[オフィシャル] チャ・ボングン、"ブンデスレジェンドネットワーク"アンバサダー選定
スポータルコリア




※一部要約

チャ・ボングンがブンデスリーガレジェンドネットワークアンバサダーに選ばれた。

ブンデスリーガは7日、公式HPでブンデスリーガレジェンドネットワークのアンバサダーを発表した。
計9人の選手がブンデスリーガレジェンドネットワークアンバサダーに選ばれ、その中にはチャ・ボングンがいた。
レジェンドネットワークアンバサダーは世界中を回ってブンデスリーガを伝える仕事をする。

チャ・ボングンはダルムシュタット、フランクフルト、バイヤー・レバークーゼンでプレーした伝説的な選手である。
1978年から1989年まで活躍し、308試合98得点を上げた。
当時、ドイツで茶色の爆撃機と呼ばれてチームの勝利を導き、UEFAカップ優勝もした。




"チャブーム"チャ・ボングン、ブンデスリーガ広報大使の"9人"に選定
インターフットボール




※一部要約

その他にもシャオ・ジャイ(中国)やスティーブ・チェルンドロ(アメリカ)、パベル・パルド(メキシコ)、アンソニー・バフォー(ガーナ)、ウィントン・ルーファー(オセアニア)、パウロ・セルジオ(ブラジル)、ヨルグ・アルベルツ(ドイツ)、ローター・マテウス(ドイツ)が"ブンデスリーガレジェンドネットワーク"のメンバーとして選ばれた。

彼らは今後、ファンイベントやメディアイベントで活躍する計画で、サッカーキャンプにコーチとして投入されてCSR(社会的責任)イベントに参加したり、放送局の様々なショーで専門家として活動し、ブンデスリーガの人気を上げるために努力する予定である。



イタリアメディア、「セリエクラブ、パク・チュホに関心」
OSEN




※一部要約

イタリアサッカー専門メディア"TMW"は26日、「ドルトムントⅡ(2軍チーム)所属のパク・チュホがイタリア行きを選ぶかもしれない。イタリアクラブが彼に関心を持っている。彼は移籍のため、現在いくつかのイタリアクラブと話をしている」と報じた。

TMWはパク・チュホが韓国代表出身の左SBであり、マインツやバーゼルでしてドルトムントに移籍したと紹介した。
パク・チュホはドルトムントで守戦の確保に困難を経験している。

ドルトムントはパク・チュホをプレシーズンアジアツアーのメンバーから除外し、事実上の"戦力外"通知を飛ばした。
もうプレーできるチームを探して去るときである。
パク・チュホにとっては2018ロシアワールドカップを考えれば、なおさら先発出場の機会が切実だ。


20170726083011645a.png


すでにドイツメディアが、ギリシャのAEKアテネがパク・チュホに関心を持っていると報じたことがある。
まだ彼の活躍を覚えているチームは残っている。
イタリアでもギリシャでも新たな挑戦に出るときだ。
パク・チュホがどのチームのユニフォームを着ることになるのか関心が集まっている。



チ・ドンウォン、アウクス再契約メンバーから除外
スポータルコリア




※一部要約

ドイツ・アウクスブルクの最前方FWチ・ドンウォンが所属チームの再契約メンバーに名前を上げられず不安感を高めている。

アウクスブルクは25日、公式HPで主軸選手の再契約のニュースを伝えた。
ダニエル・バイアー、カイウビー、フィリップ・マックス、ジェフリー・ハウウェレーウまでの計4人。
アウクスブルク側は一度に何と4人の選手と再契約に成功し、家の取り締まりに乗り出した。





大挙再契約の発表の中で、唯一目につかなかった選手がいる。
チ・ドンウォンがそうだった。
アウクスブルクとチ・ドンウォンの契約期間は2018年6月30日までで、すでに残り期間が1年を過ぎている状況である。
通常の再契約の手続きであれば、4人の選手よりももっと先に再契約が実現するべきだった。
だがチ・ドンウォンは今回のアウクスブルクが発表した再契約のメンバーに名前を上げられなかった。

チ・ドンウォンは昨シーズン、ブンデスリーガ34ラウンドの全試合で姿をあらわした。
先発出場も24回で、何と70%に達する先発出場率を誇った。
チームの最前方FWという点を考慮すれば、無視できない数値である。



"アジアツアー不参加"パク・チュホ、ドルトムントを去るとき
フットボールリスト




※一部要約

ボルシア・ドルトムントのプレシーズンの日程が始まったが、左SBパク・チュホの姿は見られない。
ドルトムントは日本を経て中国に着いたが、アジア選手であるパク・チュホを招集しなかった。
当初パク・チュホはアジアツアーのメンバーに名前を上げていたが、出発前に外れた。
特別な負傷ではないという点で、2017/2018シーズンの構想に入ってないということを意味する。

パク・チュホは2015年夏にドルトムントに移籍した。
マインツ時代をともにしたトゥヘル監督のラブコールを受けた。
3年契約を結んだパク・チュホは、過去2シーズンでリーグ6試合しか出場できなかった。
ELの試合を含めて10試合で1ゴールを記録した。
入団当初はチャンスもあったが、負傷が重なり主戦競争も激しかった。
特に昨シーズンは不運だった。

通常、ヨーロッパでは契約が残り1年の時点で残留か移籍を決める。
チームにとっては移籍金を受けて送り出せる最後のタイミングである。
プレシーズンのメンバー除外は、ドルトムントがもうパク・チュホに未練を持っていないということを意味する。

パク・チュホにとってもぼんやりとチャンスを待つことはできない。
ロシアワールドカップまで1年しか残っていない。
6月のAマッチデーの期間に代表復帰したパク・チュホは、自ら2軍の試合を要望して試合感覚の回復のため努力したりもしていた。
もうプレーできるチームを探すときである。

最近ドイツメディアがAEKアテネのパク・チュホへの関心を報じたことがあった。
マインツ時代に十分能力を証明したパク・チュホだ。
昨シーズンは大きな空白だったが、最近はヨーロッパサッカーをはじめとして、世界的にSBのポジションが品薄現象を経験しているという点で、魅力的な選手である。
まだ満30歳で全盛期の技量を繰り広げられる年だ。

パク・チュホはドルトムント入団時も8月最後の日に決めた。
移籍市場が最も活発な時期もこのときである。
今夏にはパク・チュホが新しいユニフォームを着ている可能性が高い。



"雰囲気満点"浦和vsドルトムント・・・玉に瑕の"旭日旗"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーのJリーグが精魂を込めて企画した祝祭の場に58327人のファンが訪れ、競技場を熱く盛り上げた。
だが政治的な意図を存分に盛り込んだ旭日旗が相変わらずはためき、眉をひそめさせた。

15日、日本の埼玉にある埼玉スタジアム2002で、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017の浦和レッズとボルシア・ドルトムントの試合が行われた。
Jリーグが1部リーグの試合日程をすべて中断して広報に熱を上げたほど、比重はかなり大きかった。

実際、試合開始前から熱い熱気が感知された。
14日、市内のあるサッカー用品店を訪れると、すぐにドルトムントのユニフォーム、その中でも日本人選手である香川真司の名前がプリントされたシャツが前面にかかっていた。
ほぼ同じ時期にバルセロナの選手が日本を訪れ、バルセロナのユニフォームもかかっていたが、規模では比較にならなかった。

サッカー用品店の関係者は「ドルトムントのユニフォームだけでなく、関連用品、それとともに日本代表ユニフォームだけでなく売れている」と嬉しい悲鳴を上げた。

そのような状況と噛み合わさり、この日競技場へ向かう道はまさに雲の観衆だった。
競技場に向かうほどドルトムントと浦和のユニフォームを着たファンの数が増え、埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園駅に着くと、すぐに数が急増した。


20170716070116249a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング