[インターPOINT] 伊で主戦を押された本田-長友、日代表チーム泣きっ面
インターフットボール




※一部要約

立つ瀬がない。
本田圭佑と長友佑都が険しいシーズンを送っている。

二人は日本サッカー代表の核心資源である。
だが最近試合出場数が減り、自身と競技力の低下に繋がるのではないかという憂慮を生んでいる。

本田は所属するACミランは19日、ホームでジェノアに1-0の勝利をおさめて6位に跳躍した。
本田は待機メンバーに名前を上げたが出場は不発となった。
試合前、負傷者が多くて機会が与えられるという現地報道が流れたが"説"に終わった。
1月25日のユベントスとのコパ・イタリアで時間稼ぎ用に投入されてから二ヶ月近くグラウンドを踏むことができていない。

本田は今シーズン、リーグ5試合で116分しかプレーしていない。
モンテッラ監督の構想から外れて久しい。
今シーズンを最後に契約が終わる。
アメリカMLS行きの可能性が提起されている。

長友も思わしくない。
インテルは19日、トリノ遠征で2-2で引き分けた。
長友もやはりベンチで試合を見守って出場機会が与えられなかった。
2試合連続で先発除外である。
5日のカリアリ遠征で後半43分に交代で入って2分消化した。
今シーズンはリーグ9試合で503分プレーした。
本田よりはマシである。
だが立場が不安なのは同じだ。

本田と長友の状況を心配している人物がいる。
日本代表のハリルホジッチ監督だ。
16日、2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選6次戦(アラブ首長国連邦)、7次戦(タイ)のメンバーに二人を入れた。
ハリルホジッチ監督は「本田、長友はチームにとても重要な存在」と言いつつも、「試合に出られず感覚が落ちている」と憂慮した。

二人は負担を抱えて代表に合流する。
代表で反転のキッカケを用意するのか、そうでなければ振るわない競技力で失望をもたらすのか注目される。



"パク・ミョンス出場制限"シン・テヨン号のサイド強化"どうしよう"
スポーツトゥデイ




※一部要約

ニュルンベルクに進出して期待を集めた仁川ユナイテッド出身のSBパク・ミョンスが、心臓の問題で試合と練習の出場が制限された。
U-20代表のサイド強化を狙っているシン・テヨン監督にとって痛恨の便りだ。

ドイツ・レギオナルリーガのニュースを伝える"FuPa.net"は16日、パク・ミョンスに心臓の問題があるというニュースを伝えた。
専門家の診断を待ち、ニュルンベルクは選手の健康が確認されるまでパク・ミョンスの練習参加と試合出場を制限すると明かした。

パク・ミョンスにとってもU-20代表を率いているシン・テヨン監督にとっても悪材料である。
シン・テヨン監督は近いうちにヨーロッパへ渡って代表の戦力強化のために必要な選手の技量点検に乗り出す。
バルセロナトリオのペク・スンホ、イ・スンウ、チャン・ギョルフィとともにSBパク・ミョンスの技量も調べようとしていたことがわかった。
特に左SBのパク・ミョンスは年代別の代表を経て、現U-20代表選手と共に試合をした経験がある。
代表に合流すれば戦力補強と同時に組織力も得ることができた。

だがパク・ミョンスの無期限出場制限によって、シン・テヨン監督のドイツ行きは意味がなくなった。
パク・ミョンスが練習と試合に出られないので、選手の今の技量を確認することが難しくなったからである。
サイドからの攻撃展開に重点を置いているシン・テヨン号の戦力強化に赤信号が灯ったわけだ。



[ブンデスレビュー] "レバンドフスキ劇場ゴール"ミュンヘン、ベルリン遠征で1-1の劇的引き分け
インターフットボール




※一部要約

単独首位のバイエルン・ミュンヘンがベルリン遠征で劇的な引き分けを記録した。

バイエルン・ミュンヘンは18日、ドイツ・ベルリンにあるオリンピアシュタディオンで行われたブンデスリーガ21ラウンドのヘルタ・ベルリン遠征試合で、後半追加時間に炸裂したレバンドフスキの劇的な同点ゴールに力づけられ1-1の引き分けを記録した。
この日の引き分けによりミュンヘンは勝ち点50でリーグ単独首位を守った。


20170219013414730a.jpg




[ブンデス21R] "レバンドフスキ劇的ゴール"ミュンヘン、ベルリン遠征で1-1の引き分け
スポータルコリア

20170219012707931.jpg


※一部要約

後半34分にベルナトとコマンを交代して勝負に出て、試合終了直前に同点ゴールを放った。
後半追加時間にレバンドフスキが劇的な同点ゴールを放って試合は1-1の引き分けで終わった。


20170219012707931a.jpg



"好事魔多し"ク・ジャチョル、3号ゴールを炸裂させた試合で足首負傷
イーデイリー




※一部要約

ブンデスリーガのアウクスブルクで活躍中のク・ジャチョルが足首負傷という悪材料に遭った。

アウクスブルクは7日、クラブツイッターで「ク・ジャチョルが足首靭帯の負傷で当分試合に出られなくなった」として、「早く治ることを祈る」と明かした。

ク・ジャチョルは6日、ブレーメンとの正規リーグ19ラウンドのホーム試合でシーズン3号ゴールと劇的な決勝ゴールのアシストをするなど最高の活躍を繰り広げた。

だが後半24分にシュートの過程で相手チームの選手とぶつかって足首を負傷した。
そのとき競技場の外に出て治療を受け、グラウンドに再び入った。

足首の痛みでも最後まで試合を消化して勝利を導いたク・ジャチョルは試合後の検査の結果、足首靭帯を負傷したことが明らかとなった。



キム・ジンス、「私も優勝セレモニーをする」
OSEN




※一部要約

今シーズン全北現代のユニフォームを着ることになったキム・ジンスが優勝への強い欲を見せた。

キム・ジンスは満25歳に過ぎないが経験豊富だ。
日本Jリーグとドイツ・ブンデスリーガでプレーして様々な経験をした。
そのため全北はキム・ジンス獲得を躊躇しなかった。
ホッフェンハイムで立場が狭くなって1年余りまともにプレーできなかったにもかかわらず、全北がキム・ジンスを選んだ理由である。

全北のユニフォームを着ることになったキム・ジンスは優勝への強い欲を見せた。
彼は「全北に来たので最善を尽くして準備し、優勝できるよう努力するつもりだ。全北はとても魅力的なチームなので私は選んだ。色々と計算したことはなかった」と語った。

キム・ジンスは2017年の個人目標も優勝に設定した。
彼は「全北は優勝できるチームだ。全北が去年優勝してセレモニーをするのを見た。私もチームが優勝したらセレモニーをする」と目標を明かした。

キム・ジンスは今年、背番号22が刻まれたユニフォームを着ることになった。
22番はキム・ジンスが選んだ番号である。

これについてキム・ジンスは「2014ブラジルワールドカップ23人のリストに入ったときの背番号が22だった」として、「本当に切実だったし、ワールドカップに出るため熱心にやった記憶が浮かんできた。全北でもそのように切実にするつもりなので22番を選ぶことになった」と答えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング