"帰化オファー"バルサ、「イ・スンウを諦めてない」
OSEN




※一部要約

FCバルセロナはイ・スンウについて完全には諦めてなかった。
可能性について十分に認め、ずっと見守る見通しだ。

イ・スンウがバルセロナを去ってセリエAエラス・ヴェローナに移籍する。
30日、イタリアメディアはヴェローナが移籍金21億ウォンを払ってイ・スンウを獲得すると伝えた。
イ・スンウの関係者も「31日にイタリアへ向かう。メディカルテストを受けて契約を結ぶだろう」と明かした。
イ・スンウはヴェローナと4年契約を結ぶ予定である。

イ・スンウのヴェローナ移籍が完了すれば、セリエAでプレーする2人目の韓国選手となる。
2000年から2年間ペルージャでアン・ジョンファンが活躍して以降、15年間セリエAは韓国選手と縁を結ぶことができなかった。

これまでイ・スンウはバルセロナと綱引きを繰り広げていた。
イ・スンウはバルセロナを去って他リーグに移籍することをとても悩んでいた。
バルセロナBをはじめとして、スペインプロ2部リーグはEU市民権がない選手を2人までしか保有できない。
最近バルセロナBは、ブラジルの名門パルメイラスの攻撃型MFヴィチーニョを連れてきて、残りの一席をホンジュラス代表FWチョコ・ロサーノで埋めた。



[単独] イ・スンウ、イタリア1部リーグのヴェローナ行き確定…完全移籍
スポーツソウル




※一部要約

今夏の移籍市場を熱い雰囲気にさせたイ・スンウの行きさが決まった。

イ・スンウはセリエAのヴェローナのユニフォームを着る。
移籍市場に詳しい関係者は30日、「ヴェローナとイ・スンウ、バルセロナの三者間の合意がすべて終わった」として、「イ・スンウはレンタルではなく完全移籍でヴェローナに巣を作ることになる」と明かした。
移籍金は150万ユーロの約20億ウォンで、将来が嘱望されるイ・スンウの価値をしっかりと認められた。
彼は30日にイタリアへ渡ってメディカルテストを受け、異常がなければ入団を終える。
契約期間は4年である。

イ・スンウは5月のU-20ワールドカップで、韓国サッカーの新星であることが再び確認された。
ギニアとのGL1次戦の先制決勝ゴール、アルゼンチンとの2次戦で幻想的な先制ゴールを放ち、U-20代表の序盤の2連勝を導いた。
そんな彼にヨーロッパの多くのチームがラブコールを送ったのは当然だった。
イタリアやスペイン、オランダ、フランス、ベルギー、スイスなどヨーロッパ全域から求愛の手が続いたが、最後まで争ったチームはヴェローナとディナモ・ザグレブだった。
イ・スンウとバルセロナは、熟慮してからヴェローナを選んだものとみられる。

イ・スンウは最初からあまりディナモ・ザグレブを念頭に置いてなかったことがわかった。
どうせなら5大"ビッグリーグ"でチャンスが欲しいという気持ちで、自分に積極的だったヴェローナのオファーにずっと関心を向けていた。
その他にMSLなど非ヨーロッパクラブも巨額の移籍金を持って誘惑したが、イ・スンウは最初からそれを排除した。

イ・スンウの行き先が移籍市場終盤に決まったのは、彼にラブコールを送ったクラブが多かった反面、バルセロナ側が完全移籍よりレンタルに固執したためである。
イ・スンウはどのクラブであっても完全移籍で行くことを望んでいた。
当初は交渉期限を25日までとしていたヴェローナは、その後も門を開けてイ・スンウを待っていたとみられる。
移籍金や年俸はチーム内でも水準級で、イ・スンウ側も満足している。
バルセロナは最近まで、今年3年の再契約をしてから、1年のレンタルでヴェローナに行くことを勧めていたが、終盤に彼の完全移籍を認めた。
代わりに2019年までの2年間に、決まった移籍金で彼を再び連れてこられるバイバック条項を入れた。



イタリアメディア「ヴェローナ、イ・スンウのレンタル獲得に乗り出した」
ニュース1




※一部要約

イタリア・セリエA昇格チームのエラス・ヴェローナがイ・スンウにずっと関心を示している。

イタリアメディアのスポートメディアセットは20日、「ヴェローナがイ・スンウのレンタル獲得のためバルセロナと協議に入った」と報じた。

ヴェローナは今夏の移籍市場でずっとイ・スンウにラブコールを送っている。
先月28日にイタリアメディアは「ヴェローナが引退を宣言したアントニオ・カッサーノの空席を埋める適任者としてイ・スンウに目をつけた」と初めて伝えたことがあった。

イタリアメディアは9日には「ヴェローナがイ・スンウをまずレンタルしてから、完全移籍を望んでいる」と報じたこともある。

今回、スポートメディアセットは「開幕戦でナポリに1-3で敗れたヴェローナが、残りの移籍期間で攻撃陣の強化を望んでいる。そのためにイ・スンウの獲得を狙っている」とした。

イ・スンウに関心を示しているエラス・ヴェローナは、昨シーズンにセリエBの2位になり、今シーズンにセリエAへ昇格した。



新たな巣を探すペク・スンホ-イ・スンウ、プレシーズンで交錯した評価
スポーツ朝鮮




※一部要約

新たな巣を探してるペク・スンホとイ・スンウのプレシーズンの評価が交錯している。

まずペク・スンホはプレシーズンを行っているバルセロナBでも最高の技量を見せている選手と評価されている。
9日、カタルーニャの地元紙は「バルセロナはプレシーズンで最高の選手の1人であるペク・スンホを送らなければならない。ペク・スンホはジェラルド・ロペス監督の戦術を導く核心の役割を果たしただけでなく、短いインパクトでも良いレベルのチームからオファーを受けた」と報じた。

その一方、「ペク・スンホの成長と競技力を見たが、バルセロナBの選手構成のため他チームへ去ることを防ぐことができない状況」と惜しさをあらわした。

バルセロナBではペク・スンホにレンタル移籍を勧めている状況である。
ペク・スンホもすでに他チームからオファーを受け、選択だけが残っている。
最近ではスペイン・プリメーラリーガに昇格したジローナFCの2軍が関心を示している。

地元紙は「明確な事実は、ペク・スンホが去らなければならないということである。ペク・スンホは政策に基づいた数クラブのオファーを受け取っている状況だ。ペク・スンホの意中は2部リーグのチームか外国でプレーしたいうことである。ただし3部リーグでプレーするのが最も理想的な終着地になるだろう。その舞台は国籍制限がないため」と説明した。





一方、イ・スンウへの評価は薄情だ。
ペク・スンホとイ・スンウはどちらも非ヨーロッパ圏クォーター制限でバルセロナを去らなければならないという立場は同じだが、ニュアンスはまったく違う。
このメディアはイ・スンウがバルセロナBで1分もプレーできなかったと伝えた。
イ・スンウは出場できる25人以外のメンバーに入り、残りの10人と一緒に練習していることがわかった。
地元紙は「バルセロナはフベニールA以降の(プロ契約をしなければならない)チーム構成において、イ・スンウに対する期待がないものとみられる」と伝えた。
同時に「イ・スンウはバルセロナBの許可を得てチームに遅れて合流したが、出場グループとは関わってない」とした。
最後に「2019年に契約が満了するイ・スンウは、バルセロナに残るチャンスを掴もうと必死になっている」と伝えた。



イ・スンウ、今度はイタリアからラブコール・・・ヴェローナ-ベネヴェントが獲得を望む
ニュース1




※一部要約

イ・スンウがセリエAのエラス・ヴェローナ、ベネヴェントから関心を集めていることがわかった。

イタリアサッカー専門メディアのディ・マルツィオ28日、「今シーズンセリエAに昇格したエラス・ヴェローナとベネヴェントがイ・スンウを見守っている」と報じた。

スカイイタリアは「ヴェローナは最近引退を宣言したアントニオ・カッサーノの空席を埋める適任者としてイ・スンウに目をつけた」と伝えたりもした。

スペインメディアも「バルセロナにはイ・スンウの席がない」として、「イ・スンウは自分によく合う舞台へレンタル移籍したほうが良い選択になるだろう」と報じたことがあった。

当初イ・スンウはクラブに具体的なビジョンの提示を求めて練習に参加せず、個人練習を進める計画だった。
だが気持ちを変えて26日からバルセロナBのプレシーズンに合流、練習に参加している。
イ・スンウは練習をしてクラブと対話を続ける計画である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング