ユン・ドクヨ号、アジアカップ本戦行き赤信号・・・天敵北韓と組分け
スポータルコリア




※一部要約

ユン・ドクヨ号がアジアカップ本戦進出で険しい歩みをすることになった。

AFCは21日、ヨルダン・アンマンで2018AFC女子アジアカップ最終予選の抽選を行った。
そして韓国は北韓と同組になる最悪の組分けになった。
韓国は4月3日から12日まで平壌で最終予選を行う。

女子アジアカップは前大会1~3位の日本、オーストラリア、中国と開催国ヨルダンが本戦に直行し、残りのチームは予選を行う。
最終予選は4組で編成されて最終予選開催を申請した北韓、タジキスタン、パレスチナ、ベトナムで行われる。

韓国としてはアジア最強の戦力を誇る北韓と会う可能性があった。
韓国と北韓は歴代戦績で1勝2分け14敗の絶対的劣勢を記録している。
最近10試合の成績は1分け9敗であるほどだ。

だが憂慮は現実になった。
韓国は北韓、ウズベキスタン、香港、インドとともにB組に編成された。

本戦に直行するためにはグループ1位にならなければならない。
これは北韓をはじめとする相手チームにすべて勝ってこそ可能であるという意味だ。
韓国としてはこれまで当然のように出場していた女子アジアカップ本戦行きを心配しなければならない境遇となった。




女子サッカー南北対決、北韓も困っている
スポーツ朝鮮




※一部要約

女子アジアカップ本戦はワールドカップアジア地区予選を兼ねている。
今回の予選を通過できなければワールドカップの夢まで水の泡となるわけである。
ユン・ドクヨ女子代表監督は「望んでなかった組分け結果になって厳しい状況に置かれた」と率直に打ち明けた。
エースのチ・ソヨンも「荒唐で息詰まる」と心配を示した。

北韓も苦しいのは同じである。
試合の外的要素が大きい。
韓国女子代表を呼び込めばFIFAの規定に準ずる待遇をしなければならない。
自国民がいっぱいになった競技場で、愛国歌を流して太極旗を掲揚しなければならない。
これまで北韓内で太極旗の掲揚、国歌斉唱が行われたことはない。
北韓は2010南アフリカワールドカップ3次予選、最終予選のときにも同じような理由で、韓国戦だけ第3国の中国上海でホーム試合を消化したことがある。
これまで平壌で行われた統一サッカーは、民間次元での幼少年大会などであり、正式大会ではなかったので曖昧にやり過ごすことができた。
だが正式大会である今回の予選で北韓が政治的理由を挙げて規定に違反し、大韓サッカー協会がAFCに意義を提起すれば、没収試合などの懲戒を受けることになる。
北韓にとってはワールドカップ出場のための旅程である今回の予選を放棄することはできないが、特殊な体制上の政治的問題まで考慮しなければならない困った立場であるわけだ。
サッカー協会の関係者は「平壌遠征のためには統一部の許可を受けなければならないなど、手続き上の問題がある」としつつも、「北韓も大会規定を満たして私たちのチームを迎えなければならないだけに、大いに悩むことになるだろう」と予想した。



「CASに全北が提訴?容易でないように見えるが・・・」
韓国日報




※一部要約

国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)はもうかなり馴染みの単語になった。
去年水泳選手のパク・テファンはCASのおかげでリオオリンピックに出場することができた。
審判買収事件のせいで最近AFCからチャンピオンズリーグ出場権剥奪という懲戒を受けた全北現代もCAS提訴を準備中である。
全世界的に200人を超えるCAS仲裁委員がいるが、パク・ジンウォンオメルベニー&マイヤーズソウル事務局代表弁護士はその中で唯一の韓国人だ。

彼は2007年からCASで活動中である。
2014年にはドーピングテストの手続き違反で選手資格1年の停止処分を受けたバドミントンのイ・ヨンデ、キム・キジョンを代理して救済したりもした。
CAS本部はスイス・ローザンヌにあるが、オリンピックやワールドカップのような大きな大会のときは、迅速な判定のために現地の仲裁委員を常駐させる。
リオオリンピックのときも12人が派遣されたが、パク弁護士もその中の一人だった。
彼を20日、ソウル江南区の事務室でインタビューした。


─リオオリンピックが歴代の大会の中で仲裁申請が最も大きかったというが。

通常オリンピックは10件あまりを審理するのだが今回は40件近くになった。ドーピングで出場禁止にされたロシア選手が大挙提訴したからである。私が引き受けた5件の内3件もロシア選手だった。去年8月2日にリオに到着したが、明け方から働いた(笑)。


─ロシアは政府と情報機関まで出てきて組織的にドーピングを試みたことが明らかとなり大きな衝撃をもたらした。

ロシアの情報機関要員が配管工業に偽装し、尿のサンプルを入れ替えたという奇想天外な報道が出たりもしたが、ほとんど誇張である。世界反ドーピング機構(WADA)の報告書にそのような内容はない。WADAは核心の証拠である盗聴の内容について出処を明かさなかった。これも情報機関から確保できなかったようである。今回の事件はロシアとアメリカの力比べの性質も明らかに帯びていた。



スターを保持できず・・・縮小するKリーグ
東亜日報




※一部要約

韓中日プロサッカーの"長兄"である韓国Kリーグがアジアのセリングリーグ(selling league)に転落しつつある。

蔚山でプレーしていた代表GKキム・スンギュが2015シーズンを終えてから日本Jリーグ・ヴィッセル神戸に移籍したのを含め、数年間で少なくない代表級選手がアジアの他リーグに去った。
最近では2016シーズンのKリーグクラシック(1部リーグ)で攻撃ポイント(得点+アシスト)10位以内に入った外国人選手の6人中4人が次々と中国や日本、中東行きを選んだ。

昨シーズンKリーグクラシックで攻撃ポイント1位(23)を記録したソウルのアドリアーノは16日、中国2部リーグの石家荘市に移籍した。
ソウルはアドリアーノを石家荘市に譲って移籍金45億ウォン(推定値)を貰った。
去年全北がACLで10年ぶりの優勝をした一番の貢献者の役割を果たしたレオナルドも、最近アラブ首長国連邦のアル・ジャジーラにチームを移した。
全北はレオナルドの移籍金で40億ウォンほどを手にしたことがわかった。
Kリーグクラブは2~3倍高い年俸を提示して選手にアプローチする中国や日本、中東リーグのチームの獲得攻勢を防ぐのが容易ではない状況である。



韓国代表MFの“ダイブ→警告”が物議…ファン「PKだ」英紙「素晴らしいジャッジ」
ゲキサカ

 スウォンジーの韓国代表MFキ・ソンヨンの“ダイブ”が物議を呼んでいたようだ。

 問題となったのは、14日に行われたプレミアリーグ第21節のアーセナル戦(0-4)。スウォンジーのキ・ソンヨンは0-1の前半43分、PA内でアーセナルDFローラン・コシールニーの足に引っ掛かって倒されたプレーが“ダイブ”と見なされ、イエローカードを受けた。

 英各紙はこのシーンに関し、それぞれ主張を展開。英『ザ・サン』では「マイク・ジョーンズ主審は大きな決断を正しく下した」、同じく英『テレグラフ』も「ジョーンズ主審のお手柄だ」とレポートした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-01636042-gekisaka-socc




"悔しい"キ・ソンヨン「シミュレーションアクション?PKが正しい」
スポTVニュース




※一部要約

「ペナルティキックが正しいと思う(I thought it was a penalty)」

スウォンジー・シティは15日、ウェールズのリバティ・スタジアムで行われたプレミアリーグ21ラウンドのアーセナルとの試合に0-4で敗れた。
先発出場してフルタイムをプレーしたキ・ソンヨンがアーセナルとの試合後に所感を明かした。

スウォンジーは前半37分にアーセナルのジルーに先制ゴールを許した。
だがすぐに同点ゴールにするチャンスが来た。
キ・ソンヨンは前半43分にペナルティボックス内でコシールニーに掛けられて倒れた。
だが主審はPKではなくイエローカードを出した。
主審はキ・ソンヨンがPKを得るために欺く動作をしたと判断したのである。

キ・ソンヨンは試合後のインタビューで「PKが正しいと思う。コシールニーの脚が掛かった。だが主審の判定は違った。判定は受け入れなければならないが、PKを得られなかった点は残念だ」と語った。
スウォンジーのクレメント監督は「明らかに接触があった。試合の流れを大きく変えられるシーンだった」と主審の判定に遺憾をあらわした。



FC琉球 前田、新井ら5選手加入
沖縄タイムス

 FC琉球は6日、大阪・阪南大のFW前田央樹(22)、DF新井幹人(22)ら5選手の加入を発表した。ほかの3人は、いずれも韓国籍で建国大(韓国)のMFチェ・ビョンギル(22)、関東社会人リーグ1部VONDS市原のMFカン・ジュガン(22)、柳ケ浦高(大分)のDFキム・ビョンボム(18)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00078849-okinawat-socc




チェ・ビョンギル、日本3部リーグで人生の2幕開始
ヘラルド経済




※一部要約

建国大のチェ・ビョンギルが日本でサッカー人生の第2幕を始める。

チェ・ビョンギルは今月始め、日本・沖縄をホームにするFC琉球に2年契約で入団した。
シンガル高と建国大を卒業したチェ・ビョンギルは、2列目と3列目のポジションをすべて消化できるMFで、安定した攻守の調整とキック能力で大学時代に"シャビ・アロンソ"という別名を得た。

最悪の就職率が出るという予想通り、2017年2月に卒業を控えている大学選手の年末は冷たい風が吹いていた。
チェ・ビョンギルもやはりプロ進出の敷居で挫折する同期を見て、不安であることを隠すのが難しかった。
入団オファーを受けたKリーグチャレンジの1チームとFC琉球の間で検討していた彼は、最終的に日本行きを選んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング