チャン・ギョルヒ、ギリシャ1部チームのテストで合格点を受ける
スポータルコリア




※一部要約

バルセロナユース出身のチャン・ギョルヒが出場時間のためギリシャの舞台に方向を定めた。

17日、ギリシャメディア"ガゼッタ"は"スポーツデイ"の報道を引用し、「ギリシャのアステラス・トリポリスのスタイコス・ヴェルゲティス監督が、できるなら早期に試合で彼の潜在力を確認することを望んでいる。アステラス・トリポリスはまだバルセロナと交渉中である」と伝えた。

報道によると、チャン・ギョルヒは現在アステラス・トリポリスで合格点を受けている状態だ。
このメディアは13日にチャン・ギョルヒがヴェルゲティス監督に合格点を受ければ、公式入団が実現すると予想たことがある。

ギリシャ移籍が実現すれば、"バルサ3人衆"として注目されていたペク・スンホ、イ・スンウの中で一番最初に移籍を推進した選手にある。




チャン・ギョルヒ、ギリシャ・アステラス入団迫る・・・テスト結果に満足
ニュース1




※一部要約

6月30日でバルセロナとの契約期間が終わったことがわかったチャン・ギョルヒは、最近アステラス・トリポリスで入団テストを受けていた。

チャン・ギョルヒは2011年にバルセロナユースに入団して多くの関心を集めた。
だがFIFAが2015年に、バルセロナがユース獲得条項に違反したとして、当該選手の所属チームでの公式戦出場を妨げた。
それによってチャン・ギョルヒはイ・スンウ、ペク・スンホとともに公式戦に出られず、去年4月に懲戒が解けていた。

一方、アステラス・トリポリスは昨シーズンのギリシャ・スーパーリーグで16チーム中12位に留まっている。



イ・スンウ-ペク・スンホ、バルサでの未来不透明・・・レンタルor契約解除(スペインメディア)
インターフットボール




※一部要約

韓国サッカー期待の主イ・スンウとペク・スンホの未来が不透明である。
両選手とも今シーズンのバルセロナのユニフォームを着てずっとプレーできるか未知数で、イ・スンウはレンタル、ペク・スンホは契約解除するかもしれないという報道が出てきた。

イ・スンウとペク・スンホは韓国サッカーの未来である。
両選手とも大韓民国で開催された2017U-20ワールドカップで印象的な活躍をしてファンの熱い愛を受け、今はバルセロナでの未来がどうなるかに関心が集中している。
両選手ともバルセロナとの契約期間が残っている状況で、残留と移籍について悩んでいる。

だがバルセロナ残留は現実的に難しそうに見える。

スペインメディア"ムンド・デポルティーボ"は6日、「バルセロナが今夏、コリアン三人衆のイ・スンウ、ペク・スンホ、チャン・ギョルヒなしにシーズンを準備するかもしれない。チャン・ギョルヒはすでに契約が満了し、イ・スンウとペク・スンホは契約期間が残っているが、レンタルか契約解除を考慮している」と両選手の未来が不透明だと報じた。






U-20ワールドカップ開催は何を残したのか?
フットボールリスト




※一部要約

U-20代表の旅程は16強で止まったが、韓国で"FIFA U-20ワールドカップ"を開催したことは、韓国サッカー発展のために多くのことを残した。

大韓サッカー協会は"FIFA U-20ワールドカップコリア2017"大会の分析を基に30日、坡州NFCで"2017第1次KFA&Kリーグ幼少年育成セミナー"を進行した。
プロ傘下ユースの指導者をすべて招請し、KFAプレイングスタイルの確立を発表し、それを実現するための方法論を伝えた。

協会はこれまで韓国チームの参加の有無とは別個で、技術委員を大会現地に派遣して各種国際大会を分析し、セミナーで幼少年指導者に紹介する時間を持ってきた。
今回は韓国で大会が開催されただけに、協会所属の指導者が全試合を現場で分析し、はるかに密度のある研究資料を作ることができた。

FIFA U-20ワールドカップで成功的な成果を上げたチームのビルドアップ方式や攻撃パターン、守備パターンを綿密に分析し、そこから選り抜いた長所を韓国サッカーの哲学に立て、プレー方式を確立する過程で積極的に適用した。
韓国で大会が開催されただけに、指導者もやはりすでに見た試合が多かったし、試合の映像を通じて各プレイングスタイルやパターンを説明する過程の伝達が良かった。



[オフィシャル] 仁川U-18大建高チョン・ウヨン、ドイツのバイエルン・ミュンヘン移籍確定
仁川ユナイテッド

236749761.jpg


※一部要約

仁川ユナイテッドU-18で大建高のサイドアタッカーであるチョン・ウヨンがドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに移籍する。

仁川は30日、報道資料で「仁川U-18で大建高のチョン・ウヨンがバイエルン・ミュンヘンに移籍する。仁川はチョン・ウヨンについてヨーロッパの様々なクラブからオファーを受けたが、その中で最も積極的な意志を見せたバイエルン・ミュンヘンのオファーを断るのが難しかった。チョン・ウヨンのさらなる成長を望み、今回のドイツ行きを積極的に助けた」と明かした。

続けて「チョン・ウヨンは2018年1月頃にバイエルン・ミュンヘンに合流することになり、契約期間は4年6ヶ月」と付け加えた。


236749761a.jpg


契約成立の前にチョン・ウヨンは、5月に仁川と現所属の大建高の積極的な強力によってドイツに渡り、バイエルン・ミュンヘンをはじめとする計3~4つのブンデスリーガクラブでテストをして徹底した検証を受けた。

180センチ、67キロのチョン・ウヨンの主なポジションはサイドアタッカーである。
中央や攻撃型MFもあまねく消化できるほど基本技がしっかりしていて、水準級の技術やセンス、スピードなどを漏れなく持っている全天候アタッカーだ。


236749761b.jpg


今回ブンデスリーガ進出に成功したチョン・ウヨンは「仁川や大建高、そして周囲の多くの方々の積極的な助けによって、私が夢見てきたことが実現することになった。すごく嬉しく、感謝の気持ちを持っている」と語った。



スペインメディア、「イ・スンウ、バルセロナBチーム残留を望む」
マイデイリー




※一部要約

イ・スンウがバルセロナに到着した。
彼はクラブとミーティングをして自分の将来を決める計画である。

スペインのスポルトは28日、「イ・スンウがドイツ経由でバルセロナに到着した」と伝えた。
それと同時に「イ・スンウは将来について確実な気持ちを持っている。バルセロナB残留を望んでいる」と説明した。

イ・スンウは26日に仁川空港から出国した。
そのとき取材陣と会った彼は「率直に決められなかった。バルセロナと1年の契約が残っているので、クラブと話をして最高の選択をする」と語った。

イ・スンウはヨーロッパ内の9チームからラブコールを受けている。
ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントをはじめとしてシャルケ、ボルドー、モンペリエ、ベンフィカ、ポルト、ヤングボーイズ、グラスホッパーらである。

しかしイ・スンウはバルセロナB残留を最優先にしている。
スポルトは「イ・スンウは来シーズンにバルセロナBでプレーすることを願っている」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング