"幻想デビューゴール"イ・スンウ、6.9点でチーム内最高評点
スポTVニュース




※一部要約

イ・スンウが33分を消化して強烈なデビューゴールを記録した。

エラス・ヴェローナは6日、イタリア・セリエA36ラウンドのACミラン遠征に1-4で敗れた。
これでヴェローナは勝ち点25で19位を維持し、残り2試合にすべて勝利しても降格圏を抜け出せない。

この試合で負ければ降格が確定するヴェローナの選手は熱心にプレーしたが、試合を変えられなかった。

だがイ・スンウは輝いた。
後半40分にイ・スンウはCKが流れてくると、すぐに強力なノンストップミドルシュートを決めて、自身のセリエAデビューゴールを成功させた。

試合後、サッカー統計サイト"フースコアード"は交代で投入されて33分を消化したイ・スンウに評点6.9を与えた。
チーム内で最も高い評点である。
ヴェローナの選手は概ね評点が低かった。



"降格切迫"ヴェローナ、去就について選択を下さなければならないイ・スンウ
STNスポーツ




※一部要約

エラス・ヴェローナのイ・スンウに選択のときが近づいた。

ヴェローナは29日、スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディで行われた2017/18シーズンのイタリア・セリエA35ラウンドのSPAL2013との試合に1-3で敗れた。
ヴェローナは4連敗に陥った。

この日の敗北でヴェローナは事実上の降格が確定した。
現在、セリエの20チームはすべて3試合ずつ残している。
ヴェローナは勝ち点25で19位を記録中である。
降格を避けられるマジノ線である17位のSPALとの勝ち点差は7だ。

さらに暗鬱なのは、ヴェローナはSPALにゴール得失でもやはり20点も遅れている。
なのでヴェローナが残り3試合で全勝をおさめ、SPALが全敗をおさめなければならないという計算になる。
この条件が満たされたとしても、18位のキエーヴォもやはり残り3試合で1分け2敗か3敗の成績をおさめてこそ、降格脱出が可能である。
それこそ針の穴だ。

事実上、迫る所属チームの降格を前に、イ・スンウも選択をしなければならないときが近づいた。
イ・スンウの選択肢は3つあるが、実質的な選択肢は2つである。



イ・スンウ体当たり練習?専門家「有用だが回数過多」
MKスポーツ




※一部要約

イ・スンウ(ヴェローナ)がイタリアデビュー後、初めて空中ボールの競り合いで勝利した。
"体当たり練習"の効果があらわれたのだろうか。

ヴェローナは19日、サッスオーロとのセリエA33ラウンドのホーム試合に0-1で敗れた。
イ・スンウは後半20分に交代出場して25分を消化した。

統計企業"オプタスポーツ"の公開資料を見ると、イ・スンウはセリエAの10回目の出場であり、カップ大会を含めたシーズン12試合目の公式戦で1回の制空権優位を占めた。

ヴェローナが2017年8月31日にイ・スンウをバルセロナ2軍から連れてきて以降、セリエAで空中ボールをものにしたのはサッスオーロ戦が初めてである。

イ・スンウの父親は韓国メディアとのインタビューで「一日500回ずつ木を対象に体当たり練習をした」として、「肩脱臼の後は300回に減らした」と明かしたことがある。

サッカーの競り合いは体一つで争うという側面から、アマチュアレスリングや総合格闘技のクリンチの攻防と類似点が多い。



ヴェローナのイ・スンウ、2ヶ月ぶりに実戦試合…攻撃ポイントは失敗
聯合ニュース




※一部要約

イタリアプロサッカー・セリエAのエラス・ヴェローナのイ・スンウが2ヶ月ぶりに出場機会を掴み、印象的なプレーを繰り広げた。

攻撃ポイントは記録できなかったが、相手チームの虚を突く有効シュートを試みるなど、大活躍をした。

イ・スンウは15日、イタリア・ボローニャのスタディオ・レナート・ダッラーラで行われたボローニャとの遠征試合で、0-1でリードされていた後半23分にロムロと交代して芝を踏んだ。

実戦試合に出たのは2月5日のASローマとの試合で交代出場してから2ヶ月ぶりだった。

イ・スンウは活発に動いたが、試合の流れは簡単には変わらなかった。

ヴェローナは試合終了直前に1ゴールをさらに許し、0-2で試合を終えた。

イ・スンウは今シーズン、セリエAで9試合、カップ大会で2試合など計11試合に出場している。
攻撃ポイントは1つも記録できていない。



ハン・グァンソンとイ・スンウ、交錯した南北サッカーの未来
オーマイニュース




※一部要約

2014年9月にタイ・バンコクで行われた韓国と北韓のAFC U-16チャンピオンシップ決勝戦。
南北対決で熱い関心を集めた当時の試合では、北韓が2-1の勝利をおさめて優勝カップを手にした。

当時、"北韓のエース"ハン・グァンソンは1-0でリードされていた後半4分に同点ゴールを奪い、チームの勝利に貢献した。
一方、幻想的なドリブルで"韓国のメッシ"という修飾を得たイ・スンウはそのとき、期待以下の活躍で無得点に終わり、優勝カップを北韓に譲らなければならなかった。

4年が経った2018年現在、1998年生まれの同年齢である彼らの悲喜がイタリアでも交錯している。

去年8月にイタリア・セリエAのエラス・ヴェローナFCに入団してプロデビューの夢を叶えたイ・スンウは、最近グラウンドで簡単には見ることができない。

イ・スンウは先月4日のASローマとのリーグ戦出場以降、5試合連続欠場中である。
主戦競争で押されたためだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング