ソン・フンミン-ク・ジャチョルのみ"晴れ"、ワールドカップ目前に"放出特報"のビッグリーガー
Newsen




※一部要約

ワールドカップを控えているシーズン、ヨーロッパ派に"放出注意報"が発令された。

2017-2018シーズンのヨーロッパサッカー主要リーグが始まって約1ヶ月が過ぎた。
今シーズン後に2018ロシアワールドカップが行われる。
いつもより守戦の席が大切な時期である。
夏の移籍市場ではワールドカップ代表に合流するため、移籍を強行する選手も多かった。
ウェストハム・ユナイテッドのユニフォームを着たジョー・ハート、メンヘングラッドバッハに移籍したマティアス・ギンターらが代表的だ。

ユースチーム所属だったイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ペク・スンホ(CFペララーダ)、チャン・ギョルヒ(アステラス)ら"バルセロナトリオ"を除けば、夏の移籍市場でチームを移したコリアンビッグリーガーはいなかった。
パク・チュホ、イ・チョンヨンのように所属チームで出場機会を完全に失った選手も、ひとまず残留を選んだ。

結果的に、代表の核心選手にならなければならないヨーロッパビッグリーガーの中で、まともに実戦感覚を維持している選手は珍しい。
シン・テヨン監督にとっても耐え難い状況だ。
10月のAマッチ期間にヨーロッパ遠征評価試合が計画されているが、コンディションもできてない中途半端な代表を率いなければならない立場である。(※最終予選のため国内リーグを延期したのでKリーガーは選ばれない予定)

現在、ワールドカップ天気予報で"晴れ"の表示が浮かぶ選手はソン・フンミンとク・ジャチョルの2人だ。
ソン・フンミンは今のトッテナムの守戦級FWで、唐突にベンチ資源に追いやられる可能性は希薄である。
もちろんハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、デレ・アリとの競争では押されるが、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、カップ大会を併行しているトッテナムで、ソン・フンミンは少なくとも40試合以上の出場を保証される見通しだ。



[オフィシャル] パク・チュホ、BVBで背番号なし…UCLメンバーも除外
スポータルコリア




※一部要約

パク・チュホの立場が大幅に下がった。
2017/2018シーズンのドルトムントで背番号も割り当てられず、チャンピオンズリーグのメンバーでも除外された。

UEFAは6日、チャンピオンズリーグに参加するクラブのスカッド登録を発表した。
ドルトムントは死のH組に属してレアル・マドリード、トッテナム・ホットスパー、アポエルと激突する。

発表されたメンバーにパク・チュホの名前はなかった。
チャンピオンズリーグでメンバー外なのはある程度予想されたことだった。

ピーター・ボス監督の構想からも完全に外れた。
ドルトムントが公式HPで発表した今シーズンの1軍選手団で、パク・チュホは背番号を割り当てられなかった。
さらにドイツの移籍専門メディア"トランスファーマルクト"は、パク・チュホをドルトムント2軍に分類した。






[オフィシャル] バルサ、デンベレを基本移籍金1395億ウォンで獲得…5年契約
スポータルコリア




※一部要約

バルセロナがついにネイマールの代替者を確保した。
ドルトムントのドリブラー、ウスマン・デンベレを獲得して攻撃陣の構成を終えた。

バルセロナは25日、クラブ公式HPでデンベレの獲得を公式化した。
バルセロナとデンベレは5年契約を結んだ。
公式的な移籍金は基本金1億5000万ユーロ(約1395億ウォン)にオプションが加わったと明かした。

デンベレは今夏の移籍市場が開かれる前からバルセロナがサイド補強のため指名していた資源である。
交渉が順調ではなく中断していたデンベレの獲得は、ネイマールの移籍で再点火していた。




[オフィシャル] バルセロナ、ウスマン・デンベレ獲得確定…移籍金1397億+α
インターフットボール




※一部要約

デンベレはすでにドルトムントの練習に無断で参加せずに懲戒を受けていた。
それだけ気持ちが浮ついていたという意味である。
多くのメディアによると、デンベレ本人もバルセロナ移籍を望んでいたことがわかった。

最終的にバルセロナがドルトムントと言葉を交わし、デンベレの獲得に合意した。
現地メディアによるとバルセロナのバルトメウ会長が直接乗り出し、5年契約でデンベレの獲得合意を引き出したという。



ニコライ・ミュラー、セレモニー中に靭帯断裂"7ヶ月の離脱"
スポータルコリア




※一部要約

セレモニー中に負傷したニコライ・ミュラーが右前十字靭帯断裂の診断を受けた。

ハンブルクは20日、SNSをはじめとする公式チャンネルで「ミュラーは右膝前十字靭帯が断裂した。7ヶ月戦力から離脱する」と伝えた。

ミュラーは19日、フォルクスパルクシュタディオンで行われたアウクスブルクとの2017/2018ドイツブンデスリーガ1ラウンドで決勝ゴールを放った。

行き過ぎたゴールセレモニーが問題だった。
得点後にミュラーはぴょんと飛んだ後、不安定な姿勢で着地して苦痛を訴えた。
周りの同僚もやはりすぐに医療スタッフを呼んだ。
状態は普通ではなさそうだった。
試合後にハンブルクのマルクス・ギスドル監督は「良くない。精密検査を実施しなければならないだろう」と立場を伝えた。

負傷の程度は予想よりも深刻だった。
今後の選手生活を脅かすかもしれない前十字靭帯が断裂したのだ。
7ヶ月の回復期間が予想されているが、場合によってはさらに長い時間を要するかもしれない。

ハンブルク側は「診断結果は衝撃的だ。クラブはミュラーが回復することを願い、最善を尽くして彼の治療を支援する計画」として立場を明かした。



[GOALネットワーク] 中国U-20代表チーム、結局ドイツ4部リーグに参加
ゴールドットコム




※一部要約

金が原則と名分に勝利した。
中国U-20代表は結局ドイツ4部リーグ(レギオナルリーガ)に参加する。

中国サッカー協会は16日、自国のU-20代表がドイツ4部リーグでプレーすることになると発表した。
張剣副会長が直接記者会見をして発表した内容である。
レギオナルリーガと呼ばれるドイツ4部リーグは、5つの地域ディビジョンに区分されて運営していて、中国U-20代表は南西部地域のディビジョン所属として試合を行うことになる。

一国の年代別代表が他リーグに編入され、クラブのように試合を行うのは初めてのことだ。
このようなアイディアが出たのは今年はじめのことだった。
2020東京オリンピック本戦に参加して成績を上げることが目標の中国サッカー協会が、オリンピック世代のU-20代表の競技力向上の次元で推進した。

中国はオリンピック本戦進出が急務となっている。
歴代のオリンピック本戦に出場したのは2回(1988ソウルオリンピック、2008北京オリンピック)に過ぎない。
それも2008年はオリンピック開催国の資格で本戦に自動進出している。
2016リオオリンピックは予選のAFC U-23チャンピオンシップで、A組最下位でGLから脱落した。

スーパーリーグに大々的な投資をしている中国は、ユースサッカーにも集中力を注いでいる。
U-20代表のレギオナルリーガ傘下はそうした投資の一環である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング