日・西野の屈辱…タイメディア「パク・ハンソを研究して学べ」
ヘラルド経済




※一部要約

タイサッカー代表の指令塔である日本人の西野朗監督が、隣国のベトナム代表を率いているパク・ハンソ監督のせいで屈辱を受けた。

ベトナムメディア"ラオドン"は先月30日、「タイメディアが自国代表の西野朗監督に、パク・ハンソ監督を見て、研究して学ばなければならないとアドバイスした」と報じた。

パク・ハンソ監督以前にベトナムより優位にいたタイは、パク・ハンソ監督が指揮棒を取った後に苦戦を免れることができず、7月にロシアワールドカップの日本代表で好成績をおさめた西野監督を選任した。

韓日の監督のため、東南アジアのミニ韓日戦で関心を集めたパク・ハンソのベトナムと西野のタイは、ワールドカップ2次予選でUAE、マレーシア、インドネシアとともにG組に入った。

先月5日に行われたG組1次戦の試合では、ベトナムがタイ遠征で貴重な0-0の引き分けをおさめて勝ち点1を得て、パク・ハンソ監督が判定勝ちした格好になった。

ラオドンによると、タイメディアは西野監督にベトナムで成功神話を記しているパク・ハンソ監督を見て、研究してこそ成功できると鋭いアドバイスを厭わなかった。

特にタイの"フォックススポーツ"は「成人代表とU-23を兼任するだけに、西野監督はベトナムでパク・ハンソ監督が見せている姿を見習わなければならない」と単刀直入に指摘した。

このメディアは「西野監督はU-23代表ではタイサッカーの未来のため、選手を養成しなければならない。これはパク・ハンソ監督がベトナムで成し遂げた業績」と遠慮なく比較した。



[★現場] ヨム・ギフンの怒り、同僚に一針「デヤンの突拍子もない行い、気分が良くなかった」
スターニュース




※一部要約

水原三星のキャプテンであるヨム・ギフンがハットトリックの大活躍を繰り広げて、チームをFAカップ決勝の舞台に上げた。
試合後、愉快に殊勲選手インタビューに臨んでいたヨム・ギフンは、デヤンについての質問には重く口を開いた。

2日、水原ワールドカップ競技場。
2019FAカップ準決勝2次戦で、伝統の名家・水原三星が延長120分の血戦の末に、K3リーグ(4部)の華城FCに3-0で完勝、決勝に進出した。
水原三星はFAカップ通算最多優勝(5回)に挑戦する。

水原勝利の一等功臣はヨム・ギフンだった。
ヨム・ギフンはチームが0-0で拮抗していた後半13分、FKの状況で非常に貴重な先制ゴールを放った。
このゴールに力づけられた水原は、勝負を延長に持ち込むことができた。
結局、ヨム・ギフンは延長後半2分に追加ゴールを決め、1分後にPKゴールまで成功させてハットトリックを完成させた。

ヨム・ギフンは「本当に苦労した試合だった。華城FCが準決勝まで上がってきたのは、運ではなく実力という気がした。幸い、私たちが望んでいる目標のFAカップ優勝を狙う過程で、決勝に進出できて良かった。これをキッカケにファンに良い姿をお見せしたい」と喜びを表現した。

だがこの日の試合である選手が喜びをともにできず、それはデヤンだった。
彼はこの日の出場リストから最初から除外された。
特にデヤンは1日、唐突にKリーグ2のソウルイーランド-牙山ムグンファ戦が行われた天安総合運動場の観客席で捕捉されて、気がかりを催した。
チームが重要な一戦を控えているのに、突発的な個人行動をしたのではないかという指摘が出た。

ヨム・ギフンはデヤンの行動に対する質問に「主将として敏感な部分だが」と前置きし、決心したかのように口を開いた。
ヨム・ギフンは「気分が率直に良くなかったのは事実だ。FAカップを準備する中で、メディアの報道を見て驚いた。デヤンがどういう気持ちでそこまで訪ねて行ったのかはわからないが…」と不満を隠すことなくあらわした。

続けて「重要な試合を前に一つになろうとしたのだが」として、「もちろん運動後の私生活は本人の問題でもある。だとしてもそのような姿は私たちや、私たちのファンの方々が見て、良くないように映ったのは事実だと思う。主将としてはちょっと…。気分が少し良くなかったのは事実だ」と率直な心情を語った。






サッカーセミプロ3・4部リーグ推進に30チーム申請…来年発足
SBS




※一部要約

韓国サッカーのプロリーグとアマチュアリーグの架け橋的役割を果たすことになる、セミプロの3・4部リーグのK3とK4の発足が可視化されています。

大韓サッカー協会は先月30日までに、実業サッカー・ナショナルリーグの8チームとアマチュアK3リーグの20チーム、創立希望のチームを対象に、KFA3・4部リーグの参加申し込みを受けた結果、合計30チームが申し込んだことがわかりました。

ナショナルリーグの8チームのうち、江陵市庁を除く7チームが参加申し込みをしました。

アマチュアK3リーグの上位リーグ12チームと下位8チーム、合計20チームはすべてK3、K4の発足に参加します。

彼らの他に仁川南洞区や慶南晋州市、京畿道議政府市の3チームが追加で創立を目標に参加申込書を出しました。

サッカー協会はクラブ資格審議委員会を構成し、申請チームについて書類審査と現地実態調査を経て、K3とK4の参加チームを12月中に確定する方針です。

協会は今年3月26日にアマチュアの5・6・7部リーグに該当するK5・K6・K7を発足させました。

来年にK3とK4が発足すれば、プロであるKリーグ1・Kリーグ2とともに、7部まで続くディビジョンシステムが完成します。



元山東監督の主張、「中、体質的にサッカーを上手くするのは難しい」
ベストイレブン




※一部要約

過去に中国スーパーリーグ(CSL)のクラブを指揮したロシアサッカー界の元老ボリス・イグナチェフ監督が、中国サッカーの限界を指摘した。

ロシア・モスクワのメディア<モスコフスキー・コムソモーレツ>によると、イグナチェフ監督は過去に中国で活動した記憶を振り返り、中国サッカーの短所を指摘した。

イグナチェフ監督は「中国は体質的にサッカーを上手くするのは難しい」として、「身体状態や神経・筋肉やその他のデータなどが、中国人はサッカーが上手くないというのを示している。彼らは個人種目では王だが、サッカーやバスケのようなスポーツでは別問題」と主張した。

中国は他スポーツに比べて、不思議なほどサッカーで苦戦しているのが現実だ。
軽視しているのではなく、他のどの国よりも投資を続けたが、数年間停滞状態である。
チームプレー能力の欠如、精神力の不足など、様々な要素がこれまで敗因と分析されてきたg、イグナチェフ監督は中国が最初からサッカーを上手くしにくい体質を持っていると発言したのだ。

にもかかわらずサッカーを諦められない中国は最近、中国サッカー協会(CFA)の決断を皮切りに、帰化人を代表に招き始めた。
外国人を混ぜてもサッカーの発展を成し遂げるという固い意志である。
中国人の特性上、サッカーが簡単ではないというイグナチェフ監督の理論が事実なら、CFAは最も現実的な対策を用意したとも見ることができそうだ。



[SWイシュー] リーグ4位?FAカップ優勝チーム?ACLのチケット1枚はどこに
スポーツワールド




※一部要約

AFCチャンピオンズリーグ出場権の最後の1枚はどのチームのものなのだろうか。

歴代級の観客興行で巡航しているKリーグが結末に向かっている。
アマチュアとプロチームが彩るFAカップもやはり、優勝チームを決めるまで数試合しか残っていない。

来シーズンのACLに立ち向かうチームも、ある程度輪郭があらわれた状態。
Kリーグに割り当てられた数字は3+1。
Kリーグ1優勝チームが本戦に直行し、リーグ3位のクラブがプレーオフに進出する構図である。

FAカップ準決勝1次戦の結果により、リーグ4位に回ってくる可能性も開かれた。
AFCの規定上、ACLにはプロチームしか出られない。
つまり4強に上がった軍警チームの尚州尚武と、非プロチームの大田コレイルと華城FCは優勝してもACLに出場できない。

ところが唯一優勝チーム特典を享受できる水原が華城に0-1で"ジャイアントキリング"されて、変数が浮上した。
水原が来月2日にホームで行う2次戦に逆転勝ちすれば、水原はACL出場権を手にすることができるが、週末の尚州尚武戦まで無気力な競技力が続いているので、赤信号がさらに赤くなった状況。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング