キム・ハクボム号のアンサングヒーロー、GKアン・チャンギとアン・ジュンス
NEWSIS




※一部要約

キム・ハクボム監督が率いる韓国はオーストラリアとの2020AFC U-23チャンピオンシップ準決勝で、キム・デウォンとイ・ドンギョンのゴールによって2-0で勝利、決勝進出に成功した。

3枚の東京オリンピック本戦チケットを握り、1988年のソウルオリンピックから9回連続でオリンピックの舞台を踏むことになった。

キム監督の変化の激しいローテーションが話題の今回、まだグラウンドを踏めていない選手が2人いる。
GKのアン・ジュンスとアン・チャンギだ。

ジョーカー活用のために交代カードをすべてフィールドプレーヤーに使った面もあるが、大会の重要度やポジションの特性を考慮すれば、当然の部分でもある。
主戦GKは極度の不振や負傷がなければ、あまり交代しない。

キム・ハクボム監督は東京オリンピック出場権を手にして、まず最初に彼らを取り上げた。
彼は「実際、これまで競技場で出られなかったのはGKの2人だ。代えるのは非常に難しい」と率直に語った。

それとともに「GKというポジションは代えるのが容易ではない。オリンピック出場のかかる試合だったので、選手も理解しているだろう。選手すべてがチームに溶け込み、一つになって過ごしている」として、彼らが"アンサングヒーロー(unsung hero)"だと強調した。

アンサングヒーローは"見えない、名もなき英雄"という意味で、あまり目立たないが黙々と自分の役割をしっかり遂行する人々のことを言う。


200123072103074a.jpg


アン・ジュンス(鹿児島ユナイテッド)は日本Jリーグで活動中で、アン・チャンギ(仁川大)は23人中唯一の大学生である。
アン・ジュンスはU-23代表所属として3試合に出場し、6失点をした。
アン・チャンギは2試合で2失点だ。

アジア大会、AFCチャンピオンズリーグなどの国際経験が豊富で、Kリーグ1三連覇を達成した全北現代の主戦GKソン・ボムグンの席を狙うのは現実的に難しい。

だが練習時、常にソン・ボムグンとグループを作ってGKの特別練習を誠実に遂行する。
出場の有無とは関係なく、チームに貢献するシーンである。
ミックスゾーンを通るときも、決して表情は暗くない。
"ワンチーム"に相応しく、常に明るい表情で同僚とともにしている。

オリンピック出場権は確保したが、26日のサウジアラビアとの決勝戦で、2人の選手のどちらかがゴールを守る可能性は希薄だ。
1次目標は達成し、これから初優勝という2次目標に挑戦するためだ。

それでもアン・ジュンスとアン・チャンギはともに汗を流し、応援して初優勝に力を加えるだろう。



[現場REVIEW] 韓国サッカー、オーストラリア下して9連続オリンピック本戦進出…サウジと決勝戦
スポTVニュース




※一部要約

オーストラリアのゴールポストを3回も叩いて試合を支配した韓国が、オーストラリアを下して2020東京夏季オリンピック男子サッカー本戦進出権を手にした。

韓国は22日夜、タイ・バンコクのタマサート・スタジアムで行われたオーストラリアとの2020AFC U-23チャンピオンシップ4強戦で2-0の勝利をおさめた。
9回連続オリンピック本戦進出に成功した。


200123001312903a.jpg

200123001312903b.jpg




[パトゥムターニーLIVE] 韓国、オーストラリアに2-0の完勝…キム・ハクボム号、もう東京に行く
ベストイレブン

200123000808247.jpg


※一部要約

韓国は後半11分にキム・デウォン、後半31分にイ・ドンギョンの連続ゴールによってオーストラリアを軽く退け、2020東京オリンピック本戦への道を大きく開いた。
韓国は26日夜9時30分に予定されている決勝戦で、サウジアラビアを相手に大会の優勝カップをかけて争うことになった。


200123000808247a.jpg



日、オリンピックサッカーのため"伝説の1軍"を3月から構成
MKスポーツ




※一部要約

日本サッカー協会がアジアU-23チャンピオンシップのGL脱落で大きな衝撃を受けた。
開催国で臨む2020東京オリンピック成功のために成人代表の評価試合まで利用し、別名"伝説の1軍"を4ヶ月早く招集するという腹案である。

日本の"フットボールゾーン"は16日、「3月のAマッチ親善2連戦で、海外派とワイルドカードなど2020東京オリンピックサッカー代表の最精鋭選手を招集する」と報じた。

2020東京オリンピック日本代表は、食野亮太郎が唯一のヨーロッパ派として行ったAFC U-23チャンピオンシップのGLで1分け2敗・3得点5失点の無勝で脱落する侮辱を受けた。

日本がAFC U-23チャンピオンシップのGLで脱落したのは初の事例だ。
自然と日本サッカー協会内部では"伝説の1軍"をできるだけ早く構成し、2020東京オリンピックが開幕する前までに最大限長く手足を合わせなければならないという共感が形成された。

成人代表の仮面をかぶった2020東京オリンピックの日本の"伝説の1軍"は、3月27日に南アフリカ、30日にコートジボワールとホーム評価試合を行う。



"10人"日本、カタールと1-1"唯一の勝ち点"…グループ最下位脱落の侮辱 [U-23]
OSEN




※一部要約

日本U-23サッカー代表が勝ち点1をおさめ、それでもまだ面目を保った。

森保一監督が率いる日本は16日、タイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムで終えた2020AFC U-23チャンピオンシップB組3次戦のカタールとの試合に1-1で引き分けた。

これで日本は今大会で行った3試合で1分け2敗、グループ最下位で終えた。
先の2連敗でGLからの脱落が確定し、2020東京オリンピック開催国として侮辱を受けた日本だった。

特に日本はこの大会で初めてGL脱落の苦杯をなめた。
2013年の初回大会で8強に上がった日本は、2016年の2回大会では韓国を退けて優勝したりもした。
2018年の3回大会のときも8強に進出した。






代表DFチョン・スンヒョン、実家チームの蔚山現代にカムバック
イーデイリー




※一部要約

Kリーグ1の蔚山現代が日本Jリーグの鹿島アントラーズで活躍した代表CBチョン・スンヒョンを獲得した。

チョン・スンヒョンはKリーグでの活躍当時、鋭いタックルとタフな守備で相手の攻撃を遮断するプレーによって強い印象を植え付けた。
Jリーグ進出後は後方のポジショニングと守備ラインの調整能力まで発展した姿を見せ、代表にまで成長した。

2016年のリオオリンピック出場以降、2018年にはFIFAワールドカップのエントリーにも入って国際大会を経験した。
同年に鹿島アントラーズのAFCチャンピオンズリーグ優勝を導いた。
FIFAクラブワールドカップにも出場し、レアル・マドリードを相手にする経験も積んだ。

蔚山現代は2020シーズンを控えてMFコ・ミョンジン、ウォン・ドゥジェに続いてチョン・スンヒョンまで獲得して中央のラインを補強した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング