「ポドルスキ、日本ヴィッセル神戸入団予定」
聯合ニュース




※一部要約

ドイツ戦車軍団の一軸を担ったFWルーカス・ポドルスキが日本プロサッカーJリーグのヴィッセル神戸に入団する見通しである。

ビルトなどドイツメディアは17日、一斉にポドルスキがヴィッセル神戸入団を控えていると伝えた。

ビルトは「ポドルスキは中国スーパーリーグの北京国安から入団オファーを受けたが、日本でプレーするために断った」と報じた。

ポドルスキは2003年にFCケルンでプロ生活を始め、バイエルン・ミュンヘンやアーセナルなど主要クラブで中心選手として活躍した。

特にドイツ代表で大活躍した。
彼はAマッチ129試合で48得点に成功した。

彼は2015年7月からトルコプロサッカーのガラタサライでプレーしているが、昨シーズンは負傷で技量が落ちて10試合出場3ゴールに終わった。




ドイツメディア「ポドルスキ、日本神戸に移籍・・年俸100億
スポーツ韓国




※一部要約

ドイツメディアによるとポドルスキは神戸から契約期間3年で800万ユーロ(約100億ウォン・ボーナスを含む)の年俸のオファーを受けたと伝えられた。

昨シーズン、日本Jリーグで7位になった神戸はすでに先月からポドルスキ獲得を推進してきた。
代表GKキム・スンギュの所属チームでもある。



[11代総裁選挙] "単独候補"シン・ムンソン、過半数得票失敗で落選・・・反対11票(総合)
インターフットボール




※一部要約

新たな歴史はなかった。
史上初の競技者出身の総裁に挑戦したシン・ムンソン明知大学教授が韓国プロサッカー連盟11代総裁選挙で落選した。

史上初の競技者出身の総裁は誕生しなかった。
シン・ムンソン明知大学教授は16日午後3時30分、ソウル新門路のサッカー会館で行われた第11代韓国プロサッカー連盟総裁選挙で過半数の賛成票を得られずに落選した。

これまでプロ連盟の総裁は企業クラブのオーナーが持ち回り、総裁が推戴形式で席を受け継いできた。
そうした理由で今回の賛否投票でシン・ムンソン教授が当選すると予想する人は多くなかったし、世論もそうだった。
結局シン・ムンソン教授は過半数の賛成票を得られずに落選した。

今回の選挙はシン・ムンソン教授が単独出馬し、代議員23人(Kリーグクラブ代表21人、大韓サッカー協会2人)が賛否投票形式で新総裁選任の有無を決めたが、シン・ムンソン教授は過半数の12票を得られずに11代総裁に選任されなかった。
選挙の結果、シン・ムンソン候補は賛成5票、反対17票、無効1票を受けた。





後任の総裁についてはずっと議論が出ている。
とりあえず連盟の立場ははっきりしている。
連盟は定款第17条5項に"役員は任期満了した場合でも後任者が就任するまでその職務を続けなければならない"と明記されている条項を挙げて、クォン・オガプ現総裁が職務を維持するべきという立場を守ってきている。

だがシン・ムンソン教授の考えは違う。
シン教授は単独立候補した本人が落選すれば、第16条1項7号を根拠に挙げて、総裁職が空席になった状態だと規定していて、連盟は定款を誤って解釈していると公開的に批判していた。

だが連盟の主張は変わらなかった。
連盟もやはり反論資料を出し、シン・ムンソン教授が落選すればクォン・オガプ総裁が職務を維持すると明かした。
そのような理由で、シン・ムンソン候補の落選でクォン・オガプ総裁が引き続き職務を維持することになる可能性が高まった。
そして今後、後任総裁について議論するものとみられる。

しばらくは今回の選挙のことで騒がしくなることは明らかである。
だが2013年に総裁に就任したクォン・オガプ総裁は、Kリーグクラシック-チャレンジの昇降制を定着させたうえ、自身が社長を務めていた現代オイルバンクがKリーグのタイトルスポンサーとして35億ウォンの支援をしたことがあり、相変わらずクォン総裁の支持勢力が多い。
そこに今回の選挙でクォン総裁を支持する側が多数だということが確認され、クォン総裁が職務を維持することが有力とみられる。



中国スーパーリーグ、外国人出場規定を3人にグンと減らす
韓国スポーツ経済




※一部要約

手綱が解かれた黄砂マネーに中国政府が直接出てきてブレーキをかけた。
自国プロリーグの外国人選手の出場が従来の5人から3人に減る。

中国サッカー協会は15日、このような内容を入れた改正された選手団管理規程を各クラブに伝え、迫る今シーズンから適応することにした。

今回の管理規程では、AFCのアジアクォーター規定(外国人選手3人+AFC会員国選手1人)とは別にローカルルールを適用する。
1試合当たりの外国人選手の出場限度(先発・交代を含む)は3人に制限するという強硬措置である。
これまでスーパーリーグは外国人選手4人+アジアクォーター1人で5人がすべて出場することができた。
今後は出場限度3人の制限がかかる。

また、自国選手のために1チーム当たりの出場リストに23歳以下の選手2人を義務的に入れ、1人は必ず先発ラインナップに入れなければならないという規定が新設されたと伝えられた。



優勝も伺うトッテナム・・・"ソン・フンミンの居場所がない"
聯合ニュース




※一部要約

"後半47分交代、後半44分投入"

イングランドプレミアリーグのトッテナムでプレーしているFWソン・フンミンは正規リーグで交代メンバーになった。
最近の2試合でそれぞれ2分と3分しかプレーしていない。

チェルシーとの20ラウンドでは後半追加時間にグラウンドを踏み、ウェスト・ブロムウィッチとの21ラウンドでは正規時間の90分が終わるくらいに交代投入された。

今シーズンはリーグだけで6ゴールを炸裂させて悪くない成績を見せているが、なかなかチームの勝利に貢献する機会を掴めずにいる。

ソン・フンミンに出場機会がないのは、彼の不振というよりトッテナムがますます強い姿を見せてているためというのが大きい。

トッテナムが低迷でもすれば戦術変化のためソン・フンミンの出場を期待できる。
だがトッテナムは去年よりさらに発展した姿である。

今シーズンは特にハリー・ケインが負傷から戻ってきてから、トッテナムは他のどのチームも簡単には勝てないチームになった。

チーム成績を見るだけでわかる。
21ラウンドまで終えた現在、勝ち点45で首位チェルシーを勝ち点4差で追撃している。

チームは6連勝で高空行進している。




[EPL POINT] 危機のソン・フンミン、トッテナムの3バックに塞がれる
インターフットボール




※一部要約

3バックの体制がさらに堅くなるほど、ソン・フンミンの席は減ってきている。
3バックを使うと最前方のケインを除く二人の攻撃型MFを選ばなければならないが、そこはアリとエリクセンがポチェッティーノ監督の厚い信頼を受けていて、ソン・フンミンがその隙を突くのは容易ではない。

最近の記録がこれを説明している。
ソン・フンミンは今シーズン、リーグ18試合(交代7回)で6ゴール3アシストを記録した。
悪くない記録だが、トッテナムが3バックを使うとソン・フンミンはベンチに座る。
また試合終盤にグラウンドを踏んで、事実上試合に出られずにいる。
最近10試合でソン・フンミンがフルタイムを消化した試合はたったの2試合にすぎない。

ソン・フンミンの能力については疑う余地がない。
結局はポジション変更による犠牲である。
ソン・フンミンが自分の能力を発揮するためには4バックシステムが必要で、サイドの守備を揺さぶる役割を果たさなければならない。
トッテナムは2月からヨーロッパリーグの日程を開始する。
そうなれば試合数も多くなり、ローテーションが必要だ。
常勝疾走するトッテナムの3バックがソン・フンミンを困難に陥れている。



[SWインタビュー]蔚山マンキム・チャンス「巡り巡って復帰・・・新人のワクワクで最善を」
スポーツワールド




※一部要約

もう"蔚山マン"である。

キム・チャンスが実家チームに帰ってきた。
守備の安定化を望むキム・ドフン蔚山監督がキム・チャンス、イ・ジョンホ、チェ・キュベクをチームに合流させる代わりに、イ・ヨンとイ・ジェソンを全北に送ったのだ。

全北に名残の感情はなかった。
キム・チャンスは昨シーズン、3年間の日本Jリーグ生活を終えて合流したが、負傷で多くの試合に出ることができず、全北に申し訳ない気持ちが大きかった。
チェ・ガンヒ全北監督が「チャンス、それでも最後にACL優勝もしてクラブワールドカップにも出たので、互いにウィンウィンだと考えよう」と激励してくれて力になった。

蔚山はキム・チャンスがプロ生活を最初に始めたチームである。
新たな心構えで出発するにはここより良いチームはない。
全北で感じた優勝という喜びを、蔚山でも再現するために玉の汗を流すだけである。


─プロ初シーズン(2004年)を過ごした蔚山に帰ってきた。

1試合プレーして移籍した(笑)。当時は蔚山のすべてが大きく見えた。施設や先輩のオーラなど・・・年を取ってからまた来るとは思わなかった。新人のワクワクも感じられたりする。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング