全北・水原・蔚山、AFCチャンピオンズリーグ16強合唱…"自尊心回復"
聯合ニュース




※一部要約

"アゲイン2016!"

プロサッカーKリーグが、2018AFCチャンピオンズリーグのグループリーグの舞台に出た4チームのうち、3チームが16強進出に成功して自尊心の立て直しに成功した。

Kリーグは去年の大会で済州だけが唯一グループリーグを突破して、"アジアの虎"の自尊心に傷を負った。

そのような状況で今年は3チームが16強に上がり、Kリーグは"アジアの虎"の名声確保に向けて、再挑戦する足場が用意された。

北東アジアで争っている中国も4チームが出場して3チームが16強の峠を越えた。
一方、日本は4チームのうち鹿島アントラーズだけが唯一グループリーグを突破した。

Kリーグは2016年のAFCチャンピオンズリーグで"絶対1強"全北が優勝し、アジア最高のプロリーグにそびえ立った。

歴代のAFCチャンピオンズリーグの舞台で、Kリーグは"アジア最強"として君臨してきた。

Kリーグは歴代のAFCチャンピオンズリーグ(前身のアジアクラブカップを含む)で11回も優勝し、日本(6回)を大きく引き離して最多優勝リーグの席を守っている。






パク・チュヨンのSNS文論難、ファン・ソンホン監督の2年を狙撃で一波万波
スポーツ朝鮮




※一部要約

"本当に色んな思いがたくさん来る一日です。私は今日のチームを否定的に作る、チームに被害を与える選手になりました"

"2年間何も良くなったことのないFCソウルがすまなくて申し訳ありません"

FCソウルの看板FWパク・チュヨンの、自身のSNSに上げた文章が大きは波紋を起こしている。

パク・チュヨンは14日、蔚山現代とのKリーグ1遠征試合のメンバーから外れた。
ソウルは0対1で敗れた。
ソウルは今回の2018年正規リーグ7試合で勝ち点6(1勝3分け3敗)と10位(12チーム中)に留まっている。
当時、ソウルは「パク・チュヨンのコンディションを考慮して遠征メンバーから除外した」と語っていた。






城南FC"危機脱出"…市議会予算通過
ハンギョレ




※一部要約

2014年に京畿道城南市の市民クラブとして再創立してから市民の愛を受けていた城南市民プロサッカー団(城南FC)が、運営危機を辛うじて乗り越えた。
成績不振と不透明な財政運営などを問題にして対立を深めていた城南市議会が、クラブ側の経営刷新などの自助計画を受け入れて関連予算を可決したためである。

17日の城南市の話をまとめると、城南市議会は16日に第237回臨時会本会議を開き、城南市民プロサッカー団の今年の運営費55億ウォンを反映した追加経費予算案を通過させた。

先にサッカーチームは去年12月の定例会本会議で運営費として70億ウォンの予算を要請していたが、55億ウォンが削減された15億ウォンだけを受けていた。
そのときは全額削減という最悪の状況は免れたが、クラブは幸先2ヶ月分の人件費と運営費に当たる15億ウォンと、スポンサーの広告費を早期執行する方式で3ヶ月を踏ん張った。

そのため今回の会議でサッカーチームの運営費予算が通過しなければ、選手団と事務局の人件費はもちろん、幼少年の支援が中断されて深刻な危機になるところだった。



ボストンマラソンで"日本の公務員"川内優勝
聯合ニュース




※一部要約

日本人"公務員マラソンランナー"が由緒あるボストンマラソンで優勝の栄光を占めた。

川内優輝は17日に行われた第122回アメリカ・ボストンマラソンで2時間15分58秒の記録で、男子部出場者の中で一番最初に決勝ラインを通過した。

寒い天候の中で強風が吹き、雨まで降って全体的に記録が低調だった。

2014年の仁川アジア大会の銅メダリストでもある河内は、"公務員マラソンランナー"として有名だ。

日本人のボストンマラソン優勝は、1987年の瀬古利彦以来31年ぶりである。

試合後に河内は「私の人生で最高の日だ。ボストンマラソンは世界最高の大会じゃないか」と涙を流した。






野球の伝説チャン・フン、「ハリルホジッチ解任は正しい選択。日本人監督大歓迎」
OSEN




※一部要約

日本国内で日本サッカー代表の論難が熱い。
野球界の伝説も最近、日本代表について自分の意見を明かした。

日本プロ野球の伝説である在日同胞の野球評論家チャン・フン氏は15日、日本TBSの朝番組サンデーモーニングの生放送に出演し、最近の日本代表を取り巻く日本サッカー協会(JFA)の動きを絶賛した。

JFAは9日、日本代表のハリルホジッチ監督の電撃解任を発表し、理事会にかけて後任監督に西野朗技術委員長を内定した。
JFAは更迭理由に選手とハリルホジッチ監督の摩擦のためであると明かした。

だがハリルホジッチ監督はJFAの主張に真っ向から反論し、真実の攻防を予告している状態だ。
ハリルホジッチ監督は「疎通の不在で私を更迭したというJFAの主張は嘘である。一部の人間がJFAの背後から糸を引いているようだ。腹が立つ」と強く反発している状態だ。

安定性と連続性を追求しているJFAが、ワールドカップまで残り2ヶ月余りの時点で監督更迭を強行したという点で、日本国内でも大きな論難を起こしている。
サンデーモーニングのコーナーに出演したチャン・フン氏は「ハリルホジッチ監督を解任して西野朗技術委員長を任命した動きは正しい。協会はよくやった」と評価した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング