美MLSバンクーバー、ファン・ウィジョ獲得に関心…ファン・ウィンボムと同じ釜の飯を食べるか
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョのアメリカMLS移籍説が出てきた。
ファン・ウィジョに関心を持っているチームは、すでにファン・ウィンボムがプレーしているバンクーバー・ホワイトキャップスである。

アメリカMSLの公式HPは6日、"グラスシティFC"の報道を引用して「バンクーバーがファン・ウィンボムのチームメイトを獲得しようとしている。今月にガンバ大阪との契約が終了してFAになるファン・ウィジョだ」と伝えた。

このメディアは「ファン・ウィジョは26歳のストライカーで、24回以上のAマッチ出場記録を持っている」として、「ファン・ウィンボム、ソン・フンミンとともに出場したアジア大会の核心選手で、7試合で9ゴールを決めて大会得点王になった」と説明した。

続けて「ファン・ウィジョは新たなリーグへの挑戦と熱望を持っている。ファン・ウィンボムのバンクーバーでの経験が、MLSを魅力的な選択肢にすることができる。両選手のエージェントは同一人物」と付け加えた。

去年のアジア大会で大活躍して、ファン・ウィジョはスターに躍進した。
今シーズンは14試合に出て2ゴールを記録中で、現在はベント監督が率いるサッカー代表に招集されて6月のAマッチを準備している。



ドイツメディア「アウクスブルク、チョ・ヒョヌに関心を持て」
MKスポーツ




※一部要約

チョ・ヒョヌ(28、大邸FC)がドイツの有力メディアから"ブンデスリーガのクラブが主戦GKとして検討するだけの選手"という好評を受けた。

ドイツのスポーツ紙"キッカー"は4日、「ブンデスリーガのアウクスブルクは2019-20シーズンの主戦GKが必要だ。チョ・ヒョヌに関心を持つべきだ」という趣旨の記事を報じた。

アウクスブルクは2018-19シーズン、レンタル選手の身分でゴールを守っていたグレゴール・コベルの去就が不透明である。
コベルの現所属チームのホッフェンハイムは、"アウクスブルクに完全に譲渡するつもりはない。再び使いたいならさらに1年レンタルせよ"との立場だというのが"キッカー"の説明だ。

"キッカー"は「アウクスブルクは来シーズンの主戦GKについて、様々な可能性を検討している。そのうちの1人がチョ・ヒョヌ獲得になり得る」と予想した。

チョ・ヒョヌは2018ロシアワールドカップF組3次戦で、6回の好セーブなど、ディフェンディングチャンピオンのドイツの得点チャンスを8回も防ぎ、韓国の2-0の勝利で大きな功績を立てた。

当時、ドイツはチョ・ヒョヌの神がかり的なゴール前での死守と、後半追加時間の相次ぐ失点で韓国に崩れた。
2大会連続優勝どころか、GL脱落および歴代ワールドカップ最低成績の22位で大会を終える恥をかいた。

"キッカー"もやはりアウクスブルク関連の記事で、チョ・ヒョヌのロシアワールドカップでの活躍を紹介した。
ドイツを代表するスポーツメディアが興味を示しただけに、移籍説はしばらく静まらないだろう。



ク・ジャチョル、アウクスブルクを去る
NEWSIS




※一部要約

ク・ジャチョルがドイツ・ブンデスリーガのアウクスブルクと決別するものとみられる。

ドイツ・キッカー紙は21日、ク・ジャチョルとアウクスブルクの交渉が決裂したと明かした。

アウクスブルクだけで5年6ヶ月プレーしたク・ジャチョルは、今夏に契約が満了する。
アウクスブルクはク・ジャチョルを引き止める計画だったが、選手がそれを受け入れなかった。
ク・ジャチョルはドイツはもちろん、中国や日本などのアジア圏からもオファーを受けたことがわかった。

ク・ジャチョルはヴォルフスブルク所属だった2012年1月に、レンタルでアウクスブルクのユニフォームを着た。
2015年8月には500万ユーロ(約67億ウォン)という、当時のチーム最高の移籍金を打ち立ててマインツに移籍した。
馴染みのアウクスブルクで選手生活を続けることもできたが、ク・ジャチョルは新たな挑戦を選んだ。

キッカーは「マルティン・シュミット監督は1ヶ月前に再契約を望んだが、チ・ドンウォンやコスタス・スタフィリディス、ク・ジャチョルが去る。今夏はチームに大きな変化があるだろう」と予想した。



ロッベン、日Jリーグ進出のため代理人選任
OSEN




※一部要約

アリエン・ロッベンの日本Jリーグ進出の可能性が提起された。

日本メディアは29日、「6月にバイエルン・ミュンヘンとの契約が終わるロッベンは現在、新たなチームを探している。中国や中東の多くのクラブからオファーを受けているなか、日本も関心を持って争奪戦に出た」と報じた。

続けて「ロッベンはJリーグクラブとの交渉を引き受ける代理人を選任した状況だ。ロッベンがJリーグに関心を見せるのは、家族のためである。家族が日本生活について肯定的であることがわかった」と伝えた。

オランダ代表の主将を歴任したロッベンはチェルシー-レアル・マドリードを経てバイエルン・ミュンヘンで活躍した。

もしロッベンがJリーグに移籍することになれば、新たなスタートして脚光を浴びることができる。
すでにJリーグにはアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが活躍している。
彼らは競技力よりファンを競技場に導く役割を果たしている。



決勝ゴールのファン・ウィジョ「苦戦したフィリピン戦、教訓にする」
韓国日報




※一部要約

フィリピンを相手に貴重な決勝ゴールを記録したファン・ウィジョが、1次戦を教訓にしてさらに発展すると伝えた。

この日の試合後、ファン・ウィジョは「無条件に勝たなければならないという負担とともに、相手が守備的にしてきて大変だったが、後半に試合を上手く解いていきゴールまで決めた」として、「無失点で勝った結果に満足する」と語った。
彼は「フィリピン戦を教訓にする」と付け加えた。

この日の韓国は試合開始からボール支配率を高めて試合を主導したが、相手の密集守備でなかなか決定的なチャンスを作れなかった。
猛攻の中でも得点を記録できずに時間が過ぎた後半22分、韓国はファン・ウィジョの決勝ゴールにより辛うじて勝ちて3を手にした。

ファン・ウィジョは「突破の優れた(ファン・)ヒチャンと互いに助けながらプレーしている」として、「ヒチャンがボールを拾って私にチャンスを作るので、今後も呼吸をもっと合わせて良い試合をする」と誓った。

体力への自信も伝えた。
ファン・ウィジョは「シーズンが終わって一週間後に蔚山で練習を始めたが、ときどき休息も取り、練習も調整して臨んでいる」として、「(体力が)大きな問題となることはない」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング