"アジアツアー不参加"パク・チュホ、ドルトムントを去るとき
フットボールリスト




※一部要約

ボルシア・ドルトムントのプレシーズンの日程が始まったが、左SBパク・チュホの姿は見られない。
ドルトムントは日本を経て中国に着いたが、アジア選手であるパク・チュホを招集しなかった。
当初パク・チュホはアジアツアーのメンバーに名前を上げていたが、出発前に外れた。
特別な負傷ではないという点で、2017/2018シーズンの構想に入ってないということを意味する。

パク・チュホは2015年夏にドルトムントに移籍した。
マインツ時代をともにしたトゥヘル監督のラブコールを受けた。
3年契約を結んだパク・チュホは、過去2シーズンでリーグ6試合しか出場できなかった。
ELの試合を含めて10試合で1ゴールを記録した。
入団当初はチャンスもあったが、負傷が重なり主戦競争も激しかった。
特に昨シーズンは不運だった。

通常、ヨーロッパでは契約が残り1年の時点で残留か移籍を決める。
チームにとっては移籍金を受けて送り出せる最後のタイミングである。
プレシーズンのメンバー除外は、ドルトムントがもうパク・チュホに未練を持っていないということを意味する。

パク・チュホにとってもぼんやりとチャンスを待つことはできない。
ロシアワールドカップまで1年しか残っていない。
6月のAマッチデーの期間に代表復帰したパク・チュホは、自ら2軍の試合を要望して試合感覚の回復のため努力したりもしていた。
もうプレーできるチームを探すときである。

最近ドイツメディアがAEKアテネのパク・チュホへの関心を報じたことがあった。
マインツ時代に十分能力を証明したパク・チュホだ。
昨シーズンは大きな空白だったが、最近はヨーロッパサッカーをはじめとして、世界的にSBのポジションが品薄現象を経験しているという点で、魅力的な選手である。
まだ満30歳で全盛期の技量を繰り広げられる年だ。

パク・チュホはドルトムント入団時も8月最後の日に決めた。
移籍市場が最も活発な時期もこのときである。
今夏にはパク・チュホが新しいユニフォームを着ている可能性が高い。



"雰囲気満点"浦和vsドルトムント・・・玉に瑕の"旭日旗"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーのJリーグが精魂を込めて企画した祝祭の場に58327人のファンが訪れ、競技場を熱く盛り上げた。
だが政治的な意図を存分に盛り込んだ旭日旗が相変わらずはためき、眉をひそめさせた。

15日、日本の埼玉にある埼玉スタジアム2002で、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017の浦和レッズとボルシア・ドルトムントの試合が行われた。
Jリーグが1部リーグの試合日程をすべて中断して広報に熱を上げたほど、比重はかなり大きかった。

実際、試合開始前から熱い熱気が感知された。
14日、市内のあるサッカー用品店を訪れると、すぐにドルトムントのユニフォーム、その中でも日本人選手である香川真司の名前がプリントされたシャツが前面にかかっていた。
ほぼ同じ時期にバルセロナの選手が日本を訪れ、バルセロナのユニフォームもかかっていたが、規模では比較にならなかった。

サッカー用品店の関係者は「ドルトムントのユニフォームだけでなく、関連用品、それとともに日本代表ユニフォームだけでなく売れている」と嬉しい悲鳴を上げた。

そのような状況と噛み合わさり、この日競技場へ向かう道はまさに雲の観衆だった。
競技場に向かうほどドルトムントと浦和のユニフォームを着たファンの数が増え、埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園駅に着くと、すぐに数が急増した。


20170716070116249a.jpg



[オフィシャル] "テクニシャン"リュ・スンウ、実家済州に復帰確定
スポーツ朝鮮




※一部要約

"テクニシャン"リュ・スンウが実家チームの済州ユナイテッドに帰ってくる。
済州は11日、戦力強化のためMFリュ・スンウを獲得した。
詳細な契約事項は選手との合意の下で公開しないことにした。

2013年に自由契約で済州に入団したリュ・スンウは、育成次元で翌年にレバークーゼンへレンタルされた。
2014年12月レバークーゼンに完全移籍したリュ・スンウは、ドイツ2部リーグでレンタル生活をして経験を積んだ。

3年6ヶ月ぶりに済州へ帰ってきたリュ・スンウは「Kリーグにまた戻るなら無条件に済州へ行くと考えていた。済州を去ったとき、ファンにちゃんと挨拶できなかったが、グラウンドの良い姿で報いる」と入団の所感を伝えた。




[オフィシャル] "レバクーゼン"リュ・スンウ、"実家チーム"済州に復帰
日刊スポーツ


※一部要約

2013年にU-20ワールドカップで2ゴールを炸裂させて韓国の8強進出を導いた彼は、ヨーロッパの名門ボルシア・ドルトムントとレアル・マドリードの入団オファーを受けた。
当時リュ・スンウは「Kリーグでもう少し実力をつける」とこれを断って済州に入団したが、その後済州はリュ・スンウの成長のためにレバークーゼンへのレンタルを決めた。

そのおかげで彼は欧州リーグでプレーして十分な経験を積んだ。
ドイツ2部リーグのブラウンシュヴァイク(2014~2015シーズン・18試合4ゴール)とアルミニア・ビーレフェルト(2015~2016シーズン・10試合)を経て経験を積んだ彼は、昨シーズンまでハンガリー1部リーグのフェレンツヴァーロシュ(11試合1得点)で活躍した。
リーグでの経験を基にリュ・スンウは、去年のリオオリンピックで優れた活躍を繰り広げた。
シン・テヨン当時U-23代表監督の招集を受けた彼は、3ゴールを固め打ちしてオリンピック8強を導いた。



"BVB失敗"パク・チュホ、AEKアテネ移籍推進
スポータルコリア




※一部要約

ギリシャクラブのAEKアテネがパク・チュホ獲得を推進している。

ドイツのサッカー移籍専門誌"FussballTransfers"は2日、「消息筋によるとAEKアテネがドルトムントにパク・チュホの獲得を問い合わせた。パク・チュホは2年前にマインツを去ってドルトムントに合流した選手である」と報じた。

パク・チュホは2011年に日本の舞台を去ってヨーロッパに挑戦した。
スイスクラブのバーゼルで優れた活躍を見せ、ドイツ・ブンデスリーガ入に成功した。
マインツで3年間50試合に出場して競争力を認められ、トゥヘル監督に呼ばれてドルトムントに移籍した。

だがドルトムントでの生活は簡単ではなかった。
左SBから守備型MFまで消化したがチャンスがなかった。

デビューシーズンはカップ大会を含めて11試合の出場に終わった。

1シーズンが過ぎても状況は大きく変わらなかった。
むしろ出場時間はさらに減った。
ブンデスリーガ2試合出場と2軍試合の出場がすべてだった。

だがパク・チュホは相変わらず競争力のある資源だった。
AEKアテネがパク・チュホ獲得に関心を見せた。
AEKアテネは1部リーグで11回の優勝を達成し、昨シーズンはリーグ4位を記録したクラブである。



[オフィシャル] 仁川U-18大建高チョン・ウヨン、ドイツのバイエルン・ミュンヘン移籍確定
仁川ユナイテッド

236749761.jpg


※一部要約

仁川ユナイテッドU-18で大建高のサイドアタッカーであるチョン・ウヨンがドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに移籍する。

仁川は30日、報道資料で「仁川U-18で大建高のチョン・ウヨンがバイエルン・ミュンヘンに移籍する。仁川はチョン・ウヨンについてヨーロッパの様々なクラブからオファーを受けたが、その中で最も積極的な意志を見せたバイエルン・ミュンヘンのオファーを断るのが難しかった。チョン・ウヨンのさらなる成長を望み、今回のドイツ行きを積極的に助けた」と明かした。

続けて「チョン・ウヨンは2018年1月頃にバイエルン・ミュンヘンに合流することになり、契約期間は4年6ヶ月」と付け加えた。


236749761a.jpg


契約成立の前にチョン・ウヨンは、5月に仁川と現所属の大建高の積極的な強力によってドイツに渡り、バイエルン・ミュンヘンをはじめとする計3~4つのブンデスリーガクラブでテストをして徹底した検証を受けた。

180センチ、67キロのチョン・ウヨンの主なポジションはサイドアタッカーである。
中央や攻撃型MFもあまねく消化できるほど基本技がしっかりしていて、水準級の技術やセンス、スピードなどを漏れなく持っている全天候アタッカーだ。


236749761b.jpg


今回ブンデスリーガ進出に成功したチョン・ウヨンは「仁川や大建高、そして周囲の多くの方々の積極的な助けによって、私が夢見てきたことが実現することになった。すごく嬉しく、感謝の気持ちを持っている」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング