KFA「日-中に押された中継権収入…市場価値を発展させる」
フットボールリスト




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が用意した統合中継権(代表+Kリーグ)の交渉は事実上難しくなった。
だがKFA側は韓国市場の発展のために最低限の価値は守ると明かした。

当初、KFAは韓国プロサッカー連盟とともに、野心的な統合中継権の販売を推進した。
だが1・2次交渉のどちらも流札となり、最初に描いた構想通りには流れなかった。
結局、Kリーグ開幕を控えていた連盟は、KFAと分離して交渉を進めた。
連盟側は新たな中継放送会社を近く発表するものとみられる。

KFAも急なのは同じである。
5日、イ・ジョンソプ広報マーケティングチーム室長は「3月中にAマッチがある。中継権に関してずっと競技中だ。AFCパッケージのように長期間の試合数を保証する契約交渉を進めてきたが、接点を見つけるのが容易ではなかった。現在としては3月の試合を別個でパッケージ化するか、これまで通り交渉を継続するか、中継放送会社側と協議している。様々な方法をめぐって考えている」と伝えた。

韓国の中継権市場を守らなければならないという点も強調した。
イ室長は「協会の欲と考えることもできる。だが国内の中継権市場が形成されてなければ、結局はグローバル的にも韓国市場は弱くなる」と語った。

続けてイ室長は「AFC中継権に関する収入源だけ見ても日本や中東のほうが良い。中国も急浮上したしオーストラリアが上がってきている。もう私たちはさらに後ろへ押された。国際市場でも韓国の市場価値の重要性がますます落ちている。最低限の価値は守らなければならないと思う。守って発展させようという私たちの意志と、放送会社との間の接点を見つけるのが鍵」と現状を説明した。



[チェンマイLIVE] キム・チャンスの夢、「以前の技量を取り戻したい」
ベストイレブン




※一部要約

かつて代表チームでアップダウンするほどKリーグ最高の右SBの1人に数えられたキム・チャンスにとって、2019シーズンは忘れたい時期だった。
両ふくらはぎを負傷してシーズン9試合の出場に終わり、寂しく蔚山現代を去らなければならなかったからである。

この出場数はキム・チャンスにとって試練だった。
プロデビューしたばかりの2004シーズンに蔚山で記録した1試合、そして全北現代で半シーズンプレーした2016シーズンを除けば、最も少ない出場数だからだ。
2011シーズンに釜山アイパークでプレーしていたときは、何と35試合プレーするほど"鉄脚"に数えられた選手だったので、突然ファンの視線から消えた状況はキム・チャンスにとって納得し難い瞬間だっただろう。

タイ・チェンマイのアティタヤ・ゴルフリゾートに構えた光州FCのキャンプで玉の汗を流しているキム・チャンスは、ベストイレブンと会った席で「去年は負傷が多かった。負傷のせいでストレスをかなり受けたし、蔚山から再契約のオファーを貰えなくても傷つかなかった。率直に去年見せたものがあまりなかったので。こういうのはプロで当然の現象」と語った。
2017シーズンに蔚山に入団してから2年連続で25試合以上に出場したにもかかわらず、1シーズンの負傷のせいでこのように別れて惜しくないのかという言葉にも、キム・チャンスは首を横に振ってそれがプロの生理だと語った。



[現場インタビュー] 全北の核心に急浮上の邦本「記録より記憶される選手」
スポーツ朝鮮




※一部要約

全北は2020年シーズンに、勝負手として邦本宜裕を連れてきた。
少なくない移籍金を払った。

全北の2019年は茨の道だった。
いつも通りKリーグ、FAカップ、アジアチャンピオンズリーグ優勝(トレブル)を目標にした。

だが時間が経ち、目標にする大会から一つずつ落ちていった。
4月、FAカップでKリーグ2のFC安養にホームで0対1で敗れた。
6月、上海上港とのACL16強2次戦にPK戦で敗れた。
残ったのはKリーグだけだった。
困難の連続だった。
結局、12月の初日に江原を退け、同時間に首位の蔚山が浦項に敗れた。
全北は辛うじて優勝カップを掲げた

自尊心に傷を負った全北は、アジアクォーターに早くから邦本に目をつけた。
セカンドストライカーはもちろん中央MF、左右のサイドMFとしてプレーできる邦本は、個人技術ではKリーグ最高級と評価された。

ジョゼ・モライス全北監督は、スペイン・マルベリャのキャンプで邦本に攻撃の起点の役割を任せた。
中盤でパスを散らし、直接シュートも飛ばした。
同時に、相手が攻撃するときは1次阻止線の役割も遂行した。
全北の核心に浮上した邦本にマルベリャで会った。



35歳、闘魂のイ・グノ「毎瞬間を最後という覚悟で」
スポーツ朝鮮




※一部要約

正月連休を控えた22日、"蔚山の精神的支柱"イ・グノは大邸のあるトレーニングセンターで、リハビリの真っ最中だった。

蔚山の同僚がタイ・チェンマイの冬季キャンプで玉の汗を流しているしているそのとき、イ・グノもやはり同僚と同じ気持ちで熾烈に新シーズンを準備していた。

2005年Kリーグに入団し、海千山千をすべて経験したプロ16年目のベテランであるイ・グノにとっても、昨年は忘れられない一年である。
キャプテンとしてシーズン最終日まで、"14年ぶりの優勝"の目標だけを見据えて走った。
2013年に蔚山でアジアチャンピオンズリーグ優勝の歴史を記した"レジェンド"、蔚山で選手生活のフィナーレを美しく飾る覚悟で戻ってきた彼にとっても、リーグ優勝は切実な夢だった。

2018年にロシアワールドカップの解説委員として活躍した後、6年半ぶりに蔚山のユニフォームを再び着たイ・グノは、初年度の2018年に22試合で4ゴールを記録した。
蔚山はリーグ3位になった。
昨シーズンは18試合で2ゴール5アシストを記録した。
1位の全北と同じ勝ち点、1ゴール差で準優勝を記録した。
いつまでも惜しい昨シーズンの話を切り出そうとすると、イ・グノはクールに答えた。
「振り払わないといけません。もうすべて振り払いました」



中国サッカーも"武漢封鎖令"、武漢卓爾3月まで遠征だけ!
スポータルコリア




※一部要約

中国が新型コロナウイルスの"武漢肺炎"発病地である武漢を一時的に封鎖したなか、中国スーパーリーグの日程でも感染の事態を反映された。

中国メディア"新浪スポーツ"は「中国サッカー協会が新シーズンのスーパーリーグの日程を発表した。武漢卓爾は開幕からしばらくホーム試合を行わない。できるだけ武漢で試合をしない方向で決定を下した」と明かした。

現在、武漢肺炎は手の施しようもなく広がっている。
すでに500人以上が感染確定と診断され、17人が亡くなったと確認された。

このメディアは「中国サッカー協会が武漢所属の選手に、近いうちに武漢を訪問しないように勧告した」として、「それでも専門家はスーパーリーグが予定通りに行われるか疑問を抱いている。2003年のSARS事態のときも、スーパーリーグは83日間中断したことがある」と武漢肺炎の状況を深刻に見た。

一方、AFCは来月に武漢で予定されていた中国・台湾・タイ・オーストラリアが参加する女子サッカー東京オリンピック予選の会場を南京に変更することに決めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング