慶南、ヨーロッパ派"長身FW"ルク・カスタイニョス獲得
OSEN




※一部要約

慶南FCがオランダ出身FWルク・カスタイニョス獲得を公式発表した。

カスタイニョスは188センチの大きな身体条件を持つFWで、オランダの年代別ユース代表で活躍した。
2009年にフェイエノールトで初めてプロデビューした。
2010年にはソン・フンミン、ネイマール、ロメル・ルカクらとともにFIFA選定の10代有望株候補23人に入ったりもした。

その後インテル・ミラノやFCトゥウェンテ、スポルティングなどヨーロッパ有数のチームでプロ生活を続け、サッカーファンに深い印象を残した。

先に慶南は、英国プレミアリーグ出身のジョーダン・マッチ獲得に成功し、Kリーグファンを驚かせたことがある。
一般的なビッグリーグ出身の選手とは違い、比較的早い年齢でアジアの舞台に進出して、年齢や体力的な面で強みを持っているマッチのように、カスタイニョスもまた選手として熟した26歳の年齢で慶南に入団した。

名将キム・ジョンブ監督の下で、"ビッグネーム"のカスタイニョスとマッチがKリーグにどんな風を起こすのか期待される。

カスタイニョスは20日から選手団に合流し、チームに適応する予定である。



ジダを育てたヴィッセル神戸のアレックスGKコーチ、「キム・スンギュ、アジアトップ」
ゴールドットコム




※一部要約

去年、パウロ・ベント監督が韓国代表の指令塔に就任してから話題になったキーワードは"後方のビルアドアップ"である。

キ・ソンヨン、ソン・フンミンをはじめとして、ベント監督が就任してから彼が進めた練習を消化したすべての選手が挙げた共通点がある。
選手は守備陣営から始まって相手のゴール前までボールを運ぶビルドアップ構造で、ベント監督ほどしっかりしている指導者に代表で会ったのは今回が初めてだと語った。
そのようなビルドアップ構造で攻撃の起点の役割をする選手がまさに、最後方の席に配置されているGKである。

ベント監督は自分とシルベストルGKコーチを含めたポルトガル出身の5人の師団を率いて、韓国代表の指揮棒を取ってからずっと主戦GKにキム・スンギュを信任している。
アジアカップでも韓国が行った5試合で、主戦GKとしてグローブをはめた主人公はキム・スンギュだった。
ロシアワールドカップで輝かしい活躍を繰り広げたチョ・ヒョヌに代わってキム・スンギュを選んだ彼の決定は、サッカーファンの間でもイシューとなった。
もちろんアジアカップ前の評価試合でキム・スンギュとチョ・ヒョヌが交代で出場したのは事実だ。
だがベント監督は比重のある試合(コスタリカ、ウルグアイ、オーストラリアなど)では常にキム・スンギュを主戦で起用した。

韓国はアジアカップ8強でカタールに敗れて脱落する失敗を経験したが、ベント師団の信任を受けたキム・スンギュは合格点を受けた。
アジアカップ5試合にすべて先発で出た彼は2失点しか献上しなかったし、好セーブ率(相手の枠内シュートに対する好セーブ回数)は88.2%と高い方に属していた。
何よりキム・スンギュは、大会が進むほど有機的に後方から同僚とパスをやり取りする能力が安定している姿を見せ、ビルドアップを重視するベント師団の期待に見合った活躍を繰り広げた。
後方のビルドアップは3年間彼が日本Jリーグで所属チームのヴィッセル神戸で主戦GKとして活躍し、心血を注いで改善した能力である。

キム・スンギュは去年の国内メディアとのインタビューで、2016年に日本へ進出する前までは韓国でビルドアップを重視するサッカーをあまり経験したことがないと認めた。
だが彼はヴィッセル神戸に移籍後、ブラジル出身のアレックスGKコーチに会ってから、過去に経験したことのない練習方法によって新たな方式のゴールキーピングを学んだ。



[ゼロックスカップ現場] "チョン・ソンリョン無失点の活躍"川崎、浦和を下して"スーパーカップ初優勝"
スポータルコリア




※一部要約

チョン・ソンリョンが無失点の活躍をした川崎フロンターレが、浦和レッズを下してJリーグスーパーカップの主人公となった。

川崎は16日午後1時35分、日本埼玉県の埼玉スタジアムで行われた"フジゼロックススーパーカップ2019"で、浦和に1-0で勝利した。
川崎のクラブ史上初のスーパーカップ優勝である。


190216162336972a.jpg

190216162336972b.jpg


試合中ずっと主導権を失わなかった川崎が1-0で勝利した。
これで川崎はクラブ史上初のスーパーカップの主人となり、3000万円(約3億ウォン)の優勝賞金まで手にした。
敗れた浦和にも2000万円(約2億ウォン)の賞金が与えられた。

一方、この日に集計された公式観客数は52587人である。
Jリーグ事務局は試合の2日前である14日に入場チケットの売り切れを発表した。



"ヨーロッパ派ベスト11"日本、ヨーロッパ進出選手何人なのか?
ゴールドットコム




※一部要約
アジアカップで準優勝した"永遠のライバル"日本の原動力は何だったのか?
様々な要因はあるだろうが、そのうちの一つはヨーロッパ派の力だった。

先月28日に行われた日本とイランのアジアカップ4強戦は、日本サッカー史にとって意義のある日だった。
アジア最強を自負するイランを3-0で下した結果も重要だったが、先発出場した選手の面々が記念碑的だった。
森保一監督はフィールドプレーヤー10人を、すべてヨーロッパ派の選手で出してきた。
唯一の国内派としてイランの攻撃を無失点で防いだGK権田修一は、決勝戦を前にポルトガル1部リーグのポルティモネンセ移籍を確定させた。

この日、日本が放った3ゴールはすべて、当然ヨーロッパ派のつま先から出た。
マルチゴールを記録してイラン撃破の先頭に立った大迫勇也は、ドイツ・ブンデスリーガのベルダー・ブレーメン所属である。
勝利を確定させる楔のゴールの主人公・原口元気もブンデスリーガのハノーファー96でプレーしている。



ソウル、"2032年夏季オリンピック"国内誘致都市に選定…「歴史性、経済性でソウルをリード」
エムスプルニュース




※一部要約

ソウル市が"2032年夏季オリンピック"の国内誘致都市に得ればれた。

2月11日、忠清北道鎮川の国家代表選手村で行われた大韓体育会代議員総会で、ソウルが釜山を下して"2032年夏季オリンピック国内誘致都市"に選ばれた。
無記名投票で行われた誘致戦で、ソウルは全体49票のうち過半数の24票以上を取った。

ソウル市は去年すでに「2032年の南北オリンピック同時開・閉幕式を行う」と発表していた。
釜山市は1月28日に市議本会議で"2032年夏季オリンピック大会釜山・平壌共同開催誘致同意案"を採択し、一歩遅れて誘致戦に飛び込んだ。

ソウルが国内誘致都市に選ばれたが、2032年のソウル・平壌夏季オリンピックが確定したわけではない。
南北韓国の他に中国、オーストラリア、ドイツなども夏季オリンピックの誘致に関心を見せていることがわかった。

文化体育観光部は15日にスイス・ローザンヌのIOC本部を訪れ、2032年の夏季オリンピック共同誘致の意向書を渡す予定だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング