[単独] キ・ソンヨンがスペインのマジョルカに入団…今日出国
KBS

200221102508104.jpg


※一部要約

Kリーグ復帰が失敗に終わったキ・ソンヨンが選択したスペイン1部リーグのチームはマジョルカ。

スペインリーグ進出を控えて今日出国するキ・ソンヨンが契約するところは、国内で伝えられたレアル・ベティスではなくマジョルカと確認された。

キ・ソンヨンの最側近はKBSに「キ・ソンヨンが今日出国するのはマジョルカとの契約書にサインするため」として、「一部で伝えられたレアル・ベティス行きは明確に違う」と確認した。

契約期間などの細部条件は現地に到着して調整する予定である。

側近は「マジョルカはドイツなどのヨーロッパ人が休暇を楽しみに来るなど、天候などの気候環境が良く、サッカーの試合をするのに良いところだと判断し、マジョルカは1部リーグである上、ウエスカとの合意を後にするほどの強いオファーをした」と説明した。

マジョルカは2019~2020スペイン・プリメーラリーガの20チーム中18位に上がっているチームだ。



キ・ソンヨン、ヨーロッパで挑戦続ける…スペイン行き有力
エクスポーツニュース




※一部要約

国内復帰が不発となったキ・ソンヨンの行き先がスペインに決まった雰囲気だ。
キ・ソンヨンが再びヨーロッパで挑戦を続ける。

KBSは18日、「キ・ソンヨンは様々な海外クラブのラブコールを受けた。悩んだ末にスペイン行きを選んだ」と報じた。

キ・ソンヨンは先月末、ニューカッスル・ユナイテッドと相互間の契約を解除し、国内復帰を推進した。
だが元所属チームだったソウルとの交渉が決裂し、国内復帰が失敗に終わった。
ソウルの許諾なしでは他の国内クラブに移籍できないという契約により、海外に目を向けた。

英語圏であると同時に好環境のアメリカを選ぶ可能性もあったが、キ・ソンヨンはヨーロッパで挑戦を続けることを選んだ。
キ・ソンヨンを望んでいるチームはSBウエスカだ。
ウエスカは現在、スペイン2部リーグで4位になっている。
昇格直行圏の2位とは勝ち点差1に過ぎない。
ただし2位のレアル・サラゴサが2試合行っていない。



"ファン・ウィジョフルタイム"ボルドー、マルセイユと0-0の引き分け
OSEN




※一部要約

ファン・ウィジョがフルタイムを消化したが、ゴールは味わえなかった。

ボルドーは3日明け方、フランス・ボルドーで行われた"2019-2020フランス・リーグアン22ラウンド"でマルセイユと0-0で引き分けた。
勝ち点30のボルドーはリーグ10位に上がった。

ファン・ウィジョは左ウイングで先発出場した。
ファン・ウィジョは日本のSB酒井宏樹と一貫して対決を繰り広げた。

後半45分にドリブルを仕掛けたファン・ウィジョが倒れてFKを誘ったが、ファールは宣言されなかった。
結局、ファン・ウィジョは惜しくもゴールを狩ることができなかった。



西メディア、「イ・ガンイン、最悪のとき…バブルなくなった」
OSEN




※一部要約

イ・ガンインに対する現地メディアの冷ややかな評価が出てきた。

バレンシア現地メディアのデポルテ・バレンシアーノは先月31日、「イ・ガンインは1軍に来てから最悪のときを過ごしている。イ・ガンインのバブルはなくなった。反論できな現実だ」と報じた。

今シーズン16試合に出て1ゴールを記録中のイ・ガンインは、クラブの期待に達することができずにいる。
国内での高い評価とは異なり、現地の評価は冷酷だ。
特に現地メディアの厳しい評価はm,イ・ガンインに対する惜しさが大きいことを証明している。




西メディア酷評、「イ・ガンインのバブルなくなった。これが現実」
スポータルコリア




※一部要約

弱り目に祟り目で、ライバルのフェラン・トーレスと比較されている。
「両選手は序盤から比較され、どちらも忍耐心を持って見守らなければならなかったが、トーレスは技量が爆発し、今ではラ・リーガで素晴らしい宝石の一つである」とトーレスの手を上げた。

イ・ガンインは今シーズン、現在までに16試合で1ゴールを記録している。
だが手強い主戦競争をしていて、メインポジションの攻撃型MFではないサイドでよく出ている。
イ・ガンインが期待とは裏腹なプレーをしている理由だ。

また、去年末に負傷まで重なり、現在は復帰したがリーグ出場で困難を経験している。
コパ・デル・レイでは連続で先発出場したが、まだ印象的な活躍は見せられていない。
イ・ガンインは現在の試練を克服し、乗り越えるしかない。



再び始まった欠場…イ・スンウ、2連続リスト除外
スポーツ京郷




※一部要約

去年末に4ヶ月でベルギーの舞台でデビュー戦を行ったイ・スンウが、2試合リストから除外された。

イ・スンウは26日、ロイヤル・エクセル・ムスクロンとの2019-2020シーズン・ベルギー・ジュピラーリーグ23ラウンドを前に、クラブが発表した出場リストに入ることができなかった。




監督は出場を予告したが…イ・スンウ、2試合連続リスト除外
スポータルコリア




※一部要約

シント・トロイデンは鈴木、ボタカ、アサモアの連続ゴールで軽く勝利をおさめた。

だがこの試合でもイ・スンウはリストから除外された。
イ・スンウは試合前に発表された招集リストに名前を上げ、出場を期待させた。
だが最終出場リストからは外れた。

イ・スンウは前半期にずっと除外され、前半期の最終戦で交代出場して機会を掴むことを期待された。
だが後半期の再開後に2試合連続で除外され、前半期の状況が繰り返される憂慮を生んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング