韓国、FIFAランキング59位…3段階上昇
マイデイリー




※一部要約

FIFAが23日にHPを通じて発表した2017年11月のFIFAランキングで、韓国は総点563で59位を記録した。
先月より順位が3段階上がった。

韓国はAFC所属国の中でイラン(32位)、オーストラリア(39位)、日本(55位)に次いで4番目にランクが高かった。
先月のFIFAランキングで韓国を上回った中国は60位を記録した。

ロシアワールドカップ出場国の中ではサウジアラビア(63位)、ロシア(65位)が韓国より順位が低かった。
ワールドカップに進出しない国の中ではチリ(10位)が最も順位が高かった。




韓国、FIFAランキング59位に三段階上昇…中国60位
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる韓国は11月のAマッチで"南米の強豪"コロンビアを下し、"東欧の強豪"に挙げられるセルビアとの評価試合では1-1の引き分けをおさめた。
11月の2連戦でソン・フンミン活用法の答えを探し出して希望を見せた。
11月のAマッチの結果が順位にそのまま反映されたわけだ。



韓-日、ともにロシアワールドカップ"ポット4"確定
MKスポーツ




※一部要約

日本も韓国、サウジアラビアとともにロシアワールドカップ本戦の組み合わせ抽選でポット4に割り当てられた。

11日のセネガルに続いて12日にチュニジア、モロッコがロシアワールドカップ本戦進出を確定させた。
32ヶ国中26ヶ国が決まった。
残り6枚の本戦進出チケットは13日から繰り広げられるプレーオフ2次戦6試合の結果によって決定する。

ロシアワールドカップ本戦の組み合わせ抽選は12月1日にモスクワで行われる予定だ。
32ヶ国が4つのポットに分かれる。
基準は2017年10月のFIFA世界ランキングである。

62位の韓国はサウジアラビア(63位)とポット4が確定していた。
ポット1~3を相手しなければならないポット4は、強豪チームとの対決が避けられない。

アジアではイラン(34位)が唯一ポット3に属している中、日本(44位)もポット3を狙うことができた。
だがチュニジア(28位)、セネガル(32位)が出場して日本はポット4に移った。
モロッコは48位である。

これでポット4は韓国、日本、モロッコ、パナマ、サウジアラビアら5ヶ国が確定した。
韓国は彼らとグループリーグでは会わない。
10月10日にスイスで1-3の完敗を喫したモロッコへの雪辱は、トーナメント以降に可能である。



中、21年ぶりにFIFAランキングで韓を追い越す…どのような意味なのか?
ネイバースポーツ




※一部要約

先日、韓中両国メディアが同時に関心を示した一つのニュースがあった。
最近発表されたFIFAランキングである。
中国は57位(アジア地域4位)で、21年ぶりに韓国(62位)を逆転した。
1996年以降、初めて韓国を越えたわけだ。
中国は1996年4月に56位で当時59位の韓国に一度上回ったことがある。
FIFAランキングは1993年から集計され始め、中国は今回まで歴史的に正確に2回、韓国の上に名前を上げた。

そのような順について、両国メディアやファンの反応も興味深い。
少なくない韓国メディアとネチズンが、韓国サッカーの恥辱と受け取っているようだ。
あるメディアは中国スーパーリーグが韓国代表の実力に影響を及ぼし、少なくない韓国選手が所属チームで出場機会を得られていないにもかかわらず、ただ金のために中国を去らないという記事を出したりもした。

逆に中国メディアやサッカーファンは、相対的に冷静は反応を見せた。
その上、ある人はこのような順位は決して祝福すべきことではないと批判した。
韓国は最終的に"2018ロシアワールドカップ"本戦に進出したが、中国はまた脱落の苦杯をなめたという理由のせいだった。
中国が最も最近、それも中国サッカー史上唯一のワールドカップ本戦進出は、"2002韓日ワールドカップ"のときである。


36486581102a.jpg



韓国、10月のFIFAランキング62位に急墜落↓…史上初の中に遅れる"屈辱"
スターニュース




※一部要約

ヨーロッパ遠征評価試合で2連敗した韓国のFIFAランキングが、9月より11段階落ちた62位になった。
さらに韓国は中号よりFIFAランキングが低くなり、これはFIFAランキング精度が導入されてから24年で史上初の出来事である。

16日にFIFAは公式HPで10月のFIFAランキングを発表した。
韓国は先月(51位)より何と11段階落ちた62位にランクされた。
韓国は先月より(659点)より71点落ちたランキングポイント588点を得るのに留まった。

韓国のFIFAランキング墜落は事実上、すでに予想されたことだった。
韓国は今回の10月のヨーロッパ遠征2連戦で、拙戦の末に2連敗を喫した。
7日にロシアで行われたロシアとの評価試合では2-4で敗れた。
続けて10日にスイスで行われたモロッコとの評価試合にも1-3で完敗した。

さらに衝撃的なのは、韓国のFIFAランキングが歴代初めて中国よりも低くなったという事実だ。
中国はランキングポイント626点で67位に上がって韓国を追い越した。
韓国は1993年にFIFAランキングが初めて導入されて以降、ただの一度も中国より順位が低いことがなかった。
だが24年で屈辱を迎えることになった。


20171016173920254a.jpg



[公式] 韓国サッカー、世界ランキングで中より下がる…歴代初
MKスポーツ




※一部要約

韓国サッカーが19日に発表されるFIFA世界ランキングで、中国より下に置かれる。
歴代初の出来事だ。

最近のAマッチで3分け3敗の韓国サッカーは、9月のFIFAランキング659点から、10月19日には588点に下がる。
中国は564→626点で韓国を追い越す。

韓国サッカーは1998年12月に歴代最高のFIFAランキング17位まで上がった。
2014年11月に69位まで下がったことはあるが、平均39.610位でアジアの代表的な強豪として君臨してきた。


20171012090105240a.jpg

20171012090105240b.jpg


中国は37位~109位を行き来し、平均は72.650位に終わっている。
これまでたった一度もなかった"世界ランキングで韓国<中国"が2017年10月19日に現実となる。

韓国サッカーは9回連続で通算10回目のワールドカップ本戦参加国だ。
中国は2002年が初めてであり最後の予選突破である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング