"被疑者"コ・ジョンス、起訴意見検察送致…選手不正選抜疑惑
フットボールリスト




※一部要約

大田シチズンの選手不正選抜疑惑に関して、コ・ジョンス元監督が被疑者の身分で検察に送致された。

大田地方警察庁は23日、コ・ジョンス元監督を含む元・現職大田クラブ関係者、キム・ジョンチョン大田市議会議長ら12人を起訴意見で検察に送致した。

当該の事件は2018年に行われた選手選抜テストのとき、採点表が操作されたという情報提供で捜査が始まった。
キム・ジョンチョン議長は当時、指揮棒を取っていたコ・ジョンス監督に特定の選手を推薦した疑惑を受けている。

警察は選手推薦で圧力が作用したと見て、当該の過程で不正請託と対価性の有無を調べた。
コ・ジョンス元監督は5月に更迭され、警察の取り調べ当時の参考人身分から、取り調べ後に被疑者の身分に切り替えられた。

一方、大田は5月のチェ・ヨンギュ代表理事就任後、高強度の革新方案を用意して施行に乗り出している。
透明な選手選抜を含め、クラブ正常化のための自力救済努力に力を入れている状況だ。
最近では地元企業から2億ウォンの発展後援金を誘致した。



[オフィシャル] "日本のメッシ"久保、カスティージャの代わりに"1部"マジョルカへ
スポータルコリア




※一部要約

日本のメッシと呼ばれる新星の久保建英が、レンタル移籍とともに初シーズンを3部リーグの代わりに1部リーグのスペイン・プリメーラリーガでプレーする機会を掴んだ。

RCDマジョルカは23日、公式チャンネルで久保獲得のニュースを発表した。
契約は1年のレンタルで2020年夏まで留まる。

久保は今夏、FC東京を去ってレアル・マドリードに入団した。
彼は今回のプレシーズンで1軍リストに名前を上げ、最初の契約通り2軍のカスティージャに戻った。

レアルは久保がカスティージャのプレシーズンで良い姿を見せ、1軍のプロの舞台で経験を積むことを望んだ。
久保もやはり3部リーグのカスティージャの代わりに、1部リーグであるプリメーラリーガでの経験を希望し、望み通りとなった。

久保が着実な出場とともに成果を上げれば、レアル1軍入りの時期はさらに早まるだろう。
マジョルカもやはり久保獲得出攻撃の強化に成功し、今シーズンの期待値を上げた。



[Interビュー] フランスで新たな挑戦のファン・ウィジョ、「もう1ヶ月、たくさん学びながら適応中」
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョがフランスの地を踏んで1ヶ月という時間が流れた。
ファン・ウィジョは新たな舞台で無我夢中で適応中であり、2回リーグアンの舞台を走った。
惜しさが多かったというファン・ウィジョは、まだシーズン序盤と言って今後の活躍を誓った。

19日、ボルドー市内にあるホテルでファン・ウィジョと会った。
前日のボルドーとモンペリエの試合で、ファン・ウィジョは先発出場して63分間活躍した。
ボルドーはモンペリエと1-1の引き分けをおさめた。


190821060334004a.jpg


ファン・ウィジョはガンバ大阪を去り、今シーズンを控えてジロンダン・ボルドーに巣を作った。
ボルドーはファン・ウィジョに大きな期待をかけている。
アジア選手としては決して少なくない移籍金(約26億ウォン)を投資し、モンペリエとのホーム開幕戦のときのマッチデープログラムの表紙モデルもファン・ウィジョだった。
ファン・ウィジョにかける期待を伺えるような項目だった。

ファン・ウィジョは「惜しい部分が多かった。個人的に準備をかなりした。すごく残念だった」として、「シーズン序盤だ。ボルドーに来てもう1ヶ月になった。少しずつしっかり適応しながら、着実に試合に出場することが重要」と語った。



エウケソンを含む外国人6人が帰化中の中…「これはブラジル2軍じゃないのか」
OSEN




※一部要約

中国"捜狐ドットコム"は21日、「無分別な外国人帰化が続けば、中国男子サッカー代表はベストイレブンが外国人帰化選手で構成され、世界のサッカー史を新たに記すだろう」と批判した。

野心的な中国のサッカー崛起の結末は帰化だった。
2022FIFAカタールワールドカップ本戦舞台の進出にオールインした中国は、自国選手の成長を信じるより急な火消しに乗り出した。

復帰したマルチェロ・リッピ監督の要請で、ニコラス・イェナリスを筆頭に混血選手を大挙代表に合流させ、体躯の拡大に乗り出した。

混血選手の帰化以上に関心を集めたのが外国人の帰化である。
すでにエウケソンがAFCの承認を受け、ワールドカップ2次予選から出撃する。

エウケソンに続いてグラールアランアロイージオフェルナンジーニョら最低5人の中国スーパーリーグ長寿外国人が先を争って帰化を申請した。
中国サッカー協会も制限を設けずにすべて受け入れる計画だ。

"捜狐ドットコム"は「エウケソンに続いてグラールも2020年くらいに中国代表のユニフォームを着ることができる」として、「他の3人もやはり関連部署の承認だけを待っている状態」と伝えた。





ブラジル"テラ"は「中国の帰化ラッシュについて、多くのブラジル選手が希望を見た。ブラジルの代わりに、スーパーリーグで活躍して帰化を通じて代表選手の夢まで叶えたがっている」と説明した。

このままなら中国は攻撃ラインのほとんどを帰化選手で設ける可能性が高い。
"捜狐ドットコム"は「こんなことをするなら先に言及した6人に、5人をさらに帰化させて世界サッカー史上初の全員が帰化選手のチームを設けよう」と批判した。

"捜狐ドットコム"は「中国内でも反発が大きい。自国選手の発展を無視した過度な処置だという批判が多い」として、「もしワールドカップに出ても、中国代表ではなくブラジル2軍と見なければならない。これが栄光なのかわからない」と疑問を呈した。



日新星・久保、"昇格チーム"マジョルカにレンタル?
ベストイレブン




※一部要約

レアル・マドリードの1軍スカッドに入ることに失敗した日本サッカーの新星、久保建英がマジョルカレンタルを模索している。

スペインメディア<フゴーネス>は、レアル・マドリードが久保をレンタルで獲得できるかとかなり多くのオファーを受け、その中でマジョルカが久保の成長のために最良のオプションだと決めたと伝えた。
レアル・バリャドリードが久保のレンタルのためにかなり力を入れたが、レアル・マドリードはマジョルカのほうが良いと判断したという。

今年満18歳の久保はバルセロナユースシステムで成長した後、2016年にFC東京でプロデビューした若い選手だ。
2019年の夏の移籍市場でレアル・マドリードに入団した久保は、所属チームのプレシーズンキャンプに合流してジネディーヌ・ジダン監督が見守る中で様々な試合を消化し、自分の潜在力を認められようとした。
だが1軍スカッドの登録には失敗し、2軍チームであるレアル・カスティージャでシーズンを送らなければならない状況だったが、レンタルのオファーを通じてラ・リーガデビューすることができるものとみられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング