ソン・ジュノ-チュ・セジョンら国内復帰後に隔離…キム・ハクボム号全員コロナ19陰性 [公式発表]
OSEN



※一部要約

全北現代とFCソウルの所属で韓国サッカー代表のオーストリア遠征に同行した選手が帰国した。
キム・ハクボム号の選手は全員陰性判定を受けた。

大韓サッカー協会は20日の報道資料でソン・ジュノ、イ・ジュヨン(以上全北)、ユン・ジョンギュ、チュ・セジョン(以上ソウル)が仁川国際空港から入国したと伝えた。

ユン・ジョンギュとイ・ジュヨンはサッカー代表トレーニングセンター(NFC)、チュ・セジョンとソン・ジュノは自宅で隔離を始める。
3日以内に保健所でコロナ19のPCR検査を受けなければならない。
4人はオーストリアからカタールに出国する前に受けたPCR検査ですべて陰性判定を受けた。

4人の選手は代表の日程を終えた後、カタール・ドーハに移動して所属チームの日程を消化する予定だった。
全北とソウルは週末からAFCチャンピオンズリーグに参加する。

だが代表選手のうち7人がコロナ19確診判定を受けた。
そこに一緒に試合を消化したファン・ヒチャンが一歩遅れてコロナ19陽性判定を受けた。
これに対して全北とソウルは、選手を韓国に送り返すことに決めた。

エジプトでU-23の3ヶ国親善大会に参加したオリンピック代表は、帰国後に受けたコロナ19検査ですべて陰性判定を受けた。





AFCと争う広州恒大、ACLに"外国人"が7人?
ベストイレブン



※一部要約

広州恒大が帰化選手に関して中国サッカー協会(CFA)の支援を受け、AFCと激しく争っている伝えられた。

広州恒大は現在、守備陣の一角である蒋光太の国籍問題に関してAFCと議論していると伝えられた。
蒋光太は過去にティアス・ブラウニングと呼ばれていたイングランド出身のDFであり、2019年に祖父が中国人だったという理由で中国国籍を取得したことがある。

新浪ドットコムによると、中国サッカー協会は10月にFIFAへ公文書を送り、蒋光太の中国国籍取得の事実を伝えたことがあった。
広州恒大は2020AFCチャンピオンズリーグ東アジア地区トーナメントのエントリー登録のとき、蒋光太を外国人選手ではなく自国選手として登録できるよう取り計らったのだ。

まだA代表の招集を受けていないが、蒋光太は中国代表でデビューする条件を備えた状態だ。
だがAFCはこれに関して拒否する意向を明かした状態だ。
エントリー登録は10月19日に締め切られた状態だが、その前に蒋光太のエントリー上の国籍整理の問題をはっきりと仕上げることができなかった。
現在、蒋光太はひとまず外国人選手としてエントリーに登録された状態である。



キム・ミンジェ選出は拒否した北京、コンゴ代表の要求は受諾
ゴールドットコム



※一部要約

中国スーパーリーグのシーズンを終えた北京国安がキム・ミンジェの代表選出要請を拒否した。

いつもなら世界各国のプロクラブは、FIFAが主管するAマッチ期間に代表に招集された選手の選出を拒否する権利がない。
だがFIFAは新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間に行われるAマッチでは、選手の安全のため所属チームが選出の可否を最終決定できるようにしてある。

パウロ・ベント韓国代表監督は、何と11ヶ月ぶりに公式Aマッチを行う今月の代表リストに核心DFのキム・ミンジェを選出したが、彼の所属チーム北京国安がこれを拒否して戦力に支障をきたすことになった。

だが北京国安は、キム・ミンジェの選出を要請した大韓サッカー協会には拒否の意思を伝えたが、FWセドリック・バカンブのコンゴ民主共和国(コンゴDR)代表の選出は許諾した状況が捉えられた。
バカンブは最近、北京の選手団から離脱してコンゴ代表に合流した。
逆にキム・ミンジェは北京国安が選出に反対し、チームに残ってAFCチャンピオンズリーグの試合を準備中だ。



練習場"ビリ退勤"マサ「サッカーシューズがキレイなのは許せない」
エムスプラニュース



※一部要約

11月13日の龍仁ミルスタジアム。
水原FCはこの日の午後2時30分から4時までチーム練習を行った。

練習が終わると選手は1人2人とクラブバスに乗った。
ちょうど一選手を除いての話である。

この選手はクラブバスが去った後も競技場に残った。
水原のアタッカー、石田雅俊だった。
マサはクラブ職員にボールを片付けないように頼んでから、シュート練習を始めた。
マサのシュートはゴール隅を続けざまに叩いた。

マサはシュート練習が終わると右サイドにポジションを移した。
クロスを繰り返し上げた。
マサはそうやって30分間、個人練習に邁進した。

「私は足りない部分がとても多い。1つ2つではない。短所を補完する点は練習だけだ。この時間を大切にしている」
マサの言葉である。



「アジア歴代最高1位本田-2位ソン・フンミン…パク・チソン9位」ザ・サン
OSEN



※一部要約

アジアオールタイムナンバーワン選手は本田圭佑?

ザ・サンは12日、公式SNSで歴代アジア選手で最高選手の順位を発表した。
ザ・サンの発表によると、オールタイムナンバーワンのアジア選手は本田圭佑だった。
そして2位がソン・フンミンだった。

本田は2008年に名古屋グランパスを去ってVVVフェンロに入団し、2010年にCSKAモスクワのユニフォームを着た。
2017年までACミランでヨーロッパ生活をして、その後パチューカ(メキシコ)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、フィテッセ(オランダ)、ボタフォゴ(ブラジル)でプレーしている。
ザ・サンは「本田は世界的に名声の高い選手」として、「簡単に確認できる選手」と評価した。
それだけ頻繁に見られる選手という評価だ。

ザ・サンの順位は理解されない部分が多い。
"3つの肺"を持っていたというパク・チソンは9位だった。
一方、ほとんどの選手が日本選手だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング