"ロナウドノーショー"主催社にサッカーファン1人あたり37万ウォン賠償の判決
ハンギョレ




※一部要約

去年のプロサッカー親善試合のとき、クリスティアーノ・ロナウドが出場せずに起きた、いわゆる"ロナウドノーショー(※No Show)"に関する最初の民事訴訟で、裁判所はサッカーファンの手を上げた。

仁川地方裁判所民事51単独のイ・ジェウク判事は4日、イ某氏らサッカー試合の観客2人がイタリア・ユベントス親善戦の主催社であるザ・フェスタを相手にした損害賠償訴訟で、原告一部勝訴の判決を下した。
イ判事はイ氏ら2人にそれぞれ37万1000ウォンを支給するようザ・フェスタに命じた。
ただし、イ判事はこの日の法廷で宣告の理由について明かさなかった。




"ロナウドノーショー"主催社、サッカーファン1人あたり37万1000ウォン賠償すべき
聯合ニュース




※一部要約

ロナウドは去年7月26日、ソウルワールドカップ競技場で行われたKリーグ選抜チーム(チームKリーグ)とユベントスとの親善試合に出場せず、ベンチだけに座って"ノーショー"論難を醸した。

イ氏ら観客2人は、ロナウドが絶対に出場するという主催社の広告が虚偽・誇張に該当し、チケット代などを払い戻さなければならないとして民事訴訟を起こした。

去年7月末に損害賠償の訴状が裁判所に受理され、その後同年12月と先月に続けて弁論期日が開かれ、この日に宣告公判が進められた。

ネイバー"ロナウド事態訴訟カフェ"の会員87人も去年8月、ザ・フェスタを相手に1人あたり95万ウォンずつ、合計8280万ウォンの損害賠償を請求する訴訟をソウル中央地方法院に起こした。



中国サッカーも"武漢封鎖令"、武漢卓爾3月まで遠征だけ!
スポータルコリア




※一部要約

中国が新型コロナウイルスの"武漢肺炎"発病地である武漢を一時的に封鎖したなか、中国スーパーリーグの日程でも感染の事態を反映された。

中国メディア"新浪スポーツ"は「中国サッカー協会が新シーズンのスーパーリーグの日程を発表した。武漢卓爾は開幕からしばらくホーム試合を行わない。できるだけ武漢で試合をしない方向で決定を下した」と明かした。

現在、武漢肺炎は手の施しようもなく広がっている。
すでに500人以上が感染確定と診断され、17人が亡くなったと確認された。

このメディアは「中国サッカー協会が武漢所属の選手に、近いうちに武漢を訪問しないように勧告した」として、「それでも専門家はスーパーリーグが予定通りに行われるか疑問を抱いている。2003年のSARS事態のときも、スーパーリーグは83日間中断したことがある」と武漢肺炎の状況を深刻に見た。

一方、AFCは来月に武漢で予定されていた中国・台湾・タイ・オーストラリアが参加する女子サッカー東京オリンピック予選の会場を南京に変更することに決めた。



日サッカー大宮もファーベーク元監督を追悼…昇格PO戦で黙祷
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJ2リーグの大宮アルディージャも、癌と戦って亡くなったピム・ファーベーク元監督を追悼した。

63歳で28日に亡くなったファーベーク監督はJ2リーグの発足を控えた1998年7月、大宮で初の外国人司令塔として就任してプロチームとしての礎を築いた。

大宮は29日、クラブのHPに森正志代表理事の名前で「ピム・ファーベーク監督の突然の訃報にクラブ関係者全員が深い悲しみに包まれている。クラブを代表して哀悼の意を表し、安らかに永眠することを心より祈る」と追悼文を載せた。

森代表は「Jリーグ進出を控えてプロクラブにしていく過程で、グラウンド内外で専門性を植え付けクラブの礎を築いた」と故人の業績を讃えた。

それとともに大宮は、12月1日に日本埼玉のNACK5スタジアム大宮でモンテディオ山形と行うJ1昇格プレーオフ1ラウンドの前に黙祷し、選手は喪章をつけてプレーすると明かした。

一方、2003シーズンにファーベーク監督の指揮を受けた京都パープルサンガ(現・京都サンガFC)もこの日、クラブのHPに声明を出して「サッカーに対して誰よりも誠実で、選手と職員に配慮するとても暖かい指導者だった」と故人の冥福を祈った。



[SWイシュー] "アシアナ航空"買収のチョン・モンギュKFA会長、遠征の多い代表の"翼"つけるか
スポーツワールド




※一部要約

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が率いるHDCグループがアシアナ航空を抱えた。
海外遠征試合の多い韓国サッカー代表にも好材料として作用するか注目が集まっている。

国籍2位の航空会社であるアシアナ航空の新オーナーが決まった。
12日に売却優先対象者に"HDC現代産業開発-未来アセット大宇コンソーシアム"を選定した。
HDC現代産業開発がアシアナ航空買収の手続きを終えれば、持株会社のHDCグループは財界20位圏の大企業に跳躍する。

チョン・モンギュ会長が引き受けている大韓サッカー協会にも肯定的影響を及ぼすという期待感が大きい。
特に国家間の対抗戦が毎年行われ、相対的に海外遠征試合がずっと行われるので、"航空"の側面でより効率的な行政が可能になり得る。

それだけではない。
最近は欧州リーグで活躍する選手が増え、航空便がさらに重要になった。
代表招集時の航空便は大韓サッカー協会が提供する。

サッカーは発展している。
飛行に伴う選手団のコンディション調整も試合に影響を与え得る。
そのような部分で、大韓サッカー協会の首長が運営する企業が航空会社を抱えたというのは、好材料として作用することができる。






現役サッカー選手「日本チームと訴訟中」知人を騙して金横領
KBS




※一部要約

現役プロサッカー選手が「日本サッカーチームとの訴訟で金が必要だ」という嘘で知人を騙し、金を横領して懲役刑を宣告されました。

ソウル中央地方法院の刑事9単独は詐欺の容疑で起訴されたサッカー選手イ某氏に、懲役1年執行猶予2年を宣告して社会奉仕200時間を命じました。

3月に自分が騙されていることを知ることになった知人がイ氏を警察に告訴し、警察は9月にイ氏を拘束して起訴の意見で検察に送致しました。

裁判所は「被害者が示談して処罰を望んでいない点、同種の犯罪で処罰を受けた前歴がない点など、様々な条件を総合した」と量刑の理由を明かしました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング