「2部リーグでもベンチ」イ・スンウ、3オプションにも押された
国民日報




※一部要約

昨シーズンにセリエAからの降格を免れられなかったエラス・ヴェローナが、今シーズンに入って換骨奪胎した姿を見せている。
ヴェローナはシーズン当初からリーグで無敗行進(4勝1分け)を続けている。
だがイ・スンウは相変わらず席を占められず、空回りしている様子だ。

イ・スンウは26日に行われたスペツィアとのセリエB・5ラウンドに出られなかった。
競争ポジションに主戦級選手がおらず、当初は先発出場が予想されていたが、結局欠場した。
8月のジャカルタ・パレンバンアジア大会と9月のAマッチで活躍してから所属チームに復帰したイ・スンウは、3ラウンドと4ラウンドに連続交代出場していた。

この日の試合でイ・スンウの代わりに左サイドアタッカーとして先発出場した選手は、チュニジア代表のカリム・ラリビだった。
今夏ヴェローナに入団した彼は、主に中央攻撃型MFを消化する。
左サイドのアタッカーに起用されたことはあるが、好みのポジションではないだけでなく、成績も良くなかった。
換言するなら、イ・スンウは専門ウィングの資源でもないラリビとの主戦競争にも押されたのだ。

右サイドアタッカーの席はさらに手強い。
ブラジル20歳以下代表でもプレーしていたリデル・マトスは最近、勢いに乗った活躍を繰り広げて右サイドアタッカーの主戦を奪った。
マトスはこの日の試合でも1得点1アシストを上げるなど、全得点に関与して勝利を手動した。

イ・スンウが先発メンバーからずっと除外される理由は単純である。
体格が矮小でイタリア特有の"カンヌキ守備"とプレスを耐え抜けないためだ。
足技は良いが、身体条件を克服するには無理がある。



イ・スンウまた赤信号…セリエBがリーグ日程無期限延期
InterFootball




※一部要約

イ・スンウがまた試合に出られないかもしれない。
今回はクラブが属するリーグ自体の問題だ。

英国メディア"ザ・サン"は18日、「イタリアの裁判所がセリエBのリーグ日程を無期限に延期させた」と報じた。
理由は最終参加チームの問題がまだ解決できてなかったためである。

当初、セリエBは19チームが参加することで確定した状態だった。
バーリとアヴェッリーノが財政難で下部リーグに降格させられ、チェゼーナもやはりクラブ再創設のため降りて、22チームから19チームに縮小した。

しかし再び22チームでリーグ運営をしなければならないという主張が提起された。
シエナ、ノヴァーラ、カターニャ、テルナーナ、プロ・ヴェルチェッリら6チームが、降格させられた3チームを再昇格させなければならないと強く提起している。

これに対してイタリアの裁判所は、当該の問題が解決されるまでリーグ日程を無期限に延期させることで結論を下した。
従ってイ・スンウがプレーするエラス・ヴェローナもセリエBに属しているため、当該の判決で影響を受けることになった。



"幻想デビューゴール"イ・スンウ、6.9点でチーム内最高評点
スポTVニュース




※一部要約

イ・スンウが33分を消化して強烈なデビューゴールを記録した。

エラス・ヴェローナは6日、イタリア・セリエA36ラウンドのACミラン遠征に1-4で敗れた。
これでヴェローナは勝ち点25で19位を維持し、残り2試合にすべて勝利しても降格圏を抜け出せない。

この試合で負ければ降格が確定するヴェローナの選手は熱心にプレーしたが、試合を変えられなかった。

だがイ・スンウは輝いた。
後半40分にイ・スンウはCKが流れてくると、すぐに強力なノンストップミドルシュートを決めて、自身のセリエAデビューゴールを成功させた。

試合後、サッカー統計サイト"フースコアード"は交代で投入されて33分を消化したイ・スンウに評点6.9を与えた。
チーム内で最も高い評点である。
ヴェローナの選手は概ね評点が低かった。



"降格切迫"ヴェローナ、去就について選択を下さなければならないイ・スンウ
STNスポーツ




※一部要約

エラス・ヴェローナのイ・スンウに選択のときが近づいた。

ヴェローナは29日、スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディで行われた2017/18シーズンのイタリア・セリエA35ラウンドのSPAL2013との試合に1-3で敗れた。
ヴェローナは4連敗に陥った。

この日の敗北でヴェローナは事実上の降格が確定した。
現在、セリエの20チームはすべて3試合ずつ残している。
ヴェローナは勝ち点25で19位を記録中である。
降格を避けられるマジノ線である17位のSPALとの勝ち点差は7だ。

さらに暗鬱なのは、ヴェローナはSPALにゴール得失でもやはり20点も遅れている。
なのでヴェローナが残り3試合で全勝をおさめ、SPALが全敗をおさめなければならないという計算になる。
この条件が満たされたとしても、18位のキエーヴォもやはり残り3試合で1分け2敗か3敗の成績をおさめてこそ、降格脱出が可能である。
それこそ針の穴だ。

事実上、迫る所属チームの降格を前に、イ・スンウも選択をしなければならないときが近づいた。
イ・スンウの選択肢は3つあるが、実質的な選択肢は2つである。



イ・スンウ体当たり練習?専門家「有用だが回数過多」
MKスポーツ




※一部要約

イ・スンウ(ヴェローナ)がイタリアデビュー後、初めて空中ボールの競り合いで勝利した。
"体当たり練習"の効果があらわれたのだろうか。

ヴェローナは19日、サッスオーロとのセリエA33ラウンドのホーム試合に0-1で敗れた。
イ・スンウは後半20分に交代出場して25分を消化した。

統計企業"オプタスポーツ"の公開資料を見ると、イ・スンウはセリエAの10回目の出場であり、カップ大会を含めたシーズン12試合目の公式戦で1回の制空権優位を占めた。

ヴェローナが2017年8月31日にイ・スンウをバルセロナ2軍から連れてきて以降、セリエAで空中ボールをものにしたのはサッスオーロ戦が初めてである。

イ・スンウの父親は韓国メディアとのインタビューで「一日500回ずつ木を対象に体当たり練習をした」として、「肩脱臼の後は300回に減らした」と明かしたことがある。

サッカーの競り合いは体一つで争うという側面から、アマチュアレスリングや総合格闘技のクリンチの攻防と類似点が多い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング