U-18イ・ガンイン合流-久保U-20加勢、韓日"2001年生まれビッグバン"の幕が上がる
スポーツQ




※一部要約

U-18サッカー代表にイ・ガンインが合流した。
同日、"日本サッカーの希望"と呼ばれる久保建英がU-20代表メンバーに名前を上げた。
2001年生まれの同い年であるイ・ガンインと久保の見えない自尊心の戦いが始まった。

大韓サッカー協会とチョン・ジョンヨンU-18代表監督は先月25日、イ・ガンインを含むU-18代表招集メンバーを発表した。
イ・ガンインは2日、生涯初のサッカー代表に合流、招集練習を消化した。

この日合流した選手は、10月に韓国で行われるアジアサッカー連盟U-19チャンピオンシップ予選を準備する。

イ・ガンインは合流と同時に話題の中心に立った。
所属チームのバレンシアでも"クラブの未来"と評価されている有望株だからだ。
バレンシアはイ・ガンインに向けられたレアル・マドリードやマンチェスター・シティら有名クラブのラブコールをすべて拒否し、3月に再契約を結んだ。

イ・ガンインが代表チームに合流したこの日、日本の特級有望株として期待を集めている久保は、日本U-20代表メンバーに正式に入った。
これで久保は5月に韓国で開催されるFIFA U-20ワールドカップへの参加を確定させた。

久保はペク・スンホ-チャン・ギョルフィ-イ・スンウとともにバルセロナユースで同じ釜の飯を食べていた。
バルセロナのユース獲得規定違反の事実が摘発され、公式戦に出られなくなった久保は、日本Jリーグ復帰を決めた。
久保は2016AFC U-16チャンピオンシップで4ゴールを炸裂させた。

韓日サッカーの未来に挙げられる二人の有望株が順に各国サッカー代表に合流した。
イ・ガンインは10日まで招集練習を消化する。



[U-20評価試合レビュー] "明確な実力差"シン・テヨン号、全北との評価試合で0-3の完敗
インターフットボール




※一部要約

兄たちの壁は高かった。
シン・テヨン号が全北現代に完敗した。

シン・テヨン監督が導く大韓民国U-20代表は26日、全州ワールドカップ競技場で行われた全北との評価試合に0-3で完敗した。
最終メンバー発表を控えているシン・テヨン号にとって意義深い経験だった。


20170426185319631a.jpg

20170426185319631b.jpg

20170426185319631c.jpg



"フベニールA→エル・クラシコ同行"・・・バルサアレニャの超高速昇進
スポータルコリア




※一部要約

バルセロナの有望株カルレス・アレニャがエル・クラシコのメンバーに含まれる栄誉を享受した。
去年7月にフベニールA所属からバルサBチームに昇格してからわずか10ヶ月のことである。

アレニャは24日、レアルとのプリメーラリーガ33ラウンド"エル・クラシコ"の招集メンバーに名前を上げた。
ネイマール、ラフィーニャ、マテュー、マシップらが抜けた中で、Bチーム所属のアレニャが目を引いた。

出場の可能性はかなり低いのが事実だが、単なるリーグやカップ大会ではないとう点で意味が大きい。
アレニャは去年7月、フベニールA所属からバルサBチームに昇格する喜びを享受した。
アレニャは4ヶ月後の11月に国王カップの試合で1軍デビュー戦を行い、デビューゴールまで記録したことがある。
リーグデビュー戦は今月始めのラ・リーガ29ラウンドのグラナダ戦で行なった。

アレニャは去年2月、フベニールA所属でイ・スンウと幻想的な呼吸によって注目を浴びたことがある。
イ・スンウはアレニャの連続ゴールをすべてアシストし、自分が取ったPKを直接決めてフベニールAデビューゴールを放ったことがある。
そのときイ・スンウはフベニールAの試合で1ゴール2アシストで大活躍した後、自身のツイッターでアレニャとの友情を誇示していた。



"バルサ出身"15歳の久保を成長させたプロ舞台の経験値
ジョイニュース24




※一部要約

バルセロナユース出身の15歳・久保建英がすでにプロの舞台に先発で出ている。

久保は2日、FC東京U-23所属として日本J3リーグ4ラウンドの鹿児島ユナイテッドとの試合にFWとして先発出場し、フルタイムを消化した。
チームは1-2で敗れたが、久保は何回も突破からのシュートやラストパスで活路を見出すなど、活発な動きを見せた。

彼が属しているFC東京U-23は、名前でわかる通り日本J1の強豪FC東京の傘下チームである。
J3には▲セレッソ大阪▲ガンバ大阪まで、J1クラブの傘下チームが計3つ参加している。
このチームは選手が足りなくて、1軍の23歳以上の選手を最大4人まで(ワイルドカード、フィールドプレーヤー3人・GK1人)起用できる特典も与えられている。

だがこの3クラブを除いた14クラブはすべてプロである。
去年までJ2で1部リーグ昇格まで狙っていたギラヴァンツ北九州や栃木SC、ガイナーレ鳥取、カターレ富山など、それなりに経験豊富なクラブもすべて降格してここまで落ちた。
降格して選手層が薄くなったとはいえ、それでもそれなりに実力を備えているチームだ。

そのような角逐場の中で、久保は日本U-20に招集されたドイツ遠征を理由に参加しなかった1試合を除いて、すべての試合に先発で出場して90分を消化している。
チームの主軸だ。



Jリーグ進出"190センチ"GKイ・ユノ、「ノイアー&太極マークが最終目標」
STNスポーツ




※一部要約

190センチの長身GKイ・ユノが日本プロサッカーJリーグのベガルタ仙台に入団した。

ベガルタ仙台は23日、公式HPでイ・ユノの公式入団の便りを伝えた。
翌日イ・ユノは公式記者会見を行い、Jリーグを選んだ背景と今後の目標、覚悟などを明かした。
1999年3月23日生まれのイ・ユノは190センチ88キロのガッシリとしたGKの体格を備えた人材である。

国内ではあまり知られていないイ・ユノがKリーグの代わりにJリーグをプロ初の舞台として選んだ。
公式入団記者会見に出たイ・ユノは「ベガルタ仙台が私をちゃんと見てくれたことに感謝する。若さを前面に出してチームの役に立てるよう努力する」と入団の所感を伝えた。

続けて「自分の身長は190センチだが、動きは遅くないと思う。大きな身長を活かして空中のボールに強いのが大きな武器」として、「ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが目標」と力強く自信をあらわした。

現在Jリーグにはクォン・スンテ(鹿島アントラーズ)、チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)ら多くの代表守門将が進出している。

イ・ユノは「代表をずっと夢見ている。韓国代表GKが日本で成長しているという認識がある」として、「最終目標はチームで主戦に跳躍してから太極マークを付けること」と覚悟を固めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング