エウケソンを含む外国人6人が帰化中の中…「これはブラジル2軍じゃないのか」
OSEN




※一部要約

中国"捜狐ドットコム"は21日、「無分別な外国人帰化が続けば、中国男子サッカー代表はベストイレブンが外国人帰化選手で構成され、世界のサッカー史を新たに記すだろう」と批判した。

野心的な中国のサッカー崛起の結末は帰化だった。
2022FIFAカタールワールドカップ本戦舞台の進出にオールインした中国は、自国選手の成長を信じるより急な火消しに乗り出した。

復帰したマルチェロ・リッピ監督の要請で、ニコラス・イェナリスを筆頭に混血選手を大挙代表に合流させ、体躯の拡大に乗り出した。

混血選手の帰化以上に関心を集めたのが外国人の帰化である。
すでにエウケソンがAFCの承認を受け、ワールドカップ2次予選から出撃する。

エウケソンに続いてグラールアランアロイージオフェルナンジーニョら最低5人の中国スーパーリーグ長寿外国人が先を争って帰化を申請した。
中国サッカー協会も制限を設けずにすべて受け入れる計画だ。

"捜狐ドットコム"は「エウケソンに続いてグラールも2020年くらいに中国代表のユニフォームを着ることができる」として、「他の3人もやはり関連部署の承認だけを待っている状態」と伝えた。





ブラジル"テラ"は「中国の帰化ラッシュについて、多くのブラジル選手が希望を見た。ブラジルの代わりに、スーパーリーグで活躍して帰化を通じて代表選手の夢まで叶えたがっている」と説明した。

このままなら中国は攻撃ラインのほとんどを帰化選手で設ける可能性が高い。
"捜狐ドットコム"は「こんなことをするなら先に言及した6人に、5人をさらに帰化させて世界サッカー史上初の全員が帰化選手のチームを設けよう」と批判した。

"捜狐ドットコム"は「中国内でも反発が大きい。自国選手の発展を無視した過度な処置だという批判が多い」として、「もしワールドカップに出ても、中国代表ではなくブラジル2軍と見なければならない。これが栄光なのかわからない」と疑問を呈した。



[写真] ムゴシャ-チェ・キュベック、"一触触発"
OSEN




※一部要約

仁川と済州が引き分けに終わり、降格圏脱出に失敗した。

仁川と済州は18日、仁川サッカー専用競技場で行われたKリーグ1・2019の26ラウンドの対決で0-0の引き分けを記録した。
勝利をおさめれば降格圏脱出の機会があった仁川と済州は、仲良く勝ち点1ずつを追加した。

仁川は4勝7分け15敗の勝ち点19で慶南と同率になったが、多得点で押されて順位の反騰に失敗した。
済州は勝ち点を追加したが3勝9分け14敗の勝ち点18で最下位に留まった。

後半終盤、仁川のムゴシャと済州のチェ・キュベックが神経戦を繰り広げている。




[フォト] チェ・キュベック、惜しい挨拶
日刊スポーツ




※一部要約

試合後、チェ・キュベックら選手がファンに挨拶している。



「仁川で私はブーイングを受ける存在だったのか」…目頭を赤くしたナム・ジュンジェ
マイデイリー




※一部要約

トレードで済州ユナイテッドのユニフォームを着て、実家チームの仁川ユナイテッドを訪れたナム・ジュンジェが、仁川ファンの冷ややかなブーイングを受けた。
試合後に目頭を赤くしたナム・ジュンジェは、深い溜め息を吐き出して頭を下げた。

降格圏で争っている仁川と済州は18日午後7時、仁川サッカー専用競技場で行われたKリーグ1・2019の26ラウンドで、得点なしで0-0の引き分けを記録した。
"勝ち点6"試合で両チームは勝ち点1ずつを取るのに留まった。

これで11位の仁川は勝ち点19になり、12位の済州は勝ち点18になった。

熱かった試合と同じくらい関心を集めたのは、夏の移籍市場でトレードによって運命が変わった二人の選手だった。
ナム・ジュンジェが仁川から済州に、キム・ホナムが済州から仁川にそれぞれユニフォームを着替えた。

ナム・ジュンジェとキム・ホナムがどちらも去る過程で寂しさを吐露して論難となり、移籍後のインタビューで仁川を相手に自分のトレードマークであるレゴラスセレモニーをすると言って仁川ファンの怒りを買ったナム・ジュンジェは、試合中ずっとブーイングを受けた。

仁川サポーターズは試合中、ナム・ジュンジェがボールを持つたびにブーイングを浴びせた。
そして"夜逃げ"という垂れ幕をかけてナム・ジュンジェを非難した。
ナム・ジュンジェは試合後に仁川を象徴する青色のチョッキをわざわざ着て、サポーター席に歩いていって挨拶までしたが、ファンの反応は冷ややかだった。






イタリアの南北有望株、初戦は冨安だけ出場
フットボールリスト




※一部要約

イタリアで韓国、北韓、日本の21歳有望株3人が激突を準備している。
イタリア・セリエAの前にしたコパ・イタリアの試合では、日本の冨安健洋だけが先発でプレーした。

今シーズンのセリエAはエラス・ヴェローナのイ・スンウ、カリアリのハン・グァンソン、ボローニャの冨安健洋が同時に集まり、北東アジアの有望株3人が争う舞台となった。
17日から19日に行われた"2019/2020コパ・イタリア"3ラウンドには、3チームがすべて参加した。
3ラウンドは昨シーズンのセリエA9位以下と新たに昇格したチームまで、12チームが参加する。
ヴェローナ、カリアリ、ボローニャはすべて3ラウンドの参加基準に含まれていた。

冨安は19日、ボローニャがピサを3-0で下した試合に先発でプレーし、イタリアの舞台でデビュー戦を行った。
ピサはセリエBのクラブである。
日本代表の主戦DFである冨安は、ボローニャが700万ユーロ(約94億ウォン)を投資して野心的に獲得した選手だ。
主戦として出場機会を受ける可能性は高い。

イ・スンウとハン・グァンソンは出場できなかった。
イ・スンウは19日、ヴェローナがクレモネーゼに1-2で敗れた試合でベンチを守った。
ハン・グァンソンは同日、カリアリがキエーボを2-1で下した試合のリストに入らなかった。

イ・スンウと冨安は対決を控えている。
26日に行われるセリエA開幕戦で、ヴェローナとボローニャが対決する。
もし両選手が同時に出場すれば、韓国と日本の代表選手の興味深い対決が見られる。
イ・スンウは青少年代表時代から、日本への強いライバル意識と自信を明らかにしてきた。



韓他種目を口にした中、「帰化サッカー選手を恥ずかしがるな」
ベストイレブン




※一部要約

中国サッカー界の最近の話題は断然"帰化"である。
自国選手の限界を痛感し、認めた中国は、マルチェロ・リッピ監督の強い要請で、より優れている外国選手を一人二人と代表に収集している。

その結果、アーセナルユース出身のニコ、長年中国スーパーリーグ(CSL)で活躍してきたエウケソンが中国代表のユニフォームを着ることになった。
彼らは2022FIFAカタールワールドカップ2次予選から中国のためにプレーするという。
そのため中国は看板FWのウー・レイとニコ、エウケソンが作り出す新たなシナジーに期待している。

中国メディア<新浪スポーツ>は自国の帰化政策を眺める韓国ネチズンの視線を記事化し、外部の論調がどうであれ、彼らは彼らだけの行く道を進めば良いと強調した。
他種目を持ち出して韓国を批判したりもした。

<新浪スポーツ>は「帰化選手を恥じる必要はない。韓国バスケも中国バスケに勝つため、アメリカの大学から選手を発掘している」として、「日本のラグビー代表もチームの3分の1くらいが帰化人だ」と、サッカーではない他種目の事例に言及した。

サッカーの発展という名目の下、投資に投資を繰り返している中国は結局、最後の手段である帰化というカードまで出した。
万が一、帰化カードを発動させても特別な反転を成し遂げられなければ、特にワールドカップ本戦進出に失敗すれば、その衝撃は非常に大きくなる見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング