2014英選定の世界サッカー有望株だった17歳のソ・ジョンヒョン…近況は?
世界日報




※一部要約

英国メディアのガーディアンが過去4年間で選定した世界最高のサッカー有望株の近況に言及し、2014年の有望株で名前の上がったサッカー選手ソ・ジョンヒョン(21)の近況に注目が集まっている。

2014年から毎年、将来が最も期待される世界の10代のサッカー選手を紹介してきたガーディアンは9日、彼らの近況を公開するコーナーを新設した。

ガーディアンは「毎年世界のあちこちで活躍している最高の有望株を選定し、5年間彼らの成長を見守ろうというのが私たちの趣旨」と当該コーナー新設の理由を説明した。

当該の新設コーナーに韓国選手からはソ・ジョンヒョン(2014)、イ・スンウ(2015)、キム・ジョンミン(2016)が名前を上げた。

一番最初に長柄の上がったソ・ジョンヒョンは、2014年の選定時に浦項スティーラーズ傘下ユースの浦項製鉄高の選手だった。

ガーディアンソ・ジョンヒョンの近況を伝え、「2015年10月までアジア最高の新鋭に選ばれていて、続いて去年まで浦項ユースチームで活躍していたが、今はチームを去った」と説明した。

実際、ソ・ジョンヒョンのツイッターには2014年3月以降に新しい便りがない。
2016年に高校卒業後、浦項スティーラーズにすぐ入団せずに大学進学後に入団する選手に含まれていたことがわかった。
近況については伝えられていない。



アジア大会に続いてU-16チャンピオンシップでも"韓日戦"実現するか
スポーツ韓国

181004074201226yduw.jpg


※一部要約

再び決勝戦の舞台でサッカー韓日戦が実現する可能性が出た。
今回は16歳以下青少年代表だ。

キム・ジョンス監督が率いるU-16代表は4日午後9時45分、2018AFC U-16チャンピオンシップ4強戦のタジキスタン戦を控えている。

もしタジキスタンを下して決勝に進出すれば、日本-オーストラリア戦の勝利チームと大会優勝をかけて争うことになる。

状況的に"決勝韓日戦"が実現する可能性は低くない。
客観的な戦力で韓国はタジキスタンに、日本はオーストラリアにそれぞれ上回っているからだ。

ウィリアムヒルなどのブックメーカーもやはり、韓国がタジキスタンに楽勝をおさめると予想していて、日本もやはりオーストラリアに優勢だという予想を一斉に出している状況である。


181004074201226yduwa.jpg


もし韓国と日本が大会決勝に進出すれば、2018アジア大会の続いて再び決勝戦でサッカー韓日戦が繰り広げられる。

範囲をもう少し広げれば、去年12月のEAFF E-1チャンピオンシップのときも、"優勝"をかけて韓日戦が繰り広げられた。

大会がフルリーグ方式で行われ"トーナメントの決勝"ではなかったが、当時は韓国が勝てば優勝、日本は引き分けでも優勝だった状況という点で、決勝戦と変わらなかった。

そして当時に韓国は日本を4-1で大破し、敵地で優勝カップを掲げた。


181004074201226yduwb.jpg


AFC U-16チャンピオンシップ決勝で韓日戦が実現したことはない。
韓国は4回、日本は3回決勝に上っているが、互いに決勝の相手になったことはまだない。

もし決勝戦で向き合うことになれば、韓国と日本はどちらも"大会最多優勝"という記録をかけて対決することになるという点で、その意味はより大きくなる見通しだ。

2回ずつ頂点に上っている韓国と日本は、北韓や中国など他の4チームとともにこの大会で共同最多優勝を記録中である。



イ・ガンイン"ゴールポスト2+FK誘導4"…ユベントスU19圧倒
MKスポーツ




※一部要約

イ・ガンインにとって2歳差は何でもなかった。
すでに成人2軍に昇格した選手らしかった。

スペインのエスタディオ・アントニオ・プチャデスでは19日、2018-19シーズンUEFAユースリーグH組1次戦のバレンシア-ユベントスが行われた。
19歳以下のチャンピオンズリーグに該当する大会に臨んだバレンシアは、ユベントスに0-1で敗れた。

イ・ガンインは4-4-1-1の攻撃型MFとしてフルタイムを消化した。
前半34分と後半17分に相次いで決定的シュートを打ったが、ゴールポストに当たる不運でユースリーグのバレンシア・ユベントス戦の勝利を導けなかった。

チームは敗れたが、イ・ガンインの存在感は圧倒的だった。
バレンシアU-19の専門キッカーとして出て、3回のFKと4回のCKを蹴った。

ユベントス19歳以下チームは、イ・ガンインを止める過程でファールを4回するなど、手に負えない様子がはっきりとわかった。

バレンシアは2017年7月のU-19公式昇格に続き、2018年1月からは成人Bチームにイ・ガンインを編入させた。

イ・ガンインはバレンシア2軍所属でスペイン3部リーグ15試合2得点。
1試合当たり45.0分を消化し、攻撃型MFと右ウィングで起用されている。



U-16代表、"挑戦者の姿勢"でアジア制覇挑戦
蹴球ジャーナル

9081_15643_011.jpg


※一部要約

アジア制覇を狙う16歳以下代表が、"挑戦"をスローガンにした。

韓国U-16代表は20日、マレーシア・クアラルンプールで開かれるアジアU-16チャンピオンシップ本戦に出場する。
D組に属してオーストラリア(22日)、アフガニスタン(25日)、イラク(28日)とグループリーグを繰り広げる。
4組の上位2チームが8強トーナメントに上がる。
4位以内に入れば来年のペルーU-17ワールドカップ出場権を手にする。

韓国は唯一この大会で力を出せなかった。
2002年にUAEで開かれた大会で通算2回目の優勝を達成して以降、頂点に登ることができなかった。
特に2016年のインド大会では、グループリーグで脱落する屈辱を受けて、ワールドカップ出場権まで逃した。

キム・ジョンス監督は「これまでは大会で好成績を出せなかった。私たちは挑戦する立場だということを選手に強調している」として、「1次目標はワールドカップの出場権を手にすることで、ひいては優勝まで狙う」と明かした。






イ・ガンイン、2001年生まれの全体市場価値"57位"(トランスファーマルクト)
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンインが一歩ずつ前進している。
プレシーズンに1軍と呼吸をして雰囲気を学び、バレンシアBで実力を育んでいる。
チャンピオンズリーグのリストBにも入って関心を集めた。

4日、バレンシアはUEFAチャンピオンズリーグの参加メンバーを発表した。
メンバーは1軍が入ったリストAと、満21歳以下で2年以上チームに身を置く選手が登録されたリストBに分かれる。

イ・ガンインはリストBに入った。
すぐに出場するのは難しいが、21歳以下でチャンピオンズリーグの常備軍に名前を上げた点を見れば、バレンシアの考えがわかる。
実際、バレンシアはイ・ガンインとの再契約後、バイアウト8000万ユーロ(約1057億ウォン)を設定している。

それなら数値で現在地を知ることができないだろうか。
イ・ガンインはヨーロッパ移籍市場専門メディア"トランスファーマルクト"が発表した同年代(2001年生まれ)の市場価値で57位を占めたが、市場価値は10万ユーロ(約1億2972ウォン)だった。
同年代を外れてスペイン3軍のディビジョンB全体で問えば217位、バレンシアBチームでは11位だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング