イタリアの南北有望株、初戦は冨安だけ出場
フットボールリスト




※一部要約

イタリアで韓国、北韓、日本の21歳有望株3人が激突を準備している。
イタリア・セリエAの前にしたコパ・イタリアの試合では、日本の冨安健洋だけが先発でプレーした。

今シーズンのセリエAはエラス・ヴェローナのイ・スンウ、カリアリのハン・グァンソン、ボローニャの冨安健洋が同時に集まり、北東アジアの有望株3人が争う舞台となった。
17日から19日に行われた"2019/2020コパ・イタリア"3ラウンドには、3チームがすべて参加した。
3ラウンドは昨シーズンのセリエA9位以下と新たに昇格したチームまで、12チームが参加する。
ヴェローナ、カリアリ、ボローニャはすべて3ラウンドの参加基準に含まれていた。

冨安は19日、ボローニャがピサを3-0で下した試合に先発でプレーし、イタリアの舞台でデビュー戦を行った。
ピサはセリエBのクラブである。
日本代表の主戦DFである冨安は、ボローニャが700万ユーロ(約94億ウォン)を投資して野心的に獲得した選手だ。
主戦として出場機会を受ける可能性は高い。

イ・スンウとハン・グァンソンは出場できなかった。
イ・スンウは19日、ヴェローナがクレモネーゼに1-2で敗れた試合でベンチを守った。
ハン・グァンソンは同日、カリアリがキエーボを2-1で下した試合のリストに入らなかった。

イ・スンウと冨安は対決を控えている。
26日に行われるセリエA開幕戦で、ヴェローナとボローニャが対決する。
もし両選手が同時に出場すれば、韓国と日本の代表選手の興味深い対決が見られる。
イ・スンウは青少年代表時代から、日本への強いライバル意識と自信を明らかにしてきた。



ヴェローナ、イ・スンウ移籍させる…ユリッチ監督のプランから除外
スポーツトゥデイ




※一部要約

イ・スンウがイヴァン・ユリッチ監督のプランから除外された様子だ。

イタリア・ヴェローナの地元メディア"Tg Gialloblu"は13日、「ヴェローナのユリッチ監督はイ・スンウを放棄しようとしている」として、「イ・スンウはユリッチ監督が必要としていない選手の1人」と伝えた。

イ・スンウは2017年にヴェローナに入団した。
初シーズンでイタリア・セリエAの強い競り合いに適応できなかったイ・スンウは、主戦競争で押されてリーグ14試合の出場に終わった。

その間に所属チームはセリエBに降格したが、むしろこれがイ・スンウにとってチャンスになった。
新たに就任したファビオ・グロッソ監督がイ・スンウを重用し始めた。
出場時間は初シーズンの344分出場から、2シーズン目は1589分で4倍以上に増えた。

イ・スンウは増えた出場時間で、俊足と闘志溢れるプレーでチームをセリエA昇格に導いた。
そんなイ・スンウの将来には花道が広がっているようだった。

だが今シーズンを前にヴェローナはユリッチ監督を新たな指令塔に選任し、彼はイ・スンウを排除することに決めた。

このメディアは「ベルギーからイ・スンウへのオファーが来た」として、「だがまだ確定していることはない」と伝えた。



ベルギー1部クラブ、イ・スンウに獲得オファー…コン・フオンと同じ釜の飯?(伊メディア)
スポTVニュース




※一部要約

エラス・ヴェローナでプレーしているイ・スンウが、ベルギー1部リーグからオファーを受けた。

イタリアメディア"カルチョ・エラス"は8日にHPで「昨日(7日)、イ・スンウにベルギー1部所属のシント・トロイデンVVが獲得の問い合わせをした」と報じた。
シント・トロイデンは昨シーズンまでKリーグに所属していたベトナムサッカースターのグエン・コン・フオンが所属しているチームだ。

イ・スンウは2017-18シーズンにスペイン・バルセロナを去って、セリエAのエラス・ヴェローナに移籍した。
2017-18シーズンはリーグ14試合1ゴールだったがチームが降格した。
2018-19シーズンのセリエBでは比較的チャンスを多く受けたイ・スンウである。
2018-19シーズンは23試合1ゴール2アシストを記録した。




イ・スンウ、コン・フオンがプレーするベルギークラブからオファーを受ける
ベストイレブン




※一部要約

シント・トロイデンはアジア選手にとってかなり馴染みのあるチームである。
事実上、日本企業が所有しているチームなので、多くの日本選手がこのチームを経て、最近ではKリーグを経験したベトナム代表コン・フオンもシント・トロイデンに入団した。
ビッグリーグへ行きたいアジア選手の"前哨基地"であるわけだ。



「ロナウド45分出場条項も信じられない」訴訟団、"ザ・フェスタは契約書を公開せよ"
OSEN




※一部要約

"ロナウド訴訟カフェ"法律支援団はロナウド事態の被害者から訴訟の委任を受け、先月29日午後に株式会社ザ・フェスタを相手に損害賠償請求の訴訟を起こした。
彼らは1日午前、ザ・フェスタの事務室の前で記者会見を行って立場を表明した。

試合を主催したザ・フェスタ側は「試合前にロナウドは45分以上出場の義務条項について十分認知していたが、それを履行しなかった。ユベントス側に契約不履行を通知し、違約金の返還を進行中」と明かした。

だが、そもそもユベントスがロナウドの45分以上出場の義務条項を入れてなかった可能性も提起された。
"ロナウド事態訴訟カフェ"法律支援団のキム・ミンギ団長は1日、ザ・フェスタの前で行った記者会見で「ロナウドが45分プレーすることになっていたという契約条項も信頼できない」として、ザ・フェスタを相手に「ユベントスとの契約を透明に公開せよ」と要求した。

続けて訴訟団は「ザ・フェスタが韓国プロサッカー連盟、大韓サッカー協会と結んだ契約も透明に公開せよ」と主張した。
大韓サッカー協会を取り上げた理由については「最上位の団体であるサッカー協会は、サッカー連盟の事業承認団体として一定の責任がある」と明かした。

Kリーグはクォン・オガプ総裁の次元でユベントスに公文書を送り、遺憾をあらわしたことがある。
これに対してユベントスは「ロナウドを除いて残りの選手は出場した。ユベントスが韓国ファンを欺いたというKリーグの主張は受け入れられない」と反論した。

ザ・フェスタ側は「ユベントスが過ちを認め、近いうちに再び韓国を訪れてファンに謝罪する用意がある」と明かしていた。
だがユベントス側の頑固な立場から推察すると、謝罪訪問もまた信じ難いという指摘が出ている。



[単独] 「プロ連盟の抗議を明確に拒絶」…ユベントス会長の返信単独入手
YTN




※一部要約

"ロナウドノーショー(※no show)"などの論難を招いたユベントスが、無責任な態度で韓国ファンを無視したという韓国プロサッカー連盟の抗議書簡に正面から反論しました。

YTNが単独入手した、アンドレア・アニェッリ会長がプロサッカー連盟のクォン・オガプ総裁宛てに送った返信を見ると、アニェッリ会長はファンを無視する無責任で傲慢な行動というクォン総裁の批判を絶対に受け入れないと明かしました。

また、当初は27日に試合をすることにしていたが、Kリーグの要請で26日に変更し、それに伴うリスクの可能性を事前に強調したと説明した。

試合でプレーしなかったロナウドについては、筋肉の疲労が溜まって休息が必要だという医療スタッフのアドバイスにしたがったものと付け加えました。

その他にアニェッリ会長は、試合が遅れたことについても韓国の警察がエスコートを提供しなかったとして、当時の交通環境を咎めました。

ユベントスは先月26日、Kリーグ選抜と親善試合に遅刻して遅延の事態を招き、代表選手のロナウドが契約条件と違って試合でプレーせずにファンの激しい非難に直面しました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング