[ハン・ジュンのサッカー幻想曲] "イ・ガンイン選出"青少年ワールドカップ、U-18統合はどうだろう
スポTVニュース




※一部要約

FIFA U-20ワールドカップは先見のワールドカップと呼ばれる世界のサッカー有望株の祭典だった。
今はそうじゃない。
20再以下の年齢でプロ1軍主戦としてプレーする選手が参加できず、"半分の大会"に地位が落ちた。

韓国サッカー最高の有望株と呼ばれるMFイ・ガンイン(18、バレンシア)とウィンガーのチョン・ウヨン(20、バイエルン・ミュンヘン)の選出問題も難航していた。
最終的に両選手とも参加が有力な状況だが、もし参加が不発となればもう一度U-20ワールドカップの地位と成果に打撃を与えかねなかった。
最高の選手が来ない大会であれば、価値をしっかりと認められるのは難しい。

1977年にチュニジアで最初の大会が開催されたFIFA U-20ワールドカップは、リオネル・メッシが6ゴールを固め打ちしてアルゼンチンを優勝させた2005年大会まで、FIFAワールドユースチャンピオンシップという名称で行われていた。
ディエゴ・マラドーナ(1979年)、ロベルト・プロシネチキ、ズボニミール・ボバン(1987年)、パブロ・アイマール(1997年)、ダニ・アウベス(2003)らがこの大会の活躍を成人の舞台まで続けた。

2007年大会からFIFAはU-20ワールドカップという名称をつけた。
17歳以下の国際大会はU-17ワールドカップとして同年に開催される。
問題は過去10年間の大会に参加した選手のレベルが落ち、それによって関心が下がっている。
ユース育成システムの全世界的な先進化と、10代選手のプロ契約が日常化された現代サッカーの現実に、U-20ワールドカップが合っていないという意見が出てきている。



"ヨーロッパデビュー"イ・ガンイン、3月のAマッチでベント号に乗船するか
釜山日報




※一部要約

イ・ガンインがUEFAヨーロッパリーグにデビューした。

イ・ガンインは22日、スペイン・バレンシアのエスタディオ・デ・メスタージャで行われたセルティックとのヨーロッパリーグ32強2次戦のホーム試合で、後半31分に投入された。
1月の国王カップ8強2次戦のヘタフェ戦から6試合ぶりである。

この日、イ・ガンインは右ウィングで出て活発な動きを見せた。
後半38分にペナルティエリアからシュートを披露したが、相手DFの体に当たって屈折して悔しい思いをした。

韓国ファンの関心は、イ・ガンインのベント号乗船の有無である。
現在、パウロ・ベント監督が率いている韓国サッカー代表は、3月にボリビア・コロンビアと国内評価試合を控えている。

アジアカップ後に代表の主軸だったキ・ソンヨンとク・ジャチョルが代表引退を宣言しただけに、ベント号は2022年のカタールワールドカップに備えて若い選手で世代交代を進めなければならない状況だ。

9月から始まるカタールワールドカップ・アジア地区2次予選を前に、今回の3月のAマッチではイ・ガンインはもちろんペク・スンホ(ジローナ)、チョン・ウヨン(バイエルン・ミュンヘン)らの有望株を呼んで、競技力を確認する良い機会である。

一方、3月のAマッチ2試合を控えているベント監督は、同月18日に代表チームを招集し、招集メンバーは1週間前の11日に発表する予定だ。



KFA、B.ミュンヘン・ベルギー・クロアチアと幼少年サッカー発展のために協力
スターニュース




※一部要約

大韓サッカー協会が幼少年サッカー発展のため、ヨーロッパの先進サッカーと手を握った。

大韓サッカー協会は11日、「ヨーロッパサッカーの強国ベルギーとクロアチアのサッカー協会および、バイエルン・ミュンヘンとチーム運営と幼少年育成システムについて業務協約(MOU)を締結した」と明かした。

大韓サッカー協会は最近10年間で競争力のある選手を輩出してFIFAランキング1位まで上がったベルギーと、効率的な代表運営でロシアワールドカップ準優勝を成し遂げたクロアチアの優秀なユースシステムを研究し、細部計画を樹立する予定である。

またヨーロッパ最高のクラブの一つであるバイエルン・ミュンヘンのクラブ運営システムを見て回り、今後韓国選手や指導者が研修を受けられる基盤を用意した。
KFAがプロクラブと業務協約を結んだのは今回が初めてである。

バイエルン・ミュンヘンのCEOであるカール・ハインツ・ルンメニゲは「韓国の若い選手の才能は優れている。端的な例が、我がクラブでプレーしているチョン・ウヨン」として、「今回の協約を通じてKFAの幼少年政策を支援し、ともに成功を築いていきたい」という旨を明かした。



シャビ「偶然ではない予想、韓国の戦力を知ってカタールの書類を選んだ」
MKスポーツ




※一部要約

2019AFCアジアカップで最高の話題はシャビ・エルナンデスのカタール優勝の予言だった。
だがシャビは自分の予想が決して偶然ではないと強調した。

シャビは大会前、"アル・カススポーツチャンネル"に出演してカタールの優勝を予想した。
8強のうち7チーム、4強のうち3チームを当て、彼の予想通りカタールと日本が決勝で優勝を争った。
これに対してシャビは"毛抜き道士"と呼ばれた。

彼は大会直後、"アル・カススポーツチャンネル"と再びインタビューを行った。
AFCがこのインタビューを紹介し、彼は自分のカタール優勝の予想は決して偶然ではないと語った。





シャビは8強の韓国戦に関する話も取り上げた。
韓国は8強でアブドゥルアジズ・ハテムのミドルシュートによって0-1で敗れた。

シャビは「8強でカタールの勝利を予想したのは、彼ら(韓国)の戦力をよく知っているのでカタールを選んだのだ」として、正確な分析であり単なるリップサービスではなかったと語った。



2014英選定の世界サッカー有望株だった17歳のソ・ジョンヒョン…近況は?
世界日報




※一部要約

英国メディアのガーディアンが過去4年間で選定した世界最高のサッカー有望株の近況に言及し、2014年の有望株で名前の上がったサッカー選手ソ・ジョンヒョン(21)の近況に注目が集まっている。

2014年から毎年、将来が最も期待される世界の10代のサッカー選手を紹介してきたガーディアンは9日、彼らの近況を公開するコーナーを新設した。

ガーディアンは「毎年世界のあちこちで活躍している最高の有望株を選定し、5年間彼らの成長を見守ろうというのが私たちの趣旨」と当該コーナー新設の理由を説明した。

当該の新設コーナーに韓国選手からはソ・ジョンヒョン(2014)、イ・スンウ(2015)、キム・ジョンミン(2016)が名前を上げた。

一番最初に長柄の上がったソ・ジョンヒョンは、2014年の選定時に浦項スティーラーズ傘下ユースの浦項製鉄高の選手だった。

ガーディアンソ・ジョンヒョンの近況を伝え、「2015年10月までアジア最高の新鋭に選ばれていて、続いて去年まで浦項ユースチームで活躍していたが、今はチームを去った」と説明した。

実際、ソ・ジョンヒョンのツイッターには2014年3月以降に新しい便りがない。
2016年に高校卒業後、浦項スティーラーズにすぐ入団せずに大学進学後に入団する選手に含まれていたことがわかった。
近況については伝えられていない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング