"アジア最高はもう思い出?"…Kリーグがホームで韓日戦1分け2敗の恥晒し
国民日報




※一部要約

"アジア最高リーグ"の栄光はもう美しい思い出として残さなければならないのか。
プロサッカーKリーグ1のチームが、ホームで行ったAFCチャンピオンズリーグの韓日戦3試合で1分け2敗の恥をかいた。

水原三星は19日、水原ワールドカップ競技場で行われたACLのG組1次戦でずっと守勢に追い込まれ、後半45分に決勝ゴールを古橋亨梧に許してヴィッセル神戸に0対1で敗れた。

この日の敗北で、KリーグはホームでJリーグに1分け2敗を記録して自尊心に傷を負った。
昨シーズンのKリーグチャンピオンである全北現代は、"暴風獲得"をしてもJリーグチャンピオンの横浜マリノスを相手に2人も退場させられる拙戦をして、1対2で敗れた。
全北と"両強"の蔚山現代も、オウンゴールを決めたFC東京と1対1で辛うじて引き分けた。
23歳以下代表のチョ・ギュソン(全北)が決めたACLデビューゴールが、3試合を合わせてKリーグ選手が決めた唯一の得点であるほど無気力だった。


200220161502567a.jpg


専門家は投資の不在がKリーグとJリーグの悲喜を分けたと見た。
偶然にもJリーグが上手く行き始めた2017年は、財政が充実したときと噛み合わさる。
Jリーグは英国のスポーツ専門企業"パフォーム"と2016年7月、10年で2000億円(約2兆1466億ウォン)の契約を結んだ。
既存の契約金額の何と7倍に達する巨額。
この金が各チームに分配されてルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタも"迎え"ることができた。

一方、Kリーグの中継権料は去年まで60億ウォン水準に過ぎなかった。
大韓サッカー協会が"代表+Kリーグ統合中継権"交渉を推進し、今年結ぶ中継権料の最低金額を年間250億ウォン以上と提案したが、それだけの金額を使うところはなかった。
弱り目に祟り目で、水原やソウルのような大企業クラブまで帯をきつく締めて投資を減らした状態である。

キム・テギルKBSN解説委員は「プロは財政の投入が良くてこそ、選手の質を上げて試合内容に良くすることができる」として、「Jリーグが莫大な予算で名前を聞くだけでわかるほどの選手を連れてきたとするなら、Kリーグは投資が下方平準化されてアジアで競争力が弱まった」と分析した。



水原ファンはなぜ"イニエスタユニフォーム"を心配していたのか
ハンギョレ




※一部要約

19日の水原三星とヴィッセル神戸の試合は、アンドレス・イニエスタのスター性などにより17372人が訪れた。
だが興行大当たりでも気をもむ水原ファンがいた。
"入場者の中に、もしかしたらイニエスタのユニフォームを着た人が水原ホームの応援席に座ったらどうしようか"という心配のためだった。
これはどういうことなのか?

サッカーはホームとアウェイの区分が厳格なスポーツである。
特にサッカー場は"ホームチーム"のための空間。
アウェイ席を除くすべての空間が、ホームチームの応援席だ。
韓国プロサッカー連盟は「ホームクラブは相手クラブを応援する観客のために、競技場の全座席数の5%以上を割り当てなければならない」と規定している。
逆に言えば、それ以外はすべてホームファンのための席という意味である。


200220170003631a.jpg



"90分に決勝ゴール許容"水原、"イニエスタ"神戸に0-1惜敗
スターニュース

200219212213559.jpg


※一部要約

世界的サッカースターのイニエスタと対決した水原三星。
ホームで一撃を受けた。

水原は19日、水原ワールドカップ競技場で行われた2020AFCチャンピオンズリーグG組初戦のヴィッセル神戸とのホーム試合で、得点のチャンスを活かせなかった末に0-1で敗れた。

去年のFAカップ優勝チームの資格で今大会に参加した水原は、神戸をはじめとして広州恒大、ジョホール・ダルル・タクジムと同組に属している。
初戦から敗れて、16強への日程が手強くなった見通しだ。


200219212213559a.jpg

200219212213559b.jpg

200219212213559c.jpg



"コロナ19"地域社会の感染非常…大邸FCの開幕戦どうするのか
スポーツ京郷




※一部要約

大邸・慶北地域で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の地域社会感染が憂慮され、開幕を控えているKリーグに対策の準備が求められる。

大邸FCのある関係者は19日、「コロナ19が突如拡散し、クラブオーナーである大邸市と緊急対策を議論しているのは事実」として、「開幕戦(29日)の延期、あるいは遠征試合への切り替えなどが議論された。プロサッカー連盟とこの問題で早急に話をする」と明かした。

大邸市は大邸・慶北地域だけで、この日13人の確診者が出て緊張している。
複数の施設の防疫について強化の必要性が提起される一方、感染の恐れのあるイベントはキャンセルか延期が必要だという立場が伝えられた。
29日に江原FCと開幕戦を行う大邸もその対象に含まれた。
去年にサッカーの春を導き出した大邸は、開幕戦を行えば1万席を少し越える観客席が売り切れると予想される人気クラブだ。

大邸は江原との開幕戦を延期するか遠征に切り替えれば、3月21日の浦項スティーラースとのKリーグ1・4ラウンドまでホーム試合の日程がなく、1ヶ月近くの時間を稼ぐことができる。
だが大邸の開幕戦の日程を変更するには、利害関係者などをまず説得しなければならない。
開幕戦の延期はプロサッカー連盟の許可が必要な事案であり、遠征試合に変更する場合も相手の江原が受け入れてこそ行える。



"亜制覇プロジェクト始動"ソウル、オーストラリアあがり症を破って前進へ
スポーツ東亜




※一部要約

Kリーグ1のFCソウルがアジアクラブの頂点へ向けて力強い第一歩を踏み出した。

ソウルは18日、ソウルワールドカップ競技場で行われたメルボルン・ビクトリーとの2020AFCチャンピオンズリーグE組2ラウンドに1-0で勝利した。

3年ぶりにACLの舞台に挑戦状を出したソウルは、歴代のオーストラリアAリーグクラブとの戦績で1勝(3分け2敗)しか上げられなかった。
特に直近で出た2017シーズン大会で、ウェスタン・シドニーにホームで2-3で敗れるなど、特に困難を経験した。

ところがメルボルンもKリーグにかなり弱かった。
2008年に全南ドラゴンズに1勝1分けで上回ったのが最初で最後の勝利。
その後は城南FC(2010年)、大邸FC(2019年)に2戦全敗するなど、1勝7分け6敗の見窄らしい戦績を積んだ。

容易な試合ではなかった。
ソウルは早くに得点したが前半まで優位を占められなかった。
力と高さを前面に出す骨太なサッカーを繰り広げるメルボルンのカウンターに困難を経験した。
チェ監督が腕を大きく振り回して"攻撃に出ろ"と信号を送ったが、果敢にラインを上げることができなかった。

後半に入ってソウルはより速くなった。
サイド攻略が良かった。
後半26分にアドリアーノを投入して2トップに転換、攻勢を続けた。
追加ゴールは決められなかったが、大きなピンチもなかった。
ソウルとしては最近、元代表"キャプテン"キ・ソンヨンの復帰に消極的な姿勢を取り、内外で落ち着かなくなった雰囲気をある程度挽回した90分だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング