ヤン・ドンヒョンと豊田、舞台を変えた韓日代表ストライカー
ジョイニュース24




※一部要約

韓国Kリーグと日本Jリーグを代表するFWがリーグを等価交換した。
ヤン・ドンヒョン(セレッソ大阪)と豊田陽平(蔚山現代)がその主人公である。

冬の移籍市場がいつのときよりも熱く進んでいる。
ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントでプレーしていたパク・チュホが韓国の舞台に帰ってきて始まった移籍市場の熱気は、FCソウルでプレーしていたデヤン・ダミヤノヴィッチが最大のライバルチームである水原三星に移籍して絶頂を迎えた。

そこに昨シーズン14アシストでKリーグアシスト王を記録したソン・ジュノをめぐって全北現代と水原の争奪戦が繰り広げられ、チャレンジでも様々な移籍が起きてKリーグ移籍市場は近年稀に見る"活況"を呈している。
大型選手の行き先が次から次へと発表され、ファンの関心もまたさらに大きくなっている。

そんな中でKリーグとJリーグを代表する2人のFWが舞台を等価交換したことも、ファンの関心を集めている。
浦項スティーラースでプレーして驚くべき当店生産力を見せたヤン・ドンヒョンと、Jリーグで通算147ゴール(2部リーグ53ゴール含む)を炸裂させた豊田である。

まずヤン・ドンヒョンが6日、Jリーグ3位を占めたセレッソ大阪の入団を確定させた。
去年末から弛まずセレッソ大阪移籍説が提起され、最終的にピンク色のユニフォームを着ることになった。



容易ではない中の"サッカー崛起"、U-23チャンピオンシップ3連続予選脱落
ニュース1




※一部要約

"2018AFC U-23チャンピオンシップ"開催国の中国が予選脱落した。
中国が5年前から叫んでいる"サッカー崛起"は容易ではなさそうだ。

中国は15日、常州オリンピックスポーツセンターで行われたカタールとのU-23チャンピオンシップA組グループリーグ3次戦で1-2の逆転負けを喫した。

オマーンとのグループリーグ初戦で3-0の完勝をおさめた後、ウズベキスタンとカタールに連続で跪いた中国は1勝2敗(勝ち点3)となり、カタール(3勝、勝ち点9)とウズベキスタン(2勝1敗、勝ち点6)に続いてグループ3位に終わって8強進出に失敗した。

これで中国は2014年のU-23チャンピオンシップ初代大会から3回連続でグループリーグ脱落という屈辱を経験した。

中国にとっては痛恨の結果である。
中国は2013年に習近平主席が就任してから"サッカー崛起"を叫んで投資を惜しまずにいる。



ユン・ジョンファン「日本選手はサッカーを楽しむ…あるときはあまりに楽しんで問題」
ハンギョレ




※一部要約

違いは何なのだろうか?

ユン・ジョンファンセレッソ大阪監督に新年初頭のソウル漢南洞の自宅前で会った理由はシンプルだった。
韓国Kリーグにいたときは見方によっては期待に沿えなかったが、なぜ日本に行ったら変わるのかという疑問のためである。
ユン監督は2011年に日本2部リーグチームのサガン鳥栖に赴任して初年度に1部へ上げ、その後上位圏でチームを安定させて株を上げた。
また、その力で2015~2016年の2年間、Kリーグの名門・蔚山現代の指令塔を引き受けることができた。
だがチームは初年度に7位、翌年は4位に終わって、かなり期待していたファンを失望させた。
その後蔚山との再契約と日本行きの間で悩んでいた彼は、結局日本に発った。
日本に復帰した彼は、1年で2部から上ってきたセレッソ大阪を正規リーグ3位に安着させ、Jリーグカップと天皇杯の2つの優勝カップを手にした。
外国人指導者では珍しく、Jリーグ監督賞まで受賞した。
多くの指導者が日本で活躍しているが、サッカーの舞台で確固たる地位を固めた韓国指導者は彼が初めてである。

両国の間にはプロクラブの哲学、選手の態度やチームの雰囲気、サポーターの役割、ユースサッカーの基盤まで、様々なサッカーの要素や環境、文化の違いがある。
同じ人物が異なる結果をもたらしたのなら、構造や環境の違いが大きな影響を及ぼしたのだろう。
ユン監督に単刀直入に聞いた。
「いったい何が違うのでしょう?」

口数の少ないユン監督は特有の浅い笑みを浮かべた。
声も大きくない彼は「選手のやる気があった。変わろうと思う気持ちがあった」と答えた。
熱い返答を期待していたが間違いだった。
だが40代半ばの若い指導者が飾らずに語るその形式に、"ユン・ジョンファンのリーダーシップ"の内功があるという考えに後でなった。



[気象図] 中国を脱出する韓国選手、日本を支配した韓国GK
スポーツ韓国




※一部要約

一時、黄金郷"エル・ドラード"と見られて誰彼なく中国へ向かった。
一時、"エクソダス"という言葉が流行ったほどに。
監督もコーチも選手もすべてが中国へ向かったが、アジアクォーター廃止によってバブルは完全になくなった。

一方、中国が沈むと日本が浮かんだ。
今や日本ラッシュが大勢だ。
大勢の中心には成果がある。
昨シーズンの日本Jリーグの1・2・3位チームの主戦GKは韓国GKだった。

このままなら2018シーズンに中国でプレーする韓国選手はクォン・ギョンウォンしかいない可能性が高い。
最近、重慶力帆のチョン・ウヨンが実家チームのヴィッセル神戸に移籍した。
残りの選手はクォン・ギョンウォン(天津)、キム・ギヒ(上海申花)、キム・ヨングォン(広州恒大)、キム・ジュヨン(河北)、ファン・イルス(延辺)、ホン・ジョンホ(江蘇)だが、クォン・ギョンウォン以外は皆新しいチームを探している。

ファン・イルスとホン・ジョンホの場合は国内復帰が有力で、キム・ギヒやキム・ヨングォン、キム・ジュヨンも移籍が有力である。
全員2017シーズンの開始前に突如下されたアジアクォーター廃止(従来の5人から3人に外国人選手を制限)で犠牲になったのは韓国選手だった。

もちろん技量が他の外国人選手よりも優れていれば問題ないが、現在の中国リーグは外国人選手をヨーロッパビッグリーグの主戦級選手に巨額を払って連れてくるので、身代金競争自体が不可能だ。



FCソウル、パク・チュヨンと3年の再契約…2020年までソウルのユニフォーム
ニュース1




※一部要約

パク・チュヨンが今後もFCソウルの赤黒のユニフォームを着てファンの前に立つ。

FCソウルがパク・チュヨンとの再契約を確定させた。
契約期間は3年で2020年末までである。

FCソウルはクラブの象徴でありチームとともに歴史を作ってきたパク・チュヨンとの再契約を確定させ、今シーズンに向けたスタートラインにともに立った。

パク・チュヨンは2015年にヨーロッパ生活を終えてFCソウルとKリーグの舞台にカムバックし、翌年にKリーグクラシックの優勝トロフィーを一緒に掲げた。

今回の再契約でFCソウルとパク・チュヨンは、再び新たな目標に向けてともに走れるようになった。
2018シーズンの新たな跳躍を準備中のFCソウルとしては、チームの中心になり選手団を導くパク・チュヨンとの再契約は嬉しい限りだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング