韓国、8月のFIFAランキング57位…"ワールドカップ優勝"フランスが1位躍進
スポーツトゥデイ




※一部要約

新しいFIFAランキングが公開された。
2018ロシアワールドカップで優勝したフランスが1位に上がったなか、韓国は57位を維持した。

FIFAは16日、公式HPで8月のランキングを公開した。
2018ロシアワールドカップ後に初めて公開されたランキングであり、ワールドカップの成績によって大きな変動があった。

ロシアワールドカップで1勝2敗の成績で16強進出に失敗した韓国は57位を維持した。
一方、16強進出に成功した日本は前のランキングより6段階も跳ね上がって55位に位置して韓国を抜いた。

AFC加盟国の中ではイランが前の順位よりも5段階上がり、共同32位になり最も高い順位を記録した。
43位を記録したオーストラリアがその後に続いた。

一方、ワールドカップ優勝の栄光を手にしたフランスは、なんと6段階も上がって1位になった。
ベルギーとブラジルがその後に続いた。

一方、前のランキングで1位だったドイツはなんと14段階も落ちて15位まで押し出された。



[オフィシャル] ワールドカップ2ヶ月前、韓国のFIFAランキング"59位→61位"
スポータルコリア




※一部要約

FIFAランキングが出た。
韓国サッカーは61位だ。

FIFAは12日、関連資料を発表した。
試合結果のポイントにマッチ加重値、相手の加重値、所属地域の加重値などを漏れなく考慮している。
韓国は今回の評価で520点の61位を占めた。
59位だった先月と比べて小幅下落した。

韓国はヨーロッパ遠征2連戦で3月のAマッチデーを過ごした。
北アイルランド、ポーランドと順に激突した。
結果は1-2、2-3の敗北。

最上位圏は大きな変動がなかった。
ドイツが1位、ブラジルが2位の席を強固に守った。
ベルギーが3位に躍進してポルトガルとアルゼンチンがそれぞれ4、5位を占めた。
フランスは7位、スペインは8位である。

アジア圏ではイランが相変わらず最も高かった。
36位の評価を受けた。
40位オーストラリア、60位日本、そして韓国がその次である。



[SWイシュー] AFCクラブ大会ランキング2位?…"実際は9位"の衝撃
スポーツワールド




※一部要約

韓国サッカーがAFCクラブ大会ランキングで全体の2位、東アジア圏で1位に上がった。
だが上辺だけキレイな順位の中には衝撃的な真実が隠れている。
2017シーズンだけで見ると実際は9位という事実である。
Kリーグがアジア9位まで落ちた。
危機意識と警戒心を感じなければならないときだ。

韓国プロサッカー連盟は21日、「アジアサッカー連盟(AFC)が公式HP(http://www.the-afc.com/)で発表した"AFCクラブ大会ランキング(AFC CLUB COMPETITIONS RANKING)"で韓国は計87.48点を取って全体の国の中で2位、東アジアの国で1位に上がった」と発表した。

クラブ大会ランキングはAFC所属国家のクラブポイント(90%)と代表チームポイント(10%)を合算して決める。
クラブポイントは最近4年間のAFCクラブ大会でおさめた成績が基準で、代表チームポイントは最新のFIFAランキングを基準とする。
韓国サッカーはクラブポイント部門で64.950点、90%換算のポイントで80.425点を取り、UAE(90.000点)に次いで全体2位に上がった。
そしてFIFAランキングポイントで563点、10%換算で7.055点を記録し、イラン(10.000点)・オーストラリア(9.361点)・日本(7.807点)に次いで全体4位に上がった。

最近、韓国サッカー代表は屈曲を経験してFIFAランキングポイントで4位まで押し出された。
21日に発表されたFIFAランキングでも60位まで落ちた。
さらに手痛いのはクラブポイントである。
合計で全体2位と東アジア圏1位という記録は、2014~2016シーズンにポイントを積んだため可能だった。
2017シーズンのクラブポイントだけを問えば衝撃的だ。



韓国、FIFAランキング59位…3段階上昇
マイデイリー




※一部要約

FIFAが23日にHPを通じて発表した2017年11月のFIFAランキングで、韓国は総点563で59位を記録した。
先月より順位が3段階上がった。

韓国はAFC所属国の中でイラン(32位)、オーストラリア(39位)、日本(55位)に次いで4番目にランクが高かった。
先月のFIFAランキングで韓国を上回った中国は60位を記録した。

ロシアワールドカップ出場国の中ではサウジアラビア(63位)、ロシア(65位)が韓国より順位が低かった。
ワールドカップに進出しない国の中ではチリ(10位)が最も順位が高かった。




韓国、FIFAランキング59位に三段階上昇…中国60位
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる韓国は11月のAマッチで"南米の強豪"コロンビアを下し、"東欧の強豪"に挙げられるセルビアとの評価試合では1-1の引き分けをおさめた。
11月の2連戦でソン・フンミン活用法の答えを探し出して希望を見せた。
11月のAマッチの結果が順位にそのまま反映されたわけだ。



韓-日、ともにロシアワールドカップ"ポット4"確定
MKスポーツ




※一部要約

日本も韓国、サウジアラビアとともにロシアワールドカップ本戦の組み合わせ抽選でポット4に割り当てられた。

11日のセネガルに続いて12日にチュニジア、モロッコがロシアワールドカップ本戦進出を確定させた。
32ヶ国中26ヶ国が決まった。
残り6枚の本戦進出チケットは13日から繰り広げられるプレーオフ2次戦6試合の結果によって決定する。

ロシアワールドカップ本戦の組み合わせ抽選は12月1日にモスクワで行われる予定だ。
32ヶ国が4つのポットに分かれる。
基準は2017年10月のFIFA世界ランキングである。

62位の韓国はサウジアラビア(63位)とポット4が確定していた。
ポット1~3を相手しなければならないポット4は、強豪チームとの対決が避けられない。

アジアではイラン(34位)が唯一ポット3に属している中、日本(44位)もポット3を狙うことができた。
だがチュニジア(28位)、セネガル(32位)が出場して日本はポット4に移った。
モロッコは48位である。

これでポット4は韓国、日本、モロッコ、パナマ、サウジアラビアら5ヶ国が確定した。
韓国は彼らとグループリーグでは会わない。
10月10日にスイスで1-3の完敗を喫したモロッコへの雪辱は、トーナメント以降に可能である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング