全北の邦本"シュートチャンス"
ニュース1



※一部要約

28日、蔚山文殊競技場で行われた"ハナワンキューKリーグ1・2020"蔚山現代と全北現代の試合で、全北の邦本がシュートをしている。




歓呼する邦本
聯合ニュース



※一部要約

邦本がゴールを決めて歓呼している。



キム・ハクボム号MVPウォン・ドゥジェ「オリンピック延期、年齢制限心配」
NEWSIS




※一部要約

新型コロナウイルス感染症の全世界的な流行で、2020年の東京オリンピックが結局来年に延期となった。

ICOは24日、公式声明で「トーマス・バッハ委員長と安倍晋三日本総理は、東京オリンピックの日程を2020年以降に変更するものの、遅くとも2021年夏までには行うことで結論を出した」と明かした。

東京オリンピックの1年延期が確定し、"年齢制限"のある男子サッカーの悩みが現実となった。

オリンピック男子サッカーは1992年のバルセロナ大会からU-23選手だけが参加している。
ただし、ワイルドカード制度で24歳以上の選手3人を追加で出場させることができる。

オリンピックが来年に延期となり、今年23歳の年齢の1997年生まれの選手の未来も不透明になった。



東京オリンピック延期が招く"変数の風"
スポーツワールド




※一部要約

7月末に開幕予定だった東京オリンピックの延期が規定事実化されている。
新型コロナウイルス感染症の拡散のためだ。
大きなバタフライ効果を呼び起こす見通しである。

解決すべき問題が山積みだ。
新たな日程から決めなければならない。
現在としては1年の延期が有力だが、来年も各種国際大会が列を成して待っている。
ワールドベースボールクラシック(WBC、3月)、UEFAユーロ2020(6~7月)、南米サッカー選手権大会のコパ・アメリカ(6~7月)、水泳世界選手権大会(7~8月)、陸上世界選手権大会(8月)などが待機中である。
その中で世界陸上連盟はオリンピック延期に備え、選手権大会の時期変更を検討している。
可能性は小さいが、オリンピックが2022年まで延びれば、北京冬季オリンピック(2月)と杭州アジア競技大会(9月)、カタールワールドカップ(11~12月)との日程も調整しなければならない。

本大会前にオリンピック予選を無事に終えなければならないのも課題だ。
IOCによると、オリンピック全種目を合わせて、出場権を確定させた種目は57%だけである。
まだ選手選抜を完了できてない比率が43%に達する。
コロナ19でほとんどの種目が予選中止や延期になっている。
その他にもすでに予約されているオリンピック宿舎や関連施設の契約、これまで取得したオリンピックランキングポイントの処理問題が伴う。

文化体育観光部と大韓体育会はIOCの指針を待ち、状況を鋭意注視している。
オリンピック延期時は鎮川選手村の運用と練習日程を変更する計画だ。



IOCが東京オリンピック"延期"検討発表に全世界"歓迎"一色
聯合ニュース




※一部要約

2020東京オリンピックの延期を含めた細部の議論を4週以内に終わらせるという国際オリンピック委員会の発表を全世界が歓迎した。

IOCは23日、緊急執行委員会を開いて「新型コロナウイルス感染症の大流行で、東京オリンピックを延期する案は一つの選択事項」として、「(オリンピックを)延期するシナリオを含めた細部の議論を始めて、4週以内に決着をつけることに自信がある」と発表した。

ただし、オリンピック"取り消し"は議題に上げない方針だとIOCは付け加えた。


200323162315776a.jpg


世界陸上連盟は「東京オリンピック延期のためのIOCの議論を歓迎する」と発表した。

ナイジェル・ハドルストン英国体育長官は「IOCが東京オリンピック延期を深刻に検討するのは正しい」として、「選手、ファン、関係者の健康と安全が何より重要」と力説した。

アメリカ日刊紙USAトゥデイは前日、オンライン会議に参加したアメリカオリンピック代表選手の世論調査で、東京オリンピックの延期を支持する意見が75%に迫ったと伝えた。



代表GKク・ソンユン、甲状腺の問題で暫定休業
NEWSIS




※一部要約

サッカー代表GKク・ソンユン(コンサドーレ札幌)が、甲状腺疾患でしばらく休息に入る。

日刊スポーツなどの日本メディアは8日、日本Jリーグ・コンサドーレ札幌のク・ソンユンがバセドウ病で戦力から離脱したと明かした。

バセドー病は甲状腺ホルモンの生成分泌が非正常的に増加する状態をいう。
疲れやすくて眼球が突出するのが特徴である。

札幌はク・ソンユンの意思を聞いた後、彼の病名と状態を発表した。

札幌側は「2週間の薬物治療を進めた後、数値によって復帰時期が決まる」として、「幸い症状は軽い段階」と説明した。

ク・ソンユンは入院を要するほどの水準ではないという医師の診断により、現在は休息に専念している。

ク・ソンユンはセレッソ大阪を経て、2015年に札幌へ移籍した。
去年9月、ジョージアとの評価試合でAマッチデビューした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング