[ブンデスレビュー] "バチュアイデビュー戦+マルチゴール"BVB、ケルンに3-2勝ち…2位跳躍
インターフットボール

20180203062959159.jpg


※一部要約

新入生ミシー・バチュアイのデビューゴールが炸裂したボルシア・ドルトムントが、ケルン遠征で気持ちの良い勝利をおさめた。

ボルシア・ドルトムントは3日、ラインエネルギーシュタディオンで行われた2017-18ドイツ・ブンデスリーガ21ラウンドのケルン遠征で3-2の勝利をおさめた。
これでドルトムントは勝ち点34でリーグ2位に上がった。(※現在は4位)
ケルンは最下位を維持した。


20180203062959159a.jpg

20180203062959159b.jpg



[オフィシャル] チ・ドンウォン、ドイツ2部ダルムシュタットにレンタル移籍…アウクスと再契約
スポータルコリア




※一部要約

ダルムシュタットは26日、クラブHPでアウクスブルクからチ・ドンウォンを残りシーズンにレンタルすることで合意したと明かした。
ダルムシュタットはドイツ2部リーグ所属で、現在4勝7分け7敗と16位と遅れを取っていて、降格圏で争っている。

チ・ドンウォンは今シーズンのアウクスブルクで戦力外に分類されていた。
今シーズンの現在まででリーグ3試合の出場に終わっていて困難を経験していた。
今年の後半期が始まってもずっと出場メンバーから除外されて席を失っていたチ・ドンウォンは、プレーするための方策としてレンタルを選んだ。

当初、チ・ドンウォンは揺れた立場のためKリーグ復帰説が膨らんだ。
去年末だけでも、移籍市場に詳しい関係者によると、チ・ドンウォンとKリーグクラブが接触したと発表されていた。
だがこれと言った動きは捉えられなかった。

チ・ドンウォンは代わりにヨーロッパに残って挑戦を続けることにした。
アウクスブルクと1年の契約延長をした彼は、ダルムシュタットへのレンタル移籍を決めた。
チ・ドンウォンは「ダルムシュタットでの活躍を本当に期待している。チームが降格圏から脱出するよう助けになりたい」と覚悟を明かした。

ダルムシュタットのディルク・シュスター監督は過去にアウクスブルクでチ・ドンウォンを指導したことがある。
彼は「チ・ドンウォンは私たちの攻撃陣に多くの柔軟性を提供できると期待している」として、「チ・ドンウォンはブンデスリーガの経験が豊富な野心のある選手で、ダルムシュタットによく合っている」と期待感を見せた。



"もうKリーグマン"パク・チュホ「ドルトムントが私の限界だった」
ノーカットニュース




※一部要約

2018シーズンから蔚山現代所属としてKリーグで走ることになったパク・チュホが、ヨーロッパの舞台を後にして国内に移籍した理由を打ち明けた。

パク・チュホは19日、ソウルの高尺スカイドームで行われたホン・ミョンボ奨学財団主催の"KEBハナ銀行とともにするSHARE THE DREAM FOOTBALL MATCH 2017"に出場した。

パク・チュホはまだKリーグ経験がない。
2008年に日本Jリーグの水戸ホーリーホックでプロ生活を始めてから鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田でプレーした。
2011年からはFCバーゼルに入団してヨーロッパの舞台を踏み、その後ドイツ・ブンデスリーガのFSVマインツ、ボルシア・ドルトムントで活躍した。

蔚山への移籍までに長い時間は不要だった。
パク・チュホは「移籍は短い時間で成された。クラブから満足する条件と信頼を与えられた。それに対して心が揺さぶられ移籍を決めることになった」と語った。

熟慮の末にKリーグ進出を決めたパク・チュホである。
彼は「バーゼルとマインツ、ドルトムントで最大限の目標も達成したが、限界も感じた。ドルトムントが私の限界だった」と伝え、「実は他のヨーロッパチームの移籍オファーもあった。だが他へ行けば以前に私がしたことをまた繰り返すだけでしかないと思った。ファンに私のサッカーをより近くでお見せし、私もやはり新たな挑戦へのモチベーションのためKリーグが良いと判断した」と説明した。

だが今回の移籍がヨーロッパの舞台への挑戦の終わりではない。
パク・チュホは「最近のヨーロッパは若い選手を育てて発掘する傾向なので再進出は容易ではない」としつつも、「だが未練がないと言えば嘘になる」という言葉で余地を残した。



蔚山現代、ブンデスリーガで活躍の代表パク・チュホを獲得
ニュース1




※一部要約

2018シーズンに"アジアチャンピオンズリーグ Again 2012"を目標にする蔚山現代が日本、スイス、ドイツで活躍した代表マルチプレーヤーのパク・チュホを獲得した。

パク・チュホは左SB、守備型MFで活躍できる検証されたベテランである。
パク・チュホは欧州リーグ進出の模範的なコースを踏んだ選手の1人だ。

2008年に日本J2リーグの水戸ホーリーホックに入団してプロ生活を始めたパク・チュホは、その後鹿島アントラーズに移籍して2009年のリーグ優勝に力を送り、ジュビロ磐田を経て2011年にスイスリーグ最強チームのFCバーゼルに入団した。

パク・チュホはバーゼルの2年連続リーグ優勝を導くなど、スイスでの活躍を基に2013年にドイツ・ブンデスリーガのマインツに移籍した。





パク・チュホはチームメイトのク・ジャチョルとともに2シーズンの間マインツで活躍を続け、2013-2014シーズンにはブンデスリーガドリームチームの左SB部門で最終候補3人に選ばれたりもした。
マインツの活躍により2015年にドイツを代表する強豪のドルトムントに移籍したパク・チュホは、蔚山に入団してKリーグデビューを控えることになった。

パク・チュホが蔚山に合流し、代表のシン・テヨン監督は幸せな悩みに陥る見通しだ。



マンシティ、日163cmのウィンガー伊藤の獲得に関心
OSEN




※一部要約

マンチェスター・シティが日本出身のウィンガー伊藤達哉を狙っている。

マンシティのニュースを専門に扱っているシティ・ウォッチは7日、日本メディアの報道を引用してマンシティが伊藤に関心を見せているビッグクラブのうちの1チームだと報じた。

163センチの短身ウィンガーの伊藤は両サイドをどちらも消化できる能力を持っている。
今シーズンにドイツ・ブンデスリーガの舞台にデビューし、7試合を消化して潜在力を存分に誇っている。

伊藤に関心を見せているクラブはマンシティの他にもインテル・ミラノ、ベンフィカ、トリノ、シャルケ、フランクフルト、ヴォルフスブルク、PSVアイントホーフェン、レッドブル・ザルツブルクなどである。
特に香川真司らがドイツで成功をおさめているブンデスリーガnビッグクラブが関心を見せている。

Aマッチ経験が一度もない伊藤がマンシティに移籍することになれば、ワークパーミットの発給を受けられないので、すでに多くの期待の主がそうしてきたようにNACブレダやFCジローナのようなところにレンタルで経験を積む見通しだ。

一方、ハンブルクは2013年に柏レイソル所属だった伊藤と契約を結んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング