ロッベン、日Jリーグ進出のため代理人選任
OSEN




※一部要約

アリエン・ロッベンの日本Jリーグ進出の可能性が提起された。

日本メディアは29日、「6月にバイエルン・ミュンヘンとの契約が終わるロッベンは現在、新たなチームを探している。中国や中東の多くのクラブからオファーを受けているなか、日本も関心を持って争奪戦に出た」と報じた。

続けて「ロッベンはJリーグクラブとの交渉を引き受ける代理人を選任した状況だ。ロッベンがJリーグに関心を見せるのは、家族のためである。家族が日本生活について肯定的であることがわかった」と伝えた。

オランダ代表の主将を歴任したロッベンはチェルシー-レアル・マドリードを経てバイエルン・ミュンヘンで活躍した。

もしロッベンがJリーグに移籍することになれば、新たなスタートして脚光を浴びることができる。
すでにJリーグにはアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが活躍している。
彼らは競技力よりファンを競技場に導く役割を果たしている。



決勝ゴールのファン・ウィジョ「苦戦したフィリピン戦、教訓にする」
韓国日報




※一部要約

フィリピンを相手に貴重な決勝ゴールを記録したファン・ウィジョが、1次戦を教訓にしてさらに発展すると伝えた。

この日の試合後、ファン・ウィジョは「無条件に勝たなければならないという負担とともに、相手が守備的にしてきて大変だったが、後半に試合を上手く解いていきゴールまで決めた」として、「無失点で勝った結果に満足する」と語った。
彼は「フィリピン戦を教訓にする」と付け加えた。

この日の韓国は試合開始からボール支配率を高めて試合を主導したが、相手の密集守備でなかなか決定的なチャンスを作れなかった。
猛攻の中でも得点を記録できずに時間が過ぎた後半22分、韓国はファン・ウィジョの決勝ゴールにより辛うじて勝ちて3を手にした。

ファン・ウィジョは「突破の優れた(ファン・)ヒチャンと互いに助けながらプレーしている」として、「ヒチャンがボールを拾って私にチャンスを作るので、今後も呼吸をもっと合わせて良い試合をする」と誓った。

体力への自信も伝えた。
ファン・ウィジョは「シーズンが終わって一週間後に蔚山で練習を始めたが、ときどき休息も取り、練習も調整して臨んでいる」として、「(体力が)大きな問題となることはない」と語った。



"違約金変更+長期再契約検討"ガンバ大阪はファン・ウィジョを引き止めたがっている
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ガッ(※God)ウィジョ"ファン・ウィジョに向けられたガンバ大阪の関心が熱い。

ファン・ウィジョとガンバ大阪の契約満了は2019年6月である。
ガンバ大阪はファン・ウィジョを絶対に引き止めたい。
日本のサッカー専門メディア・サッカーダイジェストは2日、「ガンバ大阪はアジア大会直後にファン・ウィジョのJリーグ内移籍に関して、違約金の設定額を変更した。ガンバ大阪の高位関係者は簡単に手を出せない金額と伝えた」と報じた。
それに留まらない。
ガンバ大阪は今冬にファン・ウィジョとの長期再契約を検討中であることがわかった。

このメディアは「唯一の心配はファン・ウィジョの年齢だ。ヨーロッパに挑戦する時期としてはギリギリでもある。将来の挑戦を望んでいる場合、違約金の設定がどれくらいなのかが大きな焦点」と付け加えた。

一方、シーズンを終えたガンバ大阪は、ファン・ウィジョとの再契約交渉に突入する予定と伝えられた。
ファン・ウィジョはガンバ大阪の解団式で「(今後)どうなるかあまりわからない。アジアカップで活躍すれば(ヨーロッパからも)オファーが来るのではないかと思う」と慎重な姿を見せた。



[SPOイシュー] ファン・インボムのドイツ行き?「公式な交渉はない。無資格の代理人が乱立」
スポTVニュース




※一部要約

「ファン・インボム選手のエージェントは一体何人なんですか?」

代表MFファン・インボム(22、大田シチズン)のドイツ進出説が提起されている。
ファン・インボムは入隊前から見込みがあり、ヨーロッパクラブの注目を浴びていた。
だが肝心なファン・インボムの移籍交渉の権利を持つ当事者は、事実無根という立場である。

2015年に大田シチズンで、誕生日基準で満18歳の年齢でデビューし、クラブ最年少デビューゴールの記録を打ち立てて頭角を現したファン・インボムが、Kリーグに4年残っている理由は兵役だった。
ファン・インボムは2017年に義務警察として牙山ムグンファに入団した。

2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会の金メダルでヨーロッパ行きの障害物がなくなり、ヨーロッパ進出への期待感が高まっている。

最近、大田シチズンとイ・ヨンジュン代表は、ドイツの数クラブからファン・インボムの移籍金について問い合わせを受けたと語った。
様々なエージェントがクラブを訪れ、ファン・インボムの獲得はどうかというオファーをしたということだ。
ファン・インボムのエージェントは一体何人なのかという言葉まで聞いた。

ファン・インボムの移籍が実現するには、まず大田シチズンに公式オファーをしなければならない。
その過程で、ファン・インボムの個人交渉権はイヴァンスポーツにある。



"Aマッチデビューゴール"ファン・インボム、ベント号の真の"皇太子"狙う
ノーカットニュース




※一部要約

ファン・インボム(大田)はパウロ・ベント監督の"皇太子"になれるか。

韓国サッカー代表は16日、天安総合運動場で行われたパナマとの評価試合で2対2の引き分けをおさめた。

この日の試合ではパク・チュホとファン・インボムが並んでAマッチデビューゴールを打ち上げ、ベント号での激しい主戦競争に燃料を投下して火をつけた。
Aマッチ38試合でゴールを決めたパク・チュホは、31歳273日でAマッチデビューゴールを決め、韓国サッカー史上3番目の最高齢デビューゴール記録の主人公となった。

だがこの日の試合ではファン・インボムのデビューゴールのほうが大きな注目を浴びた。
ベント監督就任後にAマッチデビュー、そして4試合連続出場のファン・インボムが初めて先発出場したパナマ戦でゴールまで上げて、勢いに乗った自分の競技力を誇った。

ファン・インボムは若い年齢だが、Kリーグで多くの試合を消化している。
ジャカルタ・パレンバンアジア大会では金メダル獲得で輝かしい功績を打ち立てた。
個人技に優れるという点で、ファン・インボムに早くもポルトガルなどヨーロッパから注目されているだけに、ベント監督も着実に重用している。

オーストラリア遠征で行われる11月のAマッチでは、ファン・インボムがベント監督の"皇太子"にそびえ立つ最も近いチャンスになる見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング