ソウル、"2032年夏季オリンピック"国内誘致都市に選定…「歴史性、経済性でソウルをリード」
エムスプルニュース




※一部要約

ソウル市が"2032年夏季オリンピック"の国内誘致都市に得ればれた。

2月11日、忠清北道鎮川の国家代表選手村で行われた大韓体育会代議員総会で、ソウルが釜山を下して"2032年夏季オリンピック国内誘致都市"に選ばれた。
無記名投票で行われた誘致戦で、ソウルは全体49票のうち過半数の24票以上を取った。

ソウル市は去年すでに「2032年の南北オリンピック同時開・閉幕式を行う」と発表していた。
釜山市は1月28日に市議本会議で"2032年夏季オリンピック大会釜山・平壌共同開催誘致同意案"を採択し、一歩遅れて誘致戦に飛び込んだ。

ソウルが国内誘致都市に選ばれたが、2032年のソウル・平壌夏季オリンピックが確定したわけではない。
南北韓国の他に中国、オーストラリア、ドイツなども夏季オリンピックの誘致に関心を見せていることがわかった。

文化体育観光部は15日にスイス・ローザンヌのIOC本部を訪れ、2032年の夏季オリンピック共同誘致の意向書を渡す予定だ。



"デビュー戦大敗"ヒディンク監督「中国、オリンピック出場は非現実的」
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク中国オリンピックサッカー代表監督が、デビュー戦後に現実的な評価を下した。

中国の2020東京オリンピック本戦進出を目標に、先月中国サッカー協会と手を握ったヒディンク監督は、今月オランダに23歳以下の選手を招集してキャンプを進めている。

ヒディンク監督は先月の曲靖4ヶ国大会に出場した中国選手を見て、「技術や体力、戦術がすべて良くない。選手の選抜にも問題がある」と辛辣に批判した。

今回のキャンプのために、海外でプレーする若い選手まで総網羅したが、技量には満足していない。
中国オリンピックチームは16日に行われたオランダクラブのフィテッセとの練習試合に1-5で敗れ、翌日のユトレヒト戦でも0-0で引き分けた。

ヒディンク監督はオランダメディア"AD"に「中国が東京オリンピックの本戦に出ることを望んでいるが、現実的には難しい目標」として、「中国サッカー協会も私に、オリンピック出場は難しい任務だと言った」と説明した。



ヒディンク、「中国は東京オリンピック出場を望んでいる」…イングランド式指導を予告
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク監督が中国U-21選手にイングランドスタイルを移植する計画である。

ヒディンク監督は2020東京オリンピックを準備する中国U-21代表の指揮棒を取る予定だ。
中国サッカー協会の発表がないだけで、ヒディンク監督の就任は事実上確定している状態である。
すでにヒディンク監督は中国で直接試合を観戦し、選手の把握に入った。

彼はオランダTVサッカープログラムの"ベロニカ"で「私はイングランドスタイルの監督として仕事をするだろう」と語った。
ヒディンクは様々な国、リーグで指導者生活をしてきた。
彼はチェルシーの監督を引き受けたこともあり、イングランドスタイルが何なのかをよく知っている。

ヒディンク監督は自分が見たとき、中国U-21代表に最も合っているスタイルに、イングランドの速くて力のあるサッカーを挙げた。
これを中国U-21代表に移植するという意味だった。

彼はオランダ、韓国、オーストラリアを率いてワールドカップの舞台を踏んだが、オリンピックは経験できていなかった。
ヒディンク監督は「東京オリンピックは自分にとっても魅力的だった」として、自分の最後の舞台をオリンピックとみなした。



ヒディンク、中国オリンピック監督就任…"年俸147億+3年契約"(中メディア)
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク監督が中国オリンピック代表の指揮棒を取る。
3年契約でマルチェロ・リッピ監督の年俸の半分に準ずる金額を受ける。

中国地域紙"広州日報"は20日、「ヒディンク監督が中国オリンピック代表に赴任する。9月始めに中国オリンピック代表を公式に指揮する見通しだ。ヒディンク監督は中国サッカー協会と3年契約を結んだ」と報じた。

年俸も天文学的である。
"広州日報"によると、中国サッカー協会は現中国代表A代表のリッピ監督の年俸の半分でオファーした。
リッピ監督は中国代表に赴任したときの年俸が2300万ユーロ(約294億ウォン)だったが、その半分である1150万ユーロ(約147億ウォン)を受ける見通しだ。

中国サッカー協会がヒディンク監督を選任した理由は明白である。
2002韓日ワールドカップで韓国の4強神話を作ったヒディンク監督に、中国神話を任せたわけだ。
中国サッカー協会は2020東京オリンピックで中国が成果を上げることを願っている。






キム・ハクボム、アジア大会およびオリンピックの指令塔に確定
スポーツ京郷




※一部要約

キム・ハクボム(58)監督が残り半年の2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会を取って2020東京オリンピックまで行く。

キム・パンゴン代表監督選任委員長は28日、サッカー会館で記者会見を行い、8月のジャカルタ-パレンバンアジア大会と東京オリンピックに出場するU-23サッカー代表の指令塔にキム・ハクボム元光州監督を選任したと発表した。
保障されている契約期間はアジア大会までの6ヶ月だが、成績によって2020東京オリンピックまで任せる条件である。

キム委員長は最近、キム・ハクボム監督をはじめとしてチェ・ヨンス元江蘇監督やチャン・ウェリョン元重慶監督、キム・ビョンス元イーランド監督ら4人の候補群と直接会った。
だが終盤に1人が監督候補から辞退すると言ったため、小委員会では3人を対象に議論し、その結果全会一致でキム・ハクボム監督に指揮棒を任せることに決めた。

キム委員長は「キム・ハクボム監督がどれだけ準備された指導者なのかを確認した」として、「光州時代の競技力は印象的だったし、面接ではU-23代表が前の大会で行った6試合を詳細に分析して提示してきた」と明かした。
彼は続けて「キム監督はアジア大会の成績の変数であるワイルドカードにソン・フンミン(トッテナム)を連れて行くという意向を明かした」と付け加えた。

キム委員長は1月にキム・ポンギル監督を更迭し、次期指令塔の条件として豊富な指導者経験やサッカー哲学、長期レースおよび短期トーナメントの成果、選手団の管理能力、相手の分析能力などを選任条件に出した。

キム・ハクボム監督はこの条件をすべて満たす指導者という評価が主である。
彼は韓国サッカーを代表する学究派指導者である。
城南一和や河南建業、江原FC、光州FCなどを率いた。
城南の指揮棒を手にしてKリーグとFAカップの頂点に上がった経験があり、弱体の江原や光州を引き受けて激しい生存競争をしたこともある。

キム・ハクボム監督は監督選任後、電話で「(※アジア大会まで残り半年の短い期間で)試行錯誤を減らせる方法を探している。23歳以下の年代をよく知っている指導者をコーチングスタッフとして合流させ、本戦が行われる場所の気候に合わせて選手を準備する」と語った。
監督職受諾については「自信がなければアジア大会後に再信任を受ける条件を受け入れなかっただろう」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング