「最初は行きたくなかったが…"モチカタ"で日本行きを選びました」
オーマイニュース




※一部要約

自己啓発のベストセラー<夢見る屋根裏部屋>のイ・ジソン著者は"R=VD(Realization= Vivid Dream)"を強調している。
夢は叶えられるという確信を持ち、目標に精進すれば実現するという話だ。
MFキム・ミンテ(23、コンサドーレ札幌)もこの公式を繰り返し語っている。
より高いところへ進むため、絶えず努力しながらである。


20171109113137573a.jpg


シニル小-陵谷中-富平高を経たキム・ミンテは2012年光云大に入学した。
高校時代の疲労骨折ですぐには主戦でプレーできなかった。
キム・ミンテは「精神的にすごく大変だったが、(イ・)フグォン兄さん(城南FC)と(キム・)ナムチュン兄さん(尚州尚武)のような先輩が慰めてくれて、気を引き締めることができた」と、同僚の助けでスランプを克服できたと語った。

負傷から復帰したキム・ミンテはその後、主戦MFとして起用され中盤の一軸を担った。
3年生だった2014年、光云大の史上初のUリーグキングオブキング戦優勝に力を加えて傍点も打った。
国内外のプロチームが最高級MFに成長した彼を連れて行こうとした。
その中でJ1リーグ所属のベガルタ仙台が最も積極的だった。

インフラの良い日本からラブコールが来たが、元々キム・ミンテは日本行きに消極的だった。
いや、正確には行きたくなかった。
当時を思い出した彼は「国内の有望株が日本へたくさん進出した時期だった。ほとんどが失敗を味わって戻ったことが多く、日本に行きたい気がしなかった」と打ち明けた。

「それでも雰囲気を一度でも感じてこい」という周囲のアドバイスを聞いたキム・ミンテは、やむを得ず日本のテストを見に行った。
"本当に軽い気持ち"で仙台行きの飛行機に乗った彼は、すぐ日本サッカー特有の緻密さにハマった。

「些細な癖の一つ一つを直して教えていた。例えば日本ではボールを掴む方法を"モチカタ"と言う。MFがボールを扱う方法を詳しく分類して指導する。そのときから仙台に入団することを決心した」



フランス、北韓ミサイル+核の状況で平昌オリンピック不参加を示唆
Newsen




※一部要約

フランスが北韓の脅威がなくならなければ平昌冬季オリンピックに参加しないこともあり得ると明かした。

AFP通信によると、9月21日にローラ・フレセルフランススポーツ長官がフランスのラジオプログラムに出演し、フランスの冬季オリンピック代表の平昌オリンピック出場不可の可能性を語ったと報じた。

安全上の理由である。
最近、北韓のミサイル挑発などで韓国の情勢が安定的ではなく、代表の安全を保障できないというもの。
平昌オリンピック参加国の中で、不参加の可能性を明かしたのはフランスが初めてである。

フレセル長官は「状況が悪化したり、安全が保障することができなければ、フランス代表は出場しない」として、「外交部と協議して状況を注視する」と明かした。

一方、IOC側は北の核問題で平昌オリンピックがキャンセルになる可能性はないと断言した。



[GOALネットワーク] 中国U-20代表チーム、結局ドイツ4部リーグに参加
ゴールドットコム




※一部要約

金が原則と名分に勝利した。
中国U-20代表は結局ドイツ4部リーグ(レギオナルリーガ)に参加する。

中国サッカー協会は16日、自国のU-20代表がドイツ4部リーグでプレーすることになると発表した。
張剣副会長が直接記者会見をして発表した内容である。
レギオナルリーガと呼ばれるドイツ4部リーグは、5つの地域ディビジョンに区分されて運営していて、中国U-20代表は南西部地域のディビジョン所属として試合を行うことになる。

一国の年代別代表が他リーグに編入され、クラブのように試合を行うのは初めてのことだ。
このようなアイディアが出たのは今年はじめのことだった。
2020東京オリンピック本戦に参加して成績を上げることが目標の中国サッカー協会が、オリンピック世代のU-20代表の競技力向上の次元で推進した。

中国はオリンピック本戦進出が急務となっている。
歴代のオリンピック本戦に出場したのは2回(1988ソウルオリンピック、2008北京オリンピック)に過ぎない。
それも2008年はオリンピック開催国の資格で本戦に自動進出している。
2016リオオリンピックは予選のAFC U-23チャンピオンシップで、A組最下位でGLから脱落した。

スーパーリーグに大々的な投資をしている中国は、ユースサッカーにも集中力を注いでいる。
U-20代表のレギオナルリーガ傘下はそうした投資の一環である。



[U-20] "10年ぶりの出場"日本、ワールドカップ脱落のその後
スポーツ朝鮮




※一部要約

10年ぶりの出場だった。

日本は2007年以降、何と10年ぶりにU-20ワールドカップの舞台を踏んだ。
だが世界の壁は高かった。
日本は先月30日に大田ワールドカップ競技場で行われたベネズエラとのFIFA U-20ワールドカップ16強で、延長の接戦の末に0対1で敗北、挑戦に終止符を打った。

現場で大会を取材していたある日本の取材陣は「今大会に出場した選手は2020年の東京オリンピックに備えている。ほとんどが3年後の東京オリンピックの主軸になるだろう。経験を通じてオリンピックの準備に大いに役立つだろう。U-20の大会を10年ぶりに踏んだだけでも意味がある」と語った。

2020年の東京オリンピックを正標準している日本代表。
日本サッカー協会は若い選手の挑戦に力を与える予定である。
日本は今大会に出場した代表を"東京オリンピック世代"と呼び、徹底して管理している。

U-20ワールドカップを終えてからも足早に動いている。
協会は新司令塔に日本人を選任する方向で糸口を掴み、Jリーグクラブの監督を物色している。
長谷川健太ガンバ大阪監督が嘱望されていると報じられた。
スポーツ報知は"A代表監督がオリンピック監督を兼任する方案も多角的に検討している"と伝えた。

今大会に参加した選手への管理も続いている。
スポニチアネックスは1日、"内山篤監督が久保は3年後にはオリンピックだけでなくAマッチで活躍できるように支援しなければならない"というコメントを引用し、支援の重要性を強調した。
2020年の東京オリンピックを狙っている日本は、U-20ワールドカップ後に一段と早く動いている。



NHL「平昌冬季オリンピックに参加しない」
聯合ニュース




※一部要約

北米アイスホッケー(NHL)リーグ事務局が2018平昌冬季オリンピックに参加しないと宣言した。

3日、AP通信によるとNHL事務局は平昌オリンピック参加問題が「公式に終結した」としてそのように明かした。

NHL事務局はNHL選手労組、国際オリンピック委員会(IOC)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)との交渉で、意味のある対話ができなかったと伝えた。

世界的なアイスホッケーのスーパースターの大多数を保有しているNHL側が平昌冬季オリンピック出場をボイコットした場合、冬季オリンピック最高人気種目の一つであるアイスホッケーの興行と競技力の水準にかなりの影響を及ぼすものとみられる。

NHL事務局やクラブ、選手労組などは平昌冬季オリンピック参加問題について1年間綱引きを繰り広げていた。

これまでNHLは1998年から5回冬季オリンピックに参加したことがあった。

NHLのクラブオーナーは冬季オリンピックのため4年毎にリーグを3週間休むことに大きな不満をあらわしてきた。

一方、NHL選手はオリンピックでプレーすることを熱望していた。

IIHFはNHL側がオリンピック参加に曖昧な反応を見せると、すぐにNHL選手のオリンピック出場費用を全額負担するとして、参加を促してきた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング