日本のメッシ久保、レアルと年俸13億+5年契約(マルカ)
スポータルコリア




※一部要約

久保建英(18、FC東京)がレアル・マドリード入を目前にしている。

スペイン"マルカ"は14日、「レアルは現在東京でプレーしている日本の真珠・久保と契約を結ぶだろう」と報じた。

久保は当初、バルセロナ復帰が有力だった。
だがレアルとパリ・サンジェルマンが争奪戦に飛び込んだ。
特にレアルが積極的だった。
4月にスペイン"ムンドデポルティーボ"が「ライバルのレアルが久保を横取りしようとしている。レアルの総括理事であるホセ・アンヘル・サンチェスが日本選手との契約のために動いている」と具体的な状況まで言及した。

久保は6月4日に18歳になり、ヨーロッパに戻ることができる。
現在は日本代表に乗船して、ブラジルで行われるコパ・アメリカの準備中だ。
"マルカ"によると「まだ100%契約が完了したわけではないが、レアルが久保の所属チームの東京に移籍金200万ユーロ(約27億)を支払い、5年契約を締結するだろう」と明かした。
もちろんすぐに1軍ではない。
早ければプレシーズンから参加し、レアルBチーム(カスティーリャ)に身を置くことになる。







日本の有望株・久保建英、レアル・マドリード入団
スポーツソウル




※一部要約

レアルは久保がすでにスペインで幼少期を過ごして適応期が必要ないという点、満18歳で日本代表に選ばれるほど将来性を備えている点などを考慮して獲得を指名したとみられる。
現在ポーランドで行われているU-20ワールドカップで抜群の技量を誇示している韓国のイ・ガンインと同じく2001年に生まれたので、2人のライバルの構図がますます興味深く展開する可能性がある。



[韓国・イラン現場レビュー] "ファン・ウィジョチップショットゴール"ベント号、難敵イランと1対1の引き分け、イ・スンウ出場
スポーツ朝鮮




※一部要約

パウロ・ベントサッカー代表監督が果敢に実験し、内容も手にした。

代表は11日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたイラン代表との代表親善試合で、後半に1ゴールずつ取って1対1で引き分けた。
後半12分にファン・ウィジョが感覚的なチップショットで重苦しい0の流れを崩した。
イランのゴールが開かれたのは2011年1月のアジアカップから8年4ヶ月ぶり。
イラン戦無勝(6試合)は断ち切れなかったが、ワールドカップ予選を控え、強敵を相手に期待以上のパフォーマンスを繰り広げたという点で得るものが多い一勝負だった。






興奮した日本、「久保デビュー、歴史的瞬間が来た」
スポTVニュース




※一部要約

久保建英のA代表デビューで日本列島が興奮に覆われた。

日本は9日、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとのキリンチャレンジカップに2-0で勝利した。
この試合で久保はAマッチデビュー戦を行った。
満18歳5日。
久保は市川大祐(当時17歳322日)に次いで日本歴代2番目の最年少でAマッチデビューに成功した。

久保のデビューに日本メディアは興奮に陥った。
日本メディア"東京スポーツ"は「日本のオリンピックのエースの株価が急騰している。エルサルバドル戦でデビューした彼は、いたるところで好プレーをしてチームの2-0の勝利に貢献した」と評価した。

試合を見守った長友佑都は「ドラえもんのような選手だ。ドリブル、パスのどちらも良い。すべてを持っている選手」と評価した。
久保がプレーしたエルサルバドル戦は、平均視聴率13.8%を記録した。
果たして久保は日本代表でどのような歴史を作るのか注目されている。



"イ・ガンインと同じ2001年生まれ"久保、Aマッチデビュー…日最年少2位
スポータルコリア




※一部要約

"2001年生まれ"の久保建英がAマッチデビュー戦を行った。

日本は9日午後7時、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとの親善試合に2-0で勝利した。
5日のトリニダード・トバゴとの最初の評価試合に0-0で引き分けた日本は、6月のAマッチ日程を1勝1分けで終えた。

エルサルバドル戦は日本サッカーにとって意味のある日だった。
日本サッカーの未来であり、"日本のメッシ"と呼ばれる久保がAマッチデビュー戦を行ったからだ。
久保は後半22分に南野拓実と交代して競技場を踏んだ。

2001年6月4日生まれの久保は、イ・ガンインと同い年である。
正解に言えばイ・ガンイン(2月19日生まれ)より4ヶ月若い。
だがAマッチデビューは先にした。
エルサルバドル戦に出場した久保は、"18歳5日"の年齢でAマッチの第一歩を踏み出した。

日本サッカー史上2番目に若いデビューだ。
1998年4月1日、韓国を相手にAマッチデビューした市川大祐が17歳322日の年齢で最年少記録を保有中である。



[SWイシュー] ファン・ウィジョの理由のある移籍説、挑戦する準備できた
スポーツワールド




※一部要約

「挑戦したいのは合っている」

ファン・ウィジョ(27・ガンバ大阪)が移籍説について口を開いた。
本人も知らないと答えが、挑戦の意思は十分だった。

ファン・ウィジョは大韓民国を代表するFWだ。
2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会でものすごいゴール決定力を誇り、代表の主戦FWに成長した。
今シーズンの所属チームでは停滞しているが、7日のオーストラリアとの6月のAマッチでは、後半の交代投入10分目に決勝ゴールを決め、健在さを誇示した。
ボックス内の得点力だけはアジア最高と言っても過言ではない。

着実な活躍は他リーグのラブコールに繋がった。
この日の試合前、アメリカ現地メディアでMLS所属のバンクーバー・ホワイトキャップスがファン・ウィジョを狙っているというニュースが伝えられた。
ガンバ大阪と今月を最後に契約が満了する彼を抱え、攻撃力を補強するという話だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング