シーズン中に退いて電撃復帰…ソ・ジョンウォン監督が再び水原に
ゴールドットコム




※一部要約

ソ・ジョンウォン監督が水原三星監の督職に戻ってきた。
AFCチャンピオンズリーグ8強1次戦を前に電撃的に辞任してから1ヶ月半ぶりである。
辞任した監督がシーズン中に再び復帰するのは異例的なので目を引いている。

水原は15日の報道資料で、8月28日にクラブの成績および一身上の都合で監督職の辞意を明かしていたソ・ジョンウォン監督が、指令塔に復帰したと発表した。
ソ・ジョンウォン監督は報道資料で「年内に残っているチームの重要な試合を、責任感を持って終わらせるべきだという気持ちと、復帰を望むクラブの要求に応じるために復帰を決心した」と明かした。

全北現代とのチャンピオンズリーグ8強1次戦を前日に前にソ・ジョンウォン監督が辞任を発表した後、水原はイ・ビョングン首席コーチが監督代行体制でチームを引き受けた。
水原はチャンピオンズリーグ8強1次戦で全北を3-0で下した後、2次戦では0-3で敗れたがPK戦まで行く接戦の末に4強に上がった。

その後、水原はリーグ7試合で1勝4分け2敗を記録して、2位争いで遅れを取って5位まで落ちてきた。
チャンピオンズリーグでは4強1次戦で鹿島アントラーズに2-0でリードしてから、2-3で逆転負けした。
水原は済州とのFAカップ8強戦と、チャンピオンズリーグ8強2次戦、Kリーグスプリットラウンドの6試合を残している。

水原が後任監督の選任作業に入ったという噂が出て、何人かの指導者の名前が下馬評に上がったりもした。
だがソ・ジョンウォン監督が電撃的に復帰し、そのような噂も水面下に沈むことになった。
ドイツに渡って家族とともに時間を過ごしていることがわかったソ・ジョンウォン監督は、再び自分の席に戻ってきた。



元サッカー代表チャン・ハクヨン、八百長を持ちかけて緊急逮捕
聯合ニュース




※一部要約

引退選手のチャン・ハクヨンが現職プロサッカー選手に八百長を持ちかけて拘束された事実が一歩遅れて明らかとなった。

韓国プロサッカー連盟の関係者は「先月21日にチャン・ハクヨンが、釜山のあるホテルでKリーグ2の牙山ムグンファ所属のイ某選手と会い、翌日の釜山アイパークとの試合で前半20分以内に退場すれば5000万ウォンを払うと持ちかけた」として、「イ某選手はチャン・ハクヨンの提案を拒否した後、警察に申告してクラブにその事実を伝えた」と14日に明かした。

この関係者は「イ某選手の素早い措置により、警察はチャン・ハクヨンが宿泊しているホテルの客室に乗り込んで緊急逮捕した」と説明した。

連盟は「事件発生直後にこの事実を公開しようとしたが、共犯検挙の警察の非公開捜査に協力するため、事件発生の事実を伝えられなかった」と付け加えた。

Kリーグは2011年に韓国プロスポーツ全体に広がった八百長の直撃弾を受け、全構成員が対国民に謝罪するなど、はしかに罹った。

その後、連盟は不正行為防止の教育や定期ワークショップを開き、Kリーグクリーンセンターホットラインなどを運用して、八百長を予防している。

連盟の関係者は「チャン・ハクヨンは警察の捜査に、八百長を持ちかけたのは今回の事件が初めてだと述べた」として、「この事件はKリーグの構成員が八百長の提案を退けた模範事例」と明かした。



[パク・コンウォンのサッカー現場] クラブ健全経営の滋養分、Jリーグクラブライセンス
ベストイレブン




※一部要約

Kリーグは合理的なJリーグの行政を多く借用している。
その中で最も大きな影響を受けた制度があるなら、クラブライセンス制度だろう。
AFCチャンピオンズリーグ参加に最も重要な物差しの一つであるクラブライセンス制度がAFC加盟国に積極的に導入された最大の原動力は、日本が吹き込んだ。
もちろんクラブライセンスの源流はドイツなどのヨーロッパ国家である。
だが鈴木徳昭AFC競技局長が主導的に導入し、Jリーグがアジアで最も積極的にクラブライセンス制度を定着させて周辺国に伝えたため、日本が原動力と見て差し支えない。

日本Jリーグ事務局を訪れて最も重点的に見ようとしたのもクラブライセンスだ。
事実、アジアリーグのクラブライセンスはそれぞれ自国の事情に合わせて適用しているのが実情だが、日本はヨーロッパに準ずる厳しい規定を適用し、遵守するかどうかを問い詰めている。
3年連続で経営赤字になればクラブライセンスが取り消しになったり、競技場の施設をしっかり揃えられなくて、優秀な成績をおさめても昇格できないチームを日本でしばしば見ることができる。

青影宜典Jリーグ経営戦略部長兼クラブライセンスマネージャーに会い、詳しい内幕を聞いた。
英国の有名会計法人デロイトに在職し、一時は破産した大分トリニータの経営コンサルタントとしてJリーグと縁を結んだ青影マネージャーは、Jリーグのライセンスを外部から眺めるとき、最も重要に考えなければならないことを、"審判者"ではなく"ガイド"であるという見方だと語った。
実際にクラブライセンスは、連盟が正しい方向を提示できない場合、批判を受けるのにちょうど良い制度である。



[Aマッチレビュー] "南野-伊東連続ゴール"日本、パナマを3-0で撃破
InterFootball




※一部要約

日本がパナマに完勝をおさめ、10月のAマッチを勝利で飾った。

日本サッカー代表は12日、日本新潟のデンカビッグスワンスタジアムで行われた代表評価試合で、北中米のダークホース・パナマを相手に3-0の勝利を手にした。


181012213054841ia.jpg




日本、ベント号の次の相手パナマを3-0で制圧
OSEN

181012221820639o.jpg


※一部要約

日本サッカー代表が韓国の次の評価試合の相手であるパナマに勝った。

日本は16日、韓国に1-2で敗れたウルグアイと評価試合を行う。



冬が終わって吹く薫風…アイドルを彷彿とさせるほどのベント号人気
OSEN




※一部要約

冬が終わったのか。
サッカー界に暖かい薫風が吹いている。

2018インドネシア・ジャカルタ-パレンバンアジア大会で甦ったサッカー熱はウルグアイ戦でも続いた。
この日、ソウルワールドカップ競技場は6万の観客で満杯になった。

アジア大会以降、9月のコスタリカ戦とチリ戦に続いて3試合連続で有効座席売り切れだ。
16日のパナマ戦まで、4試合連続の売り切れを目前にしている。

特に観客の年齢層が代表の未来を明るくさせた。
ほとんどが10代の学生と20代序盤の若年層だった。
相対的に見つけにくかった女性ファンの比重が高まった。

公開オープントレーニングでも、増加したファンのサッカー人気を実感することができた。
午前10時30分に公開予定のオープントレーニングのため、9時からファンは列を作って待っていた。


181013140105433a.jpg


代表は1時間ほど練習をした後、ファンに近づいた。
待っていたファンは選手の名前を叫んでサインと写真撮影を要請した。
選手もやはりファンとの時間を楽しみ、誠実にファンサービスに臨んだ。

惜しい点もあった。
練習場全体を広く使うと、位置によっては選手が1人も来ないところもあった。
練習場の外角にいた女性ファンは、喉が張り裂けんばかりに名前を叫んだが、選手が来ずに泣きべそをかいたりもした。

長い冬が終わったかのように、微細ではあるが暖かい薫風がサッカー界に吹き始めた。
これから韓国サッカー界が久しぶりに戻ってきたこの暖かい風を続けられるか注目されている。


181013140105433b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング