[ワールドカップD-30] アジア5ヶ国、8年ぶりの16強進出を達成するチームは?
スポーツソウル




※一部要約

AFCを代表する5ヶ国が、4年前のブラジルでの不振を挽回するためロシアの地を踏む。

2018ロシアワールドカップが30日先に迫っている中、アジア予選を突破した5ヶ国も出港を前に詰めの点検に入った。
アジア代表として出場した4ヶ国は、ブラジル大会の各グループですべて最下位で16強進出に失敗し、屈辱を味わった。
4チームが手にした勝ち点は計3点。
2010南アフリカワールドカップで韓国と日本が同時に16強に進出する快挙を達成したことを考えれば、さらに痛恨の結果である。

今年ロシアに向かう5ヶ国は、韓国を含めてサウジアラビア、日本、イラン、オーストラリアだ。
FIFAが2026年大会から参加国を48ヶ国に増やし、韓国サッカーはアジアチームの成績で大陸別クォーターの縮小に気を使う必要性は事実上なくなった。
だがアジアサッカーの現住所を把握できるという点で、相変わらずアジアチームのワールドカップ成績は興味深い。


◇A組のサウジアラビア、ワールドカップための変化がむしろ自滅の手に

サウジアラビアはエジプト、ウルグアイとともに開催国ロシアが入ったA組に属している。
ホームアドバンテージを持つロシアからモハメド・サラーのエジプト、ルイス・スアレスやエディソン・カバーニがいるウルグアイまで決して容易ではないグループだが、世界最高の国が並ぶワールドカップという点を考慮すればそれほど悪くない編成である。

だがサウジアラビアの真の問題は内部にある。
自国選手の海外進出がなく国際競争力が落ちるという評価を受け入れたサウジアラビアは、弱点を補完するためリーガとの協約を締結して、代表選手をスペインにレンタル移籍させた。
だが監督の意志とは関係ない獲得だったため、多くの選手は半シーズンの間、出場機会をほとんど掴めなかった。

監督の問題もやはり外せない。
チームを地区予選で成功裏に導いたファン・マルバイク監督と去年9月に決別したサウジアラビアは、アルゼンチン出身のエドガルド・バウサ監督を選任したが、バウサ監督まで2ヶ月で出した。
今はフアン・アントニオ・ピッツィ監督が指揮棒を手にしている。
サウジアラビアのこのような突然の変化が"神の一手"になれるかは蓋を開けてみなければわからないが、無理数であって自滅の手になる可能性が高く見える。



ACLに隠れた経済学…支援金・成果給の損益計算書は?
スポーツ朝鮮




※一部要約

"気分は良いが残るものはない"

金の論理が支配するプロの世界だ。

アジアのプロクラブが参加するアジアチャンピオンズリーグ(ACL)も例外ではない。
ビッグクラブが並ぶヨーロッパチャンピオンズリーグほどではないが、ACLでも金が流れ込む。

好成績を出すチームが一銭でもさらに貰える構造だ。
韓国プロサッカー連盟によると、今年のACLの場合はグループリーグ勝利時に5万ドル(約5400万ウォン)、引き分けで1万ドル(約1080万ウォン)の支援金が与えられる。
負ければびた一文もない。
そこに遠征試合補助金としてチーム当たり3万ドル(約3200万ウォン)が支給される。
グループリーグの3試合は遠征なので計9万ドルを受け取るわけだ。
これらの支援金はすべて大会主催側のアジアサッカー連盟(AFC)が支給する。
放送中継権収益などから用意した財源である。

16強戦から支援金は徐々に上がる。
一種の"成果給"だ。
16強に進出すれば10万ドル(約1億8000万ウォン)、遠征試合支援金3万ドルを追加で受ける。
8強戦進出時は15万ドル(約1億6200万ウォン)に引き上げられ、準決勝では25万ドル(約2億7000万ウォン)にぴょんと跳ね上がる。
8強-準決勝のすべてで遠征試合支援金は3万ドルで同一である。



[ACLレビュー] "守備不安が現実に"全北、ブリーラム遠征で2-3負け…8強行き危機
インターフットボール




※一部要約

守備空白の憂慮が現実となった。
全北現代がタイのブリーラム・ユナイテッド遠征で衝撃負けを喫した。

全北は8日、サンダーカッスル・スタジアムで行われたブリーラム・ユナイテッドとの2018AFCチャンピオンズリーグ16強1次戦に2-3で敗れた。

これで全北は15日にホームの全州ワールドカップ競技場での2次戦で、8強進出の死活をかけなければならない立場となった。





[試合結果]

ブリーラム(3):シウバ(前6、後24)、ディオゴ(後15)
全北(2):ロペス(後5)、ソン・ジュノ(後追加)



東海岸ダービーの英雄"豊田"、そのように"父親"になる
蔚山現代




※一部要約

父親という単語はせいぜい三音節(※아버지:アボジ)に過ぎない。
だがその短い単語を口から詠じられれば、この世のすべての子供の数と同じくらい重い響きが感じられる。
世の中の父親の数と同じくらい、父親の姿も千態万状である。
誰かにとっては父親が英雄で、誰かにとっては憎しみの対象だ。
ときに無力だったり、完璧だったりする。

同じ父親から様々な姿を発見したりもする。
かつて完璧だった人を疑い混じりの視線で見なければならず、ある瞬間に再び本来の姿を取り戻したかと思いつつも、憐憫混じりの視線で眺めなければならない。
そのような父親の姿を見て育った人々が、自分が父親になったとき。
かつてと同じ姿をした自分の父親を思い出させる。

父親になることは簡単でも、父親らしくなるのは難しいものだ。
学ぶ教範が多く、自ら辛い道をかき分けて進まなければならない運命。
それが父親の宿命だ。
なので父親は毎瞬間、孤軍奮闘する。
子供に父親らしい姿を見せるために。


70479710a.jpg



日本メディア「本田、Kリーグ行きの可能性ある…問題は移籍金」
スポータルコリア




※一部要約

Kリーグで本田圭佑を見られるだろうか。
日本メディアが本田のKリーグ移籍の可能性を分析した。

本田は日本代表出身のMFだ。
2008年に名古屋グランパスを去ってヨーロッパの舞台を踏み、2014年にイタリアのACミランに移籍した。
だが本田のミラン生活は順調ではなかったし、2017年にメキシコのパチュカーのユニフォームを着た。

パチューカとの契約期間は6月30日までである。
今シーズン、リーグ32試合に出場して10ゴール7アシストを記録したが、パチューカと同行する可能性は低い。
現地メディアによると本田はパチューカとの別れを考えている。

本田の今後の行き先が注目されている中、日本メディアが興味深い可能性を提起した。
日本"フットボールウェブ・ゾーン"は"フォックススポーツアジア"を引用し、本田の行き先を予想した。
アメリカやスペイン行きもあるが、アジア舞台の復帰の可能性も低くない。

本田がアジア舞台を選ぶ場合、計5ヶ国が範囲に入ると報じた。
まずタイだった。
メディアは「タイは東南アジア上位圏の国だ。本田がタイ行きを決めれば興行で大いに役立つだろう。タイ代表選手が日本リーグで活躍しているので両国の雰囲気も良い」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング