[フットボールリストS] 恐ろしい10代 | ③Kリーグにはなぜ10代のスターがいないのか
フットボールリスト




※一部要約

ヨーロッパでも満18~19歳はユースチームの最後の段階である。
だがこの年代の選手は少なくとも2軍チームでプロの試合に出場し、チーム内最高と言われる選手は1軍の選手団と同行して真のプロ選手となる。

韓国もやはりプロ傘下のクラブを通じた育成システムが席を占めつつあるが、高校選手はプロに登録してもプレーすることができない。
高校を卒業してから誕生日の過ぎていない満18歳が、最年少プロデビューが可能な時点である。
実質的に満19歳の選手だけ"10代スター"の道に挑戦することができる。

残念ながら10代の年齢でKリーグの舞台を揺るがした選手はまだ出ていない。
2016シーズンの場合、U-20代表の中心選手として着実に活躍してきたハン・チャンヒが、全南ユースチームの光陽製鉄高を卒業してからプロに直行して後半期から主戦として起用され、当時の基準で満19歳の年齢で23試合に出場して1ゴール1アシストを上げたのが最も印象的な活躍だった。

ノ・サンレ全南監督は、10代の選手について「十分競争力がある。チャンスさえ着実に与えれば十分上がってくる」と言った。
だがスプリットラウンドと昇降制が実施され、成績によって更迭の世論が容易にできるKリーグの現実の中では、若い選手を待つ環境になるのは難しい。



"成人の舞台で通用するだろうか?"岐路に立ったイ・スンウ、ペク・スンホ、チャン・ギョルフィ
OSEN




※一部要約

バルセロナ三銃士は果たして成人の舞台で通用するだろうか。

シン・テヨン20歳以下サッカー代表監督がドイツ、スペインの様々な都市を回り、海外派の選手の技量を点検してから10日午後に仁川空港を通じて帰国した。
シン監督は5月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップコリア2017を控え、最終エントリーの構想に入った。

鍵はバルセロナユースチームでプレーする三銃士の合流の有無だった。
イ・スンウを見るためにシン・テヨン監督はバルセロナを訪れた。
シン監督は「イ・スンウはとりあえず2試合ともプレーしていた。パスが上手く、両足とも使えてチームでも良かった。監督と話したが信頼が強かった。満足した」と合格点を与えた。

ただイ・スンウは身長が170センチに満たない。
成人の舞台でプレーするには身体条件が劣る。
競り合いなどで問題が起きるだろうという指摘もある。
イ・スンウが克服しなければならない短所だ。
シン監督は「イ・スンウは闘争心が足りないようだ」と短所も指摘した。

3人の中で最年長のペク・スンホはひとまず成人チームのBに上がった。
1軍チームにもしばらく上がり、メッシやスアレスとともに練習する写真が公開され、ファンをワクワクさせた。
ペク・スンホはコーチ陣とエージェントの間のコミュニケーション不在により、懲戒性のシーズンを過ごしているという噂が出回った。

シン・テヨン監督は「監督と面談をした。試合には出られてないが監督は良い選手だと言っていた。ペク・スンホは韓国に来てからアピールする機会がなかったようだ。監督が来年は頻繁に起用すると約束した」と明かした。
ひとまずペク・スンホもU-20ワールドカップに連れていく。
ペク・スンホもやはり今大会で成人の舞台での可能性を証明しなければならない。



レアル、イ・カンインを望む。バレンシアに獲得を問い合わせ
STNスポーツ




※一部要約

世界最高のクラブの一つに選ばれるレアル・マドリードがイ・カンイン(16・バレンシア)を狙っている。

かなり具体的な話が行き来したとみられる。
レアルユースシステムのコーディネーターとして働いているビクトル・フェルナンデスが、バレンシアユースの団長に直接電話してイ・カンイン獲得の意思を明かしたほどである。

ユース選手は16歳になればプロ契約を締結でき、選手の決定で移籍が可能である。
イ・カンインが移籍を選べばレアルのユニフォームを着ることができる。




レアル、バレンシアにイ・カンイン獲得を問い合わせ
インターフットボール




※一部要約

同じような事例で別の有望株ナビルがマンチェスター・シティに移籍した。
練習費用を払ってからレアルが獲得するのか、双方が交渉テーブルにつくのか見守らなければならないとみられる。
選択はイ・カンインの役割である。

イ・カンインは2007KBS芸能プログラム"飛べシュットリ"に出演して安定した基本技と優れた技術を披露した。
その後サッカーの才能を認められて2011年にバレンシアユースチームに入団、これまで好活躍を繰り広げてビッグクラブの獲得リストに上がった。






"横浜韓国人ユース"ユ・ジハ、プロ直行を夢見る
アジア経済




※一部要約

日本プロサッカーの横浜FマリノスU-18ユースチームにはユ・ジハが活躍している。

ユ・ジハはHM Sportsと浦項市が共催した"第4回浦項韓日中U-18最強交流戦"で日本人の同僚25人と共に故国の地を踏んだ。
彼は横浜のCBとして大会3試合をすべて消化した。
185センチの長身を活かした打点の高いヘディングと安定したビルドアップで攻守ともに優れた活躍を見せた。

横浜は今大会で2勝1敗を記録して大会に参加したJリーグクラブの3チームで最も良い成績を上げた。
去年の12月27日に"大韓民国高校サッカー最強者"蔚山現代U-18との試合に1-5で敗れたが、28日の浦項スティーラースU-18戦に3-1で勝利したのに続いて、29日の城南FC U-18に2-0で勝利して2連勝した。

ユ・ジハは「韓国人として故国に帰ってきて、Kリーグのユースチームと試合できる機会を得ることになってありがたさを感じる。蔚山との試合で完敗したのは恥ずかしいが、浦項・城南戦で日本チーム特有のパスプレーとビルドアップにより勝利をおさめることができて嬉しい」と言った。

父親の日本支社発令により小学5年生のときに韓国を去ったユ・ジハは、横浜ジュニアユースを経て横浜U-18に入団した。
かつてレアル・マドリードとバルセロナの関心を集めたりもして、去年3月には大韓民国U-17代表チームに招請選手の資格で抜擢されたりもした。
その年の8月にはJリーグU-16代表チームのリストに外国人選手として唯一名前を上げ、9月に行われた"2015JリーグU-17チャレンジカップ"に主戦で出て優勝に貢献した。



日本湘南ユース、"落ちているゴミを拾う人間になろう"の意味は?
フットボールリスト




※一部要約

Jリーグの湘南ベルマーレU-18は"第4回浦項韓日中U-18最強交流戦"で好成績をおさめられなかった。
だが人間性だけは最高だった。

湘南U-18チームはHM Sportsと浦項市が共催した"2016浦項韓日中U-18最強交流戦"で大きく注目されることができなかった。
共に参加した横浜FマリノスU-18チームと鹿島アントラーズうー18チームは、日本の高校サッカー1部リーグの"高円宮杯U-18サッカーリーグ2016"プレミアリーグに所属しているが、湘南は3部リーグ格の"神奈川県U-18サッカーリーグ"に所属するチームである。
湘南は今大会で1勝2敗を記録した。

成績は残念だった。
だが湘南ユースの選手は実力とは別に注目を浴びた。
人間性のためである。
湘南の選手はグラウンド内はもちろん、競技場外でもマナーのある姿を見せた。
宿舎では廊下を通る人すべてに挨拶し、食後に自ら布巾を持ってきて食卓を掃除したりもした。

湘南のHPにはサッカーアカデミーのスローガンが書かれている。
サッカー技術と人間関係の向上、地域との連携などは他チームのアカデミーでも見られる一般的な内容である。
だが最後に書かれた「落ちているゴミを拾う人間になろう」という文はやや特異だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング