[インタビュー] "Kリーグデビューゴール"阿部拓馬「韓国生活に満足…サムギョプサル、サムゲタン最高
スポーツソウル




※一部要約

荒いあごひげを生やしてグラウンドを走る姿を見たとき、"男らしい男"のように感じた。
だが近くに立つとまったく感じが違った。
柔らかい言葉一つ、内気な笑みを浮かべて美少年のような雰囲気を漂わせていた。

韓国生活2ヶ月目の蔚山現代の日本人アタッカー阿部拓馬は21日、蔚山のクラブハウスで行ったスポーツソウルとのインタビューで「韓国料理の中ではサムギョプサル、サムゲタンが一番好き」として、妻や9ヶ月の娘と満足な生活をしていると笑った。
阿部は前日、蔚山文殊競技場で行われた大邸FCとのKリーグクラシック30ラウンドで、韓国舞台でのタビューゴールを打ち上げた。
チームが2-1でリードしていた後半12分、イ・ヨンジェのパスを受け、ペナルティボックス正面からミサイルのようなミドルシュートでゴールを決めた。
蔚山は終盤に1ゴールを許して3-2で勝ったが、拓馬の一発が決勝ゴールになった。
Kリーグ8試合目で出た初得点。
彼は「イ・ヨンジェがパスを上手くしてくれた。私がボールを持ったとき、同僚が動いてくれてサイドに(相手の守備が)集中し、中央が空いていた。すぐに左足シュートを試みた」として、「日本でも韓国でもゴールはいつも嬉しい」と言った。

1987年生まれの彼は、数え年で30を過ぎた。
夏の移籍市場で突然韓国行きを決心したのは、新たな環境での挑戦に対する渇望だった。
2010年にJ2リーグの東京ヴェルディでプロデビューした阿部は、2013~2014年にドイツ・ブンデスリーガ2部のアーレンでプレーしたことがある。
2015年にヴァンフォーレ甲府を通じてJリーグに復帰した後、去年からFC東京でプレーしていた。
プロデビュー所期の東京ヴェルディ時代に、1シーズンで18ゴール決めたことがあるが、その後は二桁得点がなかった。
今シーズンのJリーグ10試合でも1ゴールも決めておらず、カップ大会だけで3ゴールを記録していた。
自ら変化を夢見ていた。



全北にかかった急ブレーキ…彼らは勝ち抜けることができるだろうか?
ベストイレブン

20170921073748756.jpg


※一部要約

上手くいっていた全北現代に急ブレーキがかかった。
単に1試合に敗れたためのブレーキではない。
優勝レースに赤信号がつき、常勝疾走していた新鋭は致命的なミスで頭を下げてしまった。
弱り目に祟り目で、チェ・ガンヒ監督が自身の将来を暗示するような発言を残した。
本当に急ブレーキだ。

全北は前日の20日、全州ワールドカップ競技場で行われたKリーグクラシック2017の30ラウンドの尚州尚武戦に1-2で敗れた。
全北はチョン・ヒョクが前半32分にFKで先制ゴールを記録したが、後半15分と追加時間に尚州に1ゴールずつ許して1-2の逆転負けを喫した。

まず全北に迫った悪材料はキム・ミンジェの退場である。
今シーズンのKリーグはもちろん、韓国サッカー全体を合わせても手を挙げられるほどの活躍をしているキム・ミンジェは、尚州戦で前半22分と前半39分に続けてイエローカードを受けて退場した。
プロ通算初の退場だった。
キム・ミンジェはすでに最初の警告を受けていたにもかかわらず、無理なプレーで2回目の警告まで受けてチームに大きな悪影響を及ぼした。


20170921073748756a.jpg



Kリーグでプレーしたパータルの平壌遠征「ホテルの上をミサイルが飛んで行った」
ソウル新聞




※一部要約

「遠征最終日に私たちのホテルの部屋の上からミサイルが発射された。私たちはそのようなことにまったく準備できておらず、早くここを抜け出さなければという思いだけだった」

インドプロサッカー・ベンガルールFCのMFであり、去年国内Kリーグの全北で6試合だけプレーしたエリク・パータルが、世界で最も秘密の国であり、アメリカと激しい核脅威の攻防を繰り広げている北韓遠征に行った所感を、19日に英国BBCで打ち明けて目を引いた。
ベンガルールは国内でもよく知られている4・25サッカークラブとのAFCカップ準決勝のホーム1次戦を3-0でリードした状態で、13日に平壌の綾羅島5・1競技場を訪れて遠征2次戦を0-0で引き分け、タジキスタンのFCイスティクラルとの決勝に進出した。

パータルはソーシャルメディアに文章を上げて平壌遠征が安全なのか心配していたが、AFCが前もって踏査チームを送って安全であるという判断を下し、遠征に発った。
彼は「戦争が起きるかもしれない、それか不安定な地域でサッカーをするということだった。だが北韓は聞いていたものとはまったく違うところだった」と振り返った。

インド・ムンバイを出発して中国・北京を経由し、11日に平壌の順安国際空港に到着したが、係留場に飛行機が一台しかなくて驚いた。
遠征キット、サッカーシューズやサッカーボールなどの手荷物が紛失し、2時間も待たなければならなかった。
すべての店や出入国事務所の職員も退勤していて、電気も通ってない空港でベンガルールの選手だけが残っていた。



シュティーリケ、中天津デビュー戦大敗…長春に1-5の敗北
スポータルコリア




※一部要約

シュティーリケ元韓国代表監督が、中国スーパーリーグの天津泰達の指揮棒を手にして初めて行った試合で大敗した。

シュティーリケ監督が率いる天津は15日、ホームの泰達フットボールスタジアムで行われた長春亜泰との世紀リーグ戦に1-5で敗れた。
前半だけで3ゴールを許してリードされた天津は、後半にも特別な状況を作れないまま力なく崩れた。

シュティーリケ監督は9日、降格圏に遅れを取っている天津を救う消防士に指名された。
現在15位に留まっている天津は、残り7試合をシュティーリケ監督に任せて残留を頼んだ。

天津のシュティーリケ監督に対する期待感はかなりのものだった。
11日のAFPによると、天津は「シュティーリケ監督が1部リーグ残留を成し遂げる」として、「シュティーリケ監督はアジア圏で長く活動し、アジア文化をよく理解していて長所がある」と言った。

幸い天津は後半追加時間に1ゴールを挽回して零敗は免れた。



チョ・ヨンチョル転役…蔚山キム・ドフン号"千軍万馬"になって戻ってきた
スポーツソウル




※一部要約

チョ・ヨンチョルが尚州尚武で軍服務を終えて蔚山現代に復帰した。

チョ・ヨンチョルは13日、蔚山のクラブハウスに復帰、KリーグクラシックとFAカップの同時優勝を狙っているチームの千軍万馬になって戻ってきた。
ただでさえスボティッチの他にこれといったワントップがいなかったキム・ドフン監督としては、チョ・ヨンチョルの加勢でさらに多彩な攻撃戦術を構想できるようになった。
主力FWであるイ・ジョンホやオルシャらと、どのようなシナジーを出すのかが関心事である。

チョ・ヨンチョルはJリーグの横浜FC、アルビレックス新潟、大宮アルディージャを経てカタールSCで活躍し、2015年7月に故郷のチームでる蔚山に入団した。
その年のシーズン直後に尚州に入団した後、2シーズンで42試合5ゴールを記録した。

チョ・ヨンチョルは「尚州で軍服務をしながら良い経験を多くした。早く転役して蔚山で助けとなり、ファンに愛される選手になりたいという気持ちが大きかった」と語った。
それと同時に「尚州でも蔚山の試合をほとんどチェックしていた。チームが追求しているスタイルや、所属選手がどんな心構えでプレーしているのかよくわかっている。そういう姿に感銘した。私も早くチームに適応し、一員となって手助けしたい」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング