[イン:ファクト] Kリーグオールスターがベトナムへ行く理由
フットボールリスト




※一部要約

7月の初週が過ぎた中、"2018Kリーグオールスター戦"も20日余り先に迫った。
去年、中国オールスターとの対決がワールドカップ最終予選の編成で霧散してなくなったKリーグオールスター戦が、29日にベトナムU-22との遠征試合で行われる。

一部のKリーグファンはホームで見られない事実に不満をあらわしている。
核心選手が選出される状況をありがたく思ってない韓国もいる。
なので今回のオールスター戦の招集は、1チーム当たりの選抜選手を最大二人に制限した。
ファン投票ではなくファン・ソンホンオールスター監督と韓国プロサッカー連盟の選手選抜委員会が、試合分析データをベースに選んだ。

連盟がベトナムでKリーグオールスター戦を行う理由は明確だ。
サッカー熱の高い東南アジア市場を攻略し、Kリーグ興行の外縁を拡張するということである。
連盟は2015シーズンの後半期に、無償でKリーグクラシックの10試合をベトナムの放送会社に提供し、中継を推進したことがある。
連盟の高位関係者は「中継権料を貰わずに提供したが、ベトナムでも中継制作費などの費用がかかった」と言った。

互いの理解と関心が合致して進められた中継は悪くなかったが、継続する動力を見つけられないまま終わった。
ベトナムはやはりイングリッシュ・プレミアリーグの人気が高く、ベトナム選手がプレーしないKリーグは魅力的なコンテンツとみなされるのは難しかった。
2016シーズンも無償中継でベトナムと接点を増やす契約だったが、審判買収事件などの内紛を経験して遅滞した。
その過程で再議論されたのがオールスター戦である。



鳥栖のユニフォームにチョン・スンヒョン「スンちゃんと呼んで」
蹴球ジャーナル




※一部要約

「スンちゃんと呼んでください」

最近蔚山現代からJリーグのサガン鳥栖に移籍したチョン・スンヒョンが、新チームで初めて挨拶をした。
鳥栖市の地元紙"佐賀新聞"は4日鳥栖に合流したチョン・スンヒョンが、初練習をしてから入団記者会見を行なったと5日に報じた。

チョン・スンヒョンは「色んなチームからオファーを受けた。その中で鳥栖が最も積極的だった」として、「Jリーグで一番良い選手になることが目標だ。韓国のように情熱的なプレーをするだろう」と誓った。

初練習を終えたチョン・スンヒョンは「日本サッカーは技術が優れた選手が多いという印象だった。練習してみると肉体的、精神的にも強いようだ」として、「同僚とクラブ職員が歓迎してくれたので良い姿を見せたい。戦う準備をしてこのチームに来た」と意志を固めた。






KリーガーのJリーグ流出?少しずつ吹いている日風
スポーツ朝鮮




※一部要約

Kリーグの日風が激しい。

日本Jリーグが"大手"に浮上した。
Jリーグは最近、英国パフォームグループと10年間で2兆ウォンの達する天文学的金額の中継権契約をした。

収益はJリーグクラブに流れていった。
実弾のできたJリーグチームは攻撃的な獲得を見せている。
主なターゲットは韓国だった。

全北で活躍していたキム・ボギョンがJリーグのレーダーに捕らえられた。
行き先は柏レイソル。
全北の2016ACL優勝の一助となったキム・ボギョンは1年6ヶ月で日本の舞台に戻った。

A代表級のFWファン・ウィジョも日本行きの飛行機に身を乗せた。
長い間ファン・ウィジョに求愛していたガンバ大阪が最終的に願いを叶えた。

KリーガーのJリーグ行きは終わりではない。
CBチョン・スンヒョンも蔚山を去ってJリーグサガン鳥栖のユニフォームを着た。
城南GKキム・ドンジュンも3~4のJリーグクラブの関心を受けていることがわかった。






日本代表出身の安田が語る"チャレンジ"
蹴球ジャーナル




※一部要約

サッカー選手として国を代表してプレーした。
また、欧州リーグで主戦級として活躍した。
安田理大。
華やかなキャリアを後にして、今シーズン韓国2部リーグ(Kリーグチャレンジ)の舞台で走る日本人SBである。
彼は釜山アイパークで歴代二人目の日本国籍選手で、現在12試合1ゴール3アシストを記録中である。

釜山は去年、クラブで初めて獲得した日本人MF大剛で残念な思いをした。
Jリーグ通算300試合以上プレーしたが、韓国では5試合の出場に終わった。
大剛が6ヶ月で去った釜山は5位に留まり、降格して1年でのクラシック(1部)復帰は失敗に終わった。

今年は安田が大きな力となっている。
ガンバ大阪を経てオランダ・エールディビジのフィテッセ所属で3シーズン活躍した彼は、サガン鳥栖・ヴィッセル神戸・名古屋グランパスでプレーしてKリーグに来た。
2008年の韓国戦などAマッチ7試合と、フィテッセ時代のヨーロッパリーグ3試合を消化した安田は、チャレンジでも特有のオーバーラップ能力を誇示している。

特に最近2試合で大活躍した。
先月26日の安山グリナース戦でデビューゴールを含む1ゴール1アシスト、7月初日にのソウルイーランド戦で1アシストを上げた。
ソウルイーランド戦はもう少し特別だった。
相手チームの篤紀と"日本人ダービー"を繰り広げ、両選手ともアシストを記録した。
2001年に海本(城南)が日本人として初めてKリーグのグラウンドを踏んでから、日本選手が対決して並んで攻撃ポイントまで上げた最初の日になった。



"クラシック最精鋭出撃"ファン・ソンホン監督が率いるKリーグオールスターチーム確定
エクスポーツニュース




※一部要約

韓国プロサッカー連盟が7月29日にベトナム・ハノイで行われる2017Kリーグオールスター戦の選抜チームメンバーを確定して発表した。

攻撃陣には15ラウンド現在でクラシック得点ランキング1位を走っている(浦項)をはじめとして、代表級FWのキム・シヌク(全北)、イ・グノ(江原)が抜擢された。
MFもやはりKリーグ最高のウィンガーであるヨム・ギフン(水原)やファン・イルス(済州)、ソン・ジュンホ(浦項)らの目立った活躍を繰り広げている選手が布陣し、守備陣もやはりキム・ジンス(全北)、カク・テヒ(ソウル)らで堅く構成された。
これで1部リーグであるKリーグクラシックの最精鋭メンバーが総出動し、ベトナムの現地サッカーファンにアジア最高レベルの競技力を披露する見通しだ。

ベンチの陣容もやはり華やかである。
ディフェンディングチャンピオンFCソウルのファン・ソンホン監督が指揮棒を取り、1990~2000年代の韓国サッカーを一緒に導いた蔚山のキム・ドフン監督と水原のソ・ジョンウォン監督がコートとして同行する。

選抜チームのメンバーは連盟選手選抜委員会が選定した1次候補群を基に、ファン・ソンホン監督と選手選抜委員会が2次会議で選定した。
選定には2017シーズンの試合分析データを基にした活躍度と、クラブ別の均等選抜(最大二人)を考慮した。

一方、ベトナムの人気スターであるチュオン(江原)はベトナム代表の一員としてプレーする予定である。
Kリーグオールスターチームはクアラルンプール東南アジア大会に出場するベトナム代表との試合を通じて、ベトナムのサッカーファンにKリーグを広く伝える予定である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング