を経験している。
コパ・デル・レイでは連続で先発出場したが、まだ印象的な活躍は見せられていない。
イ・ガンインは現在の試練を克服し、乗り越えるしかない。



[現場REVIEW] "イ・ガンイン29分"バレンシア、マジョルカに1-4の完敗…久保10分
スポTVニュース




※一部要約

バレンシアが敗北した。

バレンシアは19日午後8時、マジョルカのイベロスタースタジアムで行われた2019-20シーズン・スペイン・ラ・リーガ20ラウンドで、レアル・マジョルカに1-4で敗北した。
これでバレンシアは7位に留まり、マジョルカは降格圏を脱して17位に上がった。


200119215212397a.jpg

200119215212397b.jpg



イ・ガンイン-久保の韓日ヤングガン対決の実現有力…マジョルカ戦出場の見通し
スポータルコリア




※一部要約

"ゴールデンボーイ"イ・ガンインがマジョルカを相手に負傷復帰戦を行う見通しだ。
久保建英との韓日有望株の対決の可能性が高まった。

15日のスペイン"ラス・プロビンチャス"によると、イ・ガンインは負傷から完全に回復して正常に練習を消化した。
"ラス・プロビンチャス"は「アルベルト・セラーデス監督が才能(イ・ガンイン)を取り戻した。特別な問題がなければ日曜日に現れる」と、19日に行われるマジョルカ戦でのイ・ガンイン出場の可能性に言及した。

イ・ガンインは去年11月27日、チェルシーとのUEFAチャンピオンズリーグの試合で太ももを負傷した。
診断結果で4週間ほどの回復を必要とし、これまで治療と回復に集中してきた。
そして負傷を振り払って正常に練習を消化し、出場の準備を終えた。

"ラス・プロビンチャス"は「バレンシアはイ・ガンイン出場の準備ができたと感じ、大きな期待をかけている」とイ・ガンインの復帰を喜んでいると付け加えた。




スペインメディア、「イ・ガンインがマジョルカ戦出撃準備」…久保との"小さな韓日戦"予告
フットボールリスト




※一部要約

イ・ガンインが復帰することになれば、レアル・マドリードからマジョルカにレンタル中の久保との出会いも期待することができる。
久保は今シーズンのマジョルカでリーグ16試合(先発10、交代6)プレーし、比較的十分な出場時間を確保している。
イ・ガンインがセラーデス監督の選択を受ければ、両選手がグラウンド上で対決する可能性が高くなる。

韓国と日本の2人の有望株は、今シーズンすでに競技場で一度会ったことがある。
去年9月、バレンシアとマジョルカはシーズン最初の対決を繰り広げたが、この試合で2人はそれぞれ交代出場した。
久保が後半33分に交代投入され、イ・ガンインもやはり後半38分に交代出場した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング