ファン・ウィジョ、所属チームのJリーグの試合で13分目に交代
マイデイリー




※一部要約

アジア大会代表にワイルドカードで抜擢されたFWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)が、所属チームの試合で早期に交代させられた。

ファン・ウィジョは18日午後、日本・広島で行われたサンフレッチェ広島との2018Jリーグ16ラウンドに、アデミウソンと2トップで先発出場してチームの攻撃を導いた。
その後ファン・ウィジョは、予期せぬ変数によって試合開始13分目にDF菅沼と交代させられた。
この日の試合でガンバ大阪は、前半8分にDFファビオが退場させられ、数的不利とともに守備の空白が発生し、クルピ監督はFWファン・ウィジョの代わりにDF菅沼を投入した。

ファン・ウィジョは今シーズン、Jリーグで7ゴールを放って大活躍している。
所属チームのガンバ大阪は4勝3分け8敗の成績で降格圏の16位に留まっているが、ファン・ウィジョはチーム内最多ゴールを記録してチームの攻撃を担っている



[単独] クリンスマン、韓国監督オファー拒絶…キム・パンゴンとモスクワで会合
スポータルコリア




※一部要約

ユルゲン・クリンスマン元アメリカ監督が、大韓民国A代表監督のオファーを断った。

サッカー界の消息筋は18日、「キム・パンゴン代表監督選任委員長がロシア・モスクワで、BBC解説委員の資格でワールドカップの現場を回っていたクリンスマン監督と直接接触した。だが丁重に拒絶の意を伝えたと聞いている」と耳打ちした。

キム・パンゴン委員長は5日にサッカー会館で次期代表監督の選任基準を明かした後、9日に海外出張へ発った。
現地で新任監督の候補と面談するためだった。
だがキム・パンゴン委員長と協会のどちらも、行き先と監督候補群を明かさなかった。

ただし、海外メディアは2018ロシアワールドカップでメキシコを率いたオソリオ監督、今年5月まで日本を指揮していたハリルホジッチ監督らと接触したと報じた。
これについて協会は接触を否定していた。

そしてキム・パンゴン委員長は18日に帰国した。
協会はキム・パンゴン委員長がどの指導者に会ってきたか明かさなかった。
ただし"スポータルコリア"の取材で、キム・パンゴン委員長が接触した指導者の1人がクリンスマン監督であることが確認された。



[単独] 全北、ロシアワールドカップ代表DFチョン・スンヒョンと終盤の年俸綱引き
スポーツ朝鮮




※一部要約

"Kリーグ絶対1強"全北現代が、2018ロシアワールドカップ代表CBチョン・スンヒョンと年俸綱引き中である。

18日、全北の事情に詳しい複数の関係者は「全北とチョン・スンヒョン側の代理人が年俸について終盤の調整中」として、「獲得はほぼ確実視された雰囲気で、クラブが選手の年俸に難色を示した」と耳打ちした。

続けて「日本はネット契約(税込み)なので、選手はサガン鳥栖で受ける年俸よりさらに高い金額をつけていて、クラブは原則を守っている立場」と付け加えた。

蔚山ユース出身のチョン・スンヒョンは昨夏、日本Jリーグのサガン鳥栖に巣を移した。
当時、チョン・スンヒョンは年俸45万ドル(約5億ウォン)、バイアウト180万ドル(約20億ウォン)の条件でサガン鳥栖のユニフォームを着た。

地位はしっかりしてそうに見えた。
今シーズン、チームが行った正規リーグ15試合で11試合に出場、1ゴールを記録中だった。
だがロシアワールドカップに行くとすぐに去就で問題が生じた。
サガン鳥栖が"ワールドスター"フェルナンド・トーレスを獲得した。
サガン鳥栖は既存のチョン・スンヒョンをはじめとしてチョ・ドンゴン、アン・ヨンウ、キム・ミンヒョクら4人の韓国選手に、コロンビア出身FWのビクトル・イバルボを保有していた。
だが年俸7億5000万円(約76億ウォン)を受けるトーレスを抱え、サガン鳥栖は外国人クォーターと財政上の問題で韓国選手を送り出さなければならない状況に追い込まれた。



日本Jリーグがイニエスタ-トーレスを抱えた力は…中継権と親企業の投資
ニュース1




※一部要約

"無敵艦隊"スペインの2010FIFAワールドカップ、ユーロ2008、ユーロ2010(※2012の間違い)優勝を合作したアンドレス・イニエスタ(34・ヴィッセル神戸)とフェルナンド・トーレス(34・サガン鳥栖)が並んで日本Jリーグに発った。
かつて緊縮政策を繰り広げてスタープレーヤーと距離が遠かったJリーグは、天文学的な中継料を前面に出し、スターの新たな行き先としての地位を確立しつつある。

16年間活躍したバルセロナを去ってヴィッセル神戸に移籍したイニエスタは18日、新所属チーム合流のために関西国際空港から日本の地を踏んだ。
5月24日の入団記者会見から約2ヶ月ぶりである。
トーレスは11日にアトレティコ・マドリードと契約せず、サガン鳥栖に巣を移した。

イニエスタとトーレスは2017-18シーズン、前所属チームで先発とサブを行き来して技量を示した。
満34歳で1~2年はさらにプレーできる実力のある選手だ。
この2人が移籍市場に出たとき、中国をはじめとしてアメリカや中東、さらに一部のヨーロッパチームもラブコールを送った。

だが2人はJリーグ行を選んだ。
日本Jリーグに入団した最大の理由は、莫大な年俸である。
イニエスタは神戸から32億5000万円(約320億ウォン)を受ける。
トーレスは年俸7億5000万円(約76億ウォン)で鳥栖と契約した。

最近のJリーグを記憶している人々にとっては驚くべきニュースだ。
1993年に始まったJリーグは草創期にコインブラ・ジーコ、カルロス・ドゥンガ、ギャリー・リネカー、ミカエル・ラウドルップ、フリスト・ストイチコフらスタープレーヤーが活躍した。



トーレスが移籍したサガン鳥栖…ユン・ジョンファン監督とキム・ミヌのチーム
ウェブデイリー




※一部要約

スペインサッカーのスター、フェルナンド・トーレスの移籍チームであるサガン鳥栖は、ユン・ジョンファン監督と大韓民国代表キム・ミヌが活躍したチームである。

サガン鳥栖は実業リーグからJ2リーグ、そしてJ1リーグまで次々と過程を踏んでプロ入りした日本の代表的市民クラブだ。

サガン鳥栖がプロレベルで現在の姿になるのに最も大きな功績を立てた2人が、ユン・ジョンファン監督とキム・ミヌである。
ユン・ジョンファン監督はサガン鳥栖で選手生活を締め括り、コーチを始めて2010年には監督代行を引き受けた。
指導力を認められた2011年から正式にサガン鳥栖の監督を引き受けた。
ユン・ジョンファン監督はサガン鳥栖のJ2リーグ準優勝、J1リーグ昇格初シーズン5位、2014年前半期リーグ2位などの大きな成績をもたらした。

キム・ミヌはサガン鳥栖で2010年から2016年まで7年間プレーし、核心選手として活躍した。
キム・ミヌが兵役のためKリーグに復帰し、サガン鳥栖はキム・ミヌの背番号である10を期間欠番に設定するなど、事実上キム・ミヌをチームの史上最高選手として大事にしている。





最近のサガン鳥栖で活躍している韓国選手にはチョ・ドンゴンがいる。
チョ・ドンゴンはKリーグの城南と水原で活躍したFWで、大韓民国代表としてAマッチに3試合出場した経験がある。
チョ・ドンゴンはもともとサガン鳥栖の9番として活躍してたが、フェルナンド・トーレスに番号を譲った。
現在チョ・ドンゴンは背番号19を割り当てられている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング