[インターPOINT] 伊で主戦を押された本田-長友、日代表チーム泣きっ面
インターフットボール




※一部要約

立つ瀬がない。
本田圭佑と長友佑都が険しいシーズンを送っている。

二人は日本サッカー代表の核心資源である。
だが最近試合出場数が減り、自身と競技力の低下に繋がるのではないかという憂慮を生んでいる。

本田は所属するACミランは19日、ホームでジェノアに1-0の勝利をおさめて6位に跳躍した。
本田は待機メンバーに名前を上げたが出場は不発となった。
試合前、負傷者が多くて機会が与えられるという現地報道が流れたが"説"に終わった。
1月25日のユベントスとのコパ・イタリアで時間稼ぎ用に投入されてから二ヶ月近くグラウンドを踏むことができていない。

本田は今シーズン、リーグ5試合で116分しかプレーしていない。
モンテッラ監督の構想から外れて久しい。
今シーズンを最後に契約が終わる。
アメリカMLS行きの可能性が提起されている。

長友も思わしくない。
インテルは19日、トリノ遠征で2-2で引き分けた。
長友もやはりベンチで試合を見守って出場機会が与えられなかった。
2試合連続で先発除外である。
5日のカリアリ遠征で後半43分に交代で入って2分消化した。
今シーズンはリーグ9試合で503分プレーした。
本田よりはマシである。
だが立場が不安なのは同じだ。

本田と長友の状況を心配している人物がいる。
日本代表のハリルホジッチ監督だ。
16日、2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選6次戦(アラブ首長国連邦)、7次戦(タイ)のメンバーに二人を入れた。
ハリルホジッチ監督は「本田、長友はチームにとても重要な存在」と言いつつも、「試合に出られず感覚が落ちている」と憂慮した。

二人は負担を抱えて代表に合流する。
代表で反転のキッカケを用意するのか、そうでなければ振るわない競技力で失望をもたらすのか注目される。



インテル・ミラノ、パク・チュホを狙う
インターフットボール




※一部要約

名家再建を宣言したインテル・ミラノがパク・チュホを狙う。

イタリア"ガッツァメルカート"は2日、「インテル・ミラノが韓国の左SBパク・チュホと繋がっている。ドイツチームは完全移籍のオプションを含めたレンタルの交渉をしようと考えている」と伝えた。

このニュースを"フットボールイタリア"と"トゥットメルカードウェブ"が引用報道して関心を示した。

インテル・ミラノはネームバリューのある選手の獲得に1億5000万ユーロ(約1900億ウォン)を使う計画であることがわかった。




インテル・ミラノ、来年1月にパク・チュホのレンタルを推進<伊メディア>
スポータルコリア




※一部要約

パク・チュホは2015年にトーマス・トゥヘル監督の招請を受けてドルトムントに入城した。
だが期待とは異なりあまり頭角を現せず、主戦競争で押し出された。
今シーズンはリーグ2試合の出場に終わっている。
時間で言えば64分である。

UEFAチャンピオンズリーグの25人のメンバーにも入れなかった。
ドイツ現地メディアもパク・チュホの出撃は難しいと予想している。
そうした中で来年1月にインテル・ミラノが獲得を望んでいるというニュースが聞こえてきた。

まだ具体的なニュースとオファーは聞こえていない状況である。
そこに"フットボールイタリア"は「パク・チュホはマインツ、バーゼル、韓国代表などで活躍した」と簡単なキャリアを紹介した。



ヨーロッパ派が主軸の日本サッカー、彼らの挑戦が羨ましい
オーマイニュース




※一部要約

2002韓日ワールドカップと2010南アフリカワールドカップで我が国は4強神話と遠征初の16強という成果を出した。
大韓民国サッカー史で最もきらびやかだった瞬間である。
国民すべてが一つになり、"街頭応援"とうい新たな文化は世界に伝播した。
それだけワールドカップは私たちに数多くの思い出をプレゼントし、代表チームへの期待は以前と比べて日増しに大きくなっている。

そういうワールドカップで私たちの多くの関心を集める国が一つある。
ずばり日本である。
2006ドイツワールドカップの名勝負に挙げられる日本とオーストラリアの試合がそうだったし、私たちとともに史上初の遠征16強を達成した2010南アフリカワールドカップで日本の試合は大きな関心を集めた。
2014ブラジルワールドカップの日本とコートジボワールの試合では、ディディエ・ドログバが大きな拍手を受け、日本のワールドカップ16強進出失敗は安堵感を呼んだりした。
それだけ我が国の成績と同じくらい日本の成績は常に気になる。

歴史、政治、社会、地理的に、離そうとしても離せない宿命のライバル日本も、私たちと同様に2018ロシアワールドカップに向けて足取りが速くなっている。
ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は9月1日、埼玉スタジアムでアジア最終予選B組1ラウンドでUAEを相手にする。
続けて9月6日にラジャマンガラ・スタジアムでタイと一戦を繰り広げる。

ところが最近、日本代表の眺める感じが変わった。
中国と中東派が代表チームの核心にいる私たちとは異なり、多数のヨーロッパ派で武装した日本代表が憧れの対象になっているのだ。
実際、今回の代表チームも日本は14人のヨーロッパ派と10人のJリーグ選手で構成されている。
注目の行く部分はやはり、自国リーグよりも多い14人のヨーロッパ派だ。

まず守備陣を見るとヨーロッパ派が5人も含まれている。
代表的な選手である長友佑都と吉田麻也を入れて、酒井高徳、太田宏介、酒井宏樹が代表チームに合流した。
長友佑都の場合、2013・2014シーズンにセリエAで34試合に出場して5ゴール6アシストを記録して全盛期を過ごした後、手に負えない主戦競争をしているが、昨シーズン22試合に出場してチームのローテーションメンバーとして残っている。

2012・2013シーズンからプレミアリーグで活躍している吉田麻也もやはり同じだ。
昨シーズンの先発出場は10試合に終わったが、計20試合に出場してチームに力を加えている。

2011・2012シーズンにシュツットガルトに移籍してブンデスリーガデビューした酒井高徳は、2015年の夏の移籍市場でハンブルクSVに移籍する前まで計96試合プレーして2ゴール8アシストを記録した。
昨シーズンオランダリーグでデビューした太田宏介(22試合出場2アシスト)、今夏の移籍市場でフランスのマルセイユに移籍した酒井宏樹は今シーズンの3試合でフルタイムを消化し主戦の席を確保した状態である。



本田がサンダーランド移籍を拒否していた事実が判明! 2週間前にオファーもミラン残留を決断
Football ZONE web

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、プレミアリーグ行きを拒否していたことが明るみになった。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 記事によると、2週間ほど前にサンダーランド側から獲得への強い興味と身分照会の依頼が届いたが、何よりも本田自身の拒否によって交渉は進展しなかったとされている。サンダーランドはそれによってターゲットを、ユナイテッド時代にデイビッド・モイーズ監督が信頼していたアドナン・ヤヌザイに変更し、期限付き移籍での獲得に至ったという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160819-00010012-soccermzw-socc




日看板本田、モイーズ監督のラブコールを拒絶した
ベストイレブン




※一部要約

日本サッカーの看板スター本田圭佑がイングランド・プレミアリーグ進出の機会を掴んだが、それを拒否してACミラン残留を選んだ。

日本のスポーツメディア<フットボールゾーン>インターネット版は、本田が最近モイーズ監督率いるサンダーランドからの強力なラブコールを受けたが、それを拒否したと報じた。

本田は過去にもプレミアリーグ進出説がかなり多く提起されたことがある。
去年の冬の移籍市場の時にはウェストハム・ユナイテッドが本田を狙っているという説が提起された。
だが本田はACミランで10番をつけ核心選手としての自負心を持っていて、チームに残って競争したほうがより価値があると見た。

一方、<フットボールゾーン>は本田が6月のA代表に選出されたとき負傷したため、他の選手とは違って練習をしっかり消化できなかったという点を指摘し、現在はスペイン出身の攻撃型MFスソとの競争でやや遅れていると分析した。
サンダーランドの獲得オファーを拒否しただけに、ACミラン内での争いに無条件に勝利してこそ、2016-2017シーズンを成功裏に行える状況だ。



伊プロサッカーに北選手の相次ぐ進出可能だろうか
聯合ニュース




※一部要約

イタリアプロサッカーに北韓選手が相次いで飛び込む準備をしていて目を引く。

去年チリで行われたFIFA17歳以下ワールドカップで頭角を現した北韓MFチェ・ソンヒョクが3月にイタリアプロサッカーの名門フィオレンティーナ傘下のプリマベーラと契約し、イタリアリーグでプレーする初めての北韓サッカー選手になった。

スペインでもサッカー技術を習得した彼は、2014年9月にタイ・バンコクで行われたAFC U-16チャンピオンシップ決勝戦の南北対決で、逆転決勝ゴールを炸裂させた主人公として私たちにも見知らないわけではない。

マッテオ・レンツィ総理をファンに抱えているフィオレンティーナはチェ・ソンヒョクの潜在力を高く評価し、彼が満18歳になる2月まで待って、3月に契約を締結したと伝えれれた。
イアリアでは満18歳を越えないと正式契約ができない。

イタリアメディアによると、チェ・ソンヒョクに続いてやはり去年のU-17ワールドカップの主役であるチョン・チャンボム(17・FW)、イ・チョルソン(18・GK)が過去にマラドーナがプレーしたナポリで入団テストを受けている。

また去年のU-17ワールドカップで傑出した突破力とシュート能力を証明した最前方FWハン・グヮンソンもフィオレンティーナが物欲しげに見ていることが分かった。
チェ・ソンヒョクと同様にスペインサッカー留学経験のある彼は、AFC U-16チャンピオンシップ決勝戦の南北対決で同点ゴールを決めて強烈な印象を残した主人公。

彼らは2014年末にサッカーの英才を発掘して教育するイタリア・ペルージャの専門業者である"イタリアサッカーマネージメント"が主催するキャンプに、他の北韓の同僚と参加したことをきっかけに、イタリアサッカーチームにお墨付きをもらった。

北韓は数年前から政府が費用を負担して"イタリアサッカーマネージメント"に若い選手を送っている。

北韓がこうしてサッカーに力を入れている理由は、選手1人をしっかりと育てて海外のプロリーグに進出させれば、彼らが受ける年俸がかなりのものであるためだということを省くことはできない。

建設現場、縫製工場などで働く北韓労働者が貰う給料が通常1000ドルにもならないことを考慮すれば、サッカー選手1人は数年間で数百人の労働者が稼ぐ以上の収入を上げることができる。

海外滞在の北韓労働者が稼ぐお金の通常70%が北韓政府に入ってくる現実を考慮すれば、政権次元ではしっかりと育てた選手1人が一般労働者数百人の役割を果たすわけである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング