レスター地元紙「レスター、"トッテナムのターゲット"キム・ミンジェ争奪戦に加勢」
スポータルコリア



※一部要約

レスター・シティがキム・ミンジェ争奪戦に加勢したというニュースである。

英国レスターの地元紙"レスターシャー・ライブ"は21日、「レスターがトッテナム・ホットスパーのターゲットであるキム・ミンジェの争奪戦に参戦した。キム・ミンジェはプレミアリーグとセリエAの関心を集めている」と報じた。

英国"90min"も「レスターが"怪物"という異名を持つ選手に関心がある。CBの獲得はブレンダン・ロジャース監督の再優先順位だ。現在、当該ポジションに怪我人が発生した」と説明した。

レスターは急いでCBを探している。
当初はウェスレイ・フォファナを望んでいたが、サンテティエンヌが彼を引き止める必死だ。
これに対してロジャース監督は、別のオプションを考慮中だと伝えられた。



[ファクトチェック] "トッテナムではなくラツィオ?"キム・ミンジェ、ヨーロッパ行きはどこに向かってるのか
スポーツ朝鮮



※一部要約

"怪物"キム・ミンジェのヨーロッパ進出は可能なのか。

先月16日、"キム・ミンジェのトッテナム・ホットスパー行き迫る"という報道が出た。
以前から何度も"ヨーロッパクラブのラブコールを受けている"という報道が続いていたが、今度は違った。
"90%以上合意を終えた"、"10日以内に結果が出る"という具体的な話まで出てきた。
キム・ミンジェのヨーロッパ行きを望むファンが多いだけに、当然反響も大きかった。
さらにソン・フンミンがプレーするイングランド・プレミアリーグのトッテナムだった。

しかし、その後は説が続くだけで具体的な進展状況は伝えられなかった。
その間にキム・ミンジェは中国入りし、現在はリーグを消化中である。
正常な体調ではないため、ベストの競技力ではない。
中国メディアがキム・ミンジェ叩きに乗り出すなど、雰囲気は良くないが、キム・ミンジェは依然としてヨーロッパ行きを望んでいる。
最近になって気流が変わっている。
トッテナムよりイタリア・セリエAのラツィオのほうが積極的になっている様子だ。

果たして現在、キム・ミンジェのヨーロッパ行きの可能性はどれくらいなのか。



警察、"ロナウドノーショー"捜査暫定保留…ギャンブル広告を露出した主催社のみ起訴意見送致
KBS



※一部要約

有名サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドが去年の来韓試合に出場しなかった、いわゆる"ロナウドノーショー"事件への捜査が暫定保留されました。

ソウル水西警察署は、詐欺容疑などで告訴されたロナウドと主催社のザ・フェスタ、ユベントスについて先月31日にソウル中央地検へ捜査保留の意見で送致したと今日(20日)明かしました。

彼らとともに告訴された韓国プロサッカー連盟とチケット販売代理店であるチケットリンクは、ロナウドが試合に出場しないことを予め知っていて共謀したものではないとして、不起訴意見で検察に渡しました。

ただし、ザ・フェスタが当該の試合中に海外ブックメーカーの広告を電光掲示板に掲示した(国民体育振興法違反)容疑については、起訴意見で送検しました。

去年7月、チームKリーグとユベントスのイベント試合で、ロナウドは事前に伝えられた契約条件とは異なり、試合でプレーしなくて詐欺容疑で告訴されていました。



ユベントス、新監督にピルロ選任 [オフィシャル]
スポーツ京郷



※一部要約

監督交代を決めたイタリアプロサッカーのユベントスが、クラブのレジェンドであるアンドレア・ピルロを後任監督に座らせた。

ユベントスは9日、クラブHPでピルロを1軍監督に選任したと発表した。
契約期間は2022年6月までだ。

ユベントスは前日、UEFAチャンピオンズリーグ16強脱落が確定した後、マウリツィオ・サッリ監督を更迭することに決めた。




[オフィシャル] "伝説"ピルロ、ユベントスの新監督に選任…破格的決定
STNスポーツ



※一部要約

新監督探しに入ったユベントス。
当初はSSラツィオのシモーネ・インザーギ監督、FAのマウリシオ・ポチェッティーノ元トッテナム・ホットスパー監督らが取り上げられた。

だがユベントスの選択はピルロだった。
当初、ピルロはU-23チームの監督に選任され、当該チームを率いる予定だった。
だが9日の<ディ・マルジオ>の報道によると、アンドレア・アニェッリ会長がピルロ選任を強く推し、結局ピルロがU-23ではなく1軍に就任することになった。



"ロナウドノーショー"主催社にサッカーファン1人あたり37万ウォン賠償の判決
ハンギョレ




※一部要約

去年のプロサッカー親善試合のとき、クリスティアーノ・ロナウドが出場せずに起きた、いわゆる"ロナウドノーショー(※No Show)"に関する最初の民事訴訟で、裁判所はサッカーファンの手を上げた。

仁川地方裁判所民事51単独のイ・ジェウク判事は4日、イ某氏らサッカー試合の観客2人がイタリア・ユベントス親善戦の主催社であるザ・フェスタを相手にした損害賠償訴訟で、原告一部勝訴の判決を下した。
イ判事はイ氏ら2人にそれぞれ37万1000ウォンを支給するようザ・フェスタに命じた。
ただし、イ判事はこの日の法廷で宣告の理由について明かさなかった。




"ロナウドノーショー"主催社、サッカーファン1人あたり37万1000ウォン賠償すべき
聯合ニュース




※一部要約

ロナウドは去年7月26日、ソウルワールドカップ競技場で行われたKリーグ選抜チーム(チームKリーグ)とユベントスとの親善試合に出場せず、ベンチだけに座って"ノーショー"論難を醸した。

イ氏ら観客2人は、ロナウドが絶対に出場するという主催社の広告が虚偽・誇張に該当し、チケット代などを払い戻さなければならないとして民事訴訟を起こした。

去年7月末に損害賠償の訴状が裁判所に受理され、その後同年12月と先月に続けて弁論期日が開かれ、この日に宣告公判が進められた。

ネイバー"ロナウド事態訴訟カフェ"の会員87人も去年8月、ザ・フェスタを相手に1人あたり95万ウォンずつ、合計8280万ウォンの損害賠償を請求する訴訟をソウル中央地方法院に起こした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング