なぜ韓国と日本選手の海外進出は差が生じるのか
キム・サンヨルのハーフタイム




※一部要約

「なぜこんな結果が出るのでしょう?」

チ・ソヨン選手がイ・ジェソン選手と武藤嘉紀の移籍ニュースを見た後、このように自嘲混じりの質問をしました。
チ・ソヨン選手だけでなく私もやはり惜しさや羨ましい気持ち、一方では訝しく思いましたから。
「いや、一体なぜ?日本選手がプレミアリーグのチームに行き、我が国の代表選手がブンデスリーガの2部に行かなければならないのか…武藤はワールドカップで1試合しか出場せず、ジェソンは3試合フルタイムをプレーしたのに…」
私たちだけでなく、多くのファンも同じような感情だったでしょう。
KリーグMVP出身で(※リーグを)代表する選手だったので、ビッグリーグでプレーするという期待があったからです。
もちろん細部的な契約事項や正確な移籍の理由はわかりません。
イ・ジェソン選手は熟慮して最善の決定をしたのでしょうけど。

ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールに移籍したイ・ジェソン選手と、プレミアリーグの名門であるニューカッスルに移籍した武藤嘉紀の移籍を見て、果たしてどのような部分がこのような差を作ったのか考えてみました。

韓国と日本の代表のFIFAランキングは、むしろ韓国がリードしています。
ワールドカップでは日本がより良い成績をおさめたが、相対的だったのでどこが優れているのかはっきり断言するのは難しそうです。
しかしプロリーグのレベルや人気は、認めたくないがJリーグがリードしているのは事実です。
リーグの差がヨーロッパ進出の差を作っているようです。

日本のビッグリーグ進出が多くなるのは、まずクラブの全面的な投資と支援のためです。
過去のフォルランやポドルスキをはじめ、今シーズンにはイニエスタとトーレスがJリーグに進出しました。
全盛期を過ぎたと言われるが、世界的名声のある選手です。
そのような選手を獲得してプレーさせています。
ヴィッセル神戸とサガン鳥栖は両選手を獲得するために巨額の投資をしました。
彼らの獲得のために使った金額は、クラブの全体年俸を上回る水準です。
常識的に考えれば、そのような投資をしてそれに見合った収益を得られるのかについて、疑問が起きるほどです。



"ヨーロッパデビュー戦"イ・ジェソン2アシスト爆発、ホルシュタインの大勝牽引…韓日戦完勝
ザ・ファクト

20182221533332542.jpg


※一部要約

"満点デビュー戦!"

イ・ジェソンがヨーロッパ舞台のデビュー戦で大活躍を繰り広げ、所属チームのホルシュタイン・キールを勝利に導いた。
シーズン開幕戦で2アシストを上げて真価を発揮した。
日本選手を圧倒する技量で"韓日戦"でも勝ち鼓を鳴らした。

イ・ジェソンは4日、ドイツ・ハンブルクのフォルクスパルクシュタディオンで行われた2018-2019ブンデスリーガ2部1ラウンドのハンブルクSVとの遠征試合に先発出場した。
4-2-3-1を基本としたホルシュタインのセカンドストライカーとして出て攻撃を指揮した。

イ・ジェソンは後半に入って連続アシストを上げて、ホルシュタインに勝ち点3をもたらした。
後半30分に警告を1枚受けたりもしたイ・ジェソンは、後半36分に交代アウトとなって試合を終えた。

イ・ジェソンの2アシストを背負ったホルシュタインは、後半追加時間に楔のゴールまで手にして3-0で大勝した。
ハンブルクの日本選手の伊藤達哉と酒井高徳はフルタイムを消化したが、イ・ジェソンを防げなくて頭を下げた。


201871701533332634.jpg



独キッカー「ク・ジャチョル、代表引退+アウクスブルクと再契約する」
STNスポーツ




※一部要約

ドイツ戦はク・ジャチョルの最後のAマッチだったのだろうか。

ク・ジャチョルは10年間代表の一軸として活躍してきた選手だ。
全天候MFの彼は2008年に代表デビューして以来、10年間でAマッチ70試合に出場した。
19ゴールを記録した。
2014年と2018年の2回のワールドカップに出たし、特に2014年は代表の主将としてワールドカップに出場した。

現在、ク・ジャチョルは代表引退を悩んでいることがわかった。
ク・ジャチョルはドイツ戦後、「代表について考えてみなければならないだろう。心の中で決めたことはある」と語ったことがある。
ワールドカップを終えた現在、ク・ジャチョルはアウクスブルクに復帰してプレシーズンの練習に集中している状態だ。

ドイツメディア<キッカー>が30日に報じたところによると、ク・ジャチョルは代表引退の方に傾いていることがわかった。
このメディアは「ク・ジャチョルは所属チームとの契約延長後、代表を引退する見通しだ」というタイトルの記事を載せた。



KリーグMVPがドイツ2部リーグに移籍?イ・ジェソンが"恥じる"理由はない、"別の道を提示すれば良い"
スポーツ朝鮮




※一部要約

ヨーロッパの移籍専門サイト"トランスファーマルクト"によると、KリーグMVP出身イ・ジェソンが新たに巣を作ったドイツ・ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールの市場価値は1197万ユーロ(約155億ウォン)に過ぎない。
2001年に4部リーグから3部リーグを経て、2部リーグまで上がってきたのだが、昨シーズンは2部リーグ3位となってプレーオフまで行う奇跡も演出した。

当然代表に抜擢された選手は皆無で、競技場の収容人数も1万200席しかない。
昨シーズンにドイツ・ブンデスリーガ(1部リーグ)昇格の夢を叶えていたとしても、15000人の最小収容人数を定めているクラブライセンスの基準のため、昇格が拒否されることもあり得た。
それだけホルシュタイン・キールはスモールクラブなのだ。

そのようなチームがイ・ジェソンを獲得するのに、何と150万ユーロ(約19億6000万ウォン)の金を一気に注いだ。
昨シーズンまでは自由契約、またはレンタルによって移籍金なしで選手を需給しなければならないほど財政が脆弱だったホルシュタイン・キールが、2018~2019シーズンを前に小遣いを叩いてオールインした。
クラブ史上初の移籍金を発生させた選手は、2部リーグのインゴルシュタットのDFハウケ・ヴァールだった。
18万ユーロ(約2億3000万ウォン)。
そして2番目に移籍金を発生させた張本人がずばりイ・ジェソンである。
ホルシュタイン・キールは3年に渡ってイ・ジェソンの移籍金を全北に分割支払するとみられる。
また、イ・ジェソン移籍時に全北に移籍金を分けるオプションを許容した。

期待を一身に受けるイ・ジェソンは、26日にドイツに発って28日に入団式をした。
そしてすぐプレシーズンマッチに出た。
イ・ジェソンは29日、スペインのエイバルとの親善試合に後半33分から交代投入されてグラウンドを踏んだ。

何か見せるには時間がかなり足りなかった。
だがイ・ジェソンはその短い時間でも強烈なインパクトを残した。
ホルシュタイン・キールはイ・ジェソンについて"韓国から来たイ・ジェソンは最初に素晴らしい技術を発揮した"と評価した。



チェ・ガンヒ「イ・ジェソン、ワールドカップ後に価値が落ちた、もっと大きなチームに行くことを願ったが…」
国民日報




※一部要約

全北現代の看板であり、KリーグMVPのイ・ジェソンがドイツ2部リーグ入りを目前にしている。
これについてチェ・ガンヒ全北監督は「もっと大きなチームに行くことを願ったが、ワールドカップ後にむしろ価値が落ちたようだ」と残念がった。

チェ監督はナショナルリーグの釜山交通公社とのFAカップ4ラウンドの前に取材陣と会い、「実はワールドカップ前にプレミアリーグの3クラブから連絡が来た」として、このように明かした。
彼は「そのときはAマッチの出場数が足かせになって移籍が失敗に終わった」として、「ワールドカップでは披露も蓄積した格好だったのか、本来の姿の半分も見せられなかった」と語った。

ドイツのホルシュタイン・キール移籍については「当該のチームの社長と監督がジェソンを望んだ。ジェソンもやはりオファーを受けて一週間ほど悩んだ。挑戦したい意志が強かった。なので本人の意志を最大限に尊重することにした」と明かした。

それとともに「ジェソンはあまりにも誠実で、サッカーしか知らない。年齢も高くない。軍の問題も心配ない。2部なので憂慮される点もあるが、着実に上手くやれば昇格の夢を叶えられる」として応援のメッセージを伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング