東京金候補?キム・ハクボム号は最終予選だけを考え中
スポーツ朝鮮




※一部要約

23歳以下代表を率いるキム・ハクボム号のコーチングスタッフは、大韓サッカー協会で悪名(?)高い。

出張費を最も多く貰うチームだからだ。
キム・ハクボム監督をはじめとして、コーチが23歳以下の選手を見られるところであれば、どこでも訪れている。
Kリーグの舞台はもちろん、ナショナルリーグ、大学サッカー、高校サッカーまで見守っている。

彼らがこうして歩き回る理由は、やはり1年後に迫った2020東京オリンピックのためである。
去年にジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを取って軟着陸に成功したキム・ハクボム号は、東京オリンピックを正標準している。
まだ本格的な出港もしてないが、すでに金の見通しが出た。
アメリカのスポーツデータ会社のグレースノートは、"東京オリンピックで韓国は金メダル10個で総合10位に上がる"と展望し、特に男子サッカーで金メダルの可能性を予想した。
韓国の歴代最高成績は2012年のロンドンオリンピック銅メダルだ。

実際、キム・ハクボム号の戦力は歴代最高と評価される。
U-20ワールドカップゴールデンボールの主人公イ・ガンイン(バレンシア)をはじめとしてペク・スンホ(ジローナ)、チョン・ウヨン(フライブルク)、イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)ら、能力を認められた海外派が並んでいる。
キム・テウォン(大邱)、チョ・ギュソン(安養)、イ・スビン(浦項)ら猛威を振るうKリーガーに、チョ・ヨンウク(ソウル)やチョン・セジン(水原)らU-20ワールドカップで準優勝したメンバーまでいる。
そこにワイルドカードが加勢すれば、隙のない戦力が完成される。

もちろん本戦に行くことになったときの話である。
キム・ハクボム号の視線は、ひたすら来年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップに向けられている。
ここで3位以内に入ってこそ本戦に出られる。
容易ではない大会だ。
アジアはますます上向き平準化されている。
年代別の大会では特に格差がより小さい。
さらにトーナメントで行われるだけに、一度狂いが生じれば脱落の苦杯をなめることもある。



"韓日メッシ"イ・ガンインVS久保、東京オリンピックで対決するか?
KBS




※一部要約

リオネル・メッシのように大きくない体格に、素早くもボールをキープする能力やドリブルに優れた選手を、大抵はメッシと呼ぶ傾向がある。
そのような理由でロナウドやジダンは多くないが、メッシはどの国にも1人くらいいるという笑い話がサッカー界にはある。

中国サッカーではエスパニョールに進出したウー・レイが中国のメッシと呼ばれ、パク・ハンソ号のコン・フオンはベトナムのメッシと呼ばれ、タイではソングラシンがメッシという称号を受けている。
大韓民国のメッシはイ・ガンインで、日本では久保建英が日本のメッシと呼ばれる。

その中でイ・ガンインと久保は様々な面で似ているところがあり、比較対象として取り上げられるに値する。
両選手は2001年度に生まれた同い年で、若い年齢で注目を浴びた。
2人とも左利きであり、満10歳の年齢だった2011年に並んでヨーロッパに進出したという点も同じだ。






邦本の父親「2回放出された息子、慶南FCに行って嬉しかった」
慶南道民日報




※一部要約

邦本タダハキ(※タダアキ?)(58)氏。
勘の良い人は名前で誰なのかわかっただろう。

慶南FCの核心MFとしての地位を確立した邦本宜裕の父親だ。
22日、ACLのジョホール・ダルル・タクジムとのGL最終戦を直接応援するため、昌原サッカーセンターを訪れた。

試合開始前、バスから降りて父親と少し会った邦本は、劇場ゴールで父親の応援に応えた。

彼とインタビューしながら"やはり血は争えない"と思った。

大学までサッカー選手生活をしていたというタダハキ氏は、日本プロサッカーのJリーグが発足する1年前、腰の負傷でサッカー選手人生を諦めなければならなかったと語った。

その後指導者に転向し、今は日本の大学チームのコーチとして働いていると語った。



Jリーグの2兆ウォンのジャックポット契約"ビハインドストーリー"
ベストイレブン




※一部要約

2016年、世界サッカーの主流から外れていた日本Jリーグが、グローバル市場を驚かせた。
リーグ中継権を放送局でもない、ストリーミング業者のDAZNに2100億円(約2兆1000億ウォン)に達する巨額で売ったからだ。
その背景にはスポーツマーケティング企業の"電通(Dentsu)"がいた。
電通に会い、契約の裏に隠された話と、韓国やアジア市場の未来について聞いてみた。

まず電通に馴染みの薄い読者のために、紹介からする。
電通は日本最高のスポーツマーケティング企業で、この分野のグローバルリーディングカンパニーでもある。
冒頭から電通に言及した理由はまさにこの企業が、JリーグとDAZN JAPAN(契約主体はパフォームグループ)が2兆ウォンを越える中継権契約を結ぶのに大きな役割を果たしたためである。
2014年にJリーグのマーケティング代理店となった電通は、今回のDAZNとの契約でもリーグエージェントとして関わった。
契約の内幕を知るために、ヨシヒロ・オオイ室長に会った。
そして電通がどんな企業なのか、どうやってマンモス契約を締結できたのか、さらには韓国とアジアの市場についてどう思っているのかを2時間かけて尋ねた。





ヨシヒロ・オオイ(Yoshihiro Oi)

-日本慶応大学学士
-日本中央大学大学院経営学博士
-FIFA CIES Forum日本ディレクター
-元電通アジアサッカー事業部長
-現電通グローバルサッカー事業室長



[インタビュー] 慶南の攻撃の"核"邦本「慶南で結果を残して2020東京オリンピックまで」
日刊スポーツ




※一部要約

"悪魔の才能"、"帰ってきた放蕩息子"

慶南FCの日本人選手である邦本宜裕を説明するときにつく表現である。
幼い年齢で華やかに日本サッカー界に登場したが、才能の花を咲かせる前に問題を起こして2回も放出され、行くところがなく漂ってKリーグに定着し、慶南でついに自身の真価を発揮している選手。

日本サッカー界で忘れられた邦本が、母国である日本Jリーグの強豪チーム・鹿島アントラーズを相手に、派手に存在感をあらわした。
邦本は9日、慶南の昌原サッカーセンターで行われた2019AFCチャンピオンズリーグE組3次戦の鹿島との試合で、文字通り大活躍を繰り広げた。
チームは試合終盤の18分あまりの間に3ゴールを立て続けに奪われて2-3で呆気ない逆転負けを喫したが、邦本の活躍は眩しかった。

この日に慶南が記録した2ゴールは、すべて邦本のつま先から生まれた。
大岩剛鹿島監督が「邦本によって試合が難しくなった」と高く評価したほどである。

これまでKリーグ1で着実に優れた競技力を見せてきた邦本だが、鹿島戦で見せた活躍は、彼の過去を考えれば少し特別だ。
邦本はかつて日本でサッカーの天才と呼ばれるほど、嘱望されていた選手だった。
2013年に浦和レッズユースチームに入団し、その年の10月の日王杯の試合に満16歳の年齢でプロデビューゴールを決め、当時のチーム内最年少出場と得点記録を塗り替えた。
だが翌年に未成年者喫煙などの問題を起こして放出され、アビスパ福岡に入団したが再び問題を起こして、入団3年で再び放出された。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング