[ハン・ジュン] 韓国ヨーロッパ派の現実…ヨーロッパTOP10リーグのアジア地形図
ハン・ジュンのティキ・タカ




※一部要約

昨夜(※10月22日の記事)ヨーロッパサッカーの舞台で韓国と日本選手の対決があった。
イングランド・プレミアリーグでスウォンジー・シティのキ・ソンヨンとレスター・シティの岡崎慎司が争い、フランス・リーグアンではディジョンのクォン・チャンフンがメスの川島永嗣の守るゴールを狙った。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンがアウクスブルクにともに身を置いているドイツ・ブンデスリーガには、あまりにも日本選手が多いので対決が頻繁に繰り広げられる。

21世紀を前後してアジアサッカーはヨーロッパに近づいた。
1998年にイランのFWアリ・ダエイがブンデスリーガ最高の名門バイエルン・ミュンヘンに入団したし、日本のMF中田英寿が2000-01シーズンにASローマ所属でセリエA優勝を達成した。
韓国のMFパク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドで4回プレミアリーグで優勝し、2007-08シーズンにはアジア選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ優勝メンバーになった。

これらの選手が成功事例になり、オーストラリアがアジアサッカー連盟に編入し、今やヨーロッパの主要リーグでアジア選手の活躍を見ることはありふれている。

自国リーグがどれだけしっかりしているかが、その国のサッカーの競争力である。
だが戦術的にも技術的にも、ヨーロッパがサッカーの本場であり、先導的な役割を果たしているのも事実だ。
ヨーロッパにどれだけ多くの選手が進出し、活躍しているのかも競争力の指標の一つである。


102582576a.jpg



イ・スンウの所感「セリエAデビュー幸せ、もっと発展する」
デイリアン




※一部要約

"コリアンメッシ"イ・スンウがついにセリエAデビュー戦を行った。

イ・スンウは24日に行われた"2017-18イタリア・セリエA"6ラウンドのラツィオとのホーム試合で後半に交代出場して19分ほど消化した。

0-3でリードされていた後半26分、マッティア・ヴァローティと代わって投入されたイ・スンウは、2分目に相手の警告を引き出して強烈な印象を予告した。

ラツィオ相手に押されていたヴェローナは、イ・スンウが投入されてから活気を起こし始めた。
後半33分に強いシュートを一度記録したイ・スンウは、安定したボールタッチと速いサイド突破でデビュー戦から強烈な印象を残した。

試合後、イ・スンウは自身のインスタグラムのアカウントに、ラツィオ戦で交代出場する映像を上げて「セリエAでデビューできてとても幸せだ。今後もっと発展した姿をお見せする」と所感を残した。



ソン・フンミン-ク・ジャチョルのみ"晴れ"、ワールドカップ目前に"放出特報"のビッグリーガー
Newsen




※一部要約

ワールドカップを控えているシーズン、ヨーロッパ派に"放出注意報"が発令された。

2017-2018シーズンのヨーロッパサッカー主要リーグが始まって約1ヶ月が過ぎた。
今シーズン後に2018ロシアワールドカップが行われる。
いつもより守戦の席が大切な時期である。
夏の移籍市場ではワールドカップ代表に合流するため、移籍を強行する選手も多かった。
ウェストハム・ユナイテッドのユニフォームを着たジョー・ハート、メンヘングラッドバッハに移籍したマティアス・ギンターらが代表的だ。

ユースチーム所属だったイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ペク・スンホ(CFペララーダ)、チャン・ギョルヒ(アステラス)ら"バルセロナトリオ"を除けば、夏の移籍市場でチームを移したコリアンビッグリーガーはいなかった。
パク・チュホ、イ・チョンヨンのように所属チームで出場機会を完全に失った選手も、ひとまず残留を選んだ。

結果的に、代表の核心選手にならなければならないヨーロッパビッグリーガーの中で、まともに実戦感覚を維持している選手は珍しい。
シン・テヨン監督にとっても耐え難い状況だ。
10月のAマッチ期間にヨーロッパ遠征評価試合が計画されているが、コンディションもできてない中途半端な代表を率いなければならない立場である。(※最終予選のため国内リーグを延期したのでKリーガーは選ばれない予定)

現在、ワールドカップ天気予報で"晴れ"の表示が浮かぶ選手はソン・フンミンとク・ジャチョルの2人だ。
ソン・フンミンは今のトッテナムの守戦級FWで、唐突にベンチ資源に追いやられる可能性は希薄である。
もちろんハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、デレ・アリとの競争では押されるが、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、カップ大会を併行しているトッテナムで、ソン・フンミンは少なくとも40試合以上の出場を保証される見通しだ。



北サッカー新星ハン・グァンソン、北核実験でイタリアリーグ退出説
ヘラルド経済




※一部要約

北韓の核実験の余波が、最近の欧州リーグを熱くして人気を呼んでいる北韓"サッカーの新星"ハン・グァンソンの運命に影響を及ぼすのか注目されている。

国際社会の強い憂慮にもかかわらず核実験を強行した北韓に対し、11日に強力な対北制裁案を評決する予定の中、対北制裁の中には北韓への原油提供中断、北韓労働者追放などの内容が含まれていることがわかった。
また、EU次元では北韓労働者の雇用禁止を別途で推進中である。
ヨーロッパに北韓労働者は多くないが、続いている北韓の核開発に警告をするため、直接的にヨーロッパの北韓労働者に対して制裁を加えるということだ。

その場合、ハン・グァンソンがヨーロッパの国の主なターゲットになり得る。
イタリアのプロサッカーチームに移籍したハン・グァンソンは、毎試合ゴールを奪うなど、期待以上の活躍でイタリア現地ファンから大きな歓声を受けている。
ついにはイタリアリーグの名門チームであるユベントス、世界サッカーの最上級リーグであるアーセナル、エバートンまでハン・グァンソンに関心を持っているという裏話である。

国連とEU次元で対北制裁案が決議されれば、ハン・グァンソンのヨーロッパ生活に変化が予想される。

ハン・グァンソンは今年3月にセリエAのカリアリに移籍し、北韓選手で初めてヨーロッパの中央の舞台でゴールを決めた。
昨夏にセリエBのペルージャにレンタルされ、勢いに乗った試合感覚を誇っている。
2部リーグの2試合で一回のハットトリックを記録し、別の試合で1ゴール決めるなど、計4ゴールを決めてチームの連勝を導いた。



[SPO CRITIC] "身代金の期待値と実金額の間"試験台に立ったイ・スンウ
スポTVニュース




※一部要約

韓国で行われた2017FIFA U-20ワールドカップ16強戦の敗北、そしてFCバルセロナBエントリー進入失敗は、FWイ・スンウに対するファンの心と視線を、絶対的支持者から冷静な観察者のそれに変えた。

幼少年の札を下ろしてからバルサでの地位を確保できなかったイ・スンウは、プレーできるチームを探しに出た。
そして2017-18シーズン、ヨーロッパサッカーの夏の移籍市場の最後に反転のキッカケを作った。
イタリア・セリエAクラブのエラス・ヴェローナに入団した。
2000年にペルージャに入団したアン・ジョンファンから命脈が切れていたイタリアの舞台で、進出2号選手になった。

イタリア進出の事実とともに、イ・スンウは高い移籍金と年俸でも話題になった。
国内の有力日刊紙は、イ・スンウの移籍金が150万ユーロ(約20億ウォン)、年俸が65万ユーロ(約8億8000万ウォン)と報じた。
だがこの情報はファンによって真偽論難に覆われた。

イタリアの代表的なスポーツ専門日刊紙"ガゼッタ・デロ・スポルト"が7日に報じた資料によると、ヴェローナの最高年俸選手は主将パッツィーニで200万ユーロ(約27億2000万ウォン)を受けていた。
2年前(58万ユーロ)から3倍以上上がっている。
イ・スンウの税引き後の年俸は、国内の報道で伝えられたものとは差があった。
25万ユーロ(約3億4000万ウォン)で、ヴェローナの選手団28人中16番目である。
中間級だ。
先に報じられていたようにあまり高い方ではないが、ファビオ・ペッキア監督の年俸が25万ユーロ(セリエA20チームの監督の中で最低)という点を考慮すれば、少ない金額ではない。

税引き前ならイ・スンウの年俸は40万ユーロ(約5億5000万ウォン)水準である。
オプションが発動されても、先に伝えられた65万ユーロとは距離がある。
"スポTVニュース"はその事実をイ・スンウ側の関係者に問い合わせた。
「選手の年俸に関しては事実を確認する事案ではない。確かなのは、イタリア現地メディアの報道でも、国内メディアの報道でも、推測性の記事ということであり、契約の当事者が明かしたものではないということ」と答えた。
結局はすべて推測である。
実際の契約内容は本人とクラブだけが知っている。

イタリア・セリエA選手の年俸の現況は毎年"ガゼッタ・デロ・スポルト"が公開している。
クラブが発表した公式資料ではないが、イタリアで最も公信力のあるメディアが取材して公開している情報という点で、信憑性が高い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング