日メディア迅速報道"U-17、10年ぶりに8強進出"
スポーツ朝鮮




※一部要約

"リトル太極戦士"の活躍。
日本メディアも迅速に報じた。

キム・ジョンス監督が率いるU-17代表は6日、ブラジル・ゴイアニアのオリンピック競技場で行われたアンゴラとの2019FIFA U-17ワールドカップ16強戦に1対0で勝利した。
前半33分に炸裂したチェ・ミンソが決勝ゴールを決めた。
これで韓国は2009年以来、10年ぶりで歴代3回目(1987、2009年)のU-17ワールドカップ8強の舞台を踏むことになった。

偶然にも次の相手は日本・メキシコ戦の勝者である。
日本との"リトル韓日戦"実現の可能性が慎重に予想される理由だ。
そのためか日本メディアもキム・ジョンス号8強進出のニュースを素早く伝えた。

日本サッカー専門メディアのフットボールチャンネルは"韓国U-17代表がアンゴラを下して10年ぶりに8強に進出した。先制ゴールを守った韓国は2009年以来、5大会ぶりに8強に進出した。これは韓国史上3回目"と伝えた。

一方、日本とメキシコは7日午前4時30分に激突する。



リトル太極戦士、U-17ワールドカップで劇的に16強進出…「強い前方プレスが奏効」
イーデイリー




※一部要約

韓国U-17サッカー代表がチリを下して2019FIFA U-17ワールドカップ16強に進出した。

キム・ジョンス監督が率いるU-17代表チームは3日、ブラジル・ビトリアのクレーベル・アンドラージ競技場で行われた大会C組3次戦で、ペク・サンフンとホン・ソンウクの連続ゴールによってチリを2-1で退けた。

韓国はGL2勝1敗(勝ち点6)を記録、3連勝のフランスに続いてグループ2位で16強行きを確定させた。
合計24ヶ国が出場した今大会は、合計6組の1・2位チームが16強に直行する。
残りの4枚は各組3位のうち好成績の4チームが手にする。

韓国がU-17ワールドカップ16強に上がったのは、2015年以来4年ぶりである。
韓国のこの大会の歴代最高成績は1987年大会の8強である。
当時は16ヶ国が参加し、GL突破後にすぐ8強に進出できた。

合わせて韓国サッカーは、本戦に直接参加したFIFA主管の男子年代別代表大会を基準として、2009年のU-20ワールドカップから10大会連続GL突破の記録を打ち立てた。

キム・ジョンス監督は「退くところがない試合で最善を尽くした」として、「先制ゴールが早く生まれて、楽に解いていくことができた」と明かした。
彼は「自分たちのスタイル通りに開始から強く前方プレスを展開したのが功を奏した」として、「客観的に強いチームであるチリが余裕を持ってプレーすると考え、より強く押し込んだ」と勝因を説明した。



韓国U-17、フランスに1-3負け…C組2位維持
ベストイレブン




※一部要約

韓国U-17サッカー代表がフランスに完敗した。
韓国はC組2位を維持した。

韓国は31日朝5時、ブラジル・ゴイアニアで行われた2019FIFA U-17男子ワールドカップC組2次戦で、フランスに1-3で完敗した。
前半2ゴール、後半1ゴールを許した。
後半44分にチョン・サンビンのゴールに零敗を免れた。
これで1次戦でハイチを2-1で下した韓国は、1勝1敗でC組2位(※チリvsハイチが行われる前)を守った。






日本、U-17ワールドカップで"ヨーロッパチャンピオン"オランダに3-0完勝
ニュース1




※一部要約

日本が2019FIFA U-17ワールドカップでヨーロッパチャンピオンのオランダに完勝する異変を起こした。

日本は28日午前8時、ブラジル・ビトリアのクレーベル・アンドラージで行われた大会D組1次戦でオランダを3-0で大破した。

大陸予選のアジアとヨーロッパのチャンピオン間の対決として関心を集めたが、日本はこの日オランダを終始圧倒した。
日本は前半36分と後半24分の若月大和の連続ゴールにより2-0でリードした。

それに加えて後半32分にはVARの末に宣言されたPKのチャンスを与えられ、西川が決めて鑑賞した。
西川はこの日、若月の2ゴールをアシストして1ゴール2アシストを記録した。

日本と同組に属するセネガルは先に、同日午前5時に行われたアメリカとの試合で4-1の大勝をおさめた。



[イシューフォーカス] 国家予算8億投入、"第2のイ・ガンイン探し"公正-透明にしなければ
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンイン(18、バレンシア)。

幼い頃にサッカー芸能番組で国民に笑みを与えたこの選手は、7月にU-20ワールドカップでゴールデンボールを受賞、韓国をFIFA主管大会で史上初の準優勝に導いた。
年齢は数字に過ぎないとアピールするかのように、飛び級して兄の間で存在感を誇った。
実力とリーダーシップを備えた"末っ子兄"という渾名までついた。

勢いを続けたイ・ガンインはA代表に堂々と名前を載せた。
2022カタールワールドカップアジア地区予選でプレーするなど、将来の韓国サッカーを導く逸材と評価されている。
最近は所属チームのバレンシアでも徐々に出場時間を増やして地位を固めているところだ。
今や国民すべてが知っているスターに成長した。

第2のイ・ガンインを発掘するために政府が乗り出した。
2020年に仮称"僕もシュットリ"事業プロジェクトを施行する。

過去に大韓サッカー協会は幼少年の"優秀選手留学プロジェクト"を施行した。
2002韓日ワールドカップ以降、幼少年の育成とヨーロッパの先進システム導入の必要性が求められ、2002年から2009年まで技術の発展期に該当する16歳前後の有望株を選抜し、サッカー先進国に進出させた。
そのときに成長した選手は韓国サッカーの中枢的役割を果たした。

国内の幼少年システムは政府機関が短期の成果に重点を置き、長期的見識から地道な投資を継続できないのが最大の問題点である。
"優秀選手留学プロジェクト"は、将来を見据えて成功した政策の代表的事例だ。
このプレジェクトで成長した選手にはソン・フンミン、チ・ドンウォン、ナム・テヒらがいる。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング