ドイツメディア「ソン・フンミン優勝、リュ・スンウ尚武…クォン・チャンフン-ペク・スンホも兵役恩恵望む」
スポータルコリア



※一部要約

ドイツサッカー専門誌がクォン・チャンフン(26、フライブルク)をはじめとするコリアンリーガーの兵役義務に光を当てた。

"キッカー"は17日、「韓国のすべての男性は兵役の義務を持つ。だがクォン・チャンフン側は例外規定を利用しようと考えている」と伝えた。

現在、ドイツ・ブンデスリーガで活躍する韓国選手の中で最も差し迫っている立場なのはクォン・チャンフンだ。
チ・ドンウォン(29、マインツ)とイ・ジェソン(28、ホルシュタイン・キール)は最古参だが、それぞれ2012ロンドンオリンピック銅メダルと2014仁川アジア大会金メダルで兵役恩恵を受けた。

メディアは「韓国は北韓との戦争が公式に終わっていない。約20ヶ月間の軍服務はキャリアで不利に作用する。服務期間はどんどん短くなっているが、義務は変わらない」と説明した。

続けて「韓国サッカー選手にも例外はない。だが例外的なケースはある」と付け加えた。



"ファン・ヒチャン排除"オルモまで上げたライプツィヒ、天才監督の意中がわからずもどかしい
STNスポーツ



※一部要約

"天才"ユリアン・ナーゲルスマン監督の意中がわからないので、もどかしくならざるを得ない。

RBライプツィヒは5日、ドイツ・ザクセン州ライプツィヒにあるRBアリーナで行われた2020/21シーズンUEFAチャンピオンズリーグH組3次戦のパリ・サンジェルマンFCとの試合に2-1で勝利した。

ライプツィヒが直前の試合であるマンチェスター・ユナイテッド戦の0-5の大敗を乗り越えて立ち上がったその瞬間、競技場にファン・ヒチャンはいなかった。
ファン・ヒチャンはPSG戦に備えたリストには招集されたが、この日に先発はもちろん交代でも出場できなかった。

直前のシーズンにライプツィヒの姉妹クラブRBザルツブルクで大活躍したファン・ヒチャンである。
なので今夏ライプツィヒに移籍して多くの期待を受けた。
だがファン・ヒチャンは現在、すべての大会で6試合の出場(リーグ4、ポカール1、UCL1)に留まっている。
それすら、ポカールの出場を除けばすべて交代出場に留まっている。

そのような状況でファンはPSG戦にファン・ヒチャンの反転を期待したが、今回の対戦では最初から排除されて衝撃を受けた。
しかもファン・ヒチャンの入るポジションに攻撃型MFのダニ・オルモをFWとして起用したというのがさらに衝撃的だった。

単に適応期と見るのも無理がある。
ファン・ヒチャンと入団同期のクライファート、ベンヤミン・ヒンリヒス、アレクサンダー・セルロートらは少なからず先発出場もするなど、チャンスを与えられているからだ。

満33歳で最年少UCL4強行き監督など、多くの記録を持っている天才監督ナーゲルスマンである。
戦術的な理由で彼を排除しているのかもしれないし、適応期のため配慮を理由に彼を排除しているのかもしれない。
別の理由で彼を排除しているのかもしれない。
その正確な意中がわからないので、もどかしさが増している状況だ。



容易ではないドイツ-フランス6人の韓リーガー…ファン・ウィジョ-ファン・ヒチャンまで不振
スポーツ韓国



※一部要約

容易ではない。
ドイツとフランスでプレーする韓国選手がなかなかチャンスを掴めずにいる。
その上、信じていたファン・ウィジョ(ジロンダン・ボルドー)まで10試合0ゴールで振るわない。

今シーズンのドイツとフランスの1部リーグでプレーする韓国人選手は合計5人である。
フランスにはファン・ウィジョとユン・イルロク(モンペリエ)、ドイツにはクォン・チャンフンとチョン・ウヨン(以上フライブルク)、そしてチ・ドンウォン(マインツ)がいる。

だがどの選手も主戦を奪ったり、活躍が良いとは言い難い。

ファン・ウィジョは今シーズン、カップ大会を含めて10試合に出場したが、わずか1ゴールも決められずにいる。
昨シーズン、24試合6ゴールで可能性を示したのとはまったく違う状況だ。
2日に行われたASモナコとのホーム試合でも先発出場したが、振るわない活躍で前半終了後にすぐ交代アウトとなるくらいだった。

今年1月に驚きのヨーロッパ進出に成功したユン・イルロクは、モンペリエで交代2試合に留まっている。
1日に行われた試合で後半18分に交代投入され、今シーズンに最も多い出場時間を与えられたが、イエローカードを1枚貰っただけでシュートを打てずに惜しくも試合を終えた。

ドイツのフライブルクの韓国人デュオであるクォン・チャンフンとチョン・ウヨンは、今シーズンには出場機会が増えるという期待が大きかったが容易ではない。
1日のバイヤー・レバークーゼンとの試合で、チームが2-4でリードされている状況で後半34分に両選手が同時に交代投入された。
だが結果を変えられなかった。
クォン・チャンフンは今シーズン、リーグで1試合も先発出場できずに6回の交代出場に留まっていて、チョン・ウヨンは1回の先発、5回の交代出場がすべてだ。



日・奥川、ファン・ヒチャンのいないザルツブルクで奮戦
MKスポーツ



※一部要約

日本人MFの奥川雅也はファン・ヒチャンと南野拓実が去ったレッドブル・ザルツブルクで1人活動中だ。

ザルツブルクは1日、2020-21オーストリア・プロサッカー1部リーグ6ラウンド のホーム試合で、スワロフスキー・ティロルに5-0で勝利した。
奥川は1アシストで勝利に貢献した。

今シーズン、奥川はザルツブルクの公式戦9試合に出て2得点2アシストである。
UEFAチャンピオンズリーグの予選で1ゴール1アシストの活躍をし、オーストリアのカップ・リーグで1得点1アシストを加えた。

奥川は2018-19シーズンにホルシュタイン・キールで、ドイツ2部リーグ19試合5得点1アシストの活躍をしたのを足場としてザルツブルクに入団し(※正確にはザルツブルクへのレンタルバック)、2019-20シーズンから42試合13得点8アシストを記録している。

ヨーロッパ進出前に日本では1部リーグのキャリアがなく、J2リーグ5試合1得点とJ3リーグ4試合1アシストがすべてだった。
だがオーストリアリーグ最強のザルツブルクで実力を発揮し、移籍市場専門メディア"トランスファーマルクト"の評価基準で日本人の10位以内に入る価値を認められている。



「信頼できない」…イ・ガンイン、バレンシアとの再契約中断
スポーツ京郷



※一部要約

イ・ガンインが所属チームのバレンシアとの再契約を保留している。

スペインのアスは22日、イ・ガンインを含めた核心選手がバレンシアとの再契約を中断したと報じた。

メディアによるとイ・ガンインをはじめとしてホセ・ルイス・ガヤとガブリエウ・パウリスタが、アレビンとの再契約を議論する過程でクラブの運営や財政などが不安定だという理由で契約に拒否感を示した。

特にイ・ガンインに光を当てたアスは「年齢と期待を考慮するとイ・ガンインが最も気になる状況」として、「イ・ガンインは個人的な境遇とクラブの計画を考慮して再契約の可否を決める計画だが、これを不明瞭だと感じている」と語った。

それとともに「イ・ガンインはハビ・グラシア監督体制でもマルセリーノ・ガルシア・トラル、アルベルト・セラーデス前監督のときと同じく、着実な機会が与えられていないと考えている」と説明した。

イ・ガンインはバレンシアと2022年まで契約している。
彼は先月、スペイン・プリメーラリーガの開幕戦に先発出場してマルチアシストを炸裂させる活躍をした。
だが最近ではベンチに押し出されて交代だけで出場しており、最後の試合であるビジャレアル戦では欠場した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング