イタリアメディア、「セリエクラブ、パク・チュホに関心」
OSEN




※一部要約

イタリアサッカー専門メディア"TMW"は26日、「ドルトムントⅡ(2軍チーム)所属のパク・チュホがイタリア行きを選ぶかもしれない。イタリアクラブが彼に関心を持っている。彼は移籍のため、現在いくつかのイタリアクラブと話をしている」と報じた。

TMWはパク・チュホが韓国代表出身の左SBであり、マインツやバーゼルでしてドルトムントに移籍したと紹介した。
パク・チュホはドルトムントで守戦の確保に困難を経験している。

ドルトムントはパク・チュホをプレシーズンアジアツアーのメンバーから除外し、事実上の"戦力外"通知を飛ばした。
もうプレーできるチームを探して去るときである。
パク・チュホにとっては2018ロシアワールドカップを考えれば、なおさら先発出場の機会が切実だ。


20170726083011645a.png


すでにドイツメディアが、ギリシャのAEKアテネがパク・チュホに関心を持っていると報じたことがある。
まだ彼の活躍を覚えているチームは残っている。
イタリアでもギリシャでも新たな挑戦に出るときだ。
パク・チュホがどのチームのユニフォームを着ることになるのか関心が集まっている。



ローマ団長、トッティ引退を発表「今シーズンが最後」
スポータルコリア




※一部要約

"モンチ"と呼ばれるラモン・ロドリゲス・ヴェルデホASローマ団長が、今シーズンがフランチェスコ・トッティの最後だと明かした。

イタリアメディア"フットボールイタリア"は3日、「モンチ団長が今回がトッティの最後の年になるだろうと語った」というタイトルの記事を報じた。

トッティはローマの象徴である。
1993年にローマでデビューしたトッティは、24年が過ぎた現在まで、クラブを去らない一途な心を見せている。

彼は今シーズンに出場時間がかなり減ったが、計25試合に出て3ゴール7アシストと健在さを誇示している。

だが世の中に永遠はない。
トッティは今シーズンを最後にサッカーシューズを脱ぐ予定であることがわかった。

トッティの引退を発表したモンチ団長は「引退後に彼はディレクターになる」と伝えた。



北朝鮮の金正恩氏はセリエA好き? 伊上院議員が「何でも知っている」と明かす
SOCCER DIGEST Web

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は、サッカー好きとして知られている。一部報道では、同委員長がサッカーを国家戦略の一つとしていることも伝えられており、「リオネル・メッシ以上の才能の発掘をするため」と2013年には平壌にインターナショナルスクールを開設したという。
 
 無類のサッカー好きであることは、関係者も認めている。北朝鮮と太いパイプを持つイタリアの上院議員のアントニオ・ラッツィ氏は、金正恩氏が「セリエAに興味を抱いている」とコメントした。英紙『デイリー・メール』が伝えている。
 
 北朝鮮の国家情勢が不安定なことから実現する可能性は極めて低いが、ラッツィ氏はさらに「ユベントスが平壌の巨大なスタジアムで試合をしたら満杯になることは間違いない」とも語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00025082-sdigestw-socc




北韓を訪れたイタリア議員「キム・ジョンウン、セリエAに精通していた」
聯合ニュース




※一部要約

スイス・ベルンに留学していたキム・ジョンウン委員長は、ヨーロッパサッカーのファンであると伝えられている。

キム委員長が政権を取ってから、北韓は政府次元でサッカーにかなりの投資をしている。

数年前から多くの有望株をスペイン、イタリアなどのヨーロッパサッカーアカデミーに留学させ、2013年には平壌市内に国際サッカー学校を開いて選手を養成している。

去年5月にはノルウェー出身のサッカー指導者ヨルン・アンデルセン監督をサッカー代表監督に選任したりもしている。

ハン・グァンソンは北韓でかなりの人気を呼んでいることがわかった。

ラッツィ書記長は北韓訪問時、リ・スヨン最高人民会議外交委員長にハン・グァンソンのサインが入ったユニフォームを渡したりもした。

ラッツィ書記長は「ハン・グァンソンに直接会ってみる計画」だとして、「ハン・グァンソンは優れた技量を持つ選手」と語った。

一方、ラッツィ書記長は北韓からキム・イルソンの105周年誕生日記念行事に招待され、15~19日に北韓を訪れた。



ハン・グァンソン、北韓選手初のセリエA得点・・・「初ゴールを決めて嬉しい」
聯合ニュース




※一部要約

北韓青少年代表チーム出身のハン・グァンソンがイタリア・セリエAで、北韓選手として初めてゴールを決めた。

ハン・グァンソンは10日、スタディオ・サンテーリアで行われたトリノFCとのホーム試合で、1-3でリードされていた後半36分にマルコ・サウと交代してグラウンドを踏んだ。

彼は敗色濃厚だった後半追加時間、チームメイトの左サイドからのクロスをヘディングシュートにつなげて得点を記録した。

北韓選手がヨーロッパ5大リーグ(イングランド・プレミアリーグ、セリエA、ドイツ・ブンデスリーガ、スペイン・プリメーラリーガ、フランス・リーグ・アン)で得点を記録したのは今回が初めてである。

ハン・グァンソンは試合後の記者会見で「初ゴールを決められてとても嬉しい。クラブと監督様、チームメイトに感謝する」と語った。

この日、カリアリは2-3で敗れた。

カリアリはセリエA20クラブ中13位を走っている。






ハン・グァンソンがセリエAデビュー・・・5大リーグ初の北選手
スポータルコリア




※一部要約

カリアリ・カルチョ所属のハン・グァンソンが北韓サッカーの歴史を新たに記した。
セリエAで交代出場し、ヨーロッパ5大リーグ初の北韓選手に名前を上げた。

カリアリは2日、セリエA30ラウンドのパレルモ遠征試合で3-1のピリッとする逆転勝ちをした。

ハン・グァンソンはこの日の後半86分に主戦FWマルコ・サウと交代してグラウンドを踏んだ。
何かを見せるには足りない時間。
比較的遅い時間にされた交替だったが、ハン・グァンソンは速いスピードと積極的な守備加担で注目を集めた。

ハン・グァンソンは北韓サッカーの歴史の1ページを新たに飾った。
カリアリは試合後、クラブの公式HPで「ハン・グァンソンは北韓所属の選手としてヨーロッパ5大リーグ初の出場者となった」と伝えた。




北韓ハン・グァンソン、イタリアセリエAデビュー・・・北韓サッカー初
聯合ニュース




※一部要約

ハン・グァンソンは北韓青少年サッカー代表のストライカー出身で、去年英国のガーディアンが選定した1998年生まれ最高の有望株50人にイ・スンウ(FCバルセロナ)とともに名前を上げた。

彼は先月11日にカリアリに正式入団した。

北韓選手がセリエAクラブに入団したのは、去年フィオレンティーナと契約したチェ・ソンヒョク以降二人目である。

チェ・ソンヒョクはたった1試合もプレーできずに放出されたが、ハン・グァンソンは入団1ヶ月で実戦の試合に投入された。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング