[オフィシャル] 練習中に負傷した大邸FCの翼、十字靭帯破裂""
インターフットボール




※一部要約

大邸FCが悪材料に遭った。
中盤で活力素の役割を果たしていた翼が練習中に十字靭帯破裂の負傷をして、現在は負傷の治療のために日本へ帰国した状態である。

大邸FCは7日、公式SNSで翼の負傷の程度を伝えた。
大邸は「翼選手が練習中に負傷し、精密検査をした結果、十字靭帯破裂の診断を受けました。現在、治療のために日本へ帰国した状態です。翼選手が元気に復帰できるよう、ファンの皆様に多くの激励をお願いします」と伝えた。






[オフィシャル] コン・フオン、仁川とのレンタル早期終了に合意…ヨーロッパ挑戦推進
スポータルコリア




※一部要約

ベトナム出身Kリーガー1号のグエン・コン・フオンが仁川ユナイテッドを去った。

仁川は2日、「コン・フオンが仁川を去ることになった。私たちのクラブは、ヨーロッパの舞台で新たな挑戦をしたいというコン・フオン本人の意志を受け入れ、相互合意の下でレンタル早期終了に合意した」と明かした。

パク・ハンソ監督が率いるベトナム代表の看板FWとして知られるコン・フオンは、今シーズンに1年のレンタルで仁川に入団した。
2ラウンドの慶南FC戦での交代出場を皮切りに、計8試合に出場したが攻撃ポイントを記録できなかった。

そんなコン・フオンが最近、仁川に新たな挑戦を望んでいるという意志をあらわした。
6月15日から7月15日までの1ヶ月間行われるフランスリーグのトライアル期間を活用し、ヨーロッパの舞台に挑戦してみたいという内容だった。

深く悩んだ末、仁川は大乗的次元でコン・フオンの意志を受け入れることにした。
フランスのビザ発給の問題などで早い決定を望んでいた選手本人の以降を受け入れ、6月1日付でレンタル早期終了に合意することになった。

コン・フオン「仁川で良い姿を見せたかったが、そうできずに自分に惜しさがすごく残る。私よりさらに素晴らしい外国人選手を取ることを願っている」として、「仁川が上手くいくよう応援する。仁川での思い出を忘れないだろう。私も常にどこであっても最善を尽くす選手になる」と別れの挨拶を伝えた。



"マレーシアのソン・フンミン"ラシド、韓日クラブから関心
ベストイレブン




※一部要約

"マレーシアのソン・フンミン"サファウィ・ラシドが韓国と日本のクラブから関心を集めているというニュースが伝えられた。
マレーシアメディア<ニュー・ストレーツ・タイムズ>はマレーシアのエージェンシー"アイ・ウォン・スポーツ"のディレクターの言葉を借り、ラシドの移籍説を詳細に報じた。

Jリーグ側ではラシドの"成長の可能性"に高い評価を下しているようだ。
今年22歳のラシドはタイのチャナティップ・ソングラシンのように、もう1人のJリーグのスターに育つ可能性を持つ選手である。
1997年生まれのラシドはすでにマレーシア代表として活躍し、ベトナムは北韓を相手に得点を記録したことがある。
同時に<ニュー・ストレーツ・タイムズ>は、来年からASEANクォーターを作ることしたKリーグ側からもラシドへの問い合わせが来たという情報も公開した。



「中国、これも冒涜か?」足セレモニーに相次ぐ反論
国民日報




※一部要約

韓国U-18サッカー代表の優勝トロフィー冒涜論難が佳境に入った。
中国サッカーファンは連日韓国サッカーを狙い、呪詛に近い非難を浴びせている。
だが一部の国内外のサッカーファンの間からは、中国サッカーが過度に鋭敏な反応をしているという批判も出ている。
海外の有名サッカー選手もしているありふれたセレモニーであり、中国の韓国サッカーに対するコンプレックスが凝集されて表出したのではないかという指摘だ。


190601000502636a.jpg


中国の新浪スポーツは30日、「韓国U-18サッカー代表が、パンダカップの優勝トロフィーを踏んで軽蔑する行動を取った。中国サッカーファンにとっては屈辱であり、選手とファンが怒った」として、「中国サッカーファンは韓国に復讐することを待っている」と報じた。

このメディアはまた、日本サッカーを取り上げて韓国サッカーの非マナーを批判した。
新浪スポーツは「日本は2018ロシアワールドカップ16強戦でベルギー相手に敗れた」として、「ファンはとても悲しんだが、泣きながらも応援席に落ちたゴミを拾うなど、畏敬心を抱かせる行動を見せた」と讃えた。



今度もGKのミス…タイに敗れた開催国中国、相変わらず最下位
ベストイレブン




※一部要約

ホストとして出た中国サッカーが、ホームで辱めを受けた。

中国U-18サッカー代表は27日、中国成都で行われた2019パンダカップ・インターナショナルトーナメント大会で、タイU-18代表に0-2で敗れた。
これで中国は2日前にニュージーランドに0-2で敗れたのに続き、無得点の2連敗をおさめて4ヶ国中で最下位の席を維持した。

ディフェンディングチャンピオンでもある中国は29日夜7時、韓国との最終戦を控えている。(※3-0で韓国勝利)
だが韓国は2連勝をおさめて単独首位を走っているアジアの強豪だ。
韓国は開幕戦でタイを2-1で下したのに続き、ニュージーランドを4-0で大破して早期に優勝を確定させた。

一方、2014年に始まったパンダカップは今年で6回目の小規模トーナメントで、25日から29日までの4泊5日で中国成都で行われている。
以前とは違って今年はU-18レベルで行われている。
前の大会ではU-19代表が参加していた。
前の大会では中国が優勝した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング