【オランダ代表メンバー】ラトビアに敗れればヒディンク監督辞任も?
ISM

 オランダ代表のフース・ヒディンク監督は現地時間7日(以下現地時間)、今月行なわれる国際親善試合のメキシコ戦(12日)およびEURO2016予選のラトビア戦(16日)に向けたメンバー23名を発表。監督就任から4戦3敗と結果を出せないなか、ラトビア戦に敗れれば退任もあると示唆した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141108-00000013-ism-socc




オランダサッカー監督ヒディンク「次の試合に負ければ辞退」
聯合ニュース




※一部要約

更迭論まで出回っているヒディンク監督は、16日のラトビア(99位)とのヨーロッパ選手権予選を前にした7日、「もしその試合に敗れれば道理に従う」と語った。

これはラトビアにも首根っこを掴まれれた場合、未練なしに指揮棒を下ろすという意味であるとみられる。



【関連記事】
オランダメディアがヒディンク監督を皮肉る「“ミスター墜落”は韓国ではまだ神的な存在」


ウーデガルト、EUROでも史上最年少記録を更新
GOAL

ノルウェー代表MF マルティン・ウーデガルトは13日、EURO2016予選のブルガリア戦で後半から途中出場を果たした。15歳300日で、EURO予選における最年少記録を更新している。

2-1でホームのノルウェーが勝利を収めた一戦、ウーデガルトは1-1とタイスコアだった63分、MFマッツ・メラー・デーリとの交代でピッチに立った。

8月のUAE戦で、15歳253日でノルウェー代表デビューを飾り、同国のA代表最年少出場記録を更新していたウーデガルトは、EUROでの最年少記録も更新。31年ぶりに記録を塗り替えた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000009-goal-socc




"1998年生まれのワンダーキッド"ウーデガルトがユーロ史上最年少デビュー
スポーツ朝鮮




※要旨

"ノルウェーのワンダーキッド"マルティン・ウーデガルトがヨーロッパサッカー選手権(ユーロ)史上最年少出場記録を更新した。

1998年生まれのウーデガルトは14日に行われたユーロ2016予選のノルウェー-ブルガリア戦(2対1で勝利)で、交代メンバーに名前を上げた。
後半18分にマッツ・メラー・デーリと交代でグラウンドに入って新たな歴史を刻んだ。
15歳300日目でユーロ史上最年少出場を記録した。
ユーロ1984予選で16歳251日の年齢で出場したアイスランドのジョンソンの最年少記録を更新した。



「グッバイ、ドイツ」 19戦目の初勝利にポーランドファン歓喜
ISM

 過去18度の対戦で、6分け12敗とドイツに苦杯をなめさせられ続けてきたポーランド。それでもこの日は前半を無失点で切り抜けると、後半立ち上がりの51分にFWアルカディウシュ・ミリクがチーム初の枠内シュートで先制点。終盤にはFWロベルト・レヴァンドフスキのお膳立てから、MFセバスティアン・ミラが勝負を決める2点目を奪い、歴史的初勝利を挙げるとともに、2007年から続くドイツの予選無敗を33試合でストップさせた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000012-ism-socc




"ヨーロッパ版韓日戦"ポーランド、81年ぶりにドイツ撃破
エクスポーツニュース




※要旨

"ワールドカップチャンピオン"ドイツが宿敵ポーランドに敗れた

ドイツは12日、ポーランドのワルシャワ国立競技場で行われたユーロ2016予選D組2次戦でポーランドに0-2で敗れた。
ドイツがポーランドに敗れたのは史上初で、これまでの対戦成績で12勝6分けの圧倒的な勝率を見せていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング