[公式発表] ベント、新任A代表監督選任…カタールWCまで指揮
スターニュース




※一部要約

大韓サッカー協会が新任代表監督にポルトガル出身のパウロ・ベントを任命した。

大韓サッカー協会は17日午前、サッカー会館で公式記者会見を行い、新任代表監督にベントを選任したと明かした。
ベントの契約期間は2022年のカタールワールドカップまでで、詳細な年俸については公開されなかった。

キム・パンゴン代表監督選任委員長は「レベルの高いコーチとともに真正性を見せたベント監督と合意に至った」として、「面談した監督の中で最も好印象を受けた。監督とコーチはすべてプロフェッショナルだったし、高いレベルの専門性を有していて、どのように練習を通じて実現するのかよく説明した。有能な監督だという判断の下で技術的資料を点検した結果、4年間持ちこたえて支援すれば、明らかに韓国サッカーを発展させられる監督だと確信した」と説明した。

ベント監督はキム委員長に「韓国は足をうまく使うGKがいて、優れたDFとMFがいて、十分に良い攻撃を展開できる」として、ワールドカップの韓国の試合をすべて分析し、自分の哲学を加味してどういうサッカーをするのかという計画まで明かした。

2018ロシアワールドカップ終了後、7月15日からキム・パンゴン委員長はすぐに後任監督の選任作業に本格的に着手した。
既存のシン・テヨン監督まで候補群に含めて天秤にかけた。
ブラジル代表監督出身のルイス・フェリペ・スコラーリをはじめとしてカルロス・ケイロス、ヴァヒド・ハリルホジッチ、カルロス・オソリオなど無数の監督が下馬評に上がったが、最終的にベントが指名を受けた。

これで韓国代表は2017年6月のウリ・シュティーリケ監督の退陣以降、1年2ヶ月ぶりに再び外国人監督に指揮棒を任せることになった。
同時に2003年2月から2004年4月まで代表監督を引き受けたウンベルト・コエリョ以来、歴代2人目のポルトガル出身の韓国代表監督となった。


20180817102619301a.jpg



[単独] KFAが新任代表指令塔にパウロ・ベント元ポルトガル監督に確定
スポーツ朝鮮

20180816155450716.jpg


※一部要約

危機の韓国サッカー、消防士はパウロ・ベント監督だった。

韓国サッカーを率いる新たな首長が決定した。
ポルトガルA代表を率いたベント監督である。

16日、ヨーロッパサッカーに詳しいエージェントによると、「KFAとベント監督がミーティングをして、KFAのオファーにベント監督が同意した。近い内に発表するだろう」と伝えた。
キム・パンゴン大韓サッカー協会代表監督選任委員長は8日にヨーロッパへ発ち、様々な候補と接触してから16日に帰国した。
キケ・フローレス元エスパニョール監督らが嘱望されていたが、最終的にベント監督が選ばれた。


20180816155450716a.jpg


スタイルは"堅固なサッカー"を強調する。
溢れるカリスマを基に、チームの雰囲気を害する選手は容赦なく外す。
ユーロ2012のとき、ベテランを外して"若い血"を重用して成功をおさめたのが代表的だ。
4-3-3を好むベント監督は、安定したサッカーで結果を出す。
攻撃時にはカウンターを強調し、守備時には中盤から"多く走る"サッカーを繰り広げる。
南米やヨーロッパなど多様な舞台を経験しているし、特に中国スーパーリーグでアジアの舞台に接している点も肯定的である。

一方、大韓サッカー協会はベント監督選任の決定について肯定も否定もしなかった。
大韓サッカー協会は17日にベント新監督選任を公式発表する。


20180816155450716b.jpg



キム・パンゴン委員長が16日午後帰国+最終議論"17日発表が目標"
スポTVニュース




※一部要約

キム・パンゴン代表監督選任委員長が16日午後に、2次ヨーロッパ出張を終えて帰国する。
大韓サッカー協会は16日午後に新しい代表監督選任の最終議論を進めた後、確定する予定である。

大韓サッカー協会のメディア担当官は「キム委員長が午後に帰国するのは事実。だが17日に発表することは決まってない事項だ。どの監督に決まったのかも伝えられることはなかった」と語った。

協会内部の事情に詳しい関係者によると、まだ新任監督選任に対する協議の最終承認がされてない。
キム委員長が16日午後に帰国して報告した後、細部条件などの合意事項を議論してから決める。

協会の関係者は新監督選任作業を今週中に終える目標を持っていると伝えた。
今週中に発表するなら、17日の金曜日が唯一である。
17日を過ぎれば週末を越えて20日の月曜日発表が最速の時点である。

協会はキム委員長の交渉対象と交渉状況について、相変わらず徹底したセキュリティを維持している。
サッカー界の関係者によると、はっきりと合意した監督が誰なのかを把握できずにいる。



"韓国と交渉した"ケイロス、2019年までイランに残る
スポータルコリア




※一部要約

カルロス・ケイロス監督が2019年のアジアカップまでイラン代表を指揮する見通しだ。
イラン体育会の高位幹部まで、ケイロス監督の残留を確信した。

イラン日刊紙"テヘラン・タイムズ"は15日、「ケイロス監督がイランサッカー代表に残留する。ケイロス監督は2019年のAFCアジアカップまでイランを導く見通し」と報じた。

ケイロス監督は2011年にイラン代表の指揮棒を手にした。
イランはケイロス監督の下、実利的なサッカーでアジア最高の席に上がった。
2回のワールドカップでは16強進出に失敗したが、2018FIFAロシアワールドカップでは特有の色でポルトガルとスペインを苦しめた。

ワールドカップ後にイランとの決別説が出回った。
契約延長をしなかった状況で、大韓サッカー協会と交渉した状況が捉えられた。

コロンビア代表就任説もあった。
だがケイロス監督はイラン代表に残る見通しである。
イランサッカー協会はケイロス監督の要求を受け入れ、残留に総力を尽くした。
イラン体育次官のモハマド・レザ・ダヴァルザニも「ケイロスは2019年のアジアカップまで残るだろう」と確信した。






[単独] サッカー協、モドリッチを育てた"クロアチアの英雄"ビリッチ監督と交感
スポーツ東亜




※一部要約

2022カタールワールドカップを準備するサッカー代表の新任指令塔の選任に総力を傾けている韓国サッカーの歩みが尋常ではない。
大韓サッカー協会代表監督選任委員会のキム・パンゴン委員長は、先月はじめから監督候補群を選別、接触する過程を進めていたが、先週末を基点に新たな人物が登場した。
クロアチア"サッカーの英雄"スラベン・ビリッチ監督だ。

ヨーロッパ現地で活動している複数の有力なヨーロッパのエージェントは12日、「ヨーロッパ出張中のキム委員長が、ビリッチ監督と交渉をしている。フランス・パリで直接ミーティングをしている状況を捉えた」と耳打ちした。

サッカー協会の便りに詳しいサッカー人も「優先交渉候補群(3人)との交渉が思い通りにならない状況で、ビリッチ監督が取り上げられたようだ。現在、同時多発的な接触が行われているので、今後の推移を計ることはできないが、十分成功の可能性はあると思う」と予想した。

実際、交渉の当事者とのミーティングは、ある程度交感を交わしたときにすることができるものである。
最初の接触後にまったく関心がなければ、わざわざ他国にまで移動して会う理由はない。
互いに共感を形成した後、直接顔を合わせて交渉し、意見の違いを狭める過程にあると見ることができる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング