[U-23組み合わせ抽選] キム・ハクボム合、ウズベク-中国-イランと"死の組編成"
スポTVニュース




※一部要約

キム・ハクボム合のグループ編成が確定した。
中国、イラン、ウズベキスタンと激しい争いをする。

2020AFC U-23チャンピオンシップ本選の組み合わせ抽選が26日午後5時に行われた。
U-23チャンピオンシップの4位以内に入れば、東京オリンピックの出場権が確保される。
U-23チャンピオンシップ本戦に参加するアジアチームは組み合わせ抽選の結果を見守った。

韓国はイラク、日本、北韓とポット2に位置した。
C組になって中国、イランと編成された。
中国はフース・ヒディンク監督を更迭したが、容易ではない相手である。
中東の強豪イランもそうだ。
最後にはウズベキスタンが選ばれた。

パク・ハンソ監督のベトナムは北韓、ヨルダン、UAEとトーナメント進出と東京オリンピックのチケット確保を狙う。
D組に編成されて韓国と会うことは避けることになった。
日本はカタール、サウジアラビア、シリアと会う。


U-23チャンピオンシップ組み合わせ抽選の結果

A組:タイ、イラク、オーストラリア、バーレーン
B組:カタール、日本、サウジアラビア、シリア
C組:ウズベキスタン、韓国、中国、イラン
D組・ベトナム、北韓、ヨルダン、UAE




[オフィシャル] キム・ハクボム号、ウズベク-イラン-中国と東京オリンピック最終予選で激突
スポータルコリア




※一部要約

2番ポットに属した韓国は、先にイランと中国が属したC組に入った。
1番ポットの抽選を待った韓国は、前回大会のチャンピオンであるウズベキスタンが合流して、事実上の死の組に属した。
中国は最近フース・ヒディンク監督からハオ・ウェイ監督に交代して不透明な状態だが長期間準備してきたし、イランも体格条件が優れたチームである。

国内ファンが期待したキム・ハクボム-パク・ハンソ監督の知略対決は実現しなかった。
ベトナムは北韓、ヨルダン、UAEと同組に属した。
オリンピック開催国の日本はカタール、サウジアラビア、シリアとグループリーグを行う。



中メディア「ヒディンクと契約解除を交渉中…後任は孫継海」
フットボールリスト




※一部要約

中国サッカー協会がフース・ヒディンク中国U-22代表監督を放出するという報道が出てきた。

中国天津市に基盤を置く"毎日新報"は19日、中国サッカー協会内部の消息筋を引用して「中国サッカー協会とヒディンク監督が契約解除のための交渉を進めている」と主張した。

ヒディンク監督は最近、北韓と辛うじて1-1の引き分けをおさめ、ホームでのベトナムとの親善試合でも0-2で敗れて、大きな非難に直面した。
このメディアはその部分が更迭原因の一つと認めつつも、別の理由にも言及した。

「中国サッカー協会がヒディンクを更迭しようとする理由の一つは、国内リーグでプレーする若い選手への関心を持たない部分だ」

このメディアはヒディンクが去れば、中国国内派監督が指揮棒を譲り受ける可能性が高いと予想した。
「ヒディンク監督の後任は孫継海が有力」と明かした。

マンチェスター・シティでプレーした孫継海は現在、U-20代表でコーチングスタッフとして働いている。

ヒディンク監督は去年10月、"2020東京オリンピック"に出場する中国オリンピック代表を引き受けた。



[インタビュー] 東京オリンピック、"マルチ"と言えばウォン・ドゥジェ…キム・ハクボム号の期待の主に
スポータルコリア




※一部要約

ウォン・ドゥジェの目標は明確だ。
今回だけは"最後"まで行くこと。

キム・ハクボム号が手まめに焼入れ中である。
様々な所属チームに広がっている選手を暇さえあれば招集し、チェックしている。
今月にはFIFAのAマッチ期間を迎えて、坡州NFCで練習した。
当初おさえていたシリアとの2連戦がキャンセルになって仁川大、FC安養と練習試合を行った。

最終ターゲットは来年夏の東京オリンピック。
本格的な日程も始まった。
2020年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップ本選の組み合わせ抽選の結果が26日に出る。
この大会で3位以内に入ってこそ、オリンピック本戦行きのチケットを手にすることができる。
オリンピックメダル獲得時に与えられる兵役恩恵も欠かせないのが事実だ。

このチームに着実に入ってきたアビスパ福岡所属のウォン・ドゥジェは注目に値する。
1997年生まれで漢陽大2年在学中に日本へ向かった資源。
日本の名DF出身の井原正巳当時福岡監督の求愛があった。
いつの間にかプロキャリアだけで満2年である。
2017FIFA U-20ワールドカップで、負傷により途中で落馬したため、今回はより切実に迫っている。



「ヒディンク、リーグにも来ないで金だけを稼ぎに来た」中メディアの露骨な非難
スターニュース




※一部要約

中国メディアが自国のオリンピック代表を率いているフース・ヒディンク監督に対し、露骨な非難を吐き出した。

中国新浪スポーツは10日、「ヒディンク監督に1年間で中国にどれくらい滞在しているか聞け。また、スーパーリーグ(中国プロサッカー)には何回見に行き、代表を何回練習させたのか。監督を雇用するとき、賃金と成績の相関関係に焦点を合わせなければならない」と指摘した。

ヒディンク監督は去年9月に中国オリンピック代表監督に就任した。
目標は2020東京オリンピック本戦進出である。
オリンピック本戦のチケットはアジアに4枚与えられるが、日本が開催国としてすでに1枚確保している。
残り3枚のチケットは2020年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップ本戦で、3位以内の成績を上げてこそ手にすることができる。
簡単ではない。

そのような状況で、9月の2回の評価試合で勝利をおさめられず、危機論が急浮上した。
北韓との6日の試合に1-1で引き分け、8日はベトナムに0-2で敗れた。
特にパク・ハンソ監督が率いるベトナムに敗れたのが大きな打撃だった。
こうして中国メディアが立ち上がった。

新浪スポーツは「ヒディンク監督は中国に滞在せずリーグを見てないのに、良い選手を選べるのか。これが中国サッカーの発展になるだろうか」と尋ね、「オリンピック監督とA代表監督は試合が始まる数日前に国内に入り、スーパーリーグを見て選手を見つける必要がない。なぜなら世界で多くの給与を貰う有名人だからだ」と皮肉った。

それとともに中国サッカー協会に強く建議した。
このメディアは「外国人監督は中国サッカー発展のためになるのか。彼らは単に金を稼ぎに来ただけだ。金が入ってきたらすぐに去る」と非難し、「これから外国の監督と契約を結ぶときには、必ずリーグ戦を観戦して選手を見守るという条件を入れてほしい。でなければ中国サッカー代表は永遠にワールドカップに進出できないし、3流チームのままだろう」と憤った。



"勝負は冷たい"ヒディンク監督、「パク・ハンソのベトナム、勝ちたい」
スポTVニュース




※一部要約

2002韓日ワールドカップダービーが9月に行われる。
フース・ヒディンク監督とパク・ハンソ監督が親善試合で会う。
格別な縁でも勝負の世界は冷たい。

ヒディンク監督の中国U-22代表とパク・ハンソ監督のベトナムU-22代表が8日午後6時50分に会う。
両監督は9月の評価試合で2020東京オリンピックに向けたロードマップと戦力の点検に乗り出す。

ヒディンク監督とパク・ハンソ監督は2002韓日ワールドカップで韓国の監督と主席コーチとして会った。
韓国は両監督の優れたリーダーシップでワールドカップ4強神話を成し遂げた。
17年前に同じチームで同苦同楽したが、今は敵として会う。








Page Top

ブログパーツ アクセスランキング