韓国、FIFAランキング51位下落・・・AFC所属で4番目
マイデイリー




※一部要約

韓国はFIFAが6日にHPで発表した2017年7月のFIFAランキングで総662点を記録して51位に留まった。
韓国は先月より順位が8段階下落した。

これまでAFC所属国家の中で2番目に高い順位を維持してきた韓国は、オーストラリア(45位)と日本(46位)よりも順位が低くなった。
8月に韓国とロシアワールドカップアジア地区最終予選を行うイランは、順位が7段階上昇して23位になり、AFC所属国家の中で最も高い順位を記録した。
また、9月に韓国とワールドカップ最終予選最終戦を行うウズベキスタンは65位を記録した。




"ドーハ惨事"韓国、FIFAランキング51位・・・8段階下落
インターフットボール




※一部要約

韓国は先月14日に行われたカタールとのロシアワールドカップアジア最終予選8次戦に2-3で敗れた。
何と33年ぶりにカタールに敗れた記録だった。

その衝撃的な敗北はFIFAランキングにも大きな影響を及ぼした。
韓国は703点から662点に落ち、8段階も下がってFIFAランキング51位になった。
イランに次いでアジア2位をずっと守っていたが、今回の結果によって韓国はアジア最強ではなく4番目に強いチームになった。

全体的なランキングを見ると、コンフェデレーションズカップで優勝したドイツが先月より2段階上がって1位を奪還した。
これまで1位だったブラジルは1段階下がって2位を占め、アルゼンチンもやはり1段階下がって3位になった。
4位はポルトガル、5位はスイス、6位はポーランド、7位はチリ、8位はコロンビア、9位はフランス、10位はベルギーだった。






[オフィシャル] "中衝撃負け"韓国、FIFAランキング43位に下落・・・ブラジル1位
インターフットボール




※一部要約

中国遠征で衝撃負けを記録した大韓民国のFIFAランキングが3段階下落して43位になった。

FIFAは6日、公式HPで2017年4月のFIFAランキングを発表した。
韓国は43位に名前を上げた。
3月に発表された順位より3段階下落した順位である。
最近の中国遠征で負けたことが影響を及ぼした。

アジアで最も高いチームはイランで、5段階上がった28位である。
日本は7段階上がって44位、オーストラリアは50位、サウジアラビアは52位だ。
ウズベキスタンは60位、中国は5段階上がって81位に跳躍した。
北韓は6位上がって115位に名前を上げた。

FIFAランキングは各国が最近4年間で行なったAマッチの勝ち点によって、試合の重要度・相手チームのレベル・当該地域の戦力などを点数として算出して算定する。
2006ドイツワールドカップから算定方式が大幅改編され、算定期間も8年から4年に短縮された。




中国に首根っこを掴まれた韓国サッカー、FIFAランキング3段階下落して43位
聯合ニュース




※一部要約

韓国サッカーは去年11月に37位に上がって3年9ヶ月ぶりに30位圏に入ったが、先月40位に再び押し出された。

そして1ヶ月で43位まで下落した。

世界ランキング1位はブラジルが占めた。
ブラジルがFIFAランキング1位に復帰したのは2010年5月以降、6年11ヶ月ぶりである。

1位を守っていたアルゼンチンは2位に退いた。

続けてドイツ、チリ、コロンビア、フランス、ベルギー、ポルトガル、スイス、スペインの順に席を占めた。

ロシアワールドカップ本戦進出の脱落危機に置かれているオランダは、3月のランキング11位から何と21段階低い32位まで墜落した。

オランダが30位より下に押し出されたのは今回が初めてである。



韓国サッカー、2016年のFIFAランキング37位で締め切り・・・亜2位
ヘラルド経済




※一部要約

韓国サッカーがFIFAの順位を30位圏で2016年を締め切った。

韓国は22日にFIFAが発表した12月のラインキングで、先月と同じ37位を維持したまま今年を終えた。

韓国サッカーは2013年2月の38位から同年3月に47位に落ちてから、3年9ヶ月ぶりの先月に30位圏に復帰したことがあった。




韓国、FIFAランキング37位で2016年を締め切り・・・亜1位はイラン
OSEN




※一部要約

韓国はAFC会員国の中で2位に上がった。
イランが先月より1段階上がった29位になって相変わらずAFC会員国の中で1位を記録した。
3位は日本が占めてオーストラリアが後に続き、サウジアラビア、ウズベキスタン、アラブ首長国連邦、中国が名前を上げた。

Aマッチがなかったので上位圏も変動がなかった。
全体1位がアルゼンチンになってブラジル、ドイツ、チリ、ベルギー、コロンビア、フランス、ポルトガル、ウルグアイ、スペインが後に続いて10位まで形成した。



韓国、11月のFIFAランキング37位・・・3年9ヶ月ぶりに30位圏
スポーツソウル




※一部要約

韓国サッカーが3年9ヶ月ぶりにFIFAランキング30位圏に進入した。

シュティーリケ監督が率いる男子サッカー代表チームは、24日にFIFAのHPが発表したFIFAランキングで先月の44位より何と7段階跳ね上がった37位となった。
2013年2月の38位から3年9ヶ月ぶりに30位圏内に入ったのである。
37位は2013年の34位以降、サッカー代表チームの最高ランキングだ。




[サッカー] 韓国、3年9ヶ月ぶりにFIFAランキング30位圏に進入
NEWSIS




※一部要約

韓国は今月にウズベキスタンとカナダを下して点数を積んだ。
そこに2012年11月にオーストラリアにやられた1-2の敗北がポイント集計から外されて順位が大きく上がった。

FIFAは最近4年間の記録だけを基にランキングを算定する。

イランが30位(797点)でアジア1位を守り、45位(644点)の日本が後に続いた。
オーストラリアが636点で48位を占めた。

アルゼンチンが1634点で全体の1位を守り、ブラジル(1544点)がドイツ(1433点)を押し退けて2位を奪還した。
チリ(1404点)とベルギー(1368点)、コロンビア(1345点)が4~6位に位置した。



チェコ戦勝利のシュティーリケ号、FIFAランキング50→48位
MKスポーツ

20160714173018.jpg


※一部要約

シュティーリケ監督が率いるサッカー代表チームの世界ランキングが上がった。

FIFAは14日、代表チームの順位を発表した。
直前のランキングで50位だった韓国は48位で2段階上がった。
チェコ(当時30位)との6月5日の遠征評価試合に2-1で勝ったのが肯定的に作用した。


20160714173018a.jpg




韓国、FIFAランキング48位"2段階上昇"・・・全体1位アルゼンチン
OSEN




※一部要約

韓国はAFC会員国の中で2位に記録された。
イランが先月と同じ38位になり、相変わらずAFC会員国の中で1位を占めた。
3位は日本からウズベキスタンに変わった。
ウズベキスタンは先月より10段階上がって56位になり、日本は4段階落ちて57位に席を占めた。

全体の1位から5位までは変動がなかった。
アルゼンチンが頂点になり、ベルギー、コロンビア、ドイツ、チリが後に続いた。

ユーロ2016で優勝したポルトガルは2段階上昇して6位、フランスは10段階上がって7位、スペインとブラジルは2段階ずつ落ちてそれぞれ8位と9位に記録された。
イタリアは2段階上がって10位、ウェールズは15段階も上がって11位を占めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング