[単独] イ・ジョンス、水原と"電撃別離"・・・「すべてのことが私のせいという自己恥辱感」
日刊スポーツ




※一部要約

イ・ジョンスが水原三星と"電撃別離"を決心した。

"ベテラン"CBのイ・ジョンスは2006年から2008年まで水原でプレーし、2008シーズンに優勝を導くなど、水原の全盛期をともに過ごした。
2009年日本Jリーグの京都サンガに去ってから、鹿島アントラーズを経て2010年にカタールスターリーグのアル・サッドに移籍した。
アル・サッドの最古参として良い姿を見せた彼は、昨シーズンに現役最後の炎を燃やす覚悟で水原行きを決めた。

実家チームへの懐かしさと水原への愛情が作った選択だった。
2016シーズンにそうして望んで水原の青いユニフォームを再び着たイ・ジョンスは、FAカップ優勝の主役として活躍するなど、所期の成果を上げた。

だが2017シーズンに"最悪の状況"にぶつかった。

水原はKリーグクラシック6ラウンドが終わった現在、1勝もおさめられないチームに転落した。
怒った水原ファンがソ・ジョンウォン監督の退陣を叫ぶ状況まで起きた。

イ・ジョンスは17日、日刊スポーツに「これまで水原と私を応援してきたサポーターズに感謝しつつも、申し訳なさをお伝えする。光州戦が終わってから水原を去ることを決心した」と明かした。

イ・ジョンスは「水原は長く愛してきたチームだ。今でも私の胸中には水原が最も大きく残っている」として、「だがチームの成績が良くない。すべてのことが私のせいだという気がする。自己恥辱感に捕らわれ、一日一日があまりにも気が重かった」と別れの理由を打ち明けた。

性急な決断ではない。
悩みに悩んで下した結論である。

イ・ジョンスは「水原のために私は何をすべきかじっくりと考えた。反転のためにすべての努力もしてみた。だが状況は好転しなかった」として、「私が水原に好影響を与えられないと自ら判断を下した。これ以上、今の席は無意味であると感じた」と吐露した。

水原を去るイ・ジョンスは当分、どのような計画もない。
確かなのはこの先Kリーグで選手生活をしないという点である。
水原以外のKリーグは、彼にとって意味がない。
今回の選択は水原と別れると同時に、Kリーグとも別れを告げたのだ。



チャブームの診断、Kリーグに"ソン・フンミンのような"攻撃がない理由
フットボールリスト




※一部要約

水原ワールドカップ競技場で会ったチャ・ボングン"FIFA U-20ワールドカップ大韓民国2017"組織委員会副委員長は、前日に2016/2017シーズン19号ゴールを記録したソン・フンミンのことを尋ねると、すぐ楽しそうに話をした。
ソン・フンミンはチャ副委員長が持っていた韓国人選手のヨーロッパ1シーズン最多得点記録(19ゴール)と同率を成し遂げ、初の20点到達に迫っている。

ソン・フンミンのプレーを見て「私がプレーしていたときを思い出す」と言って笑ったチャ副委員長は、この日観戦した"'KEBハナ銀行Kリーグクラシック2017"6ラウンドの水原三星と光州FCの試合を見て、なかなか笑うことができなかった。
ハーフタイムにしばらく暇を作り、Kリーグにソン・フンミンのような爽快な攻撃シーンと得点が出ない理由を尋ねた。
チャ副委員長は深刻な表情で熱弁した。

「決定力が足りないのが問題だ」
だがそれがすべてではない。
チャ副委員長は、素晴らしいゴールシーンがない責任を、ストライカーだけに負わせることはできない理由を具体的に説明した。

「韓国で試合するのを見ると、あまりに後ろへ回すパスが多い。そしてGKがボールをすごく長引かせる。ヨーロッパの試合を見てみなさい。GKはすぐ投げる。来たボールを保持したままだと、見ている人には迫力が落ちると感じる。続けて相手陣内に入ってこそ熱くなる。ボールをすぐ入れるべきなのに、それが残念だ」

Kリーグでも素晴らしいプレーやシーンは出て来るが、水原-光州戦はひときわ退屈だった。
水原はチャ副委員長が監督として指揮して2回もKリーグ優勝を味わった"実家"だという点で、彼の発言には切なさが少なからずこもっていた。



[Kリーグ] 下方平準化、勝てるチームが見えない
ニュース1




※一部要約

16日午後、蔚山文殊球場。
Kリーグを代表するクラブの蔚山現代とFCソウルが対決した。
少なくともネームバリューでは6ラウンド最高のビッグマッチだった。
両チームの切実な状況が、"勝つための戦い"に燃料を入れて火をつけるのではないかとと内心期待していた。

対決の前までにソウルは2勝2分け1敗、蔚山は2勝1分け2敗に終わっていた。
トーナメント進出を大言壮語できないACLでの苦戦まで重なり、ともに残念な序盤を過ごしている。
なので互いが互いを踏み、反転の足場を用意したい気持ちは同じだった。

実際に両チームとも攻撃的に対抗した。
望みどおり"勝つための戦い"を繰り広げた。
だが結果は1-1だった。
それでも1ゴールずつでも決めたのが幸いな内容だった。
勝ちたかったが勝つ力がなかった。

なぜ両チームがシーズン序盤に苦しんでいるのか、理由がわかる試合だった。
どちらも自分たちがしようと思うプレーはあったが、パスミスやコントロールミスなどで自らチャンスを飛ばしてしまったシーンが少なくなかった。

蔚山はフィニッシュが残念だった。
22本のシュートを試みたが、1ゴールしか決まらなかった。
ソウルはシュートの試みまで行くこともできなかった。
不正確なつなぎがあまりに多かったせいである。
蔚山のシュートが多かったのは、ソウルの攻撃が途切れてカウンターのチャンスを許した影響もあった。

この日の試合を含めて、最近のソウルと蔚山が見せている競技力は、優勝を狙うチームと見るのは難しいレベルである。
熱心にはしているので、余計に息苦しい。



ライェヴァツ元ガーナ監督「韓国に関心がある」
ゴールドットコム




※一部要約

シュティーリケ監督の留任が確定した韓国代表の指令塔に関心を示した外国人監督が登場し、関心が集まっている。

大韓サッカー協会の返事を待つと明かしたその監督は、ミロヴァン・ライェヴァツ(63)。
セルビア出身のライェヴァツ監督は、2010年の南アフリカワールドカップでガーナ代表を率いて8強に進出する快挙を達成した。
だが彼は去年6月、アルジェリア代表に就任したが、2018ロシアワールドカップアフリカB組予選2次戦のホーム試合で、カメルーンと1-1の引き分けに終わってからわずか4ヶ月で辞任し、2011年に引き受けたカタール代表でも2014ブラジルワールドカップアジア予選でベトナムに敗れて席を退いた。

その他にライェヴァツ監督は主にセルビアリーグで活動し、ドイツ下部リーグのプログレス・フランクフルト、サウジアラビアクラブのアル・アハリなどを率いたキャリアがある。

ライェヴァツ監督は空席になったタイの監督職と、シュティーリケ監督の更迭説が提起された韓国に関心を同時に表明した。
彼はセルビアの日刊紙で「私は二つの代表チームの次期監督候補である。決定権は韓国とタイサッカー協会の高位関係者にある。私は当然関心がある。両チームとも良いチームだ。この内の一つのチームに私が行くならば、自信がある(jedan sam od kandidata, a odluka je na čelnicima saveza Južne Koreje i Tajlanda. Svakako da sam zainteresovan, reč je o dve dobre selekcije i smatram da bih sa njima imao uspeha)」と明かした。

韓国代表の指令塔候補にライェヴァツ監督が挙げられたのは今回が初めてではない。
彼は2013年夏、チェ・ガンヒ監督の後任を探していた大韓サッカー協会側に、自分が直接関心をあらわしたとというニュースが国内メディアを通じて伝えられたことがある。
続けて2014ブラジルワールドカップが終わった後、韓国代表が新監督探しに出たときも、ライェヴァツ監督の名前が挙げられたことがある。

主にアフリカ、東欧、中東の舞台で活動してきたライェヴァツ監督が、指導者として全盛期を謳歌したところはガーナ。
当時ガーナは(※南アフリカワールドカップで)セルビア、オーストラリア、ドイツを相手に、D組で1勝1分け1敗の2位で16強に上がった。
続けてガーナは16強でアメリカを下して8強に進出し、ウルグアイとPK戦まで行く接戦の末に惜しくも敗れて大会を終えた。



決然としているシリア、「韓国戦、ワールドカップの夢がかかった関門」
ベストイレブン




※一部要約

シリアは28日夜8時、ソウルワールドカップ競技場で予定されている2018ロシアワールドカップアジア最終予選A組7ラウンドで韓国と相対することになる。
2勝2分け2敗で勝ち点8を記録中のシリアは、韓国戦で勝てば少なくともプレーオフ進出順位の3位を確保できる。
背水の陣を敷いているシュティーリケ号と同様に、無条件に勝ち点を取るという意志が凄まじい。

ハキム監督は「ウズベキスタン戦の勝利は私たちに大きな確信を与えた」と1-0の勝利で飾った前の試合を振り返りつつも、「だが終わったことだ。今は韓国戦にすべての焦点を合わせなければならない。それが夢を叶えられる最も安全な道である。そして良い結果を出すことは不可能ではない」と語った。

続けて「私たちができることをすべてする。私たちは注意深く韓国を分析するだろう。正しい方向でプレーするつもりだし、選手構成で少しの変化を与えるつもり」と韓国戦に臨む覚悟を付け加えた。

シリア選手の覚悟も決然としている。
今年満23歳でクウェートのクラブで活躍しているMFハミド・ミドは「ウズベキスタン戦の勝利は完璧なタイミングで成された。私たちの夢と熱望はさらに大きくなかった。そしてシリア史上初のワールドカップ本戦行きの夢がますます現実に迫っている」と浮き立つ心境を隠さなかった。

続けて「韓国を相手にするのは難しいことだ。だが"カシオン山の鷲(シリア代表の愛称)"は経験・意志・闘志によって満足するほどの結果を出せる。今回の韓国戦はワールドカップに行く関門だ。サッカーではすべてが可能だ。先発でもサブでも関係ない。今はシリア人の夢であるワールドカップ本戦進出を達成することが重要だ」と韓国戦で必ず勝ち点を取ると意志を燃やした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング