イ・イムセン監督「ヨム・ギフンのほうがイニエスタより目立っていた」
フットボールリスト




※一部要約

水原三星は19日午後7時30分、水原ワールドカップ競技場で行われた"2020AFCチャンピオンズリーグ"G組1次戦で、ヴィッセル神戸に0-1で敗れた。

試合後、イ・イムセン監督は「相手の中盤、攻撃的なサイドでのパス能力が非常に良かった。実際のところ守備側で相手にスペースを与えようとしたのは計画通り上手くいった。最初の試合で3人の選手が筋肉を痙攣して難しかった。寒い天候でも多くのファンが来て下さり、勝利で報いてあげられずに申し訳ない」と所感を明かした。

敗れはしたが、水原は昨シーズンに比べて守備の組織力が良くなった姿を見せた。
イ監督は「すべてのチームが冬季練習で短所を補完しようと考える。水原もキャンプ地で守備の組織力と攻撃の組織力を整えた。最後の1~2分を乗り切れずに惜敗したが、そういう点もサッカーだと思う。しっかり整えてリーグでは良い姿を見せられるようにする」と説明した。

続けてイ監督は「ヨム・ギフンはどのポジションでも自分の役割を十分に果たす。チームのリーダーでもある。今日はむしろイニエスタよりヨム・ギフンの競技力のほうが目立っていたと個人的には思う」とヨム・ギフンの活躍を讃えた。

イ監督は改善する部分について「チャンスを作るために努力したが、思っていたほどできなかったのは事実。守備が良くなっている中で、攻撃も良くしなければならないと思う。相手にもイニエスタという良い選手がいて、日本選手もパス能力が良い。そのようなチームでも私たち相手にチャンスを作れなかったように、私たちも攻撃の部分で努力しなければならないと思う」と伝えた。



イニエスタ、ついにビッグバード入り…寒い天候で防寒グッズフルセッティング
インターフットボール

200218181711820.jpg


※一部要約

アンドレス・イニエスタがACL2次戦のため、水原に入った。

水原三星は19日夜7時30分、水原ワールドカップ競技場で行われる2020ACLのGL初戦でヴィッセル神戸と会う。

この日の試合を控えて大いに関心が溢れた。
ヴィッセル神戸で3シーズン目を迎えるアンドレス・イニエスタが水原を訪れるためだ。
イニエスタはバルセロナのレジェンドで、ワールドカップ優勝、ユーロ優勝、バルセロナの6冠王など数多くのトロフィーを掲げたことがある。

水原は昨シーズンに7位に留まったが、FAカップで優勝してACLの舞台を踏むことになった。
ヴィッセル神戸もやはりリーグでは8位に留まったが、日王杯で優勝カップを掲げて一歩遅れてACLに合流した。


200218181711820a.jpg


試合前、水原三星は18日午後5時にメディアデーを開催して事前記者会見を行った。
記者会見の前にヴィッセル神戸の公開練習が15分間許可された。
全選手が入場して、イニエスタは最後に姿をあらわした。

イニエスタをはじめとする選手は、寒い天候のため防寒グッズをしっかり備えて練習に臨んだ。
ヴィッセル神戸は本格的な練習を前に、パス練習とロンド(ボールを奪い取ること)練習で体をほぐした。
イニエスタの体調は良さそうに見えた。
機敏に動いて積極的に練習参加した。

公開練習は15分間だけ許可された。
水原の関係者は「ヴィッセル神戸が試合時間に合わせて練習を進めたがった。水原は7時から練習に入る」と明かした。



"チョン・ソンリョンFT"川崎、清水に5-1勝利…チョン・テセ交代出場
インターフットボール




※一部要約

チョン・ソンリョンのフルタイムの活躍によって、川崎フロンターレが清水エスパルスを相手に完勝をおさめた。

川崎は16日午後2時3分、川崎にある等々力スタジアムで行われた2020シーズン日本YBCルヴァンカップGL1次戦で、清水エスパルスに5-1の勝利をおさめた。
GL初戦で勝利をおさめた川崎は、Jリーグのシーズン開幕を前に雰囲気を上げた。

軽快な動きを見せたダミアンのつま先から先制ゴールが生まれた。
主導権を握った川崎は、前半20分に長谷川が右サイドから上がってきたクロスをシュートに繋げ、追加ゴールに成功した。
チョン・ソンリョンは前半にずっと安定した姿を披露してチームを導いた。

清水は後半31分にチョン・テセの投入で挽回ゴールを狙った。
後半38分に小林がチームの4点目に成功した。
続けて小林が後半追加時間に5点目を決め、結局川崎が5-1の勝利をおさめた。



「韓国はすでにイニエスタで熱い」日メディア、水原とのACLを前に興奮
OSEN

200218074107529.jpg


※一部要約

「韓国はすでにイニエスタ熱風だ」

日本メディアが水原に吹くアンドレス・イニエスタの人気に注目している。

日本メディア"サッカーダイジェスト"は18日に韓国メディアを引用、19日午後7時30分に水原ワールドカップ競技場で行われる水原三星との"2020ACL"G組2次戦遠征でイニエスタの出場が確実視されていおり、この消息を聞いた韓国ファンの心も「沸き立つほど熱い」状態と伝えた。

実際、水原三星ファンは今回のヴィッセル神戸との試合に熱い関心を示している。
今シーズンの水原のACL開幕戦でもあるが、イニエスタがプレーする姿を直接見られる期待感のためである。
フィンク神戸監督も「イニエスタ、ドウグラス、トーマス・フェルメーレンら3人の外国人選手の登録を終えた」と明かした。

7日に前売りを始めた水原は、すでに2万枚近くを販売した状態だ。
「寒い天候でも2万人以上が競技場を訪れるだろう」と明かしている水原は、今回のイニエスタ効果でACL観客記録も塗り替えると楽観している。
水原のACLホーム試合の最多観客は14000人ほどだった。

"スポーツ報知"もやはり「韓国はイニエスタ熱風に陥った」として、16年ぶりに再びビッグバード競技場に立つことになるイニエスタと、韓国ファンの関心を重点的に扱った。

また、「韓国では去年7月、イタリア・セリエAのユベントスとKリーグ選抜との評価試合でクリスティアーノ・ロナウドが欠場、一部のファンが企画会社を提訴、訴訟に発展することが発生し、スターを待ち望む現地ファンの熱気が神戸に役立つのか」として、憂慮と期待感をあらわしたりもした。


200218074107547a.png


一方、神戸を率いているトルステン・フィンク監督もやはり韓国と縁が深い。
2012年にソン・フンミンがハンブルク所属だった時期、チームを率いて水原を訪れたりもした。



"新型コロナ"連盟の徹底した備え、ACLでも光った
インターフットボール

200211212510813.jpg


※一部要約

新型コロナに対するKリーグの備えは徹底していた。
韓国プロサッカー連盟は問診票の作成、マスク配布、熱画像カメラの運営によって新型コロナに徹底して備え、ACLでも光った。

蔚山現代は11日午後7時30分、蔚山文殊サッカー競技場で行われた2020シーズンAFCチャンピオンズリーグF組1次戦で、FC東京と1-1の引き分けを記録した。

試合以外で目につくシーンが他にあった。
新型コロナに対する韓国プロサッカー連盟の対応。
連盟は今回のACL1次戦を前に、試合を観戦するすべての観客に入場ゲートで問診票を作成するようにして、提出してから競技場に入場できるよう措置を取った。


200211212510813a.jpg

200211212510813b.jpg

200211212510813c.jpg


素早い措置もあった。
この日の試合を見に来たある日本の観客が、熱画像カメラの体温測定の結果、38度を越えることが確認されてすぐに隔離所に案内され、近隣の病院に移動した。
そこに連盟は、マスクの品切れ現象にもかかわらず関係者が忙しく動いて大量のマスクを用意し、観客に提供して新型コロナの感染に備えた。

憂慮した不便や混雑はなかった。
連盟は新型コロナに徹底して備えると同時に、観客の不便を最小化するよう努力し、観客は大きな不平もなく秩序正しい姿で競技場に入った。
今や私たちの観戦文化も先進的に変わっていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング