ソン・フンミンの父親「兵役恩恵は付随的なもの」
聯合ニュース




※一部要約

2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを狙うサッカースターのソン・フンミン(トッテナム)の父親、ソン・ウンジョン氏は今大会でかかっている兵役恩恵を「付随的なもの」と明かした。

ソン・ウンジョン氏は16日に公開されたAFPとのインタビューで「もし金メダルを取ってフンミンが恩恵を得れば良いことなのかもしれないが、それより国威宣揚をするという点がさらに重要」だと語った。

彼は「(アジア大会の金メダル獲得は)我が国と息子のどちらにとっても良いこと」と付け加えた。

ソン・ウンジョン氏は兵役恩恵を"付随的なもの"と強調したが、ソン・フンミンにとっては選手生活のかかった重要な問題である。

ソン・フンミンは今大会で金メダルを取得して兵役恩恵を受ければ、選手生活を円滑に続けることができる。
だが優勝できなければ致命傷を受けることになる。

1992年生まれのソン・フンミンは、今大会で金メダルを取れなければ入隊を避けられない。
今大会は兵役恩恵を狙える最後のチャンスだ。

高校を中退したソン・フンミンは兵役法上の4級補充役なので、尚州尚武や牙山ムグンファの国内プロサッカーの軍チームでもプレーできない。



[現地リポート] 8人制が定着した日サッカー…「私たちも最初はすごく論争があった」
スポーツソウル




※一部要約

「日本も最初は8人制サッカー導入についてすごく論争がありました。しかしパスサッカーを指向する日本を活かすのは結局8人制でした。反対していた指導者も少しずつ共感し始めました」

Jリーグ・セレッソ大阪U-12は去年、日本国内のプロ傘下ユースおよび一般の学校サッカーなど9000余りのチームが参加した8人制全国大会でチャンピオンになった。
セレッソU-12の8人制サッカーの底力は、2ヶ月前に国内でも証明された。
慶北盈徳で行われた2018MBC有望株サッカー大会で頂点に上がった。
当時、韓国や中国の東アジアだけでなく、オランダやポルトガルのヨーロッパのプロユースが出場したが、セレッソは断然際立っていた。
グループリーグでは韓国が誇る全北現代ユースを6-0で、中国の上海ラッキースターを7-1でそれぞれ軽く退けた。
決勝でもスポルティング(ポルトガル)に6-0で大勝し、8人制だけは別のレベルであることを証明した。

8人制の競技場は既存の68メートル×48メートル(初等基準)より横が約12メートル、縦が約6メートル短い。
ヨーロッパの主要国はもちろん、日本も2011年から8人制を導入した。
8人制は選手数が11人制より少なく、ボールを扱う機会がより多い。
ショートパスのときも個人戦術の活用を最大化しなければならないので、基本テクニックを固めるのに良い。
大韓サッカー協会は今年を8人制の導入時期とした。
2019年から全面施行する予定である。
だが8人制に向けられた甲論乙駁は相変わらずだ。
出場選手の減少に伴う財政的な問題でチーム運営が容易ではないという見解をはじめとして、指導者と父兄間の摩擦、選手の中学進学後の11人制への適応の有無など、解決問題は山積みである。


20180420054015832a.jpg



セレッソ大阪U-12、2018MBC有望株サッカー大会優勝…スポルティングに6-0の大勝
スポーツソウル




※一部要約

日本Jリーグのセレッソ大阪U-12が2018MBC国際有望株サッカー大会(8人制)の頂点に上った。

セレッソU-12は28日、盈徳郡民運動場で行われた大会決勝戦のスポルティング(ポルトガル)との試合に6-0で大勝して優勝した。

鳥居塚伸人セレッソ大阪U-12監督は「スポルティングがかなり攻撃的に出てくると予想していた」として、「落ち着いて(守備に)重きを置き、私たちだけの色の通りに試合を解いていった」と語った。
それとともに「日本ではなく海外に出て世界の色んな文化を持つチームと試合をしたことは、選手にとって大きな経験になるだろう」と喜んだ。

3位決定戦ではセレッソ大阪エリートが東ティモールU-12選抜を1-0で下した。
今大会のMVPにはセレッソU-12の主将ワタナベ・サツキが選ばれた。

8人制サッカーは細かな技術や創造的プレーを学んで身につけるサッカーシステムとして、ヨーロッパや日本で定着した競技方式である。
国内で幼少年サッカーの8人制大会の底辺拡大に尽力するため、MBC有望株サッカー財団は2014年から心血を注ぎ、国内大会だけでなく国際大会まで開催している。



[インタビュー] 新鋭ユ・ジハ、バルサが欲しがった技量を浦項で花咲かせる
スポーツ朝鮮




※一部要約

「チームで自分の役割を果たさなければなりません」

まだ"プロ"というタイトルを付けるにはあどけなさが感じられる顔である。
だがその内部でうごめく勝負欲は隠せなかった。

今年浦項に入団したユ・ジハは、"鋼鉄守備"の系譜を次ぐ逸材として期待を集めている。
187の堂々たる体躯だけではない。
12歳だった2010年にFCバルセロナユースのテストオファーを受けるほど嘱望された人材だ。
父親の海外支社発令でスペインの代わりに日本へ渡ったユ・ジハは横浜Fマリノスユースに入団し、去年まで着実に成長した。
Jリーグ16歳以下選抜チームに外国人選手で唯一名前を上げて頭角を現したこともあった。
"未完の大器"を抱えた浦項の期待感は相当なものである。



[単独] "レアルユース"出身キム・ウホン、Kリーグデビュー秒読み
ベストイレブン




※一部要約

スペイン・ラ・リーガの名門クラブであるレアル・マドリードユース出身のキム・ウホンがKリーグデビューを目前に控えている。
キム・ウホンのプロキャリアの出発点になるクラブはKリーグクラシックの強豪FCソウルが有力である。

キム・ウホンは2008年にスペインへサッカー留学した1995年生まれの有望株だ。
2009年6月にレアル・マドリードユースに入団し、初シーズンにレアル・マドリードCで30試合中27試合に出場して主戦として活躍した。
当時、ジネディーヌ・ジダン監督の長男エンツォ・ジダンらと一緒にプレーした。

レアル・マドリードユース"ラ・ファブリカ"で3年過ごしたキム・ウホンは、ともに留学の道に進んだキム・ヨンギュと2011年にUDアルメリアユースへ入団した。
2012年にアルメリア2軍のBチームまで昇級して2014年まで活躍した。

2014年にはデポルティーボBチームと契約を結んだが、負傷のため1軍の舞台を踏めないままチームから放出され、スペインを去った。
韓国に戻ったキム・ウホンはその後もサッカーを続けるためJリーグ進出などを打診したが、負傷に苦しめられて短くない空白期を過ごさなければならなかった。

そんな中でソウルとの出会いがあった。
キム・ウホンは約1ヶ月前にソウルの練習キャンプに合流して体を作り始め、練習中に彼を注視していたファン・ソンホン監督が合格点を与えて契約を推進していることがわかった。

キム・ウホンは今年満22歳である。
もし国内の舞台でデビューして上手く適応すれば、韓国サッカーU-23代表にとっても良いオプションになり得る。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング