[オフィシャル] 蔚山、ボーフムとイ・チョンヨン移籍で合意…午後公式入団
スポータルコリア

200303100408902.jpg


※一部要約

蔚山現代がVfLボーフムと代表MFイ・チョンヨン移籍の合意を終えた。

蔚山は3日「イ・チョンヨンの移籍を推進してきた蔚山は2日夜、VfLボーフムから移籍合意書を受け取った。残りの手続きに従い、3日午後にメディカルテストと契約を済ませた後、選手獲得を公式発表する予定」と明かした。




[オフィシャル] "もう蔚山の青い龍!"蔚山現代、イ・チョンヨン獲得…11年ぶりKリーグ復帰
インターフットボール

200303162814465.jpg


※一部要約

今冬の移籍市場で国内最高のMFユン・ビッカラムを獲得して中盤を強化した蔚山現代は、イ・チョンヨン獲得で中央とサイドのどちらでも国内最高の資源を備えることになった。

イ・チョンヨンは「優勝という明確な目標を持つ蔚山現代に来て嬉しい。ワクワクする気持ちでKリーグ復帰を準備していた。クラブから継続的な関心と愛情を示され、入団を決心することになった」と明かした。
続けて「サッカー選手として成長する助けとなったFCソウルとファンにも、感謝の言葉を伝えたい。今は蔚山現代の選手として最善を尽くす姿で報いる」と語り、新たな出発への覚悟を残した。



[単独] "ブルードラゴン"イ・チョンヨン、ボーフムとFA交渉妥結…Kリーグ行き有力
インターフットボール




※一部要約

イ・チョンヨンがボーフムとの交渉の末、自由契約(FA)選手になった。
自由に行き先を選べるイ・チョンヨンはKリーグ行きが有力である。

ドイツサッカーに詳しい関係者によると、イ・チョンヨンはボーフムからFA身分を受けることに成功した。
イ・チョンヨンは2020年6月30日までボーフムと契約している状態だった。

イ・チョンヨンは2018年9月、ドイツ2部リーグのボーフムと1+1の契約を結んだ。
入団後に主軸選手となってシーズン中に再契約に成功し、今シーズンは12試合に出場した。
豊富な経験でクラブ内から信頼されていた。

冬の移籍市場でイ・チョンヨンは移籍を推進した。
しかし障害物があった。
6月までボーフムと契約しているイ・チョンヨンがチームを移すには、移籍金が発生する。

イ・チョンヨン側はボーフムとの長い話し合いの末、自由契約身分を得ることに成功した。
もう移籍金なしでイ・チョンヨンは自由に他クラブへ移籍できる。
関係者によると、イ・チョンヨンは次の行き先にKリーグを選んだ。



久保に向けられたモレノ監督の愛情「君を指導できて幸せ」
スターニュース




※一部要約

マジョルカのビセンテ・モレノ監督が久保建英を讃えた。

モレノ監督は29日、スペイン日刊紙のインタビューで「久保は私たちのチームで様々な経験を積んでいる。大きく成長していると思う」と伝えた。

マジョルカは来月2日、ヘタフェとホーム試合を行う。
現在マジョルカは18位の降格圏に留まっている反面、ヘタフェはリーグ6位である。
容易ではない試合になるものとみられる。

それでも最近の試合での久保の活躍は、司令塔に笑みをもたらした。
久保は22日に行われたスペイン・プリメーラリーガ25ラウンドのベティス遠征試合でフルタイムを消化して1ゴール1アシストを上げた。
前半27分にチーム2点目のアシストを記録した彼は、後半25分に正確な右足シュートで3-3にする同点ゴールを炸裂させ、チームを敗北から救った。

モレノ監督は「久保は先発で出られる選手であり、ピッチでは色んな可能性を見せている」として、「本当に愛らしい少年だ。そういう選手を指導できて幸せである」と絶賛した。



[単独] キ・ソンヨンすでに帰国、イ・チョンヨンもKリーグ復帰推進
KBS




※一部要約

1日、イングランド・プロサッカー・プレミアリーグのニューカッスルと双方合意で契約を終わらせたキ・ソンヨンが、Kリーグ復帰を打診している。
ニューカッスルを去ったキ・ソンヨンが国内復帰を最も希望しているという英国現地メディアの報道が出て、Kリーグチームの中で全北が交渉を進めているという国内報道がこれを後押しした。

KBSの取材結果、キ・ソンヨンは3日に帰国した。
サッカー界の複数の関係者とキ・ソンヨン側によると、去年末からニューカッスルの許可を得て新チームを探してきたキ・ソンヨンは、これまで中東・中国・アメリカの舞台への移籍を悩んできたことがわかった。

2年前からキ・ソンヨンに巨額年俸を提示し、積極的な獲得の意志を見せてきた中国スーパーリーグ。
そして中東ではサウジアラビアのアル・ナスルがキ・ソンヨンに強力なラブコールを送ってきたことがわかった。
しかし、サッカー選手としての人生と家族との将来を考慮し、国内復帰に方向を変えたという。

そんな中でキ・ソンヨンとFCソウルでともにプレーし、"双龍"と呼ばれたイ・チョンヨンもKリーグ復帰を推進していることがわかり、国内ファンの期待感を高めている。

今夏にボーフムとの契約期間が終わるイ・チョンヨンもやはり、去年末から新チームを探しているところだった。
海外現地エージェントを通じて中東カタールリーグや、中国スーパーリーグの方で移籍を推進していたイ・チョンヨンが、新たな方向を定めたところはKリーグの蔚山。
イ・チョンヨン移籍説が出回り、蔚山は団長次元で積極的な協議に入ったことが取材の結果確認された。



イタリアの南北有望株、初戦は冨安だけ出場
フットボールリスト




※一部要約

イタリアで韓国、北韓、日本の21歳有望株3人が激突を準備している。
イタリア・セリエAの前にしたコパ・イタリアの試合では、日本の冨安健洋だけが先発でプレーした。

今シーズンのセリエAはエラス・ヴェローナのイ・スンウ、カリアリのハン・グァンソン、ボローニャの冨安健洋が同時に集まり、北東アジアの有望株3人が争う舞台となった。
17日から19日に行われた"2019/2020コパ・イタリア"3ラウンドには、3チームがすべて参加した。
3ラウンドは昨シーズンのセリエA9位以下と新たに昇格したチームまで、12チームが参加する。
ヴェローナ、カリアリ、ボローニャはすべて3ラウンドの参加基準に含まれていた。

冨安は19日、ボローニャがピサを3-0で下した試合に先発でプレーし、イタリアの舞台でデビュー戦を行った。
ピサはセリエBのクラブである。
日本代表の主戦DFである冨安は、ボローニャが700万ユーロ(約94億ウォン)を投資して野心的に獲得した選手だ。
主戦として出場機会を受ける可能性は高い。

イ・スンウとハン・グァンソンは出場できなかった。
イ・スンウは19日、ヴェローナがクレモネーゼに1-2で敗れた試合でベンチを守った。
ハン・グァンソンは同日、カリアリがキエーボを2-1で下した試合のリストに入らなかった。

イ・スンウと冨安は対決を控えている。
26日に行われるセリエA開幕戦で、ヴェローナとボローニャが対決する。
もし両選手が同時に出場すれば、韓国と日本の代表選手の興味深い対決が見られる。
イ・スンウは青少年代表時代から、日本への強いライバル意識と自信を明らかにしてきた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング