「ポドルスキ、日本ヴィッセル神戸入団予定」
聯合ニュース




※一部要約

ドイツ戦車軍団の一軸を担ったFWルーカス・ポドルスキが日本プロサッカーJリーグのヴィッセル神戸に入団する見通しである。

ビルトなどドイツメディアは17日、一斉にポドルスキがヴィッセル神戸入団を控えていると伝えた。

ビルトは「ポドルスキは中国スーパーリーグの北京国安から入団オファーを受けたが、日本でプレーするために断った」と報じた。

ポドルスキは2003年にFCケルンでプロ生活を始め、バイエルン・ミュンヘンやアーセナルなど主要クラブで中心選手として活躍した。

特にドイツ代表で大活躍した。
彼はAマッチ129試合で48得点に成功した。

彼は2015年7月からトルコプロサッカーのガラタサライでプレーしているが、昨シーズンは負傷で技量が落ちて10試合出場3ゴールに終わった。




ドイツメディア「ポドルスキ、日本神戸に移籍・・年俸100億
スポーツ韓国




※一部要約

ドイツメディアによるとポドルスキは神戸から契約期間3年で800万ユーロ(約100億ウォン・ボーナスを含む)の年俸のオファーを受けたと伝えられた。

昨シーズン、日本Jリーグで7位になった神戸はすでに先月からポドルスキ獲得を推進してきた。
代表GKキム・スンギュの所属チームでもある。



[オフィシャル] 全北、"国家代表DF"キム・ジンス獲得"公式発表"
スターニュース




※一部要約

代表SBキム・ジンスが全北現代の緑のユニフォームを着て全州城を走る。

全北現代は12日、「守備補強のためにブンデスリーガTSG1899ホッフェンハイムの代表SBキム・ジンスを獲得した」と公式発表した。

キム・ジンスは鋭いオーバーラップを得意として、積極的な守備もやはり強みである。
キム・ジンス獲得で全北は「4バックラインの堅さはもちろん、さらに攻撃的なサッカーを繰り広げることができるだろう」と明かした。

全北の緑のユニフォームを4年間着ることになったキム・ジンスは、全北全州生まれで2012年に日本のアルビレックス新潟でプロの舞台にデビューした。
その後2014年にドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムに移籍し、ヨーロッパ進出に成功した。
24歳の年齢で日本とドイツで102試合に出場し、すでに多くの経験を積んでいる。


20170112141810a.jpg



独メディア、「キム・ジンス、20億ウォンで全北に移籍予定」
OSEN




※一部要約

ドイツメディアがキム・ジンスの全北移籍を予想した。
8日、ドイツメディア"ビルト"は「キム・ジンスが故郷に帰る」として、「キム・ジンスはACL優勝チームの全北に移籍するだろう」と報じた。

"ビルト"によるとキム・ジンスの全北移籍は仕上げの段階である。
"ビルト"は「ホッフェンハイムと全北は合意点を見出した。ホッフェンハイムは全北から160万ユーロ(約20億ウォン)を移籍金として受けることにした。もう仕上げの手続きだけが残った」と明かした。

2014年にアルビレックス新潟からキム・ジンスを獲得したホッフェンハイムは、今シーズンにキム・ジンスを戦力外に設定した。
昨シーズンから立場が狭くなったキム・ジンスは、今シーズンたった1試合も出場できてなかった。
出場選手リストにも名前を上げられず、ベンチにも座れてなかった。

キム・ジンスを放出することに決めたホッフェンハイムにとって、キム・ジンスの移籍は損することがない商売である。
2014年にキム・ジンスの移籍金に100万ユーロ(約13億ウォン)を支出したホッフェンハイムは、キム・ジンスを戦力外に分類したにもかかわらず、契約期間が1年6ヶ月残っているという理由で移籍金を求めたものとみられる。




全北、キム・ジンス"20億ウォンで獲得合意報道"否認
OSEN




※一部要約

全北のある関係者は「キム・ジンスの移籍についてホッフェンハイムと合意したことはない」とはっきり線を引いた。
「仕上げの手続きだけが残った」と伝えた"ビルト"の報道とまったく異なる立場である。

全北がキム・ジンスの獲得に関心があるのは事実だ。
キム・ジンスも全北移籍について否定的ではない。

問題はホッフェンハイムの態度である。
ホッフェンハイムはキム・ジンスを完全な戦力外の資源として扱っている。
それでもとんでもない移籍金を要求している。

全北はホッフェンハイムが策定した160万ユーロの移籍金が高いという立場である。
全北のチェ・ガンヒ監督はキム・ジンスの獲得に関心があるというのは認めつつも、移籍金があまりにも高いという反応を見せた。
ホッフェンハイムがキム・ジンスの移籍金を160万ユーロに固執するなら、移籍の成功は容易ではないように見える。



ドイツメディア「パク・チュホ、100万ユーロで移籍しそうだ」
スポーツ韓国




※一部要約

ドイツメディアが2017年の冬の移籍市場でSBパク・チュホがチームを去ると予想した。

ドイツのサッカー専門メディアビルトは27日、ドルトムントのFWアドリアン・ラモスの中国進出説を集中的に取り上げた。
来年1月の冬の移籍市場で彼がドルトムントを去り、北京国安に安着するという主張。

ビルトは記事の終わりに、ラモスだけでなく今回の移籍市場でドルトムントを去るとみられる二人の選手を短く紹介した。
その中の一人がまさにパク・チュホだった。

このメディアは「CBのネヴェン・スボティッチはイングリッシュプレミアリーグ進出を夢見ている」として、「トーマス・トゥヘル監督の構想から除外されたパク・チュホは100万ユーロの移籍金でドルトムントを去るものとみられる」と伝えた。

パク・チュホに比較的少ない移籍金をつけたビルトだが、具体的な行き先までは言及しなかった。
ただしパク・チュホは3日にイタリア現地メディアからセリエAのインテル・ミラノ移籍説が報じられたことがある。
もちろんまだインテル・ミラノ移籍を確信することはできない。

だが一つ確かなのは、パク・チュホが出場機会を得ようと思うのなら、今回の冬の移籍市場での移籍はオプションではなく必須である。
トゥヘル監督の頭の中から完全に消された存在のためである。
今シーズンのパク・チュホはリーグでたった2試合の出場に終わっている。



[ハローブンデスリーガ] 日本人主将酒井・・・ハンブルク反騰ののキー
スポーツ東亜




※一部要約

過去数年間、経営について多くの批判を受けてきたドイツブンデスリーガの名門ハンブルクが、今シーズンの長期低迷から抜け出す変化の兆しを見せている。
日本選手としては初めてヨーロッパ1部リーグクラブの主将を引き受けた酒井高徳がこうした変化を象徴している。

先月19日、ハンブルクの新司令塔マルクス・ギスドルは新キャプテンに酒井を任命した。
当時ギスドル監督は「私たちには新たな体系と構造が必要だった。今回の決定が肯定的な効果につながると信じ、新鮮な変化をもたらすだろう」と期待していた。

酒井は2012年にシュツットガルトのユニフォームを着てブンデスリーガでデビューした。
ハンブルクには2015~2016シーズンに入団し、わずか1年5ヶ月でチームを代表する主将の腕章をつけた。
注目すべき点は、日本人の父とドイツ人の母の間に生まれた混血だが、ドイツに来る前までドイツ語をまったく話せなかったということだ。
だが「酒井はドイツに早く溶け込むため、言語習得に相当な力を入れた。合わせて特有の親和力と人々をまとめる能力があり、感嘆に適応することができた」という日本メディアの報道内容通り、彼が主将になるまでは刻苦の努力があった。
さらには今シーズンのブンデスリーガで最年少主将である。
ブンデスリーガ18クラブの主将の平均年齢は30.2歳だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング