[★現場レビュー] "5安打の貧攻"韓国、日本に3-5で苦い逆転負け"プ12準優勝"
スターニュース

191117222700767.jpg


※一部要約

韓国が日本とのプレミア12決勝戦で敗亡、大会2連覇に失敗した。

キム・ギョンムン監督が率いる韓国野球代表は17日午後7時、日本の東京ドームで行われた野球日本代表との2019WBSC(世界野球ソフトボール連盟)プレミア12決勝戦に3-5で敗れた。

2015年の初代大会チャンピオンだった韓国は大会2連覇を狙ったが、惜しくも失敗した。
一方、日本は前回大会の準決勝戦で韓国に喫した3-4の敗北を雪辱し、プレミア12大会で初優勝のトロフィーを掲げた。
大会3位は先の3・4位戦でアメリカを倒したメキシコが占めた。
合計521万ドル(韓貨約60億ウォン)の賞金がかかっていた今大会で、日本は優勝賞金として150万ドル(17億5000万ウォン)、韓国は準優勝賞金75万ドル(8億7500万ウォン)をそれぞれ受けることになった。


191117222700767a.jpg

191117222700767b.jpg

191117222700767c.jpg

191117222700767d.jpg

191117222700767e.jpg



ヒディンク、リッピも諦めた中サッカー…「スコラーリ関心ある」
マイデイリー




※一部要約

世界的名将のフース・ヒディンクとマルチェロ・リッピ監督が中国サッカーを諦めたなか、かつて広州恒大を指揮したルイス・フェリペ・スコラーリ監督が次期司令塔に取り上げられている。

中国の新華ネットは16日、「スコラーリ監督は中国代表の監督職に関心がある」と報じた。

スコラーリ監督は中国サッカー協会が公式オファーをすれば来る計画である。

ブラジル出身で2002韓日ワールドカップで優勝したスコラーリ監督はポルトガル、チェルシー、ブニョドコル、広州恒大など、多くのクラブを指導してきた。
そして去年からブラジルのパルメイラスを指揮し、9月に更迭された。

スコラーリ監督は中国サッカーに馴染みのある人物だ。
2015年に広州の監督を引き受け、スーパーリーグ3連覇とアジアチャンピオンズリーグ優勝を果たした。

だがリッピ監督はもちろん、ヒディンクも驚いて去ったところが中国である。
リッピ監督も広州では成功したが、中国代表では失敗した。



現役サッカー選手「日本チームと訴訟中」知人を騙して金横領
KBS




※一部要約

現役プロサッカー選手が「日本サッカーチームとの訴訟で金が必要だ」という嘘で知人を騙し、金を横領して懲役刑を宣告されました。

ソウル中央地方法院の刑事9単独は詐欺の容疑で起訴されたサッカー選手イ某氏に、懲役1年執行猶予2年を宣告して社会奉仕200時間を命じました。

3月に自分が騙されていることを知ることになった知人がイ氏を警察に告訴し、警察は9月にイ氏を拘束して起訴の意見で検察に送致しました。

裁判所は「被害者が示談して処罰を望んでいない点、同種の犯罪で処罰を受けた前歴がない点など、様々な条件を総合した」と量刑の理由を明かしました。



[アブダビLIVE] ブラジル戦敗北の雪辱を夢見るキム・ヨングォン、「必ず勝ちたい」
ベストイレブン




※一部要約

「ブラジル相手にはいつも負けた記憶しかない。今回は必ず勝ちたい」

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表がブラジルとのAマッチ親善試合を4日後に控え、アラブ首長国連邦のアブダビで練習を再開した。
14日午後3時、レバノンと2022FIFAカタールワールドカップアジア2次予選の4次戦に0-0で引き分けた後、15日深夜にアブダビのベースキャンプに戻った。

19日にアブダビのモハメド・ビン・ザーイド・スタジアムでブラジルと親善試合を控えているベント号は15日午後5時、ブラジル戦に備えた練習を始めた。
前日にレバノン戦を消化した選手もすべて練習に参加して回復訓練を行った。
試合でプレーしなかった選手は正常に練習した。

練習前に行われたインタビューで、副主将のキム・ヨングォンがブラジル戦の記憶を思い出した。
まずキム・ヨングォンは「昨日、選手同士で話を一度した。(※レバノンと引き分けて)良くない雰囲気で行くことはできない。改めてブラジル戦を準備することにした。難しい試合はこれからも多いが、そのたびに引けをとってはならない」と、レバノン戦で引き分けた後に選手が雰囲気の雰囲気を試みていると伝えた。



[AマッチREVIEW] "南野決勝ゴール"日本、キルギ2-0撃破
スポTVニュース




※一部要約

日本が南野の決勝ゴールに力づけられ、キルギスタンを撃破した。

日本は14日午後8時18分、2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選F組4次戦のキルギスタン遠征試合に2-0で勝った。
前半に南野がPK、後半に原口がFKで得点した。

先の2次予選の3試合で無失点の3連勝を記録中だった日本は、キルギスタンまで捉えて最終予選進出で有利な高地に上がることになった。
日本はキルギスタン戦の後、19日にベネズエラを相手にホームで親善試合を行う。

拮抗した試合が続いた。
日本は前半31分にサイドを突破され決定的なシュートチャンスを許したが、権田GKのスーパーセーブがあった。
結局、日本は前半39分に南野がPKを得た。
キッカーとして出た南野が成功し、前半を日本が1-0でリードした。

日本は後半9分に原口がアーク正面から試みたFKで追加ゴールを決めた。
GKを完全に欺いた。
日本は後半20分、後半24分の相手の決定的なチャンスを防いだ。
危機を克服した日本は、交代選手を活用して無失点で試合を終えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング