[GOALネットワーク] 中国U-20代表チーム、結局ドイツ4部リーグに参加
ゴールドットコム




※一部要約

金が原則と名分に勝利した。
中国U-20代表は結局ドイツ4部リーグ(レギオナルリーガ)に参加する。

中国サッカー協会は16日、自国のU-20代表がドイツ4部リーグでプレーすることになると発表した。
張剣副会長が直接記者会見をして発表した内容である。
レギオナルリーガと呼ばれるドイツ4部リーグは、5つの地域ディビジョンに区分されて運営していて、中国U-20代表は南西部地域のディビジョン所属として試合を行うことになる。

一国の年代別代表が他リーグに編入され、クラブのように試合を行うのは初めてのことだ。
このようなアイディアが出たのは今年はじめのことだった。
2020東京オリンピック本戦に参加して成績を上げることが目標の中国サッカー協会が、オリンピック世代のU-20代表の競技力向上の次元で推進した。

中国はオリンピック本戦進出が急務となっている。
歴代のオリンピック本戦に出場したのは2回(1988ソウルオリンピック、2008北京オリンピック)に過ぎない。
それも2008年はオリンピック開催国の資格で本戦に自動進出している。
2016リオオリンピックは予選のAFC U-23チャンピオンシップで、A組最下位でGLから脱落した。

スーパーリーグに大々的な投資をしている中国は、ユースサッカーにも集中力を注いでいる。
U-20代表のレギオナルリーガ傘下はそうした投資の一環である。



[ルセムコラム:ブンデス開幕特集①] アウクスとケルンの核心になった韓・日選手たち
ネイバースポーツ




※一部要約

「我々のチームにとって大迫は代わりになる選手がいない」

実際にケルンはジョン・コルドバが負傷すればセラー・ギルシが代わりをすれば良く、マルセル・リッセが倒れたらクリスティアン・クレメンスがプレーすればの良いのです。
かなりの選手は抜けても代わりの選手がいるという意味です。
しかし大迫のようなタイプの選手は、ケルンのスカッドにはいそうにありません。
シュテーガー監督は憂鬱になるしかないのです。

「大迫は試合の中で勝負を決められる能力を持っている選手だ。彼を代えるのは難しいこと」

昨シーズンの大迫はブンデスリーガでプレーするアジア選手の中で最も影響力のある選手と評価されました。
昨シーズン7ゴール8アシストを上げた彼は、所属チームのケルンを25年ぶりにヨーロッパクラブ対抗戦に導きました。
大迫はそれだけ能力を見せた選手なので、監督は心配して頭を悩ませるしかありません。

日本人にとってケルンはブンデスリーガ進出史の始まりを知らせた都市です。
伝説の奥寺康彦が約40年前にケルンのユニフォームを着てブンデスリーガの頂点に上りました。
ブンデスリーガ優勝を経験した日本選手は奥寺が初めてでした。
その奥寺は今でもブンデスリーガに関心を持って見守っているようです。
その中でも直属の後輩である日本選手を注意深く見ているのは当然のことでしょう。
彼は日本選手が着実にブンデスリーガに進出している理由を説明しました。



[SPOイシュー] 自ら要望した2軍行き、ボス監督がパク・チュホを知らないことはない
スポTVニュース




※一部要約

ボルシア・ドルトムントにパク・チュホの席がないというのは否定できない事実だ。
だがピーター・ボス監督がパク・チュホの存在すら知らない。
ドイツサッカーの現地事情に詳しい関係者は「あり得ないこと」と言った。

マインツでプレーしていた時期に最高の左SBの1人と評価されていたパク・チュホにとって、ドルトムント挑戦は悪夢となった。
マインツを去ってドルトムントの指揮棒を手にしたトーマス・トゥヘル監督のラブコールで"夢のチーム"に入ったパク・チュホは、激しい競争と不運な負傷で立場が狭まった。
弱り目に祟り目で、トゥヘル監督までチームを去った。

ヨーロッパサッカーの現地消息筋によると、パク・チュホはすでに1月の移籍市場から積極的に移籍するチームを探していた。
実際、ヨーロッパの有力な移籍専門メディアに、パク・チュホの名前が何度も上がったり下がったりした。
様々な条件や選択肢について調べたが、意味のある段階まで進展した交渉は突然決裂し、夏の移籍市場まで待たなければならない状況になった。
対策なしに構えて座っていたわけではない。

パク・チュホは2016-17シーズンの後半期に、2軍の試合に参加した。
慣例上、ベテラン年代の選手は出場機会が減った状況でも2軍には降りていかない。
国内ではパク・チュホが2軍に降格させられたような表現をされたが、実際にはパク・チュホがトゥヘル監督を訪れて要請した2軍行きだった。

当時、大韓民国代表の"FIFAワールドカップロシア2018"アジア最終予選の状況が危うくなり、シュティーリケ監督が訪ねてきた。
シュティーリケ監督は代表抜擢のため試合感覚を引き上げてくれと言い、パク・チュホは感覚を回復するため2軍の試合でもプレーするとして、トゥヘル監督を訪れたのだ。
この要請がなければパク・チュホが2軍の試合でプレーすることはなかっただろう。



ドルトムント監督、パク・チュホの存在すら知らない…最悪の状況
インターフットボール




※一部要約

ボルシア・ドルトムントでパク・チュホの立場が最悪に向かっている。
監督すら彼の存在を知らずにいた。

スポーツ専門メディア"ESPN"のドルトムント専門担当のステファン・バクズコは自身のSNSで、今夏新たに就任したピーター・ボス監督がまだパク・チュホを知らないと伝えた。

バクズコによると、ボス監督は親善試合前の記者会見の席で新しいSBの獲得についての質問を受け、これに対して「私たちは獲得をする前、常に自分たちのユース選手を見守っている。ヤン・ニクラスはとても良くやっている」と言った。

これに対してパク・チュホについての質問が続き、彼を知らずに(Joo-who Park?)まだ彼と練習していないと答えたことがわかった。


20170811110426727a.jpg


ボス監督は昨シーズン、アヤックスを率いてチームをヨーロッパリーグ準優勝に導いたので、このニュースはオランダでも話題だ。
オランダの"サッカーニュース・オランダ"は「ボス監督はまだドルトムントでするべきことが相変わらず多く、選手資源の把握さえはっきりしていない」と批判の声を上げた。
だが一方で、今回のことでパク・チュホの立場がドルトムント内でどれだけ狭くなっているのかをよく示すこととなった。



[オフィシャル] チャ・ボングン、"ブンデスレジェンドネットワーク"アンバサダー選定
スポータルコリア




※一部要約

チャ・ボングンがブンデスリーガレジェンドネットワークアンバサダーに選ばれた。

ブンデスリーガは7日、公式HPでブンデスリーガレジェンドネットワークのアンバサダーを発表した。
計9人の選手がブンデスリーガレジェンドネットワークアンバサダーに選ばれ、その中にはチャ・ボングンがいた。
レジェンドネットワークアンバサダーは世界中を回ってブンデスリーガを伝える仕事をする。

チャ・ボングンはダルムシュタット、フランクフルト、バイヤー・レバークーゼンでプレーした伝説的な選手である。
1978年から1989年まで活躍し、308試合98得点を上げた。
当時、ドイツで茶色の爆撃機と呼ばれてチームの勝利を導き、UEFAカップ優勝もした。




"チャブーム"チャ・ボングン、ブンデスリーガ広報大使の"9人"に選定
インターフットボール




※一部要約

その他にもシャオ・ジャイ(中国)やスティーブ・チェルンドロ(アメリカ)、パベル・パルド(メキシコ)、アンソニー・バフォー(ガーナ)、ウィントン・ルーファー(オセアニア)、パウロ・セルジオ(ブラジル)、ヨルグ・アルベルツ(ドイツ)、ローター・マテウス(ドイツ)が"ブンデスリーガレジェンドネットワーク"のメンバーとして選ばれた。

彼らは今後、ファンイベントやメディアイベントで活躍する計画で、サッカーキャンプにコーチとして投入されてCSR(社会的責任)イベントに参加したり、放送局の様々なショーで専門家として活動し、ブンデスリーガの人気を上げるために努力する予定である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング